みくる「わぁー、見てくだしゃい涼宮さん綺麗な百合でしゅ~、可愛いなぁ~」
ハルヒ「みくるちゃん、それ雑草よ」
みくる「いえ百合でしゅよ~」
ハルヒ「だから雑草だってば…」
みくる「い~え、 バリバリ【阪中】百合なのね涼宮さん!」
ハルヒ「ゲェ、阪中!!?」
阪中「おいでルソー!」
ハルヒ「アッー!バター犬だけは!バター犬だけは!」



喜緑「はい、有希ちゃん。晩ご飯よ」

長門「……なんでハヤシライスなの?」

喜緑「だってこれしかないんだもの。」

長門「私の好物がカレーライスと知っての行為?」

喜緑「仕方ないでしょ。さぁ食べなさい!」

長門「ハヤシライスだけは!ハヤシライスだけは!」



喜緑「長門マン!!新しいカレーよ!!」

長門「元気百倍!長門マン!!」

朝倉「はっひふっへほ~!新しいカレーを食ったからって調子に乗るなよ!!」

長門「朝倉キンマンの情報連結解除!!」

朝倉「これで勝ったと思うなよ~」



朝倉「やい!長門マン!!何度も何度も邪魔しやがって!!こいつの命が惜しくないのか」

長門「やめろ!朝倉キンマン!!キョンを放すんだ!!」

朝倉「やっだよ~!誰が放すもんか!!これでも食らえ!!」空腹ビーム

長門「うぁぁあああ!」

朝倉「どうだ!まいったか!?」

長門「うぅ……お腹が空いて力が出ない……」

朝倉「はっひふっへほ~!ついに邪魔な長門マンをやっつけたぞ~!!」

そして伝説は上へ……



長門「うわーん!江美里モーン!!ジャイ子がいじめてくるよー!!」

喜緑「そいつはひどい!よーし、懲らしめてやろう!!」


その日の晩――
喜緑「今日の晩ご飯はおでんよ」

朝倉「おでん!?」

喜緑「でも涼子ちゃんは晩ご飯抜き」

朝倉「そりゃないぜー!!(泣」



長門「ポケモンなんて全然売ってねーよ!買いに行く度に子どもを見ると不安になる…」
喜緑「ガキ共!この星諸共宇宙のゴミにしてやるーっ!!」
朝倉「注文しろよ」



神人「将来の夢はスーツアクターですっ!」

キョン「似合い過ぎだなぁ…」

神人「えっなんで」
キョン「いや、なんとなくな」

神人「?」



神人「し~んじ~ん、し~んじ~ん、た~っぷ~りし~んじ~ん♪」
キョン「ぎゃあああああああああああ」

神人「きょ、キョン君どうしたの?」
キョン「沢山の神人怖い沢山の神人怖い」ガクガクブルブル

キョン「きょ、キョン君酷い!」ダッ
キョン「あっ違うんだ神人!これはトラウマの話で」
神人「私がトラウマなの!?」
キョン「いや、そーじゃなくて!」オロオロ

ハルヒ「なんか良く分かんないけど、チャンス到来のようね!」キョーン
キョン「あっまたややこしい奴が来た」
ハルヒ「な、ややこしいとは何よ!」キーッ

神人「私をトラウマ扱いしやがって…キョン、テメーだけは許さん!」
キョン「ひーっ神人が暴走しだしたー」




長門「プリプリプリwwwこりゃおもろい修羅場www爆笑www」カシャカシャカシャカシャカシャビデオジーッ



キョン「神人って焼きそばパン以外になにか好きな食べ物ある?」
神人「う~ん…肉、かなぁ」
キョン「へ~、焼きそばパンといい神人って油っこいの好きなの?」
神人「そういうのとは違うんだけど……あの肉を口に入れた時の快感がなんとも言えなくて…」
キョン「………快感?」
神人「はい…私の口の中に他の生物が入ってると思うと興奮しちゃって…″ああ、今私は口の中の生物を完全に支配してるんだ″って……
肉が潰れる音も…悲鳴がだんだん小さくなっていくのも…暖かい血が口の中に広がる感触も……」
キョン「ヒ、ヒィーッ!((((((;゚д゚))))))ガタガタガクガクガタブルブル」
神人「最初は犬や猫だったんだ。でも…それじゃ″満足″できないの。だから君達を選んだんだよ。
もちろん後悔したこともあるよ?……あれは19人目の肉だったかな。私宛のラブレターを持ってたの……でも、あの肉が一番美味しかったな………ジュルリ」
キョン「こ、ここえええぇぇぇぇ!!!怖いよお母ちゃぁぁぁぁああああん!!!!!(((((((TдT))))))ガタガタガクガクガタブルブル」



