午前中。休み時間とは名ばかりの、次の授業への移行時間かつ執行猶予時間の際。
 俺は……古泉は登校しているのだろうか、長門はどうしているだろうかなどを自分の席に着いたまま黙考していた。
「どうしたんだい? あまり元気がないみたいだけど。なにか悩みでもあるの?」
 国木田はこちらへと近づきつつ俺に問いかけ、俺は背後にハルヒが居ないことを確認すると、
「……悩みが多すぎるのが悩みだな。正直まいってるよ」
「ふうん。てかさ、涼宮さんも何だか元気がないみたいだね。ひょっとしてケンカした?」
 普通は聞きにくいようなことを飄々と聞いてきた。国木田よ、俺とハルヒはケンカするほど仲が良いわけじゃ……。
 いや、あるのか。いつも俺がボッコボコにされてるが。国木田はなおも飄々と、
「聞きにくいって? もしかして、キョンと涼宮さんのケンカは犬も食わない感じになってるの? それなら、僕がそれを聞いちゃったのは野暮だね。ごめん、謝るよ」
 謝られたが、考えてみれば野暮なことはないよな。そして、
「……勝手に俺たちを夫婦にするのはよしてくれ。それより、ハルヒが元気ないって?」
 あいつが? ……俺には、息巻いて不思議探索に精を出そうとしていたようにしか見えなかったが。
「キョンは気付かなかったの?」
「……俺には世界を作り変えちまいそうなほど元気に見えたがな。もしハルヒがそうだってんなら、多分、俺がまだポエムを書いてないのが原因だろう」
「おいおい、いい加減早く書いちまえよな? お前なら、いままで恋愛経験がなくても関係ねえ。涼宮とのアレコレでも書いてりゃいいじゃねえか」
 谷口がどこからか沸いてきた。谷口、俺はハルヒと、それこそ人に言えないようなもんしかしてないぜ。
「それは大胆だねキョン。ここは学校だし、そういった情事的な告白は自重した方がいいんじゃない?」
 俺の言葉に国木田がひどい齟齬を発生させちまった。こいつが耳年増なことを言ってるのは、人畜無害そうなツラしてるのが原因だろうか。谷口は国木田に、
「バカ言え。こいつにそんな甲斐性があったら困るってよ。ムッツリな奴ってのはそんなんじゃねえ」
「誰がムッツリだ。おいお前たち、いや、アホその一とその二。妙な勘違いしてやがると俺の怒号より先に、ジェットエンジンを積んだ地対地ハルヒミサイルがアホを感知して飛んできちまうぞ。俺はそれの巻き添えを喰らいたかないね」
「勘違い、ねえ」と声を揃える二人。もといアホ供。そのなかでも特にアホな方が、
「……しかしもう一年になるんだな。お前と涼宮が、一緒に過ごすようになってから」
 ――この谷口の台詞は、まんま俺が自分の部屋のカレンダーを見て思った言葉と一緒だった。


