内村「内村プロデュース!本日のゲストは!」
古泉「どうも、アナルファッカー古泉です」
ふかわ「ちょっと(笑)アナルファッカーって(笑)」
古泉「もっふ!」
ふかわ「アーーッ!!アナルだけは、アナルだけは!!」
三村「うわっアナルファッカーだ!」
古泉「よろしく」



内村「本日は、危機的状況回避をプロデュース!今回の危機的状況は……女子が体育の授業を受けているとき、教室で好きな人のパンツをクンクンしていたら、教室に人が帰ってきちゃった時!」
三村「まずそいつが危険すぎだよ!?」
内村「今回この危機的状況を再現してくれるのは、またまた特別ゲスト!北校のSOS団の諸君登場!」
ハルヒ「よろしくお願いしまーすっ!」
みくる「が……頑張りますっ」
長門「……内P最高」
キョン「俺も今日は頑張っていきま、」
古泉「もっふ!」
キョン「アーーッ!!アナルだけは、アナルだけは!!」
三村「アナルファッカー絶倫だな!?有無を言わさず味方にもか!?アナルファッカーってだけでも嫌なのに、絶倫ときたら相当嫌だよ!」



内村「それじゃあ参りましょう!トップバッターは……アナルファッカー古泉!」
古泉「任せてください」
レッド「アナル頑張れ!」



内村「さあ、アナルファッカーは危機的状況をどう回避するのか!?」
(ガラガラッ)
三村「しょっぱなほふく前進で教室に入ってきちゃったよ!?飛ばしすぎ!」
古泉『やれやれ、困ったものです(クンクン)』
三村「いや、パンツ嗅いでるお前が困ったちゃんだろ!?」
内村「さあ、そろそろ教室に人が帰ってきますよー」
(コツコツという足音)
古泉『……!人が帰ってくる!隠れなくては!』
三村「って、ロッカーに隠れちゃったよ!テレビ写んねえって(笑)」
ゴルゴ「どうするんだ!?アナルファッカーッ!」
(ガラガラッ)
ハルヒ『はあーっ、疲れたわね』
みくる『そ、そうですねぇ……』
ハルヒ『岡部のやつ、ハンドボールだからって調子のりすぎよ!だいたいね……』
三村「っておいおい、役者が小芝居始めちゃったよ!?要らなくねぇか!?」
レッド「っていうか、なんかロッカーがギシギシ揺れてないですかね?」
三村「こらアナルファッカー!パンツ持ち込んでなにしてんの!?」
内村「お蔵入りは勘弁!」



長門『……無い』
ハルヒ『何が無いの有希?』
長門『……おパンツ』
三村「おパンツ!?」
みくる『ふぇっ、も、もしっかしてぇ、不審者がぁ……』
大竹「みくるってやつ演技へったくそだなっ」
ハルヒ『なんですってっ!有希のパンツが盗まれちゃったの!?』
(ガララッ!)
キョン『なんだって!長門のパンツが!?』
谷口『WAWAWAっ!Aマイナーのパンツがないってのか!』
国木田『大変だね、早くパンツと犯人を見つけないと!』
鶴屋『こいつはちょっとしたパンツ事件っさ!』
喜緑『長門さんのパンツを盗む人は許しません』
会長『我が校の生徒のパンツを盗むとは、命知らずな奴だ』
阪中『パンツを盗んだ人は、きっとこの部屋の中に潜んでいるのね!』
コンピ部長『長門くんのパンツを盗むなんてうらやましいやつだ!』
三村「……て、人が集まり過ぎだろ!?こんなに呼んでねえしっ!パンツパンツうっせえ!パンツパニックだよ!」
大竹「こりゃロッカー内のアナルファッカー大慌てだよw」
内村「さて、この危機的状況を、古泉とやらはどう回避する!?」



(ガチャリ)
古泉『どうしたんですか?誰かのパンツが消えたのですか?』
三村「いやロッカーから出てきたお前こそどうしたんだよ!?全然みんなに紛れて集まれてねぇよ!?」
ハルヒ『そうなの!古泉くん何か知らない!?』
三村「いやそいつが一番あやしいだろ!?疑う心ナッシングかよ!?まずロッカーから出てきたことを突っ込め!」
古泉『いえ……僕はなにも……』
三村「とかいいながら、こいつ何故かパンツを頭に被りだしたぞ!?」
ハルヒ『え……、そ、そうなんだ……?』
大竹「行動が突飛過ぎて、役者さん(ハルヒ達)も困ってるなwww」
ハルヒ『もしかして……古泉くんが盗んだの?』
古泉『なにをです?』
三村「ここで『なにをです』はねぇよwww」
ハルヒ『え、その……有希のパンツを……』
古泉『あんなメス宇宙人のパンツを僕が盗むとでも?』
大竹「こいつ女子をメス呼ばわりか!?ってか宇宙人って何だよwww」
古泉『なにか証拠でも?』
三村「パンツ被ってる時点でアウトだよ!?十中八九そのパンツ長門って奴のだよ!」



内村「しゅーりょーっ!アナルファッカー10P!」
古泉「やれやれ、焦りましたよ」
三村「いや、モニタリングしてるこっちが焦ったよ!?途中入ってきた奴ら誰だよ!?」
レッド「ア、ナールファック!」
三村「こらレッド、言い方にこだわってんじゃありません!それ持ちネタにできねぇしwww」



三村「ってか、ハルヒSSなのに俺でしゃばっちゃったよ!」
古泉「いいではないですか。またやりたいものです」
三村「俺の突っ込み疲れがひでぇよ!お前等もう来んじゃねぇ!w」
古泉「僕達、せっかくの突っ込み仲間ではないですか」
三村「俺はアナルに何も突っ込まねぇよ!w 一緒にすんなよwww」

長門「……なんでわたしがパンツを脱いでいたかは、禁則事項」



内村「今日のレッドはありません!」

 

 


|