涼宮ハルヒの瞳が、恐怖によって見開かれる。

『彼』が、叫ぶ。

 

《ハルヒ―――》

 

 

ある、雪の日だった。

 

 

 

 

 

 

「お、雪だ」

古泉一樹とのオセロゲームに興じながら、彼は窓の外を見て呟く。

「わぁ、もうそんな季節なんですね」

朝比奈みくるの目は、プレゼントを喜ぶ子供のように輝いていた。

 

――雪。

自然が作り出した氷の結晶。

…わたしと、同じ名前の。

 

「あら、凄いわね、積もってるじゃない!みんな、外に出ましょう!」

 

涼宮ハルヒが決めた遊びは、雪合戦だった。

 

 

 

「はふっ、ひゃわあ、いたいですぅ」

「逃げちゃダメよみくるちゃん!ほら、有希にキョンに古泉くん!あんたらも投げなさーい!

遠慮はいらないわ、それっ!」

彼女の投げた雪が、彼の顔面に直撃した。

「うおっ、痛ぇ!くおらハルヒ!」

言葉とは裏腹に、彼も楽しんでいるようだ。

わたしは安堵した。現状維持どころか、もっと良い方向に向かっている。

今日は古泉一樹に負担がかかることもないだろう。

 

「長門っ、仕返ししてやれ!」

私は雪を投げ返した。勿論、『普通の女子高校生が投げられる限界』は超えていない。

 

こんな気持ちを持てるようになったのは、彼のおかげ。

冷たい風が、不思議と心地よかった。

 

 

 

「あー、今日は楽しかったわ!明日も積もってたらやりましょ!

じゃあ今日はここで解散ッ!」

涼宮ハルヒは満面の笑みを浮かべる。

わたしは帰ろうとした。

 

そのとき、

 

「ハルヒッ!」

「涼宮さん!」

 

 

一面の白い雪の世界に、一際目立つ黒い車が入り込んできた。

尋常でない速さで。

それは、車道を横断しようとした彼女に――

 

 

「きゃあああああああっ!!」

 

 

最後に聞こえたのは、その叫び声のみだった。

 

 

 

 

 

 

 

ピー、ピー…

 

わたしが目を覚ましたとき、そこはまた白い空間だった。

現状が把握できない。

わたしは辺りを見まわすと、わたしが寝ているベットの横に、誰か座っているのがわかった。

「……すぅー、すぅー…」

涼宮ハルヒ。彼女だった。

 

頭に巻かれた包帯と、右足のギブスから察するに、わたしは彼女を助けようとして怪我をしたようだ。

肉体の損傷はたいしたことない。わたしの力を使えば、こんな傷は簡単に直せる。

しかしわたしは、それをしなかった。

何故だろう。わからなかった。

 

「…ん?あ、有希!目が覚めたのね!」

「覚めた。大丈夫」

やがて起きた彼女は、わたしを一目みるなり抱きついてきた。

「もう、キョンに続いてあんたまで入院なんて…」

肩が濡れていくのを感じる。

――涼宮ハルヒが、涙を流していた。

「あたしを庇って、くれたのよね…?」

わたしはこくりと頷く。彼女を助けたかった。

 

「…ばか、ありがと…」

 

涼宮ハルヒは大声で泣き出した。

それを聞いたらしい。彼と朝比奈みくる、古泉一樹が、慌てて駆けつけてきた。

 

「長門!無事だったんだな!」

「…ぐすっ…長門さあん…」

「驚きましたよ。ご無事で何よりです」

 

 

 

やっとわかった。

わたしが情報操作をしなかったのは、したくなかったのは、

―――心配して、貰いたかったからなのだ。

瞳が熱い。これは――

 

「…ありがとう」

 

ある雪の日、わたしは、初めて涙を流した。

 

 

 

ある雪の日に 完

 


|