 四月。ハルヒと出会った日付に、俺が記した印。
 記憶をなくしちまった異世界の俺は……その印を見て、何を思っているのだろうか。


「俺はなキョン。涼宮とお前が出会ったのは良いことだったと思ってんだ。あいつが奇行をするのは変わっちゃおらんが、中学の頃のそれとはダンチだぜ」
 右手を肩の位置ほどまで掲げながら、やれやれとばかりに話す谷口。
 ――俺は話の内容より、谷口の姿を改めて見たことによって一つ思い浮かんだことがあった。すぐさまそれを聞こうと、
「……そういえば谷口。お前は、ハルヒとずっと一緒のクラスだったよな?」
「ん? ああ、中一の時から現在進行形でそうだろ。なにを今更言ってんだ?」
「聞きたいことがあるんだが」
 もしかして、こいつはハルヒが異世界を作っちまったヒントを知ってるんじゃないだろうかと思った俺は、「あいつさ、中学の頃から宇宙人やら諸々を探し回って、不思議なものと会いたがってたんだろ? それでさ、なにか……他に変わったことしちゃいなかったか? もしくは、あいつの悩みでも願いでもなんでもいいんだ。教えてくれ」
 そうだ。異世界じゃそういったハルヒの願いは叶ってる。その世界がそんなイレギュラーな事態になってるんなら、他に……何かがあるはずなんだ。若干の期待を込めつつ聞いた俺に谷口は、
「知るか」
 という端的な答えを出した。冷たい言い方に俺がすこし傷ついていると、
「中学の涼宮の行動はオールラウンドに変わってたぜ。それこそ全部が変だったもんで、それがあいつの普通になってたくらいだ。……そりゃ今でも変わんねぇが、高校に入ってから変わったもんが一つあるな」
 谷口は、話の後半部分になるとニヤニヤした顔を俺へと向けて話していた。やめとけ。マジモンのアホみたいだぞ。
 とは言わず、それは何だと聞き返すと、
「高校に入ってから涼宮に告白したヤツがいたんだが……涼宮は断ったらしい。中学の頃じゃ考えられねーよ。でな、東中出身のヤツらの間じゃ眠り姫伝説ってのがあったんだ」
 もちろん眠り姫ってのは涼宮だ。と続けて、
「眠り姫ってのはつまるところ、涼宮が寝ぼけたこと言いながら正気の沙汰とは思えん行動ばっかやってたからさ、皮肉で付けられたあだ名だよ。そんで、あいつが目を覚ますのは、あいつにちゃんとした男が出来たときだって言われてた」
 また谷口は俺をアホ面で見ながら、
「涼宮が男をとっかえひっかえしてたのは、いつまでたっても現われやしない王子様を探してたんじゃねえかって噂が立っててさ。で、あいつは眠ったまんまで王子様が誰だかわからねーから、とりあえず全員オーケーしてたんだろって話だ」
「馬鹿言え。ハルヒが王子様を探してる? あいつが全員の申し入れを受けてたのは、単に断るのがメンドーだっただけだろ」
「それは違うんじゃないかな? そっちのほうが面倒じゃん。涼宮さんなら、斬り捨て御免でサヨナラすると思うけど」
「だが……」
 ……と俺は言いかけて停止した。谷口の話を聞いて、一つ不安な考えが頭をよぎっちまった。こいつらとハルヒの恋愛観について侃々諤々としてる場合じゃない。


 眠り姫。
 スリーピング・ビューティ。


 まさか……あの、閉鎖空間から抜け出たときの行動をやれなんて言わないよな?
 ……俺がなんとも言えない気持ちになっていると、
「でもさ、涼宮さんはその人の告白を断ったんでしょ? じゃあ、もう涼宮さんは王子様を見つけちゃったの?」
「――なっ!」
 思わず驚嘆の声を発した俺に、
「何驚いてんだよキョン? いつになく素直な反応じゃねえか」
「うん。まるで好きな人に彼氏がいたのが発覚したみたいな反応だったね」
 アホがアホなことを言ってきた。こいつらにアホ言うなとは無理かもしれないと思いつつ、
「お前等がアホらしいこと言ってるからだ。あいつに男なんかいやしないし、第一、今でもハルヒは天真爛漫な行動してるじゃねえか。谷口の予測も外れてるってことだ」
 そう言うと、谷口は何故か盛大に嘆息した後に、
「噂は噂だ。与太話でしかねえよ。けどな、じゃあなんで涼宮はそいつの告白を断ったと思う? 俺が言うのは業腹だが、そいつは中々の良識人だったぜ。見た目だって悪かねえ」
「そりゃSOS団があるから……」
「ああ、わかった気がするよ。谷口の言いたいこと」
 俺の言葉を途中で止めた国木田は、
「涼宮さんは、今度は王子様と一緒になってキテレツな行動をやり倒してるんだね」
「そういうこった」
 俺の目の前に二つのアホ面が広がった。



 つまり、こいつらは俺が王子様だと言いたいらしい。なんとアホな。谷口、国木田よ。俺が王子様に見えるんなら、俺が跨っている馬はハルヒだぞ。むしろ、俺がじゃじゃ馬に乗っかってるから王子様に見えるのか? 何処をどう見たら、無残に振り回されまくりの俺の格好がそう思えるんだろうね。
 俺はそんなことを考えながら二人を追っ払い、少々残念な気持ちをそのまま溜息として吐き出していた。
 実を言うと俺は、谷口がこの異世界問題の解決の糸口を持ってきてくれるんじゃないかと淡い期待を抱いていたのだ。
 そう。長門が世界を改変し、俺以外のみんなの記憶が消えちまった時、あいつは俺とハルヒを引き合わせるキッカケをもたらしてくれた重要人物だったからだ。そして、この谷口は――

