必要なもの、必要の無いもの。

 

 

本。
必要なもの。

絆。
必要なもの。

時間。
必要なもの。

仲間。
必要なもの。

 

 

――朝倉涼子、彼女はどうして消えてしまったの?
わたしが消したから。
――どうして?
暴走した、もうバックアップは無理。必要が無くなったから。
――必要が無くなったから、消したの?
そう。
――どうして?
必要が、無くなったから。
――本当に?
そう。

 

 

 

涼宮ハルヒ。SOS団団長。自律進化の可能性、黄色いカチューシャ。

 

彼。SOS団団員その一。鍵、たいせつなひと。

 

古泉一樹。SOS団副団長。超能力者、笑顔。

 

朝比奈みくる。SOS団団員その三。未来人、胸。

 

 

わたし。
――わたしは、なに?

 

 

「やっほー! みくる居るー? ってあれ? 長門っちだけ?」
鶴屋さん。SOS団名誉顧問。いつも元気の良い一つ上の先輩、八重歯。
「明日の掃除当番代わって欲しくってさー。それを頼みに来たんだけど、みくるは?」
指を刺す、むこう。
「そっちの方にいんのかい? あんがと!」
鶴屋さん、元気。
記憶媒体に刻みこむ。

 

 

「あれ、長門。お前だけか?」
両手でダンボールを抱えた彼、疲労の色が浮かんでいる。
「よっと」
髪も少し濡れている。
「ハルヒ達は?」
わたしは首を傾ける。
「はぁー……」
彼はハロゲンヒーターに両手をかざす。赤い光が彼の手を暖めた。
「疲れた」
机に突っ伏して、彼の意識は夢の中へと誘われた。

 

スースーと、規則的な呼吸が聞こえる。
ヒーターによる室内気温の微弱な上昇を確認。
しかし、冷えた体では風邪を引いてしまうのではないだろうか?
浮かんだ疑問符を解消させるべく、彼を起こさぬよう、音を立てないように細心の注意を払ってヒーターを近づける。
これで、少しは暖かくなる。
「お疲れ様」
耳元で呟いて、わたしは彼にの背中にカーディガンをかけてあげた。
「風邪、ひくから」
蹴りたい背中。
読みかけの本を部室に残して、わたしは外へ出た。
彼に何か買ってこよう。わたしからせめてもの感謝の気持ちをこめて。
冬の風が冷たい。随分と暗くなってしまった空を眺めた。

購買部、もう既に閉まっている。一番近いのは、坂の下にあるコンビニエンスストア。
急ごう、できれば彼が起きてしまう前に。
小走りで坂を下りる。この雨量ならば、少し濡れるが傘は不要。
コンビニエンスストアまで、あと八百三十二メートル。

 

 

わたし。
――わたしという存在。
彼。
――彼という存在。
彼はだれ? キョンと呼ばれるひと。

 

わたし。
わたしはだれ? 長門有希。
名称、呼称。
他人が呼ぶ為に必要だから、アイデンティティ、拠り所。
――この星で生きるために必要だから?
違う。
名前なんか要らない。
――名前が無ければ消えてしまう?
そうじゃない。
わたしは、ここにいる。
彼が認めてくれるから。
――本当に?

 

 

雨粒が大きくなる、降水量の増加を確認。涼宮ハルヒによる干渉が認められる。
局地的な環境情報の変更は惑星の生態系に影響を及ぼす、以前彼に説明した台詞がわたしの頭の中を通り過ぎた。
そんな事は関係なく、全て彼女のやる事は正しいのだと、以前古泉一樹が説明していた。
条件付で、わたしはそれに賛成。わたしは、観察者。
必要以上の干渉は避けるべき、それは理解している。
では、わたしの今の行為は? わたしは観測者であるという事と、矛盾しているのだけれど。
有機生命体の言葉に御節介という言葉がある。そう、おせっかい。
でも。彼が喜ぶのなら、それで良い。
わたしは、それで良い。

 

 

彼は、わたしという存在を肯定してくれる。
彼は、わたしの名前を呼んでくれる。
理由は、それで充分。
観測者としては、不要な理由なのかもしれない。
エラーを確認。

 

 

「もっとこっちに寄せなさいよ、あたしが濡れるじゃないの」

 

「充分寄せてるだろ?」

 

 

彼の音声を確認、同時にわたしの体温の上昇を確認。
ビニール袋の中の缶コーヒーを取り出す。
少し冷えてしまっているが、無視できるレベル。
以前よく彼が飲んでいた銘柄を選んでみた、記録に間違いが無ければ。
彼の喜ぶ顔が浮かぶ。

 

 

「あ? この傘お前のじゃねえな? 職員用って書いてあるぞ」

 

 

涼宮ハルヒと同じ傘に入る彼を目視で確認。
エラーを確認。
缶コーヒーをビニール袋の中へ再度入れなおす。
脇道に逸れて、電柱の陰に身を潜めた。

 

 

「学校の備品だもん、生徒が使って悪い事なんかないでしょう? それとも何? 濡れて帰りたいってんなら、入れてあげないわよ」

 

「おわっ」

 

 

どうしてわたしは隠れて彼等を見ているのだろう。
どうしてわたしは。
どうして?
エラーを確認。

 

 

「待てよ」

 

 

待って。

まって。

 

待って、そっちに行かないで。

お願い。

お願いだから。

そっちに、いかないで。

伸ばした手は、虚しく空を切った。

 

 

二人は仲睦まじく、一つ傘の下。
坂道を降りる。
雨量の増加を確認。
傘の構成を試みる、失敗。

 

 

涼宮ハルヒ。SOS団団長。自律進化の可能性、黄色いカチューシャ。

彼。SOS団団員その一。鍵、たいせつなひと。

 

 

わたし。
――わたしは、なに?

 

 

空っぽ。

そう、空白。

ただの観測者。

 

 

彼への憧れ。
わたしが持つべきではないもの。
好意。
わたしが持つべきではないもの。
感情。
わたしが持つべきではないもの。

 

 

そう、必要の無いもの。

 

 

彼にとって、わたしはなに?
――必要の無いもの。
わたしは……。
――わたしは。
……ひつようの、ないもの。

 

 

――朝倉涼子と同じ。

違う。

――同じ。

ちがう。

チガウ、チガウ。

 

 

――朝倉涼子、彼女はどうして消えてしまったの?
わたしが消したから。
――どうして?
暴走した、もうバックアップは無理。必要が無くなったから。
――必要が無くなったから、消したの?
そう。
――どうして?
必要が、無くなったから。

――本当に?
そう。

 

 

涼宮ハルヒ。SOS団団長。自律進化の可能性、黄色いカチューシャ。

 

彼。SOS団団員その一。鍵、たいせつなひと。

 

古泉一樹。SOS団副団長。超能力者、笑顔。

 

朝比奈みくる。SOS団団員その三。未来人、胸。

 

 

わたし。

――わたしは、なに?


|