みくるでしゅ、今日は癒しを求めて温泉に来ました。



チャプ
みくる「っうぇ~~~い…はぁ、いいお湯でしゅ♪」ハビバノンノ

みくる「あ、あれに見えるは長門さん達」


喜緑「ふう、景色もいいし疲れも消えますねえ」ハビバノンノ
長門「…熱いぃ…早く上がりたいぃ…」クスン
朝倉「何言ってんのよ有希、この程度熱くもなんともないでしょ!我慢なさい」マッタク

長門「熱いものは熱いもん…」ヒック
朝倉「またすぐ泣く~!」
喜緑「こら、喧嘩しないの!」
ギャアギャアギャア


みくる「………」



余計に疲れが溜まりそうだったので、その日はすぐに帰りました、マル(みくる日記)



ハ「涼宮風塵流……胡蝶の舞!!」
長「行ったれ!!ちびロボ!!」
国「やるな……だが!!」
長「なに!!」
国「魁!!空刃冥殺!!」
ハ「う……動けない」
長「今の一撃で駆動系がいかれてもうたんや」
国「あははは!!僕に逆らうからこうなるんだ!!死ねぇ!!」
み「国木田!!貴様だけは……許さない!!」
国「あはは……クワッサリー、殺されにわざわざ戻ってきたのか?」
み「違う。お前を殺しに戻ってきた」
国「そんな弾怖くもなんともないね」
み「貴様だけは!!消えろ……スネグーラチカ!!!!!」
国「何!?足が凍って動ない!!くそがっ!!」
み「隊長!!今です!!」
キ「うおおおおっ!!狼虎滅却……快刀乱麻!!!」
国「僕がこんなところで……うぁぁぁぁ!!!」



記憶を頼りに書いた。後悔はしていない



鶴屋「ちょっとキョン君買い物に付き合ってくれないかな?」

キョン「すいません今日はちょっと用事があって…」

鶴屋「社 会 的 に 抹 殺 し て や ろ う か い ?」



俺が部室に行くとメイドさんが二人いた
みくる「キョン君いらっしゃーい」
森「お待ちしておりました」
一人目は学園のアイドルにして高貴の花、朝比奈さんだ
そしてもう一人は夏の合宿や雪山などでおせわになった森さん
キョン「なんでここにいるんです?」
年齢不詳の微笑をたくしたメイドさんは
森「機関をクビになりました」

森「だから、ここに泊まらせてください」
はあ……
キョン「クビ…ですか?、でもここに泊まるとしたらハルヒがなんていうか」
森「あなたから頼んでいた頂けますか?」

キョン「部室に寝泊りするわけにはいかないでしょう
    元機関の一員ということで古泉に頼めばいいんじゃないですか?」
森「古泉に頼むわけには行きません」
キョン「何故です?」
森「機関をクビになった理由として古泉が関係しています」
キョン「・・・?」
森「私が古泉に性的悪戯をしていたという理由でクビになったのです」
キョン「!!!!!!!」



新川「期間の資金が尽きました」
田丸兄「えー!!」
田丸弟「お、俺たちが毎晩ホームパティーしてたからか…」
森「これからどうしましょう…」

田丸兄「じゃあ俺、コンビにのバイトの面接行ってくるよ」
森「じゃあ私も仕事に…」


その夜
田丸弟「すごいよ!森さん!1日で10万円ってすごいよ!」
新川「インフレやんか」

森「ええ、まあ…」


阪中「森さんって人なかなかだったのね、今度も頼むのね」


(上のパロ)

