※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「ぶっちゃけみくるは整形だろ。」
古泉「僕もそう思います。」
長門「そう。」





みくる「禁則事項です。」



みくる「私が出れば視聴率が上がるんですから、もっと出番増やしてください」


ハルヒ「ヒント:人気」
長門「巨乳は必要ない」




みくる「……」



長門 「………ぺたぺた」

キョン 「おい、長門。朝比奈さんの体みてなにやってるんだ?」

長門 「うぎゅ」
朝比奈 「ふぇっ!?」

キョン 「おいおい抱きしめるなよ。むしろ俺がやりたいくらいだ。」

長門 「マッスルドッキング」

キョン 「マッスルドッキングは一人じゃできないぞ・・・って朝比奈さんに何してるんだてめーっ!!」



長門 「カレー食べて。」

みくる 「い、いただきます。」
キョン 「あぁ。」

長門 「じーっ」
キョン 「おい、長門。みくる見て何してる?」

長門 「ぺちゃぺちゃ。」
みくる 「あぅ~」
キョン 「おいおい、カレーのルー。そんなに作ってどうしたんだ。しかも、朝比奈さんにかけてえええええええ!?」

長門 「朝比奈カレー」



みくる「長門さん、お茶です」
長門「・・・・・」
みくる「はぁ、まだみんな来ませんね~」
長門「・・・・・」
みくる「・・・・・・」
長門「・・・・・ホットケーキは」
みくる「え?」
長門「ホットケーキは生のままが最も美味しい」
みくる「え、えぇ~!?ほんとですか~?それじゃあ今度試して・・・」
長門「嘘」
みくる「え」
長門「・・・・・」
みくる「・・・・・」

キョン「こんちわーって、何この微妙な空気・・・」
長門・みくる「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



長編・罪滅ぼしを読んで

キョン「ちょwwwww俺殺されてるwwwwwwwヒドスwwwwwwwww」
ハルヒ「もう一回吊ってこい」
長門「構ってちゃんウザー」
古泉「死ね。氏ねじゃなく死ね」
キョン「うはwwwwwwwwwwwwwwww」
朝比奈「皆さんなんて事言うんですか!キョン君大丈夫?」
ハルヒ「空気嫁」
長門「馴れ合い厨ウザー」
古泉「はいはいワロスワロス」
キョン「そんな事よりサメの話しようぜ」
朝比奈「・・・・・」



ハルヒ「死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

朝比奈「えっ!?」

長門「殺してやる殺してやる殺してやる」

朝比奈「(ビクッ)な、長門さん…」

キョン「死ね死ね死ね死ね」

朝比奈「ふみゅ~、キョン君まで…」

古泉「死んじまえ死んじまえ死んじまえ」

朝比奈「古泉は死~んじ~ま~え~♪」

鶴屋「通報しますた」



鶴屋さん「ぷくくくくっ…」
キョン「あれ?鶴屋さんじゃないですか。こんなとこで奇遇ですね」
鶴屋さん「や、キョンくん…ふふふっ。ひゃははっ」
キョン「ってなに笑ってるんですか?」
鶴屋さん「いやいや、くくっ…実はさっきみくるが池に落ちちゃってねぇ」
キョン「ええ!?」
鶴屋さん「それで慌てて上がろうとしたらつかんだところが腐ってて、
    またジャパーンって落ちちゃって、ふははっ」
キョン「それは災難でしたね」
鶴屋さん「それだけじゃなくて、つかむところつかむところ全部腐ってるのさ。
    何度も同じこと繰り返すなんて、みくるドジっ子だよねえ、くくっ」
キョン「朝比奈さんらしいというかなんと言うか…でも笑い話ですんで良かったですね」

鶴屋さん「うん、まだそこで同じこと繰り返してるよ。あっはっはっは!」
キョン「それは笑い事じゃない!」



ハルヒ「みくるちゃん、お茶ー!」
みくる「はい、ただいま。どうぞ」
ハルヒ「何これまずいんだけど」
キョン「おい、せっかくいれてくれたのにそれはないだろ」
キョン「うげ!!朝比奈さん、何入れたんですか?とんでもない味なんですけど」
みくる「隠し味でトリカブト入れただけですよ♪」

ハ・キ「うえ゛ー」



長門「………」

みくる「はい♪長門さんお茶でーすよ~」

長門「………」ペラッ

みくる「みんな遅いですね」

長門「………」

みくる「そうだ♪長門さんこのメイド服着てみませんか?」

長門「………」ペラッ

みくる「なんで無視するんですか!?」

長門「…あなたに興味ないから」パタン トテトテ
ガチャッ バタン




みくる「………みんな遅いなぁ…」



朝比奈「ダッダダーーーーン!
ボヨヨンボヨヨン!!」

ハルヒ「(;^ω^)」
古泉「(;^ω^)」
長門「(;^ω^)」

キョン「死ね」

べしべしっ、バシッ!!
ズゥウウン!!

