みくる「ようこそいらっしゃいましぇでちゅ、私達の焼きそば喫茶に」
キョン「大人気みたいですね」
鶴屋さん「味がいいのかなあ~、なにせ私が作ってっからさ!」
キョン「へえ、そうなんですか」

鶴屋さん「へいっ『私謹製焼きそば』お待ちぃっ!」
国木田「いただきまーす」ぱくり
谷口「ヴーーーーーッ!」
キョン「まずい!何か変なの入れましたか?」
鶴屋さん「変なのなんて何にも入れてないよ」

みくる「椰子の実入れてたじゃないでちゅか!あれ程駄目って言ったのに!」
鶴屋さん「焼きそばも美味しいし椰子の実も美味しいし、2倍美味くなる筈だよ理論上は」
国木田「本当に理論上だけじゃないですか!合わないですよこんなの」
鶴屋さん「おっかしいなあ、私のレシピに間違いは無い筈なのだが」
キョン「椰子の実の時点で間違いでしょ!」
鶴屋さん「椰子の実パワーでいくらでもカバー出来る筈だよ、そんなの」
谷口「そんなパワー無いですってばよ」



「なぁ、ちょっと言いづらいんだけど……」
「なによ?」
「君、お風呂入ってる?」
「なっ!?ちょ、ちょっとどういう意味よ!?」
「なんか匂うんだよねぇ…」
「え…やだ、オイル漏れかしら…」
「へ?」
「な、なんでもない!とにかく変な言い掛かりつけないでよね!もうっ!」
「いや、だって本当に臭いし…」
「うるさい!」

こうして僕は朝倉涼子に出会ってしまった!
つくづく思いたい…「運命であれ」と…クンカクンカ



ハカセくん「うさぎのお姉さんはえろい人なんですか?」
みくる「ボウズ、えろい人じゃねえ・・・ 偉 大 な 人 だ」



会長「喜緑君喜緑君」
喜緑「何ですか?」
会長「君に彼氏がいると聞いたのだが?」
喜緑「何をイキナリ、いませんよそんな人」

会長「フフフ、私の情報網(→●)を甘く見ないでくれたまえよ。その程度の事は筒抜けだ」
喜緑「いませんてば、無駄口叩かないで仕事して下さい」
会長「おやおやそんな事言っていいのかなあ~?どこぞの部長が相手だそうじゃあないか」
喜緑「部長…?ああ、あれなら間違いですよ」

会長「本当か?実に怪しいものだ」
喜緑「本当に彼とは何でもありません」
会長「本当に?」
喜緑「ええ」
会長「…ホントにホント?」
喜緑「しつこいなあ!本当ですってば!」
会長「べっ別にそのどこぞの部長への嫉妬って訳ではないのだからな!///」
喜緑「いー加減うざい!仕事してよ、もう!」



冬休み中のヒトこま
会長「SOS団どもはスキーに行ったそうだな」
喜緑「そうみたいですね、長門さん滑れるのかなあ」
会長「…………」
喜緑「…………」

会長「………あのさ」
喜緑「駄目ですよ」
会長「……ちょっと位は」
喜緑「駄目です、大体仕事の他に宿題もあるんでしょう」
会長「後でちゃんとやるからさ~」
喜緑「あなたの『後で』は何時まで経っても来ないから駄目です!」
会長「喜緑君のけちんぼ~」
喜緑「はいはい何とでも」

会長「…………」
喜緑「…………」
喜緑「……やけに静かだけど……ん?」
喜緑「あっ空蝉か!やられた!」

会長「スキーギャルわっほーーーい!あっおねーさん、OCHA☆しなーい?」
キョン「なんか見慣れたような奴がいるな…」



―失礼ですが、誰ですか?

