谷川「はぁ~もうネタがうかばないな~。あっいいこと思いついた。
カオスネタでいけばいいんだ、カオスで」

キョン語り
クリスマス(中略)そいつと出会った

長門有希「ただの人間には興味ありません。未来人、異世界人、超能力者
MMRがいたら私のところに来なさい以上」

キョン「すごい、寡黙な宇宙人がそこにいた」

杉●智●「谷川さん、長門さんが寡黙じゃないただの、電波女になってるんだが」
谷川「まあ、まて別のアイデアもある」

スタッフ「take2」

ハルヒ語り クリスマス(中略)そいつと出会った

キョン「ただの人間には興味ないぜ、ツンデレ神様、寡黙な宇宙人
特盛未来人、スマイル超能力者がいたら俺のところに来い以上」

ハルヒ「ここ、笑うところ、凄い馬鹿人間がそこにいた」

杉●智●「ちょっとまて俺がなんでハルヒの役をやらにゃならんのだ
だいたい、今後の展開考えたら俺はただの変態になっちまうじゃないか」
谷川「まってください、もう少しだけ付き合ってください新しい
ハルヒの世界が浮かび上がってきそうなんですから」

スタッフ「take3」

長門語り クリスマス(中略)そいつと出会った

キバヤシ「ただの人間には興味ない、ノストラダムス、グレイ
バシャール、長門有希がいたらMMRに来い以上」

長門「ユニーク」

キョン「もう、いい加減にしてもらえませんか、キバヤシさんまで
だして、忙しいので帰っていいですか」
谷川「そういうことを言うとミクルフォルダのことをry」
キョン「さあ、やりましょうか」

キョン語り サンタクロース(中略)そいつと出会った
古泉「ただのry

キョン「次っ」

谷口「ただの忘れ物には興味ありません」
キョン「次、次」

涼宮遙「ただのヘタレには興味ありません」
キョン「次、次」
(略)
谷川「いや~良かったね、個人的には15番目の喜緑さんと
39番目の〔禁則事項〕バージョンがよかったね
キョン「もういい加減にしてくださいよ19番目ぐらいからハルヒと
関係ないばかりか、放送できなくなってるじゃないですか」
谷川「じゃ~次のシーンやってみよう」
キョン「勘弁してくれ」

|