キョン「長門アメ食べるか~?」
長門「…………」 コクリ
古泉「長門さん、この推理小説なかなか面白いですよ」
長門「………」 コクリ
鶴屋「やっぽー有希にゃん!有希にゃんはいっつも可愛いね~!お姉さんついついぎゅーってしたくなっちゃうよっ!」
長門「………///」 コクリ
ハルヒ「有希!私の膝の上に座りなさい!その本読んであげるわ!」
長門「………」 コクコク

みくる「あの…みなしゃん」
ハルヒ「な~にみくるちゃん?」
みくる「私、この前長門さんに相談されたんだけど…」
長門「(……え?)
みくる「長門さんは…その…今みたいになれなれしくされるのあまり好きじゃないって、ここにいるのが苦痛だって言ってたの」
長門「(言ってない…私そんなこと言ってないよ!?)」 フルフル
みくる「だから、みなさん盛り上がるのもいいんですがもう少し相手のことを思いやった盛り上がり方をしてください。長門さんが可哀想でしゅ…」
キョン「長門…そんな風に思ってたのか?」
ハルヒ「有希、今の話し本当?」
長門「(違う、私嬉しかった…みんなが仲良くしてくれて嬉しかったよ!)」 フルフル
鶴屋「………」

長門「…ぁ……あの、わt」
古泉「ごめんなさい!」
長門「へ!?」
ハルヒ「ごめんね有希…(知らなかったよ…有希がそんな風に……)」 ヒック
鶴屋「ごめんね…ごめんね…」 グス
キョン「ごめん…(なんだよ…友達だと思ってたのにそんな風に思ってたのかよ…)」
長門「あ、あの…」
みくる「よかったですね長門さん。これで気がね無く読者に集中できましゅね!」 ニヤニヤ
長門「…………」 クスン

長門「私はそんなこと言ってない………嘘をつかないで…」 ヒック
ハルヒ「えっ、どういうこと?」
みくる「ひ、ひどいでしゅ…私はただ、長門さんのためを想って………」 クスン
長門「嘘をつかないでよっ!」
キョン「おい長門!朝比奈さんはお前を想って言ってくれたのになんだその態度は!!」
古泉「見損ないましたよ長門さん…」
長門「ち、違う!私は本当にそんなこと言ってないもんっ!」
鶴屋「じゃあ有希にゃんは私の親友が嘘ついてるって言うの!?ふざけないでっ!!」 グス
みくる「ぅ……ヒック…グス…いいの…わたじがぶぇんなごと言うがら長門ざんおごって……ウエェェ」
ハルヒ「みくるちゃん!みくるちゃんは何も悪くないわっ!有希……!」 ヒック
長門「嘘じゃないもん…嘘じゃないもん…」 ガタガタブルブル
キョン「もういい……行きましょう朝比奈さん…」
ハルヒ「有希……この部室、あんたに帰すわ…行きましょみくるちゃん」
みくる「う…うん……」 ニヤリ
長門「ま、待って…!」
キョン「………お前のこと…幻滅したよ」
長門「キョン…くん………グス…ヒック……ウエェェ」

その後長門さんがどうなったかって?知りませんよあんな根暗女!長門さんより私の方が全然可愛いんでしゅからねっ!ふふふ…

キョン「朝比奈さんアメ食べますか?」 ニコニコ
みくる「わ~い!おいしいでしゅ~」 コロコロ
古泉「朝比奈さん、この動物育成ゲームなかなか面白いですよ」
みくる「わ~可愛い~」
鶴屋「やっぽーみくるん!みくるんはいっつも可愛いね~!お姉さんついついぎゅーってしたくなっちゃうにょろ~良い匂いがするにょろ~」
みくる「は、恥ずかちいでしゅよ鶴屋さ~ん///」
ハルヒ「みくるちゃん!ここに座りなさい!三編みメイドにしたげるから!」
みくる「ひゃ~い!」
古泉「まるで仲の良い姉妹みたいですね…」
キョン「そうだな…」


全 て 計 画 通 り ! ! !

|