※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

谷口「ぼくはキミーのシンデレラボーイ♪恋する君の王子様さ~♪」

朝倉「(うわぁ……こっち見てる?)」
長門「(見てる)」
喜緑「(………)」

谷口「僕はキミーのシンデレラボーイ♪恋する君の王子様さ~♪」

朝倉「(あはは……)」
長門「(キモイ……)」
喜緑「あの人の歌には深みが足りない気がします。そこのところをちょっと注意してきますね」
長門「江美理だめっ!」
朝倉「そうよ!あんな変態と関わっちゃダメ!」
喜緑「え…でも気になるし」
朝倉・長門「「だめーーーーっっっ!!!」



谷口「キョン、俺とバンド組まないか?」
キョン「バンドか…女にモテそうだな、ちなみにどんな路線でいくんだ?」
谷口「今聞かしてやるよ……僕はキミーのシンデレラボーイ♪恋する君の王子様さ~♪僕はキミーのシンデレラボーイ♪恋する君のシンデレr」
キョン「だが断る」



谷口「おーい、国木田ー!」
国木田「ん?どうしたの?」
谷口「俺とバンd」
国木田「アハハ。冗談は顔だけにしてよね。昨日の演奏見たよ、酷かったね~顔も歌も。
それに僕はこれから阪中さんとデートだから暇じゃないんだ。バンドが軌道ににのったらまた誘ってよ。じゃ」
谷口「…………」



谷口「古泉、ちょっといいか?」
古泉「なんでしょう?」
谷口「その……俺と組まないか?」
古泉「いいですよ」
谷口「なっ!本当か!?」
古泉「ええ、僕が奏者で貴方が楽曲なら……」
谷口「え…それってどういう…」
古泉「こういうことですよ!ソォレッF4!F4!F4………!」
谷口「アッー!アナルだけは!アナルだけは!」



谷口「岡部先生、ちょっとよろしいですか?」
岡部「どうした谷口?」
谷口「私とバンドなどを組んでいただかないかと……?」
岡部「バンドー?なんで俺と?」
谷口「私他に頼れる殿方がおりませんくて……岡部先生だけが頼りなのでございまする」
岡部「う~ん………そう言われると弱いなぁ…生徒の頼みだし。一つ確認したいんだがバンドって何をやるんだ?」
谷口「こんなのをですわ………僕はキミーのシンデレラボーイ♪恋する君の王子様さ~♪僕はキミーのシンデレラボーイ♪恋する君のシンデレラボーイ♪恋の魔法をかけたのさ~♪」
岡部「………」
谷口「どうでしょうか?組んでいただけますでしょうか?」
岡部「ごめん………アタイ耐えられないっ!」
谷口「あっ!岡部先生いずこへっ!!?」


谷口「…………」



谷口「え~と、他に頼れる奴は…………はは、本当に俺友達いないんだな………ん?」

『山根がバンドを組みたそうにこちらを見ている。組みますか?』
・殺してでも組んでもらう
・殺してでも拒否する
ニア・とりあえず殺しておく



『谷口タイーホ!僕のサクセスはまだ始まったばかりだ!』
XYZ先生の次回作にご期待ください。
|