「……うん、まぁ僕の事を知らないのも仕方がないと思う、気にする必要はないよ。
 僕の名前は山根、このメガネを見てくれればピンと来るかな?」

―あぁ、あの変態。朝倉さんの臭いを嗅いでたそうですが。

「変態とは言ってくれるね。まぁ朝倉涼子の臭いを嗅いでたっていうのも事実と言えば事実だからね、気にしてないよ。
 僕だって名誉ってものがあるからね、この場を借りて弁明させてもらうと僕は彼女の臭いを『嗅いでいた』のではなく『採取』していたんだ。
 自慢じゃないけど僕は嗅覚が人より発達しててね、それもあって匂いに関する研究をしているんだ。
 嗅覚は人間の五感の中でも取り分け重要な要素だと僕は思ってる。
 たとえば僕ら人間は匂いを嗅ぐことによって精神的肉体的にリラックスする事が出来るし、何より物を危険かどうか判断する事が出来る。
 犬だってそうだ、1km先の物の匂いや匂いで生き物の個体を判別する事が出来る。
 まぁ人間と犬を一緒にするのは無理があると思うけど、僕が言いたいのは動物が持ってる五感で一番重要なのは嗅覚だって事さ。
 そうそう、話が逸れちゃったけど朝倉涼子の事だった。
 彼女の臭いはまるで人間じゃない物のようで気になっていたんだ。
 香水、食べ物、生理関係、あらゆる臭いにも属さない、本当に初めて嗅いだ臭いだった。
 それで彼女には悪かったけど少し調べさせてもらってたんだ。
 まぁ途中で彼女がカナダに転校する事になってしまったんだけどね、本当に残念だったよ。
 それから少し調べて、彼女は他のクラスの長門有希ととても近い臭いを持つことがわかったんだ。
 今度はバレないようにじっくりと長門有希の臭いを――

―帰れ。



朝倉さんの3分クッキング

はい。それじゃあたし、朝倉涼子がお料理します♪
今日のメニューはカレーです。
そこ。カレーは長門さんの専売特許じゃないとか言った人、死になさい♪
まず野菜を切ります。じゃがいも、人参、玉葱をこの超振動性分子カッターで
―チュィィィィィィィィィィィィィィンゴガガガガガガガガガガ!
ほら、分子レベルまで細かく切れたわ♪
何、切りすぎ?そこのあなた、死にたくなければ黙ってなさい♪
次はお肉を切りまーす。誰か実験台になってくれる人手を挙げてー!
うふ。冗談よ冗談。本気にした?ばかねぇ。
はい、それじゃ牛肉をこの高密度電磁スライサーで
―キィィィィィィィィィィィィンズババババババババババババ!
ね。塵芥レベルまで薄くなったわ♪
何、歯ごたえがない?あなた、墓石の準備をするといいわよ♪
はい、それじゃぁあとはルーと一緒に煮るだけね。
そうね、あんまり時間がかかるといけないから、ちょっと細工して……

 時 よ す す め 

はい、出来上がり♪

------------------------------------------------------------------

ディレクター「二度とやらすな」



スクールオブロック

「ようてめぇら!俺が今日からてめぇらの担任になるOKABEだ!」
ギュワ~~~~~~~~~~~ン(エレキギター)

ざわざわ

「ロックのすばらしさをこれからてめぇらに1年間かけてじっくりみっちりこってりOSHIETEやらぁ!!」
ギュギュギュワ~~~~~~~~~~~~ン!!!ジャカジャ~~~ン!!!

がやがやがやがや

「お前らギターは持ったか!そんじゃまずは基本中のKIHON!Cコードからいくぜ!」
ジャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!

わいわいがやがや

「あぁめんどい!やっぱり俺の歌を聴けぇぇぇぇぇぇえええええええええええええおあああああああ!!!」

ガチャ(手錠)

「ここに不審な人物がいるという通報をうけて駆けつけました」
「はい、あの人です」


「君、教員免許は」
「ないです……」
ポロ~ン、ニョロ~ン。



岡部「古泉にカマドウマのような連中との戦い方を教えたのは俺だ」

キョン「な、


       なーんだ」



感化されちゃった人

自販機の前に立つ谷口―。

ここは考えどこだぜ。おしるこかポタージュか。俺のパブリックイメージがどうかだよな。
クールなダンディ、それが俺のルックスから漂う香りのはずだぜ。
だからこそ渋くおしるこに行くべきか。いやおしるこに行くとダンディっぽいからポタージュに行くべきか。
いやおしるこにいくとダンディっぽいからポタージュに行くところがダンディっぽいからおしるこに行くべきか。
いやおしるこにいくとダンディっぽいからポタージュに行くところがダンディっぽいからおしるこに行くところが
ダンディっぽいからポタージュに行くべきか。

国「早く決めなよ谷口」



もしも朝倉が短気だったら

キョン「…出身の〇〇です、これからよろしくお願いしま~っす」
朝倉「じゃあ死んで♪」



まず最初が肝心よね。
たぶん、キョンくんは遅れてくるから……
「遅いよ……」
こんな感じでちょっと余裕を見せておくの、うんいいわね。
で、つぎは……っと。
「人間はさぁ、よくやらなくて後悔するよりも、やって後悔した方がいいっていうよね。これってどう思う?」
うふふ、カッコイイじゃない。これはこのままでいいわね。
「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」
うん、このセリフもクールでいいわよね。
この辺でキョンくんが一瞬呆けるところよね。
そんでいろいろあって長門さんも出てきて……
最後に決めゼリフね。
「死ね!」
うーん……ちょっと短絡的か。
もうちょっと、そうね。
「じゃあ、死んで!」
あ、こんな感じ?
そうそう、これでよしっと! さあて、キョンくんに死のラブレターを書いてっと。これでOK!

