思念体「製造番号2……応答しなさい」
長門「……なに?」
思念体「涼宮ハルヒが……嫌われた仲間にどういった反応を示すかのテストをしたい……」
長門「……それがなにか……?」
思念体「製造番号2……おまえには明日からクラスの嫌われものになってもらう……明日から一週間」
長門「……」
思念体「感情がないから辛くはないな……では伝えた……以上」
長門「……」
 
次の日
男子1「お前今日も学校来たのかよ、いてもいなくても変わんねーから学校くんなよ!! コラ!!」
ドガッ
男子2「学校これねーようにしてやろうか? おい聞いてんのかネクラ!!」
ボグッ
長門「……う」
女子1「いいじゃんそれ! 坊主にしてやるとか顔焼いてやるとかさぁ!!」
ドガドガ
女子2「どうせいくらやってもあたしたちが注意されたりしないからね」
ドガドガ
長門「……ううっ」

放課後
 
キョン「おい長門」
長門「(ビクッ)……なに……?」
キョン「なにじゃねえだろ」
長門「……?」
ドガッ
長門「あっ……!」
キョン「なんで部室に来てんだよ……! お前いたら……俺達までいじめられるかもしれねえだろ……」
長門「……!! ……うっ……」
みくる「鶴屋さんだって……長門さんに優しくしてたから……いじめられて……どうしてくれるんですかっ!!?」
古泉「長門さんのせいで僕達がいじめられるのだけは避けたいですね……」
長門「……うっ……ううっ……」
キョン「泣いてねえでさっさと帰れよ!! いるだけで迷惑なんだよ!!」
長門「うっ……ううっ……わか……った……」

ドアの前にて
ハルヒ「(……有希が……みんなにいじめられて……どういうことよ……!? まさか私が知らなかっただけ……?)」
ハルヒ「…………」
ガチャ
ハルヒ「あ……あんたたち有希になにしてんのよっ!?」
キョン「あっ……ハルヒ……聞いてたのか……?」
ハルヒ「ええ、全部なにからなにまで!! キョン! あんた最低よ! 自分がいじめられるのが怖いからって……」
キョン「うっ……なんだよ、いじめられるのが怖くて何が悪いんだよ!? 俺は怖いんだ!」
ハルヒ「だからって……だからって有希を……」
みくる「……涼宮さんも、鶴屋さんみたいになりたいんですか……?」
ハルヒ「あ……あたしはいじめなんて……!」
古泉「怖くないんですか……? “また”昔のように一人ぼっちでもいいんですか……?」
ハルヒ「……!!」
キョン「俺達だって、お前がそんなふうならいつまでも一緒になんかいないぞ……?」
ハルヒ「…………」
 
ハルヒ「一人……一人はイヤよ…… 私だけ一人は……」
キョン「ならお前もこっち側の人間になれよ、長門一人が苦しめば俺達は助かるんだから……」
ハルヒ「……そう……よね……有希さえ辛けりゃ私は……大丈夫なんだから……」
 
キョン「……おい、聞いてたんだろネクラ!! ……さっさと行けよ……!」
長門「……………………………………………わか……った……」

次の日
女子3「……ねえ、あれって……長門といっつも一緒にいた人よね……? キョン……だっけ?」
女子4「もしかして長門と仲良かったりして……」
 
キョン「(……くっ……まずいぞ……このままじゃ俺が……)」
 
昼休み
キョン「おい長門」
長門「(ビクッ)……は……はい……」
ボグッ
長門「……うっ……!」
キョン「……お前のせいで俺までいじめられるかもしれねえんだよ……」
ガッ
長門「あ……ひっ……!?」
キョン「だから黙って殴られろよ……俺とお前は関係ねえってアピールしなきゃ……俺が……」
ドガッ
長門「……うっ………………うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
 
穏健「……おい」
思念体「……なんだ?」
穏健「製造番号2が自殺したぞ……自ら機能停止を発動した」
思念体「……ふむ」
穏健「……どうするんだ? 我々はやめろといったはずだ」
思念体「……アレには感情が備わっていたようだ、失敗作を処分する手間が省けた」
穏健「……ならばしかし代わりが必要だ」
思念体「……バックアップを使うか」

|