 残念以外のなにものでもなかった。




 そして昼休みになる。俺はいつものトリオでの昼食会を辞退し、文芸部室へと足を運んでいた。
 理由なら沢山ある。長門の様子だって気になるし、ポエムだって書かなきゃならない。教室じゃ恋のポエムなんぞ書けるはずもないため、どうせなら部室で長門と肩を並べながら頑張るのも良いかなと考えたのだ。長門にとっても、戦友がいたほうが退屈しないで済むだろうしさ。古泉は……まあ、気にならないわけではないが来てないとしても俺にはどうしようもないことだし、そもそもあいつが学校にまで来れない理由というのがわからん。よって、俺は数ある懸案事項の中で、ポエム作成と長門についての問題を優先して選択し対応することにしたのだ。
 そんな雑多なことを考えながら部室へと到着し、扉を開いた俺は……
「うお」
 室内の長門の様子を目に入れて思わず声を漏らす。
「……今日は、本読んでないのか」
 長門はこちらへと振り返ることもせず、顔を窓際へと向けたまま、自分の席に閑寂と着座していた。
「長門?」
 俺が呼びかけてみても、一ミリの返答すら返ってこない。
「……機関誌借りていいか?」
「…………」
 沈黙を了解の合図とした俺はかつての長門を見習い、ポエムの作成に温故知新的な希望をもって小説誌を開いた。
 ……が、何故か俺は自分の小説ではなく、長門の小説を読み返したいと思いながらボンヤリとページを捲っていた。
「………ん?」
 長門の小説を探していた俺は、機関紙が検索を終えてパラリと閉じられたことに違和感を感じた。なぜなら、俺はあいつの小説を見つけることが出来なかったのだ。
 そして何度か再検索してみるものの、一向に長門の小説は姿を見せない。


 というより、ない。


 それが俺の勘違いでないというのは、目次として記されている作品掲載順序と実際の順番の不一致が証明してくれている。
 そう。本来ならあるべきはずの場所に、あいつの小説がポッカリと消えてしまっているのだ。
「………?」
 ――なにかがおかしい。嫌な予感がする。何か……とてつもなく大きなものが俺を待っている気配が、この部室内からですら漂っている。
「長門」
 もちろん返事はない。しかし、それがもちろんのことになったのはつい先程のことだ。これも、本来なら変なんだ。
「……機関誌なんだが、お前の小説は何処へ行った?」
「…………」
 無言で部室の隅を指差す。俺はまるで札を貼られたキョンシーの如く何も考えず諾々とその指示に従い、長門が指差す先へと歩き出した。
「………?」
 壁に突き当たった俺は、またもや沈黙と疑問符を浮かべることとなった。
 ここには、円筒状のゴミ箱しか置かれていない。
 行動の選択肢が一つしかなかったため、俺は何を思うわけでもなく、ゴミを漁るというあまり宜しくない行動に出た。
 ……そして思わぬ収穫物を手に入れた俺は、ここで、やっと意識を取り戻すこととなる。
「――誰が……こんなことしやがった」
 俺が手にしているのは……長門の小説だ。見事なまでの手際で切り取られたであろう数枚の紙の姿に、俺はそれを認めることが出来ないでいた。


 いや待て。待て待て。わからん。不愉快よりも、不可解さが先に来る。

 何が起きてる?
 いつ始まった?
 どうしてこうなってる?
 真っ白になった頭の中で数々の疑問がひしめく中……俺は思わぬ言葉を、紛れもない長門の声で耳にする。



「わたしがやった」
 ……は? なにをだよ。
「それ」
 俺は手元を見る。そこにあるのは、もちろん……
「―――長門っ!?」
 質問するには不明なことが多すぎた。俺は長門を一瞥し、そして普段とは違うこいつの雰囲気を認識するやいなやすぐさま駆け寄り、あいつの肩を掴みながらあいつの名前を叫ぶ。
「……なっ……お前、どうして……」
 そして長門の双眸と目を合わせた俺は……そこにあるものを感じ、狼狽を隠せずにいた。
「今のわたしには、必要ないものだったから」
 そう話す長門の瞳の中には……


 何も、存在していなかった。


 今つくづく思う。昨日までのこいつには、いや、初めて出会ったときだってそうだ。無感動ながらも、確かに何かが存在していたのだ。
 しかし、俺の目の前にいるこの長門には……何もない。あの黒い瞳はまるで乾いた氷のようにくすみ、光を失ってしまっている。初めて俺は……こいつの姿に虚無というものを見て、例えようのない戦慄を覚えた。




