水晶球。


統合思念体、アクセス。


許可申請。


許可。

 


「あなたは、五分十五秒後にソフトクリームを買って、五分二十八秒後にそれを足に落とし、七分六秒後に看板に頭をぶつけ、その再彼女と交錯して転倒。彼女のバッグから所持品を散乱し……」

 


うらない。

 

ウラナイ。

 

占。

 

 

前もって彼と練習したけれど、果たしてこれで良いのだろうか。
彼は
「いいんじゃないか? 長門らしくて」
と言ってくれた。だから、これで良いのだと思う。
わたしらしいという言葉の意味は、わからないけれど。

「気が向いたら、俺も長門のクラスの出し物見にいくよ」
その言葉に淡い期待を持っているわたし。

 

うらない。

 

彼の姿を目視で確認。
わたしの心拍数の上昇を確認。
来てくれたのだ、という「歓喜」と。
どうしよう、という「困惑」。
……、エラーを確認。
しかしそれらの発露に、有機生命体が「喜」と呼ぶ感覚がわたしを包んだ。
彼が教えてくれた事。それは「喜び」だと。
だから、わたしはいま「嬉しい」のだろう。
でも、どうして「困惑」しているの?
「嬉しい」はずなのに、どうして「困惑」しているの?
これは「喜」ではないの?

エラーを確認。

でも、今日はそれが心地良かった。
「嬉しい」と「困惑」は同じにやってくる。
いつも、そう。


「よお、長門。順調か?」
首肯。
「よし、じゃあ俺も占ってくれよ」

 


彼。SOS団団員その一。鍵、たいせつなひと。

 

 

目の前の水晶に手を翳す。

統合思念体、アクセス。

許可申請。

許諾サレズ。

「……」
どうしよう。
「……」
「長門?」
「……、わからない」
「ははっ、それなら仕方ないな」
「……すまない」
「いいっていいって、もう何回も占ってもらってるしな。それじゃ俺、古泉のクラスいってくる。後頑張れよ」
「……」
なにもいえなかった。
せっかく、練習に付き合ってもらえたのに。
せっかく、せっかく。
せっかく、わたしの所に来てくれたのに。
彼との親睦を深められる好機なのに。
「悲しい」という感覚がやってきた。
わかる、この感覚は。
何回も私を襲ってきた感覚。
こんなとき彼の事を考えるとやってくる感覚。

 

「有希、ちょっと力を貸して欲しいんだけど」
涼宮ハルヒ。SOS団団長。自律進化の可能性、バニーガール。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

休憩時間、本を読もうとカバンに手をかけた。
名前を呼ばれる。知っているひとと、知らないひと。
「ごめんね、休み時間に」
財前さん、ベースのひと、あかるいひと。
「あのね。この前のお礼を言いに来たの」
「ありがとうね、長門さん」
榎本さん、中西さん。
わたしはコクリと頷いて指をさした、むこう。
「本当にありがとうね、長門さん」
岡島さん。ドラムのひと。いいひと。
わたしの持っていないものを持っているひとたち。
なんだか「羨ましい」
「羨ましい」ということ。
よくわからないけれど。
なにが「羨ましい」の?
……、よくわからない。
わたしは、わたし。
彼女らは、彼女ら。
同じでは、ない。
なにが「うらやましい」の?
わからない。
でも「うらやましい」と思う。

 

◇ ◇ ◇ ◇
 
「よお」
昼休み。
「なによ」
いつも通りに文芸部室へと向かう。
「時間無くて、簡単なアレンジに変えちゃったからね。ホンモノが聞きたいのは当然でしょ」
何も変わらない部室内。
「MD希望者の話か」
どこか違って見えるのは、どうして?
「そ」
わたしが変わったから?
「でも、ぶっつけにしてはなかなかの演奏だったな。良い宣伝にはなったんじゃないか?」
それとも。
「あと一日あったら、しっかりした準備ができたのにね。あんなので良かったのかな、って少しは思うけど。なんていうの? 今自分が何かをやってるって感じがした」
何が、変わったの?
「はあー。なんか落ち着かないのよね。なんでかしら?」
わからない。
「俺が知るわけないだろ?」
気持ち、感情。まだよくわからない。
「なによ? なんか言いたい事があんの? なら言いなさいよ! どうせロクな事じゃないんでしょうけど、黙ってため込むのは精神に悪いわよ」
でも。胸が痛いのは、どうして?
「別に、なんも」
わからない。
「も、もう~」
ただ、本を読みたくてきたはずなのに。
「へへっ」
でも。
「あ、ねぇ。あんたなんか楽器できる?」
いまは、そんな気分じゃない。
「できん」
気分。
「練習次第でどうにでもなるわ、なんたってあと一年も時間があるんだからね」
気分って、なに。
「おいおい」
中庭の二人の声が聞こえたのは、偶然?
「来年の文化祭、わたしたちもバンドで参加しましょうよ。わたしがボーカル、有希がギターで、みくるちゃんはタンバリンでも持たせてステージの飾りになってくれればいいわよ」
窓越しに見える。嬉しそうに笑う、涼宮ハルヒ。
「いやいやいや」
窓越しに見える。嬉しそうに笑う、彼。
「もちろん。映画の第二弾もあるしね。来年は忙しくなるわよ、やっぱ目標数値は常に前年対比を上回らないといけないのよ」
「嬉しい」という感情は、知っている。
「待て待て」
では、わたしを今支配する「感情」は? 「嬉しい」? 違う。では「困惑」? 違う。では「悲しい」?
「さ、行くわよ? キョン」
統合思念体。
「へ? どこに?」
アクセス。
「機材を貰いによ」
エラーの処理を申請。
「軽音楽部の部室に、行けばなんか余ってるのが落ちてるわ。それに中西さんたちに作曲方とか聞いとかないと。安心しなさい、作詞作曲プロデュースはわたしがやってあげるから、もちろん振り付けもね」
手を繋いで歩きだす二人。
「いまからやらなくていいだろ」
エラーの増幅を確認。
「何言ってるの? 一年なんてあっという間よ?」
笑顔、わたしにはわからないもの。
「ところで振り付けってなんだ? バンドやるんじゃないのか?」
二人は、笑っている。
「いるの!」
では。いまわたしは、笑っているの?

 

 

どんなとき、ひとは笑うの?

この頬を伝うものは、なに。

「感情」?

わからない。

 

 

財前さん。
中西さん。
榎本さん。
岡島さん。

 

 

わたしとは違うひと。

わたしの持っていないものを、持っているひと。
わたしの持っていないものって、なに。
わたしと、どこがちがうの?
どうして、違うの?
わからない。
わからない。
でも、同じではない。

 

 

わたしは「困惑」している。
「嬉しい」と「困惑」はいつも、同時にやってくるのに。
いまは「困惑」と「もう一つ別のなにか」がわたしを支配している。
「悲しい」とは、違う「なにか」が。


これは、なに。


教えて。


だれか、おしえて。


|