みくる「クハァァア!!」
キョン「死ね!市ねっ、死ね!」

ベシベシベシッ ベシベシベシベシバシバシッ!!!
みくる「うううう!!」

ビュウウウン!(空中投げ)


デュゴオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!!!



ハルヒ「今日はみくるちゃんのあだ名を考えるわよ!
やっぱり萌えキャラには常識で考えたら卒倒しちゃうくらい奇抜でアマアマなあだ名が必要よね?
で、何か良いアイディアは無いかしら?ね、キョン」

キョン「いきなり言われてもだなぁ…朝比奈さんは何かリクエストとかありますか?」
みくる「ふぇ? ひぇ ひょえーっ」

古泉「白痴などどうでしょうか?」
キョン「悪口じゃねえか!」
古泉「ならばミルク☆ちゃんとか」
ハルヒ「いいわねそれ!」
キョン「呼ぶ方の身にもなれ」

~それから一時間後~

長門「………おーい、お茶」
みくる「ぴょ?あ、ひゃい、すぐ煎れますね」
長門「違う。あなたの、あだ名。おーい、お茶」
キョン「さ、さすが長門だ!それなら違和感無いもんな!」←(もう帰りたかった)
古泉「その発想はありませんでしたよ」←(みくるに興味無い)
ハルヒ「なら決まりね!今日からみくるちゃんのことは“おーい、お茶”と呼ぶことにするわ!ってことで本日は解散!」
みくる「ふぇ~そんなぁ~」
ハルヒ「そうそう、明日みくるちゃんのクラスの人にもそう伝えとくから!やっぱりあだ名はみんなに呼んでもわらなくちゃね!」
みくる「ふえ~キョンく~ん」



カモン れっつだんす!
カモン れっつだんす!
べいび~♪ 

ハルヒ「歌うな音痴」
古泉「ダッマーレ」
キョン「ちょっと、静かにしてください」
長門「……雑音」

みくる「鶴屋さんは笑ってくれたのに…」



朝比奈さん(大)「キョン君……久しぶり」

キョン「は?誰だテメェ、俺はおまえなんか知らねえよ」

朝比奈さん(大)「朝比奈みくる本人です。ただし、あなたの知っている私より、もっと未来から来ました。……会いたかった」

キョン「じゃあ帰れよ」

朝比奈さん(大)「えっ!?」

キョン「カエレ!カエレ!」

朝比奈さん(大)「………」



鶴屋「先生~、おっぱいが邪魔して授業に集中できないです~」
先生「なに~、朝比奈ぁ!廊下に立ってろ!」
みくる「WHAT!?」
鶴屋「m9(^Д^)」



ハルヒ「忘れちゃダメ、忘れちゃダメー未来はーパラダイス」

キョン「歌詞違うぞ」




長門「私にもーただひとつのー願望がー・・・・・・」

キョン「覚えなさい!」



みくる「まわるー世界の」

キョン「ごめん、知らない」



ハルヒ「何この流れ」
長門「取り合いばかり・・・・・・」

みくる「・・・・・・」

キョン「俺まで取られるぞ」

古泉「あ、それ僕です。」

キョン「アッー!お前かよ!」

みくる「・・・・・・」

ハルヒ「あっ!誰よ!私を奪おうなんて人は!?」

キョン「別にいいじゃねぇか、お前を欲しがる奴がいてよwwwwww」

ハルヒ「何よ!私は・・・・・・」

キョン「ん?」

ハルヒ「なんでも・・・・ないわよ」

古泉「ハッハッハ、顔が赤いですよ涼宮さん」



みくる「・・・・・・」



ハルヒ「わーすれちゃだめ、わーすれちゃだめ、みらいわーパーラーレールー」

キョン「ヒューヒュー」

古泉「上手いですよ」

長門「わたしにもーただひとつのーがんぼおーがーあーるならー」

キョン「ピューピュー」

古泉「上手ですよ」


みくる「まわるーせk」

キョン「古泉、この歌知ってる?」

古泉「はじめて聞きました。」



「胸なんて飾りです!高校生にはそれがわからんのです!」
「あーあ、また始まったわよ、スモークチーズで口ふさいどいて」



キョン「ちわー。あれ、長門だけか」
みくる「・・・」
長門「朝比奈みくるもいる」
キョン「あ、本当だ。すいません。朝比奈さんて空気だからわかりませんでした」
みくる「空気ってことはいてあたりまえの存在ってことですよね」
キョン「違うね」



