「有希って怖いものあるの?」
「……すぐに思いつかない。」
「案外幽霊とか苦手じゃない?」
「幽霊は存在しない。」
「わかんないわよ、今晩あたり有希の部屋にヒュ~ドロドロ……。」
「その表現は古典。それにまだ夏じゃない。」
「もう21世紀よ。ゴキブリみたいに年中無休になってるわよ。」


「なんだ長門、1時に電話ってなにか起きたのか?」
『問題が起きた。』
「なに!?大丈夫か?」
『直接的には被害は出ていない。ただ、迷惑。』
「ん? 何が起きたんだ?」
『わたしの部屋に幽霊が大量発生した。』
「……え?」
『昼間に涼宮ハルヒがわたしを怖がるものを知ろうとした。その時一例として幽霊を挙げた。』
「そうか。……怖くないのか!?」
『怖くはない。恐怖とはその個体に危機を与える可能性があるものに感じる。
 わたしに脅威を与える存在はなくはないが非常に少ない。ただ…』
「ただ?」
『非常にうっとうしい。わたしに恨み事や意味不明の訴えをしてくる。眠れない。』
「そ、そうか。」
『読書も妨害される。なので、あなたに電話してみた。迷惑?』
「いや、長門の役に立てるならかまわないぞ。」
『迷惑をかける。……!ひっ』
「長門!? おい長門返事しろ!!」
『なんでもない。おやすみなさい。』
「?」


「長門、昨日の電話の最後に何があった?」
「……。」
「何か恐ろしい幽霊が出たのか?」
「……喜緑江美里がわたしを助けにきてくれた。その時、彼女を幽霊だと勘違いして驚いた。」
「そうか。誰にも言わない方がいいな。」
「他言は無用。絶対。」
「……今のお前は怖かったぞ。……あ、すまん。俺が悪かったからそんな顔しないでくれ。」
「わたしが一番怖いのはあなたに嫌われること。」
「まんじゅうじゃないのか。」
「いじわる。」




『晩御飯食べた?』
「なんだ長門、いきなり?」
『食べた?』
「いや、まだだが。」
『食べに来て。』
「あ、あぁ。わかった、すぐ行く。」

「どうしました? 僕がいると不都合でしたか?」
「そうだな。」
「えぇぇ~」
「い、いえ、朝比奈さんは居ていいんですよ? ところで長門これは一体……。」
「わたしの失言。涼宮ハルヒに怖いものをしつこく尋ねられて思わず言ってしまった。」
「『まんじゅう怖い』か。」
「確かに、リビングを占領するこのまんじゅうは恐ろしいですね。
 底面積4畳半、高さ1.5mといったところでしょうか。」
「情報連結の解除を申請したが却下された。」
「なんでだ!?」
「わからない。仕方がないので食べるしかないが、わたしという個体の体積を大幅に超えている。
 だからあなたたちを呼んだ。迷惑?」
「いや、お前の頼みなら断る気はさらさらないが……・さすがにこれはインチキだな。」
「困りました。包丁ぜんぶ入れてもあんこに届きません。」
「お茶淹れましょうか?」
「ぜひ。」



「えーと、あの落語のオチは『今度はお茶が怖い』だっけ?」 



「有希ーところであんた怪談とか知ってる?」
「最近知ったのは」

ある町にお母さんが大好きな太郎くんがいました。
そんな太郎くんはある夕日が綺麗な黄昏時にお母さんにたずねました。
『ねえ、お母さん、今日のおみそ汁はなに?』
お母さんはゆっくり振り返って言いました。

『きょうふのみそ汁』


「今日、麩の味噌汁。」
「……あーはっはっは!!ひー!!ひぃー!!!
きょう!きょうふ、ひぃーあーはっはっは!!おなかいたーい!!!」
「おいハルヒ、長門がカチンときてるぞ」