 何かが起きてる。それは間違いない。この長門がおかしいってのも間違いない。
 じゃあ、何で……長門はおかしくなっているんだ? 《あの日》を思い出したからといって、流石にこうまでなるとは考えにくい。ってことは、なにか他の原因でこうなっちまってるんだ。考えろ。どこかに……ヒントがあったはずなんだ。
 昨日は何があった。なにかおかしかったところは?(帰り際にあったな)もしかして、長門は誰かに妙なことでもされたのか?(長門が?)じゃあ誰に?(あいつはどうだ)大体、長門をこんな風にして何の得がある?(ある。あいつには)今日何かおかしなところはあったか?(あいつは来ているか?)機関誌は……(最近あいつがずっと読んでたな)。


「……ふざけるな」
 これは俺の馬鹿げた思考に対する言葉だ。くそ。何考えてんだ俺は。わかってるじゃないか。
 古泉が……こんなことするわけねえだろうが!(機関はどうだ?) 
 ――いい加減にしろ。そうだ、原因を考えたところでどうなるわけじゃない。今必要なのはトルストイ的思考方法だ。
 まず、現在一番優先すべきことはなんだ?(そりゃもちろん長門を元に戻すことだ)それを果たすには?(思いつかないね)じゃあどうする。(何が出来る?)俺に出来るのは……(俺に出来ないなら……)
「喜緑さん……!」
 あの人なら何か知っているはずだ。確証はないが、もとよりここで俺が無為に思考を巡らせるよりは彼女に何かしら聞いてみた方が上策というものだろう。
 だが、ここの長門はどうする?
 下手に校舎内を引っ張って連れて歩こうものなら、ハルヒが追尾してきたりだとか俺が破廉恥な輩だという無用の心配が生徒や教師間に蔓延ってしまうかも知れん。そんなもんに構ってる暇などありゃしない。
 俺が行動を決めかねていると部室の扉がガチャリと音を立て、
「……おや」
 立ち尽くす俺の姿に少々驚きつつ、見慣れたハンサム顔が進入してきた。
「いえ、長門さんが心配だったのでね。僭越ながらここへやってきたわけです。お邪魔なら引き返しますが」
 何も聞いちゃいないのに訪れた理由をいつものスマイルで話す古泉に、
「古泉、これ頼む! あと、長門もだ! 俺は今から喜緑さんの所に行ってくる! 理由はすぐ解るはずだ!」
「……ど、どうしたんですか?」
 俺は古泉の胸元に長門の小説を押しやり、されるがままにそれを受け取った古泉は当惑しながら俺に説明を求めた。
「何がどうなってるかは知らんが、事態は風雲急を告げまくりだ! よろしく頼……」
 一目散に扉へと駆け出していた俺は途中で足と言葉を止め、唖然としている古泉を見ながら、
「……古泉。俺は、お前を信じてるぜ」
 たとえ『機関』が――いや、誰が長門をこうしちまったとしても……古泉は、目の前の長門を守ってくれるはずだ。
 俺はそれ以上足を部室に留めることなく、一路喜緑さんの元へと駆け出した。




