今日も彼は私のところに来てくれました。
私はとても幸せです。彼を独占出来るということが幸せなのです。
残念なのがその独占出来る理由というのが私の命の期限であること。
でも、それももうどうでも良い事です。私と彼は約束しましたから。
私のことをずっと忘れない、と。私以外には誰一人として彼女を作らない、と。
約束は絶対に守ってくれる彼ですから安心できます。
永遠に彼は私の人。私は永遠に彼の人。
これはきっと重い愛なのかもしれません。誰に聞いてもきっと重いと言うと思います。
場合によっては病んでいると言われ、恐れられるかもしれません。
ですが、これが私達の正しい在り方なのです。
否定出来る人間なんて誰一人としていない、私達だけの正解。
これが、私達の愛。
 
 
 The fragrance of the citrus fruit 
         橘の香り
      -橘京子の独白-
-A monologue of Kyoko Tachibana-
 
 
これは彼に限った話でありません。
例えばもし逆の立場で、彼が私より死んだとしても私は彼以外とは恋人にはならないでしょう。
だって気持ちはずっと変わらないから。それは自信ではないのです。
生きても死んでも彼は居るのです。ずっと私と共に。
心の中に。思い出ではなく、傍にずっと。
彼も、きっと同じだと思います。ううん、絶対同じだと確信しています。
私が死んでも私は彼とずっと共に居る。
死んでも生きてもそれは変わらない事。不変の事柄なのです。
それが影に縛られていると世間から言われるのは解っています。
死んだ人はずっと帰って来ないのは解っています。
孤独になることを、解っています。
過去は思い出にするべきなのだと解っています。
ですが、思うのです。
 
それは、果たして正しいのでしょうか?
 
所詮はそんなものは世間という大多数が掲げた机上の空論なのです。
天動説と地動説のように必ず多数が正しいとは限らない。
私はやがて彼を残して死ぬでしょう。それは年ではなく、日という単位の近さで。
その時、私が死んだからといって私を思い出にするのは、嫌です。
たまにしか思い出されない過去になるのは嫌です。
私はずっと彼に思っていて欲しいのです。好きだから、恋人だから。
彼が先に死んでも、そんなの嫌です。私はずっと彼を思い続けていたい。
私が死んでも、ずっと私のことを思い続けて欲しい。
他の何でもなく、ただ私のことを思い続けて欲しい。
やがて死ぬまで、この私のことを思い続けて欲しい。
ずっと自分だけ。誰でもない自分だけ。
彼が愛するのは私だけ。彼を愛するのは私だけ。
それは全て好きだから。
エゴだってのいうのは重々承知しています。
けど、もしこれで消えてしまうような愛なんて愛じゃないんです。
とても堅く、硬く、固く結ばれたものが愛なんです。
彼は、私を愛していると言ってくれました。好きではなく、愛していると。
だからもし―――。
もし私が死んだからと私を思い出にしたら、私は怒ります。
もし私が死んだからと誰かを愛したら、私は恨みます。
もし私が死んだからと私以外を一番にしたら、私は呪います。呪い殺します。
例え死んだ先が地獄だったとしても自力で這い上がって彼の元へ行きます。
行って、殺してでも彼を奪い返します。
好きだから。ただ愛しているから。だから裏切りは許せないのです。
例え相手が佐々木さんであっても、涼宮さんであっても、誰であっても関係ないのです。
生涯、私は彼だけを愛していきます。そして、彼も私だけを愛していく。
再三言いますが、重いのは解ってます。
きっと残された方は毎日が辛くなるのだと解っています。
笑ったり、愛したり、泣いたり、憎んだり。
それがただの一時の儚い感情だとしても。
だけどそれでも、世間が間違っていると言っても、彼には私を忘れさせません。
私はキョンくんの恋人。ずっとずっと変わる事の無い不変。
邪魔したら、私はその人を許さないのです。
キョンくんが大好きだから。愛してるから。
ずっと、そう、ずっと。
そして、彼もまたきっとこう言う筈なのです。
 
―――俺の愛する人は橘京子だけだ、と。
 
私はたまに思ってしまうのです。
どうせなら、一緒に死んでくれたらいいのに、と。
こんな私は、悪い子ですよね。ふふっ。
 
「橘ー来たぞー」
「こんにちは、キョンくん」
 
今日もまたお見舞いに来てくれました。人工呼吸器越しに私は返事をして、微笑んだ。
いつか、その心に傷跡として残るかもしれない私の笑顔を、彼が忘れないよう記憶に刻ませる為に。
 


|