※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

スプーキー・E「おや、いやがったか。今度、新しい指令が発せられたぜ」
長門「了解した」

 

みくる「キョンさん。私が未来から来たのは、涼宮さんを観察するためだけでは
ありません」

 

なんだ? みくる、この間の事は一時の誤ち、もう俺は心を入れ替えた童貞ボーイだ。
いや、少なくても心は童貞に戻った。

 

みくる「未来は、更に色々な意味で進んじゃってて、少子化で大変なんです。
子供が必要なんです。未来の男性は弱くなって話にならなくて子供が残らないのですっ」

 

そう、だったのだな。
俺のお前に対する思いは、我欲とか性欲とかそんなちっぽけなものじゃなかった。
そういう事なのだな。

 

みくる「え、えとだからと言って、あのそのそういう風な事はよくないと思うのですっ」

 

そう、これはいわば、世界愛!
何も否定される事ではない。

 

みくる「あのやっぱり心の準備がまだ、やめてくださいなのですっ」

 

るせばろちくしょ!
俺の世界に対する愛は、もはやとめられねーぜ!!
お前の世界の弱くなった男と、夏を恨め!!
そうだ、これは完全に、未来と余りにも熱い夏、深夜が悪いんだぜ!!

 

火山が、爆発した。
俺のあれが暑い日を噴き出し、あたかも夏の虫のように炎上する。
女がいれば、美少女がいれば、男は火にも飛び込むっ。

圧倒的な愛が、俺を突き動かす!!
俺は今、世界を抱いているのだっ
いや、未来を!!

 

ドキシューーーーーーーー

 

「子供を授ける、神聖な儀式。俺は今、世界を愛した」
裸の俺が水を飲んで顎をぬぐう。
みくる「あうあう、未来に帰ってやる! もうこんな任務いやーーー!!」

 

ガチャ 
扉が唐突に開いた。

 

「キョン、あなたまた!!」
「待ってくれ。違うんだ。ハルヒ!!」
「何が違うのよ!!」
「みくるちゃんは、やらないと死んじゃう特別な病気だったのさ」
「あんたそれ真面目に言い訳として通用すると思っているの?」

「彼が言っているのは、真実」
長門がそこにきていた。
「ここに書いてある」
長門が家庭の医学とかいう本をハルヒに見せる。
「本当だ。書いてあるわ。悪かったわキョン。まさか本当にそんな病気がある
なんて」
ナイスだ。長門。

 

放課後、俺は長門と帰り、彼女のマンションに来ていた。
「私にもしてほしい」
「なんだって?」
「情報統合思念体が、自分が作った女の性能を確認したがっている」

 

仕方がない。宇宙を支配する存在に要請されれば断る事も出来まい。
俺は瞬間、脱衣能力で、一秒もかからず、裸となっていた。

そして、今、世界愛は、宇宙愛へと昇華された・・・…。

 

ハルヒ、みくる、長門

この夏、オレは三人の女の味を知った……。

 

|