鶴屋「みくる知ってる?みくるみたいな人のことを人殺しって言うっさ! キャハハハハッ 人殺し!人殺しぃ!」



みくる「ち、違っ! 私はそんなつもりじゃn



鶴屋「ふ~ん人殺しのくせに口ごたえするんだっ? これはお仕置きが必要にょろwww」


  ビクッ


みくる「い、いや…もう怖いのはいやなの、許しっ、許しでぇ…いやああ゙あ゙あ゙あ゙ぁぁ………


朝比奈みくるの人形、近日公開予定にょろ。
めがっさ楽しみにしてるっさ↓



みくる「はい、キョンくん。お茶です」

キョン「すいません、いらないです」

みくる「えっ、…そ、そうですか。長門さん、どうぞ」

長門「……いらない」

みくる「ふぇっ、こ古泉君。お茶は―――。」

古泉「遠慮しておきます」

みくる「すっ涼宮さん…」

ハルヒ「いらないっ。ていうかみくるちゃんの存在自体がいらない」

みくる「…ふぇ、グスッ…グスッ。今まで、お世話になりました……さよぅなら…」
ガチャッ  バタンッ



みくる「あの~キョンくん。一緒に観覧車乗りませんか?」
キョン「…いいですよ」


みくる「ふわぁ~きれ~」
キョン「そうですね」
みくる「キョンくん。その後は?」
キョン「何の事です?」
みくる「わかってるでしょ~」
キョン「わかりませんね」
みくる「普通は君の方が…って言うじゃないですか。もう!女の子に言わせないで下さいよ!」
キョン「それはねーよWW」
みくる「( ゚д゚ )」



ミクル「みっ、ミクルビーム」
ユキ「…馬鹿らしい」
ミクル「ゆ、ユキさん!ひどいですぅ~」
ユキ「…ぶりっこ」
ミクル「そんなことないですぅ~」
ユキ「…はぁ」
ミクル「うぅ…」

ハルヒ「カァァーーットォーー!!!」
ハルヒ「駄目じゃない有希!これは映画なんだから!」
長門「…すまなかった」
みくる「い、いいですよ、謝らなくて」
ハルヒ「本音言っちゃ」
長門「前言撤回」



みくる「禁則事項ですっ♪」

キョン「はぁ?」
ハルヒ「はぁ?」
長門「はぁ?」
古泉「はぁ?」
鶴屋「はぁ?」
朝倉「はぁ?」
キョン妹「はぁ?」
谷口「はぁ?」
国木田「はぁ?」
阪中「はぁ?」
岡部「はぁ?」
コンピ研部長「はぁ?」
喜緑「はぁ?」
新川「はぁ?」
森「はぁ?」
多丸兄弟「はぁ?」
シャミセン「にゃあ?」

みくる「……クスン」



古泉「あなたはまるでSOS団の女の子三人全員と付き合ってるように見えます」
キョン「古泉、お前からかってんのか?それは違うぞ」
古泉「ふふ、あなたならそう言うと思ってまs」

キョン「三人じゃない、朝比奈を除く二人と付き合ってるんだ」
古泉「そっちかよ!!」
みくる「ふ…ふぇぇーん」



夏休み初盤ぐらい

電話中
鶴屋さん「みくるー、ちゃんと宿題終わったにょろ?」
みくる「え、ええとまだ・・・全然」
鶴屋さん「だろうと思ったよ、私もまだだから明日うち来て一緒にやらないかい?!」
みくる「いいですよ、わかりました。明日ですね」
鶴屋さん「じゃあ明日ね」がちゃ

次の日

みくる「鶴屋さーん来まーしたよー」
鶴屋さん「やあなんだみくる来てたのかい、それならインターフォン鳴らしておくれよ」
みくる「へ?なんで柱が喋ってるんですか?」
鶴屋さん「ささ、あがってちょうだい!」
みくる「はーい、わあ広いですねぇ」
鶴屋さん「へっへっへー、私部屋はここだからっ。それと実は私もう数学は終わってるんだよねーみくるは?」
みくる「わ、私はまだまだですぅ」
鶴屋さん「さすがポンコツwwwwwwww」
みくる「とつぜんなんですか?」
鶴屋さん「サーセンwwwwwwwww」
みくる「もういいですぅ帰ります!」
鶴屋さん「またのご来店お待ちしております」



Q、朝比奈みくるをご存知ですか?

ハルヒ「誰だっけ?」

キョン「そんな人居たか?」

古泉「思い出せませんね。」

長門「検索しても見つからない。」





みくる「完全に忘れられてる~・・・(泣)」



「ピーマンきらーい」
「ちゃんと食べないと、朝比奈さんみたいになれないぞ」
「ふぇ~…こんな天然かつ嫌われキャラになるくらいなら、絶対に食べん!食べんぞワシは!」

みくる「しくしく」



「ひっやーあ! これがSOS団って奴かい! あれ? でもみくるが居ないよっ?」
「みくるなど飾りです! 偉い人にはそれがわからんのですよ!」



キョン「朝比奈さん」




みくる「なんですかぁ?」






キョン「年とったら垂れますよ」


|