新川「期間の資金が尽きました」
田丸兄「えー!!」
田丸弟「お、俺たちが毎晩ホームパティーしてたからか…」
古泉「これからどうしましょう…」
森「私に良い案があります」
新川「ほう、どんな案ですかな?」
森「それは…………ゴニョゴニョゴニョ…」

その後
古泉「どーもー!出張ホスト、ホワイトペニーズでぇす…」
サッチー系の婆「あらいらっしゃい坊や。早速だけど…」
古泉「は、はい」
サッチー系の婆「もしかして初めて?震えてるわよ…ぐふふお肌ツルツル…」
古泉「ええ、まあ…(ヒ、ヒィィイィ)」


森「美少年×婆キタktkrwwwwwパシャッパシャッwwwwうはっwww儲かるうえに夢が広がりんぐwwwwwwパシャッパシャッwww」



森「長門さま、少しお時間を頂いてよろしいでしょうか?」
長門「………」
森「あなたのご趣味と同じ趣味をのたしなんでおりますので、そのことで少しお話しををしたいのですが…」
長門「………いい」
森「ではこちらへ…」

別室にてコレクションを見せ合う二人
森「なっ!なんで私の下僕が見知らぬオッサンと寝てるの!?」
長門「何故私の玩具が汚らわしい成金婆と寝てるの!?」
森「………」
長門「………」

ガシッ!!

こうして婆×美少年×オッサンという夢のような、いや、むしろ夢であってほしいジャンルが誕生した瞬間であった。



森「いいか古泉。アタシらは『ヤる』なんて言葉は使わねぇ、『ヤる』と思った瞬間には既に『ヤっている』からだ!
『ヤった』なら使ってもいい!!覚えておけ!」
古泉「押忍っ!!」
森「よしっ!よし、よーし!良い返事だ古泉!
理解したならさっさとやることやってこーいっ!」
古泉「押忍!!魚雷背負って行ってきまっス!!」


古泉「だ~れだ?」
キョン「アッー!もう挿入ってるから!既に挿入ってるから!」


長門「森園生、あなたの覚悟が『言葉』ではなく『心』で理解でかた!うはっwww不意打ちktkrwwwwパシャッパシャッwwwwwww」
森「ふぉーッ!!!!シャッターチャンスTOURAI!!!!!パシャッパシャッパシャッパシャッパシャッ」
阪中「あ~ん、キョンくんあんまり暴れちゃダメなのね!パシャッパシャッ手振れしちゃうのね!パシャッパシャッ」



「ん、古泉いるのか?」
キョンはそう言ってシャミセンの口の中を恐る恐る調べた。
一方その頃、古泉は何故か全裸で月に向かってまんぐり返しをしていた。

「まさかここにいるのか…?」
そう言ってキョンは妹のクローゼットをあさり始めた。そして下着を盗もうとしたが思いとどまった。何故なら我に返ったからだ。危なかった。
一方その頃、古泉は相変わらずまんぐり返しのまま森園生にアナルに花をさされていた。俗に言うところの生け花であろうか?
「しまったバラの花を忘れた」
森が言った。
「これを使うのね」
どこからともなく現れた阪中がそう言って取り出したのはサボテン。何故なら彼女もまたポルノグラフィティだからだ。
森は阪中に感謝し、サボテンを古泉のアナルにインストールした。古泉の悲鳴が快感を享受する唸り声になる様はまるでグラディエイションのごとくスピードだった。
「しまったのね。容量が足りないのね」
阪中が言った。彼女のデジタルカメラには様々な同姓愛者の情事が収められていた。
「これを」
そう言って長門が取り出したのはインスタントカメラ。だって貧乏なんだもん。
阪中は長門に感謝のキスをし長門に思い切り張り倒された。それが原因かどうかは定かではないが阪中に異変が起こった。
「アッー!手振だけは!手振れだけは!」
インスタントカメラで撮影した映像はことごとボヤけていたという。
一方その頃、キョンは眠っている妹の生殖器に頭を突っ込んでいた。
「ここにいるのはわかっているんだ、出てこい古泉っ!」
全然我に返っていなかった。
一方その時、妹は眠っていた。



