鶴屋ん「今日もSOS団とかの部室で皆を虐めるか・・ヘッヘッヘ」
 ガチャ
キョン「うおっ、何しにきたんですか?鶴屋さん」
鶴屋ん「やっほー、みくるはいるかい?」

キョン「居ませんよ、伝言なら来たときに伝えますけど」

鶴屋ん「そうかー、じゃあここで待っとくよー」(へっ、居ないことぐらい知ってるわい、同じクラスだからな)

キョン「朝比奈さんに何か用事ですか?」

鶴屋ん「いやー、秘密にしといてほしいっさー」(虐めるだけだよバーロー)
ハルヒ「秘密?何か怪しいわねー、教えなさい鶴屋さん」

鶴屋ん「まあまあ、ところで有希っ子はキョン君のこと好きなんだよね?」

長門「!・・・・・・・・嫌いではない」

キョン「長門!!・・実は俺も」

ハルヒ「ちょっと、何言ってるのよ!なんなのあんた達」

ハルヒ「バカ!!バカキョン!!バカ有希!!・・ウワーン」タッタッタ

鶴屋ん「ちょっとハルにゃん、待ちなよ!あーあ、キョン君が泣かせちゃった」

キョン「お、おいハルヒ!!待ってくれ」タッタッタ
(もちろんキョン君がハルにゃんに追いつくことは無いよね、知ってるよーだ)

鶴屋ん「あーあ、有希っ子一人になっちゃったね、これはキョン君が有希っ子よりハルにゃんのことが好きだからだね」

長門「!!・・・・・・・私も行く」タッタッタ

がっははははははは、これで面白いものが見れそうだにょろ

|