 とは言うものの、俺が目指したのは生徒会室だった。目的地に着いた俺はすぐさまドバン!と無作法にも勢いよく扉を開き、
「……なんだキミは。ここはそちらのイカガワシイ部室と違い、ひどく真面目に学内活動に取り組んでいる場所なのだ。無礼な入室の是非は推して測るべきだと思うがね」
 突然の闖入者に呆れ顔の生徒会長。少しも怯んだ様子が見受けられないのは感嘆だ。
「そういえば、機関紙の上稿の件があったな。詩集は完成したのかね? もっとも……キミのその様から鑑みるに、期日の延長でも哀願しに来たと考えるのが妥当な判断だが」
 肩で息をしている俺に、会長は訝しげに言い放つ。
「……それも頼んでおきますよ」
 ちゃっかりしたことを言う俺に、
「ふん。その程度の用件でわざわざ参られては、こちらが困るというものだ。期日を設定したのはそちら側だろう。そもそも今の私は、奇怪な団体に付き合ってる暇など皆目持ち合わせてはいない。この度の生徒会からの要求も実の所、便宜上の活動内容が欲しかっただけなのだ。詩集とやらはあのお祭り女が勝手に決めたことだ。今回、生徒会側はキミたちに契約不履行の罰則を何も提示してはいない。勝手に四苦八苦でも七難八苦でも起こしていたまえ」
 会長があまりにも正当なことを言っているのでちょっと逆らおうと思った俺は、
「……少しばかり要求を急ぎすぎだった感は否めませんがね。せめて二学期から活動を求められれば良かったんですが」
「ふん」
 いわれのない非難を受けて呆れ返ったような息を吐き、
「キミは喜緑くんの、折角の厚意を無下にするつもりかね。当初の生徒会側の申し入れを提案したのは彼女だ。……理解したのなら、早く退出したまえ。こちらは昼食をロクに摂れぬ程忙しい身なのだ」
「待ってくれ。俺はそれで来たんじゃないんだ……いや、ないんです。喜緑さんはいないんですか?」
「ほう。キミが我が生徒会秘書と謁見したいというのは何故だ」
 答えてるヒマはない。いるかいないかどっちかだけ答えてくれ……という俺の質問は愚問だった。清濁併せ持つというか本来黒い会長がこの喋り方だってのは……。
「会長。どうやら彼はわたしに火急の用があるみたいです。すみません、少し席を外していて頂けないでしょうか?」
「……む。私とてヒマではないのだが。キミも良く知って……」
 会長にニッコリと微笑む喜緑さん。これ以上会長が話しを続けていたらどうなるかわかったものじゃない。
「……よかろう。だが、手短に済ませたまえ」
 絵に描いたような渋々とした風情で歩き去る生徒会長。生徒会活動に精力的なあの人の邪魔をするのは少々気が引けるな。
「構いません。わたしたちはここで、お弁当を食べていただけでしたから」
 一転して会長に越権行為疑惑が浮上した。ちくしょう。権力を傘にきて、喜緑さんにちょっかい出してやいないだろうな。
「いえ。会長は素晴しい殿方ですよ?」
 明るく言い放っているが、この人は会長の本性を知っているのだろうか。知らないとは思えないが……。
 ――って、そんなどうでもいいことを考えてる場合じゃない。
「喜緑さん! あなたに聞きたいことがあるんだ! 長門の様子なんですが……」
 急に笑顔のトーンを落とし、喜緑さんは悲しむ口調で、
「……はい。彼女に異変が発生しているのは知っています……その原因も」
 ――よし、ビンゴ。当たりだ。原因が判明すれば、後はなんとでも対策は講じられる。
「……あいつはどうしちまったんですか? 多分、誰かに干渉されて――」
 喜緑さんはゆるやかに首を横に振り、
「そうではありません。彼女は……禁を破り、死を願ってしまったんです。そして情報統合思念体からの処分を受け、現在の状態に保持されています」
「な……。あいつらが、長門を――?」
 ――待て。思念体にとって長門は……世界人仮説を解明するとかいう、進化の希望だったんじゃないのか?
 それがあいつらの最重要目標だったはずだ。なのに、禁を破っちまったからといってホイホイとあんな状態に変えちまうのか? いや……もしかして、解明の作業には影響しないのだろうか? だがな、だからといって長門をあんな風にしちまうのは許され――って、
「ちょっと待ってください。長門が……死を願っただって? 死にたいなんぞを思ったってことですか?」
 喜緑さんは視線を落としながら軽い困惑の色を顔に貼りつけ、
「……はい。長門さんのパーソナルデータが消去されていることから、それは間違いありません」
「長門のパーソナルデータが消えた? ……何となく意味は掴めるんですが、どういうことなんです?」
 俺の質問に、喜緑さんはまるでカマドウマ事件をもたらした際のたじろぎ気味な雰囲気で、
「言うなれば……彼女はもう長門さんではないんです。現在の彼女は、いままでの長門さんの行動形式を思念体から暫定的に付加された、素体が一緒なだけの別人なんです。そして……」
 更に沈み込み、唇を噛み締めるような様子で……
「――もう、わたしたちが知っている長門さんが帰ってくることはありません。……彼女の中に存在する思念体は長門さんのものですが、これからどうしようとも……あの長門さんと同一のパーソナルデータが形成されることはありませんから……」
「………うそだろ」
 ……喜緑さん。頼むから、そんな顔をしないでくれ……。それじゃ……。
 まるで、打つ手がないみたいじゃないか……。

 


 ――打つ手が……ない?


