暑い、何故こんなに蒸し暑いのだ。まだ6月半ばだというのに、
この焼けるように暑い日差し、まだ梅雨独特のまとわりつく湿気。
唯一の救いは衣替えが済んでいるという事だけだ。

 そんな憂鬱な気分を抱きながらいつものハイキングコースを歩
いていると、太陽より暑苦しい奴が側に駆け寄ってきた。

 

「おはよう、キョン!」

 

あぁ、おはよう。しかし、なんでこいつはこんなに元気なんだろ
うね。いつもなら机に突っ伏して、暑いといいながらダウナーな
雰囲気をかもちだしつつ、不機嫌な面でいつも後ろの席にいるの
に何か良い事でもあったのだろうか。

 

「なによ、元気ないじゃない。SOS団の一員ならこんな暑さに負
けるんじゃないわよ!」

 

いつも暑さに負けてる奴がいっても説得力はないんだがな。っと
心の中でつっこみを入れながら、はいはいと軽く受け流しておこ
う。まぁ、しかし怒りながら笑うという器用な真似をするこの団
長様、傍若無人唯我独尊猪突猛進女の涼宮ハルヒは、いつも悪巧
みを思い付いた時の顔でニヤけていた。

 

「実はね、いいこと思い付いちゃったのよ!」

 

あぁそうかい。っと軽く流したのが俺の過ちだった。

「なによ!せっかく良いこと思い付いたのに、あんたも少しは喜
びなさいよ!」

 

やれやれ。などと俺のお決まりの常套句が口からこぼれた。
こいつは思い付いたが吉、エンジン全開で駆け抜ける。
俺はそんなことにいつも振り回されて、結局一番苦労する羽目に
なるのは、お決まりなんだ。

 

「うるさい!あんたは雑用なんだから当たり前よ!あ・た・り・
ま・え!」

 

おっと、声に出ていたか。俺は、はぁ…っとわざと大きく溜息を
ついた。そんなやりとりをしていたら、校門が目前に迫ってきて
いた。しかし、朝から何だろうね。

ともかく、この頃の俺にはこれから起きる事なんてまったく知る
よしもなかった。知ることが出来ても、知りたくないんだが。


|