「で、これか。」
「そう。これは怖かった。」
「そりゃあ家に帰って電気つけたら、リビングの真ん中に麩のみそ汁が1つだけあるんだぞ。
 ホラー以外の何物でもない。」



「ねぇ、こんな怪談知ってる? ある町に、ぷっ、ぷぷぷ、」
「涼宮姉さん、しゃべる前に自分でウケて笑わないでくださいよ。」 



「『あたし見たのよ!ベッドの下に、包丁を持った男が隠れてたの!』」
「ふぇぇぇぇ~~!!!」
「ちょっとみくるちゃん驚きすぎ。どう、有希? 怖かった?」
「……怖かった。」
「……本気じゃないでしょ。本当にベッドの下に男がいたら怖いでしょ?」
「ええ。怖い。」
「もう。」



「長門、ハルヒが不満げだったぞ。今晩あたりやばいんじゃないのか?」
「大丈夫。わたしの家にベッドはない。」



『今晩泊めて欲しい。』
「どうした?」
『実はもうあなたの家の前にいる。』
「わかったとにかく入れ。」


「考えられないことが起こった。ふとんを敷こうと思ったら畳んだふとんの間に薄っぺらな男が挟まっていた。」
「な゛。そうか、仕方ないな。今晩はうちに泊まれ。」
「感謝す……アイスクリームが食べたい。コンビニへ。一緒にきて。」
「何を急に……そ、そうだな。今日は暑いな。」


「そうなんですよ朝比奈さん! とにかく危険なんですぐ出てきてください!」
「駄目。古泉一樹とは連絡がつかない。もはや餌食に……」



「『テケテケ』!!これよ!これならきっと有希も怖がるわ!!」



「『ねぇ、わたしキレイ?』
 『ええ、キレイだと思いますよ。』
 『これでもキレイかー!!!』
 その女は鋭い鎌で男に襲いかかって殺してしまいました。」

「す、涼宮さん怖いですよ~~~。」
「ハルヒ、その話は俺はちょっと……。」
「へー、キョンはこういうの弱いんだ~。」
「ああ、刃物系は。」
「なんかの恐怖症かトラウマ? 有希は?」
「古典。現実に警察が出動する騒ぎに発展したことは有名。」
「残念、知ってたのね。」


「ねぇ、わたしキレイ?」
「マスクがあるため判断できない。」
「じゃあ、これでどうだー!」

「なんで!? 鎌を素手で止めるなんて!」
「ひとつひとつの動きが緩慢。コードネーム『口裂け女』の有機情報結合を解除する。」
「体が消えていく!? そ、そんなぁ!」


「なあ長門、この騒動の原因の一つはお前の負けず嫌いにあると思うんだが。」




「有希ー。このビデオ貸したげる。片付けしてたらテレビの裏から出てきたの。むっちゃ怖いんだから!」
「……ホラーもの?」

「というわけで喜緑江美里、テレビとビデオデッキを貸してほしい。」
「長門さん、今日は彼に頼らないんですか?」
「いつも頼っているから申し訳ない。」
「実は本当に怖いビデオだったら困るからじゃないんですか?」
「違う。」
「本当に?」
「……。」

「? ラベルのタイトルと違いますね。」
「涼宮ハルヒはこのビデオが怖いと言っていた。」
「ラベルが間違いなんでしょうかね。……! ちょちょっと、これ!」
「映像に情報改竄の形跡がない。非合法ビデオかと思われる。これが怖い内容に?……!!! そんな!」
「まさかこんなに! え、これは異常サイズではないの!?」
「そんなやすやすと……。」
「人類恐るべし。これは報告に値しますね。」

「わたしはここまで行う覚悟はなかった……。」
「わたしもです……。でもその時が来たら……。」
「……! 続き!?」
「まさかの2本立てですか!?」
「テープ残量から3本立て以上の可能性もある!」

「有希ったら眼の下にクマまで作っちゃって。そんなに怖くて眠れなかったのかしら?
 さてあたしも久々に見てみようかな♪」

恐怖 完 


|