涼宮ハルヒの喪失の続編ではありませんが、

 

ふと思いついたので書いてみることにしました。

 

 

 プロローグ

 

 第1章

 

 

 

 

前作「涼宮ハルヒの喪失


|