「こ、これは…、いったい、何の冗談だ…?」
 

-------------------------------------------------------- 

「あっ。」

「どうしました?」

「部室に忘れ物した。」

「そうですか。明日は土曜日ですし、物にもよりますが、取りに帰っては?」

「お前に言われんでもそうするさ。」

「これは失礼。」

微笑を浮かべながら言うな。まあ、慣れてるがな。

「おーい、ハルヒ。」

「なによキョン。」

「部室に忘れ物したから、とりに帰ってくる。」

「あっそう。それじゃあ、はい。」

「おっと、って、何だ?」

「見てわかんないの?鍵よ部室の合鍵。」

「それは、わかる。俺が言いたいのは何で部室の合鍵をお前が持ってん
のか、って事だ。」

「部室の鍵毎回借りるの面倒だなって言ったら、
有希が作ってくれたのよ。」

「そう…。」

おいおい。勝手に作ったらまずいだろ。

「何よ。なんか不満そうね。だったら貸してあーげない!」

「おっと。誰が返すか。ありがたく借りさせてもらう。」

「最初っからそう言えばいいのよ。」

ハルヒは満足そうな笑顔を浮かべてやがる。くそっ、何か納得いかん。

「鍵は来週返す。またな。」

「またねー。来週、鍵忘れんじゃないわよ。」

「また…。」

「またね、キョン君。」

「また来週。」 

----------------------------------------------------------------- 

ピカッ!ドーン! 

雷か…。かなり近いな、念のために急ぐか。
 

だっだっだっだっ 

ピカッ!
 

「なっ!」

突然、俺は凄まじい光に包まれた。

これって、まさか直撃か!?

「……………」

「ん?」

おかしい、なんとも無い?

恐る恐る目を開くと…。

時に異常はない。よかった、無事だ。

「何だったんだ?」

まあいい。そんなことより忘れ物だ。
 

----------------------------------------------------------- 

「文芸部に到着っと。雲行きも怪しいし取るもの取ったらさ…。」

今、何か違和感を感じたような…。

しかし、その違和感はすぐに魚を手づかみしたときのようにするりと

手の内から抜けちまった。何だったんだいったい。

俺は妙に引っかかりを感じつつ文芸部の扉を開けた。
 

ガチャ 

「なっ……。」

俺は唖然とした。だってそうだろう、目の前にこんな光景が広がっていたら…。

今俺がいるのは、ほんの1時間前まで俺たちがいた部室…のはず。

しかし、今俺の目の前に広がっている光景は、

あるものと言えば机と椅子と本棚しかない―ハルヒの持ち込んだものや、

長門の本、朝比奈さんの衣装、古泉のボードゲームが
綺麗さっぱりなくなっている。
もちろん俺の忘れ物があるはずも無い―

ただの文化部用の部室だった…。

next


|