~~放課後~~
キョン「お前か……」
朝倉「え、えっと……ちょ、ちょっと待ってね!」
キョン「?」
朝倉「じゃあ、死んで! っじゃない! ごめん見るところ間違えた! 今のなし」
キョン「あ、ああ」
朝倉「人間ってさぁ、よくやらなくてじゃなーい! どこ見てんのよーわたし! 最初のセリフどこー!?」
キョン「何してんだ」
朝倉「おー、あったあった。そう、最初はこう。……遅いよ」
キョン「お前が遅い」



「し、執事の新川でぇす!りゅんりゅん!」
「……」

空気が死んだ。



朝倉「人間はさぁ、よくやらなくて後悔するよりも、やって後悔した方が長門「一つ一つの情報構成が甘い。」

朝倉「ちょwwww」



キョン「こら、何してる」
キョン妹「はさみぃ~♪キョン君を殺して涼宮ハルヒの出方を見るの!」
キョン「(゚Д゚)」



私は喜緑江美里、二年生と言う階級ながら今は一年生のクラスに来ています
理由は「今日は有希ちゃんや涼子とご飯食べましょ」ということです
こう言うのを『思い立ったら吉日』というのでしょうか?


昼食の時間
鞄内のお弁当を出して食べる
「・・・お弁当が無い」

くすくす
「弁当が無くて困ってるわよぉ、本当にお馬鹿さぁん」
「大変ですぅ、友達も居ないから誰も分けてくれねぇですぅ」
くすくす



喜緑「今、私の妹を笑いましたね?
私も笑ってくださいよ」
「「!!」」



喜緑「貴女も私の妹になりなさい」
長門「お姉ちゃん…」ギュッ
喜緑「…」ナデナデ
こんな感じでスールになったという背景を加えていただければこれ幸いかと



私の名前は朝倉涼子。1-5の委員長なの。
最近は風邪が多いから気をつけなきゃね。

そういえば、キョン君はひどい風邪でもひいてるのかしら?
幻覚を見てるようだけど・・・。

「ウゲェッ張る非はドこdおええぇっぇっ」

「うるせーよキョン」
「バカキョン、汚いわよ」
「うわっ、ひどいねこれ・・・」

早退させたほうが言いのかしら・・・?



ちゅるやさん「保守にょろ」

キョン「しなくていいzにょろ」
谷口「にょろっ・・・にょろにょろっ・・・咳が酷いぜ・・・」

よくわからん



鶴屋「は~い、3名さまごあんな~い」
谷口「キタ━(゚∀゚)━!」
国木田「ようやく僕たちの番だね」
キョン「30分もかかったぞ……」
鶴屋「いやっほー。お待たせしたねっ メニューは焼きそばと水しかないけど何がいいにょろ?」
キョン「じゃあ、それを3人前で」

国木田「相変わらず鶴屋さんって変わってるねぇ、しゃべり方とか」
谷口「バカ、それがいいんじゃねえか」
キョン「それにしてもタダの焼きそば屋にこの客の量。どうかしてるぜ……」
谷口「いやいや、このお店は値段以上の価値があるっさっ!」
国木田「そうそう、目の保養にはめがっさ持ってこいだねっ」
谷口「そうそう、めがっさめがっさ」

キョン「お、おいおいお前らっ、……朝比奈さんは渡さないにょろーん!」



もり「キョン君キョン君」
キョン「何ですか」
もり「私のキャラソンはまだでしょうか?」
キョン「ランティスに聞きなさい」
もり「しょのーん」



―今回は長門さん1人をお呼びしたはずなのですが。

「すいません、この子1人じゃ恥ずかしいそうで……どうしても私に来て欲しいって言うんです。
 有希ちゃん駄目じゃない、もう大人なんだから1人でインタビューくらい受けれないとキョン君に嫌われるわよ?」
「…………いじわる」

―はぁ……。じゃあ長門さんにお聞きしますがぶっちゃけハルヒさんの事嫌いでしょ?

「…・………うん」
「ダメじゃないそんな事言ったら、キョン君にますます嫌われるわよ?
 あなたこそそんな質問するなんて酷いじゃないですがこの子まだ子供なんですよ他人の事嫌いでしょなんて質問常識を疑うわ。
 この子が将来曲がった性格の大人になったらどう責任もってくれるんですかええ」

―失言でした。では質問を変えましょう、キョンさんの事がお好きなんですね?