みくるでしゅ、今日は外食に来ました


みくる「日替わり定食うめえwwww」
みくる「あれ、また長門さん達が」

喜緑「まあまあ、ここはこの一杯のかけそばを三人仲良く分けるということで」
朝倉「嫌よ、絶対に足りないもの!真剣勝負で勝った奴が独り占めルール!」
長門「ひもじいよぉ…お腹一杯食べたいよぉ…」

朝倉「元はと言えば、有希が勝手に生活費をカメラ代につぎ込んだから悪いんでしょ!」
長門「だって買ってくれないから…」グスン
朝倉「泣き落としは効かねェ!」
喜緑「喧嘩してんじゃねェーよ、己らァ!」
ギャアギャアギャアギャア


情報操作でも何でもすれば良いのに、と思うみくるなのでした、マル(みくる日記)



朝倉「有希っていつも無口なのよね」
長門「別にたいしたことではない 無口なら関係のない人々を巻き込む恐れはない」
朝倉「でも無口キャラって大抵嫌われやすいのよね 私みたいにそれなりに育っていればいいけど」
長門「・・・む・・・胸の大きさなど関係ない 実際キョンは私にキョンの持つ好意を58%ほどむけている」
朝倉「あら・・・痛い妄想ね・・・ よほど地球人に毒されたのね」
長門「それに 私の眉毛はあなたほど太くない」

朝倉「な・・・なんですってぇ!?」
長門「ゲジマユ」

朝倉「もう切れたわ 有希 ここで勝負よ」
長門「自分から吹っかけておいて逆切れなど見れたものではない」




朝倉「サテライトキャノン!!」
長門「プリズムシールド」


地球崩壊



朝倉「お腹空いたわね……」

長門「そこにカレーがあるよ……涼子」

朝倉「!?」

喜緑「有希ちゃん!これカレーライスやない!!ウンコや!!」


蛍の墓より――



朝倉「お前みたいなチビに私が倒せるとでもー??ぎゃはははは」

長門「お前には地獄すら生ぬるい」

朝倉「あーそうだ、キョン君ならもう殺しちゃった…最高よねwww」

長門「情報連結解除」

朝倉「ごめんなさい、ロッカーの中に居ます。悪ふざけが過ぎました」

長門「創作物に影響されすぎ、現実を見なさい」

朝倉「はい、気をつけます」

キョン「まあいいじゃないか、それよりこれから3Pしようぜ」

朝倉「アッー!神拳だけは!神拳だけは!」



神人「こーんにゃーくばーたけーでふーるうーつとーれーたー♪」ッニャックニャク
キョン「懐かしー!そして可愛いー!」

ハルヒ「デレデレしやがって、蒟蒻のどに詰めて殺してやる!」フニョフニョ
キョン「もがもが」
神人「口移しで救出!」チュウッ
新人の体力がちょっと回復した
神人「キョン君のこんにゃくおいしー」

ハルヒ「あっ私にもキョンニャクくれよ!」
神人「やーだよ」




長門「ガツガツガツガツ」
キョン「なっ長門俺ごと喰ってんじゃねえ!」アッー



『山根の憂鬱』

「はぁ……」
山根は突然転校してしまった女生徒のことを思い出し――正確には女生徒の″臭い″を思い出していた――溜め息をついた。
「涼子たんの″すえたおしっこ″みたいな臭いが恋ちぃよぉ…はぁ」
ちなみに″すえたおしっこみたいな臭い″とは山根がもっとも性的興奮を覚える臭いである。よってその臭いを思い出すことは彼にとってはある行為に耽るための前兆のようなものになっていた
一方その頃キョンはというとタイムマシーンを探していた。
「ないない!タイムマシーンがないよー!」
一体キョンに何が起こったのか?とても気になるがあえて気にしないでおこう。
一仕事終えた山根はまた一人の女生徒のことに思いを巡らせていた。
「今頃涼子たんはカナダのデカチンと……」
本日二度目の儀式。この男、意外と絶倫である。パチスロ台で例えるなら毎日ストック満タンの設定6、ハネモノで例えるなら常に全開チューリップと言った様相だ。
一方その頃とある銀河の片隅ではとある親子がきわどい話をしていた。
「お前ちゃんと洗ってるか?」
そう言ったのは情報統合思念体急進派である。
「ふ、普通年頃の娘にそんなこと聞く!?」
彼女の名前は朝倉涼子。情報統合思念体急進派の娘にして山根の想い人、″すえたおしっこの臭い″がする女である。
「し、失礼ね!そんな臭い出してません!」
この若さにして尿漏れに悩む女子高生である。痴垢まみれの女子高生である。眉毛の太さがチャームポイントである。と、あまりイジリ過ぎると怖いので一方その頃山根は、
「zzZ」
思う存分毒を抜いたらスッキリしたのであろう。とても安らかな寝顔だ…死んじゃえばいいのに。




