「どうしたのです?先程からぼーっとして…」

顔を覗き込まれ、俺はびくっとした。

「うわっ!顔が近いっ!」

思わず大きな声が出る。

 

すると、古泉は困ったように眉を下げて、

「申し訳ありません。そんなに驚かれるとは。考え事の邪魔をしてしまいましたか?」

と、言うのだった。

もう、律儀に謝るな。顔を近いだけで怒鳴りつける俺の方がよっぽど悪いだろうに。

…前はそんなこと、考えもしなかったよな。

本当にどうしちまったんだ、俺。

 

「ああ、すまんな」

「しかし、もう勝負はついたも同然ですよ?ほら、黒が沢山」

オセロ盤の上は、蟻が大集合したかのように真っ黒だった。

そうだ、今はオセロの最中だったか。

「まあ、そうだな。ほい、俺の勝ち」

白のオセロをひっくり返すと、古泉はがくりと肩を落とした。

「完敗ですよ。もう、どうしてあなたはそんなに強いのですか…」

それを言うなら古泉、どうしてお前はそんなに弱いんだ。

なんてことを話している内に、本日のSOS団の活動は終わった。

(拗ねた顔もかわいい、なんて、思ってないぞ、決して!)

 

 

 

ああ、本当にどうすればいい。

俺はノーマルだ、絶対。

でも、なんだ、この感情は。

「…あなた、最近よくぼーっとしているようですよ?熱でもあるのでは?」

顔を近づけるな。あまつさえでこを当てるな!

「あは、熱が無いか確かめようと思ったのですよ。そんなに怒らないでください」

ったく、たちが悪い。

意識しちまうんだから、仕方ねーだろうが!

 

----------------------------------------

 

 

こんにちは。古泉一樹です。

突然ですが今、少し困ったことになっています。

 

「古泉…」

 

部室に入った途端、僕は彼に、

 

 

 

…押し倒されてしまいました。

 

一体、どうしたのでしょう。僕は彼を怒らせるようなことを、してしまったのでしょうか。

でも、この状態はですね、その…、

いえ、何でも、ないです。

彼の声に熱っぽさが感じられるのは、きっと、僕の耳が悪いからでしょう。

そうですよ、絶対。

…絶対。

 

彼の腕が、伸びてきました。

僕を殴るつもりでしょうか。

そこまで悪いことをした覚えは、ないのですが、

もししてしまったのだとしたら、申し訳ないです。

 

でもその腕は、なんと、僕の腰に回されました。

右手も、左手も。

変ですね、抱きつかれているように、思えます。

 

この状態は、一体?

 

 

「古泉、あのな、落ち着いて聞いてくれ」

「僕はいつでも落ち着いていますよ」

「そうか」

 

どうやら、怒っているのではないらしい。

 

「俺、」

「待たせたわね!」

 

そのときでした。

涼宮さんが、朝比奈さんと長門さんを連れて、部室のドアを開けたのは。

 

 

------------------------------------

 

 

「お前が好きなんだ!」

 

 

言った後に、やっと気付いた。

「神様」が、―――

 

 

 

 

 

「なあんだ。劇の練習ね。あたしびっくりしちゃったわ。

にしても古泉くん、相手役、なんでキョンなんかにしたの?

男同士だと、ホモだと思われちゃうわよ」

 

青ざめた俺を珍しく乱暴に退かせ、古泉は笑顔で弁解した。

幸いハルヒは納得したようで、笑いながら奴に問う。

「はは、誰に手伝っていただこうか迷っていたとき、彼が快く引き受けてくださいましてね」

なあ、古泉。

どうしてそんなに普通でいられるんだ。

 

…男の俺が、男のお前に、告ったんだぞ?

 

ハルヒや朝比奈さんと笑顔で話す古泉の横顔を、俺はじっと見ていた。

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

「――あ、あ…」

あのときの彼の顔を、思い出す。

 

『お前が好きなんだ!』

 

 

僕が他の人と話していても、視線を感じた。

 

はは、参ったな。

そういえばこの間のオセロ、まだ罰ゲームを決めていませんでしたね。

もしかしたら、これがそうなのかも知れません。

…でも、これは、あなたの方が困るものなのではないですか?

顔が近いと言って、気色悪いと罵って。

そんな僕を、好きだなんて。

 

ああ、有り得ない。

有り得ないに決まってる。

 

 

 

僕だって、彼のことを、『鍵』ということ以外、特別な目で見たことはなかった。

彼女にとっての――

なのに。

 

「どうして、がっかりしてるんですか…」

 

 

雨戸を開けて、空を見た。

今日もまた、『神人』が僕を呼ぶ。


|