※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すずみやさんはSOS団の団長さんです。

古泉くんはにっこり笑ってすずみやさんに言いました。

 

「こんにちは、すずみやさん」

すずみやさんは表情を変えずに答えました。

「こんにちは、古泉くん!」

 

 

ながとさんは無口な宇宙人さんです。

古泉くんはにっこり笑ってながとさんに言いました。

 

「こんにちは、ながとさん」

ながとさんは表情を変えずに答えました。

「…こんにちは」

 

 

あさひなさんはSOS団のメイドさんです。

古泉くんはにっこり笑ってあさひなさんに言いました。

 

「こんにちは、あさひなさん」

あさひなさんは表情を変えずに答えました。

「こんにちは、古泉くん」

 

 

『     』はSOS団の雑用係さんです。

古泉くんはにっこり笑って『     』に言いました。

 

「こんにちは、『      』」

『     』は表情を変えずに答えました。

「よお、古泉」

 

 

 

しゃっ、と、まるではさみが布を切るような音がしました。

するとどうでしょう。『      』の肩から綿が飛び出しました。まっしろの。

 

 

 

 

古泉は人形を取り落とした。

慌てて屈むと、タイルの上に水滴が落ちる。

自分は涙を流しているのだと、彼は初めて気付いた。

 

――あれ、どうして僕は泣いているのでしょう。

何もかなしいことなんてないのに。

 

『がんばって作ったのよ!ほら、この間抜け面、『     』にそっくりだと思わない?古泉くん!』

 

ああ、あのときの彼女は、本当に幸せそうだった。

誰もいない文芸部室で、彼はひとり、笑う。

 

 

「好きです、涼宮さん」

人形は、答えなかった。

 

 

 

 

(この綿が血であったなら、どんなに良かったことでしょう!)

|