唐突に吹きつけてきた風は、肌を刺すように冷たかった。
 朝、9時30分。
 私は、いつもの待ち合わせ場所でキョンを待っていた。
 今日は寒かった。明日から4月だっていうのに、理不尽だわ。
 
 しばらく待っていると、キョンが間抜け面をさらしてやってきた。
 
「遅刻! 罰金!」
 私はいつものように、右手の人差し指をつきつけてそう宣告する。
「約束の時間には遅れてねぇよ」
「女を待たせてる時点で遅刻なのよ!」
「それは、どこの世界の法律だ?」
 
 たわいもないやりとりのあと、二人連れ立って歩き出す。
 私が寒がっているのに気づいたキョンは、自分の上着を脱いで羽織わせてくれた。
 やっぱりキョンは優しい。
 
 そうやって歩いていると、前方から嘘っぽい微笑みを浮かべているイケメンっぽい男の子と、人形みたいに無表情な女の子が歩いてきた。女の子は北高の制服を着ている。
 北高の生徒? どっかで見たことがあるような気がするけど、思い出せない。
 男の子がキョンに話しかけてきた。
「今回は会えましたね」
「これで何回目だ?」
 キョンの質問には、女の子が抑揚のない声で答えた。
「134286129回目」
「そうか。あと、これも前に質問したことがあるような気がするが……」
 キョンが全部言い終わる前に、男の子が答えた。
「ええ、彼女ならいません。巻き込まれる前に、強制的に避難させられたのでしょう。それはともかく、あなたには期待してますよ」
「このゆ……いに、何を期待するってんだ? おまえらも少しは努力してみようという気にならないのか?」
 キョンの言葉の一部が聞こえなかった。
 とても重要なことを言ったような気がするのに……。
「僕たちではいかんともしがたい問題ですよ。万策尽きたというのが正直なところです」
「まったく。やれやれだ」
「それでは、僕たちはこれで」
 
 二人が去っていく後姿を、キョンはしばらく眺めていた。
 
「今の二人、キョンの友達?」
「ああ、親友といってもいいだろうな」
「ふうん」
 さっきの会話は意味不明で気になるところだらけだったけど、なぜか、追及しようという気にはなれなかった。
 
 そのあと、二人で映画館に行き、映画を見た。
 内容はたいして面白くなかった。
 そのあと、お昼ごはんをレストランでとった。もちろん、キョンの奢りで。
 私が映画の内容に散々文句をつけて、キョンが突っ込みを入れる。いつもの調子の会話。
 
 レストランを出て、また二人で歩く。
 
「桜を見にいくわよ!」
 私の思いつきで、川沿いの桜並木に来た。
 ちょうど桜が満開で、花見客も結構いた。
「桜が満開だと気分がいいわね!」
「花は散り際ともいうがな」
「桜なんて、花が散っちゃったら、ただの木じゃない」
「そりゃ酷い言い様だな。木にだってちゃんと存在価値はあるさ。花が咲くのも、木が水や養分を花まで運んでくれるからであってだな」
「分かってるわよ。でも、やっぱり、花が散っちゃうのは寂しいわ」
「気持ちは分かるけどな」
 
 やがて、桜並木が終わり、普通の道に入る。
 そして、最初の交差点。
 私はなぜか直進するのを避けて、信号の直前で曲がった。
「こっちだと遠回りだぜ」
「今日は遠回りしたい気分なの!」
 キョンの疑問に、私は理由にもなってない言葉で答えた。
「そうかい」
 キョンもそれ以上は突っ込んでこなかった。
 
「明日から4月よね」
「ああ」
「三年よ、三年。あんた、進路のことちゃんと考えてるの?」
「いや、さっぱりだ。考えても仕方がないしな」
「そんなんじゃ駄目よ。ちゃんと考えなさいよね」
「そういうおまえは、考えてるのかよ?」
「もちろんよ。この世の不思議を解き明かすまで私は止まらないわ」
「そりゃ、大変結構なことだ」
「いっとくけど、キョンも一緒だからね」
「……」
 
 キョンは急に無言になった。
 私は不安になってきた。
 
「私と一緒が嫌なの……?」
「そんなことはねぇよ。おまえと一緒になんやかんやするのはいつだって楽しいさ。俺だって、いつまでもハルヒと一緒にいたい。でも、すべてが希望通りになるとは限らん」
 キョンったら、何弱気なことを言ってるかしら。
「希望通りになるように努力すべきよ」
「それも正論なんだがな……。なあ、ハルヒ。明日は、何月何日だ?」
 キョンは突然そんなことを訊いてきた。
「4月1日よ」
「昨日は?」
「3月31日だわ」 
「じゃあ、今日は何月何日なんだろうな?」
 えっ……?
 疑問符を浮かべた瞬間、私は目を疑った。
 
 キョンの姿が透けて見える。
 
「うそ……」
「昨日、俺はあそこの交差点で交通事故にあって死んだ。これは事実なんだ。死人は蘇ったりしない。どんなに精巧に再構築したつもりでも、それはちょっとしたことで消えちまう幻でしかないんだ」
「うそよ! そんなことあるわけない!」
「おまえは一人じゃない。古泉も長門もいる。世界が正常化すれば、朝比奈さんだって帰ってくるだろう。だから、こんなことを繰り返すのはもうやめようぜ」
 
 それが最後の言葉だった。
 そこにいたはずのキョンの姿はない。
 
 うそ……。
 こんなのうそよ。
 キョンのいない世界なんて、私には考えられない。
 
 
 
 唐突に吹きつけてきた風は、肌を刺すように冷たかった。
 朝、9時30分。
 私は、いつもの待ち合わせ場所でキョンを待っていた。
 今日は寒かった。明日から4月だっていうのに、理不尽だわ。
 
終わり
 


|