プロローグ

 

 

嗚呼。

俺は普通の男子高校生で、普通にかわいい女子が好きで。

勿論ハルヒや朝比奈さん、長門もその部類に入っていて。

まあ俺も思春期だし、(彼女らには申し訳ないが)こっそり情熱を持て余したりもしていた。

 

…この感情に気付くまでは。

 

 

 

 

「うーん、追い詰められてしまいましたね」

「うう…僕が弱いのではなく、あなたが強すぎるんですよ…」

「ああ、負けてしまいました…。お見事です」

 

ふわふわと揺れる栗色の髪と、

崩れることのないその微笑と、

ムカつくくらい白くて綺麗な肌の、持ち主に。

俺は。

 

う、認めるしかないのか?

…言う、言うぞ。

聞いて後悔しても知らんからな!

 

嗚呼、そうだよ、俺は、古泉一樹に。

 

恋しちまった…!


|