ハルヒ「おっはよーみくるちゃ、くさっ!」
みくる「ふぇっ!?」ハルヒ「みくるちゃんちゃんとお風呂入ってる?」
みくる「入ってましゅよ~!」



キョン「朝比奈さん、実は貴方のことが…」
みくる「しょ、しょんなだめでしゅよキョンくん…」
キョン「好きで、くさっ!」
みくる「ふえぇ!?」


みくる「なんでみんな私のことを臭いって言うんだろ……」
鶴屋「そりゃ肉ばっか食ってりゃワキガにもなるよ!アッハッハッ!」
みくる「チーズくさっ!」
鶴屋「にょろ!?」



本日未明北の喜緑江美理女史が古泉の開発を無断で行なったとして森、長門、阪中による三ヵ国協議が開かれ今後の古泉の方向性について議論しました。ではその様子をお伝えしましょう。
森「長門さま、恐縮ながらあなたの考えは遅れていると言わざるをえません。私くらいのレベルになると醜い婆に嫌々奉仕させられる薄幸の美少年でないと満足できません。
醜いオッサンに無理矢理…なんてのもありです」
長門「黙れ年増、生き遅れ、今のトレンドは断然妖艷な美少年×平凡な少年。右も左も分からぬ平凡な少年を手取り足取り妖艷な美少年が薔薇の世界へと導く…
これが最強。これこそが正義。変態鬼畜願望の処女は大人しくマスでもかいてろってんだ」
森「誰が年増ですってぇ~……(#^ω^)ビキビキィ」
長門「貴方のこと。もう耳が遠くなったんですか糞婆…(#゚ρ゚)ビキビキィ」
と、このように異なる思想を抱える森、長門の両名によって会議は非常に緊迫した状態になりましたがここで「リベラリスト」「ジェンダーフリー論者」の阪中女史の鶴の一言で事態は一変します。
阪中「なら古泉くんには平凡な少年を薔薇の世界に導くつつ醜い婆の相手をさせればいいのね」
森・長門「!!!」
阪中女史の革新的な鶴の一言により今後の古泉一樹の方向性が決まったところで今回の協議はお開きとなりました。今後の喜緑江美理の出方が気になるとこれです。

一方その頃古泉は喜緑江美理に新たな可能性を開発されていた。
古泉「アッ~!会長っ、会長ォー!」
生徒会長「ハァハァ…一樹…くっ、一樹ィーッ!」ドピュドピュ
喜緑「フヒヒwwwやっぱり美少年×美少年よねwwwパシャッパシャッwwww」



新川「なぜじゃ!何故ワシを無視するんじゃー!!」ブワッ

森「うふふ…わたくし、旬を過ぎた殿方には興味がありませんので」

新川「ワシが子供の時に散々もてあそんでおいてあんまりじゃー!!」ウエェェン


森「おほほ…嫌だわ坊やったら。わたくしの年齢に関する不用心な発言にはつつむように躾たはずなのに」ガシ

新川「あいてっ…いて、いててててて……(アイアンクローされてる)」ギリギリギリギリ

森「いけない子…いらっしゃい。また調教してあげる、んふっ」

新川「おおぅ…お゙お゙お゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ーーーーーっっっっ!!!!(嬉ション&号泣)」ジョビジョバー



キョン「谷口、チャック開いてる」
国木田「ドンカーン……当たり前じゃないかキョン」
谷口「……」



|