 いや……あるのか……?
「…………」
 俺は揺らめく意識とおぼろになった現実感の中で、懸命に思考を成り立たせようと煩悶していた。
 ……大人の朝比奈さんは言っていた。今日、長門の為に《あの日》へ飛ばなければならない、と。
 だが、行ってどうなる?
 ――そう、そこなんだ。この現在は過去の延長なんだから、過去の空白を埋めても今が変わるわけじゃないはずだろ。
 つまり……それは、長門がこうなっちまう現在を変えろってことなのか?
 だが、それは危険なんだ。俺たちは、歴史がどう変わるかなんて予想出来やしない。大人の朝比奈さんにいいようにされちまう可能性があるんだ。それに……。
 長門が復調することは、大人の朝比奈さんにとって不利益なんじゃないか?
 思念体は俺に、世界の矛盾を消して元の姿に戻さないかと提案してきた。それは、大人の朝比奈さんが消えちまうってことだ。ああ。そうだよ。そもそもが宇宙人や未来人や超能力者の上の繋がりは、純粋な利害関係で目的が一致してたから互いに敬遠していただけだ。思念体が長門を見限った今、『機関』や朝比奈さんの『未来』があいつを助けようなど考えるわけがない。
 ……だが、最も頼りになる奴らは、長門を助けることに微塵の躊躇もありはしないんだ。


 ――俺たち、SOS団には。



 そして、今は俺の判断が一番重要な意味を持っているんだ。長門や古泉、恐らくは朝比奈さんも背後の黒幕から行動を制限されている。俺の行動如何によって、事態はあらゆる方向に進行してしまうのだ。世界の分岐点とやらがあるのなら、今が一番大事なポイントだ。
 よく考えろ。俺に何が出来る?
 俺の朝比奈さんに大人バージョンの彼女の存在を打ち明けてみるか……もしくは、博打だがハルヒに俺がジョンスミスだと名乗り出るかだ。危険度を考慮すれば前者だが、効果を考えるなら後者だ。どっちに………。
「………くそ」
 どちらを選んだとしても、あまり良い結果が出るとは思えない。
 ……それに現在俺の中では、上の奴らに向けているものとは別の怒りが大きくなり、思考することを邪魔している。
 ――長門。お前は今大変な状況だが、一つ……言わせてくれ。


 なにやってんだ。お前は。


 死を願っただって? んなもん、願い事でも何でもねえ。お前は、死ぬほど悩んでたんだろうが。それで死にたくなったんなら、なんでこうなっちまう前に俺に言わねえんだ。いや、俺じゃなくてもよかった。ハルヒでも、朝比奈さんでも……古泉でも。そうさ、お前は一人で抱え込み過ぎるから《あの日》を起こしちまったんだろうが。……いや、それは俺が気付くべきだったよな。お前は何も悪かない。
 けどな、長門。俺は誓ったんだ。お前に二度と……あんな思いはさせないと。
 それはSOS団のみんなだって一緒だ。だから、俺たちはお前の悩みでも何でも共に背負って行きたいんだよ。
 だが、お前がそれを教えてくれなきゃ……俺たちは、寄り添いようがなだろうが……。
 長門。お前に一番必要なのはさ、自分が抱えてる悩みを仲間に伝えること――――。


 ――ドクン。

 

 ……この瞬間、俺の心臓がまるで今始めて鼓動し、その存在を知らしめるかの如く高く鳴り響いた。
「まさか……」
 頭の中では、一人の少女の……笑わない仮面が笑ったような笑顔の映像が勝手にフィールインされていた。
「――喜緑さん! あいつは……朝倉はいないんですか!? いや、とにかく聞きたいことがあるんだ!」
 慌てふためく俺を見ることなく、喜緑さんは視線を落としたまま、
「朝倉さんは……現在、思念体内に存在していません。彼女のパーソナルデータのバックアップも、失われています……」
「…………」


 ――決まった。


 俺は、行かなければならない。二度と行きたくはなかった《あの日》に。
 そして俺は……二度と会いたくはなかったヤツに、今一番会いたいと感じている。

 そう。朝倉は……長門の願いを、あいつの悩みを聞いているんだ。


 ……《あの日》はまだ、終わっちゃいなかった――。


第八章


|