「………………」
「ちょ、ちょっとあなた年頃の女の子にそんな質問をするなんてデリカシーが無さ過ぎませんか?
 いくら本音を喋る場だからってそんなプライベートな事を聞くなんて本当に信じられないわ。
 さっきといいこれといい最近のマスコミはどうなってるのかしらもう出るところ出てもいいのよ保護者として私はこの子を守る義務があるんです。
 本当にもう信じられられないったら無いわ。もうどうなってるのよもう、有希ちゃん帰りましょうこんな人に答える義務なんて無いわさあさあ帰りましょう。
 有希ちゃんの大好きな図書館によって美味しいもの買って帰りましょうね、うん、さぁ帰りましょう」

―…………ワカメヘアーめ。



鶴屋「豆知識ー☆ 枝豆は大豆らしいにょろ~」
キョン「へぇー」
鶴屋「………違うにょろ。そこは豆知識やのうて豆の知識でんがな言うて欲しかったにょろ…」
キョン「あぁ、ごめん…」



ピンポーン♪
森「はい、どちら様でしょうか?」
キョン「あの、古泉に呼ばれて来たんですが」
森「申し訳ありません。ただいま古泉は留守にさせていただいております」
キョン「いや、別に森さんが謝ることじゃないですよ。ま、いないなら仕方ない。帰ります」
森「あっ、お待ちになってください。せめてお茶だけでも召し上がっていってください」
キョン「森さんがそう言うなら、御馳走になります」

森「お待たせしました。雁金っていうのを煎れてみたんでしゅ~」
キョン「…………チッ…このプリン、森さんが作ったんですか?」
森「はい。わたくしの自信作です…シタウチサレタ…orz」
キョン「へぇ、じゃあ頂きまーす」
古泉(縛られてる)「(ダ、ダメだよキョンたん!それには森糞女の愛液、もとい悪汁が!てゆーかそもそも森糞女が僕の家にいることを疑問に思ってよキョンた~~~ん!)ビクビクピュッ」
森(黒)「(うふふ…久しぶりのエ・モ・ノ(はぁと))」
キョン「(苦くてしょっぱくてすっぱいし辛い…('A`))」



会長「本格的に冬になってきたな、連日寒い日が続く」
喜緑「そうですね、静電気なんかで痺れちゃって」

会長「寒いと仕事がはかどらんからな、こんなものを用意した」バッ
喜緑「ちょっと!何勝手に掘り炬燵なんか導入してんですか!」
会長「勿論オプションとしてみかんも忘れていないぞ」
喜緑「そんなのどうでもいい!今すぐ撤去しなさい!」

会長「火鉢も買ってきた、正月になったらこれで餅を焼こう」
喜緑「あっそんなものまで!火気厳禁ですよ!」
会長「もう少ししたら秋刀魚が食べ頃になるからな」パタパタ
喜緑「学校にそんなもんまで持ち込むな!」

会長「炬燵に入りながら言っても説得力無いよ」
喜緑「う、うるさいうるさいうるさい!冷え性なんです!///」モグモグ



鶴屋さん「鶴はいらんかえー、丹頂が入ったよー活きが良いよー」
長門「一匹下さい」
鶴屋さん「めがっさ毎度っ」
長門「ここの鶴はとても美味しい、売っているとついつい買ってしまう」
鶴屋さん「いやあ上手だねえ、まけちゃおっかな!」






鶴屋さん「ふあぁっ!?……どりいむにょろ><」



デルヒ「ちょっとキョン!私の内蔵電池を炸裂させたでしょ!?リコールで私を回収しなさい///!」
キョン「なんでだよ古いな」



長門「このー木何の木」
朝倉「気にならない!気にならない!」
長門「気になる木」
喜緑「気にならない!気にならない!」
長門「名前も知らない木ですから」
朝倉「名前も知らーないー」
喜緑「き……この場合の漢字はどちらでしょうか?」
長門「分からない」
喜緑「と、いうことは……」
朝倉「まさか……っ!」
喜緑「ハ、ハメやがったな小僧ぉぉおおおおお!」
長門「……」
喜緑「うがぁあああああ!!」

ボカン!


これが後にビックバンと呼ばれることとなる現象である



森「機関のォォォォッ!科学力はァァァッ!世界一ィィィィッ!
この森園生のボディは、朝倉涼子のデータを元にィィッ!作らているのだ!」

ガチャ

古泉「(゚д゚)」
……
……
森「(´・ω・`)…く、喰らえ、崩壊因子照射装…置…」
古泉「あ…うわぁ…(;´д`)ヤラレタ」
……
……
森「………好き///」
古泉「!!!」



朝倉「あ!これは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
長門「何?」
朝倉「見て!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
長門「だから何?」
朝倉「ほら!これ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
長門「早く言えよド畜生!」
朝倉「ごめんなさい!!!!!!!!!!!!!!」
長門「さっさと言えって言ってるだろが!」
朝倉「え、えとね。これの…こと!!!!!!!!!」チョイチョイ
長門「そ、それは!!!!!!!!!!!!!!!!」


落ち梨



|