俺はその日、かわらで膝を抱え川を見ていた。
「あー、セックスしてえ」
流れる川面がキラキラと光。
「そんなにやりたいのかいキョン君っ。めざっさやりたいのかい」
そうだ! 夏のせいだぜ!!
俺は鶴屋に襲い掛かり、きたこうのせいふくをぬがすと
せいふくをかいしする!

「かわいいパンティーだな。桜子。だが、こうしてやる」
俺は脱がしたパンティーをおもいっきり口にふくんでぐちゃぐちゃにした
そしてそれを口から取り出すと
胸に押しつける!
「ああん! めがっさ めがっさにょろにょろおおおおお」
鶴屋の熟れた肉体が加熱してくる。
「熟女も嫌いではない」
だいだいいろのゆうひが鶴屋の少女の体を切ない色に染め上げる。
「あ、あんあん!」
しだいにおれにあたえられた、しんじつのつるぎがそのたけだけしい(いかりゃく)
「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

おれはゆうぐれのすずしげななつにどうかしていく。

「うおうおうおうおおおおお」
「あん! あん! あんあん! めがっさあんんんんんんん!!」
女の肉体が激しく律動する! 鶴屋感激!!

「ふー、うまかったぜ」
俺はまだあえいでいる裸の鶴屋の背中をなでながら、水を飲んだ。

ガチャ
唐突に空間が開いた

「キョン、あなた更に!!」
「待ってくれ。違うんだ。ハルヒ!」

「何が違うのよ!!」
「鶴屋さんは宇宙人だったんだ。そしてコミュニュケーション手段がセックスと
似た行為をする事だった」
「ワレワレは宇宙人だ。キョン君の言っている事はただしニョロ」
「あれ? 鶴屋さん、なんか皮膚が脱げてますけど、あれ、あれ」

鶴屋は本当に宇宙人だった。
俺は人類ではじめて、ユニバーサルセックスをした男になった男といいたい
ところだが、いや、事実そうなのだが、それ自体は既に長門ですませていたのだった。

 

   超人次元の夏 佐々木との結合 につづく


|