「朝倉涼子!」
「神人!!」
「カマドウマ!!!」
「「「三人そろってトラウマーズ!!!!」」」
「「「トラウマーズじゃねー!!!!!」」」



朝倉「神人ちゃ~ん!夕飯の買い出し行ってきて~」
神人「は~い」
カマドウマ「朝倉先輩、自分に行かせてくださいっス!」
朝倉「え、いや、でも、カマドウマちゃんはまだ…」
カマドウマ「いえ、ここは新入りの自分が行きます!お願いします!」
朝倉「そう?じゃあお願いしようかな」
神人「ダ、ダメです!私が行きます!」
カマドウマ「いやでもお先輩にパシラせる訳にはいきませんスから、自分行きますよ」
神人「え、え、でもカマドウマちゃんは道がスーパーまでのわからないから迷子になります。だって知らないからここに来たばかりだし…」
カマドウマ「………?」
神人「あ~、あ~、えと………道路が!道路、道路が車がビューッて走って危ないです潰されちゃいます」
カマドウマ「それなら大丈夫っスよ!人間に変身して行くんで!」
朝倉「そりゃそうだ」
神人「じゃあ、じゃあ、カマドウマちゃんはお金の区別が着きますか?」
カマドウマ「もちのろんっスよ!」
神人「え、え~…ど、どうしよ~」
朝倉「みんなで行けば?」

~スーパーにて~
カマドウマ「で、何を買うんでしたっけ?」
神人「…なんでしたっけ?」
カマドウマ「………」
神人「………」
カマドウマ「…と、とりあえず朝倉先輩は今日何を作るって言ってました?」
神人「おでん」
カマドウマ「汚田…?じゃあそれの材料を買うっス」
神人「おでんには大根、コンブ、焼きそばパン、卵と……なんかふにゃふにゃしたのと……がんも?」
カマドウマ「ふにゃふにゃしたのと、癌喪?」
神人「がんも…」
カマドウマ「癌喪…?」
ATM「いらっしゃいませ」
カマドウマ「わっ!」
神人「きゃっ?」



ここでさらに新ジャンル
カマドウマ娘のお腹の中にいる新しい生命・・・・その名も【ハリガネムシ娘】



朝倉「お風呂上がりのフルーツ牛乳は最高よね」プハー
カマドウマ娘「いいなぁ、私も入りたいなぁ」
神人娘「わ、私も付き合うからガマンしてっ><」

なんだこりゃ



カマドウマ「キョン先輩・・・自分、子供できちゃったみたいです・・・」
キョン「ハリガネムシだろ」
カマドウマ「む、虫なんぞ飼っちょらんわっ!!」



朝日奈「保守してやるよ しょうがねえな」



チョン「保守するニダ」



ハノレヒ「ウリがウリジナルニダ、ハルヒなんて二番煎じニダ!」
ハルヒ「何よあんた、喧嘩売ってんの!?」



小泉「みなさんの是非を問いたいから解散するお」
長問「朝日奈・チョン・ハノレヒ・小泉の情報連結解除」

長門「上記に加えて長問の存在も削除」
こうして世界に(ハルヒの中での)平和が訪れた
めでたしめでたし



浅倉・貴緑・峪口・國木田・逆中「まだウリ達がいるニダよ、ウェーッハッハッハッハwwww」
長門「情h(ry」



ハヒル「あ、アン!もっと!!もっと突いて!!!」
ハルヒ「ちょっと!あんた誰よ?」



鶴屋さん「モノマネやるよっ『氷結武装解除(フリーゲランスエクサルマティオー)!』」
みくる「なんでしゅかあ、しょれ。みくる分かんないでしゅ」
鶴屋さん「(´・ω・)にょろーん」







キョン「そっくりでしたよ鶴屋さん…(ていうかあれ?おんなじ声…?)」



キョン「あ、鶴屋さんおはようございます」

鶴屋「カァーッ………ペッ!!」

鶴屋「おっはよー少年!今日もテンション低いなぁ君は!」



神人「今度こそ、みんなの大切なこのスレを守らなきゃ…」ネムイ


カマドウマ「昨日はすれが落ちたとかで神人へこんでたからなー、私も手伝ってみるか」ほいっ


神人・カマドウマ「…あ、タイミングかぶった」



朝倉「嫌だと言ったら?」
長門「情報結合を解除する」
朝倉「やってみる? この空間では私の方が有利よ」
キョン「長門!」
長門「&$○$£#¢$¥%&*§■□%%……」
キョン「長門……」
長門「&¢$¥§%…朝倉涼エグッ!!……」
キョン「……」
朝倉「……」
長門「……」









長門「かんだ…(´・ω・`)」
キョン「エェェ(´Д`)ェェエ」
朝倉「じゃあ…死になさい♪」
キョン「エェェ(´Д`)ェェエ」

    ズバーン

 THE END


すまん('A`)



神人「ぇと‥ふんもっふっ?」エイッ
ギュゥッ
キョン「おっ?ちょ、くすg…っいだだだだ!折れる!折れちゃうぅっ!」メキキ
神人「えっ?ごっごめんなさいー! 今日は力の制御が上手くいかないみたい…(´;ω;`)」ゴメンネ、ゴメンネキョンクン
キョン「お前のせいじゃないだろ、仕方ないさ」ゲフッ
古泉「キョンたん……」
キョン「いつの間に古泉?!」



長門「サクサクサクサクサクサク」
朝倉「空腹を~やっつけっろ~♪」
喜緑「サクサク戦士~ピザ~ロボ~♪」

三人「「「ホットレンジ攻撃だ♪」」」

三人「「「サクッと~ピザ~♪」」」

チーン

喜緑「あ、ピザが焼きあがったみたいよ」
長門「江美里、可及的速やかに皿に乗せて。涼子、可及的速やかに切り分けて」
朝倉「有希はどうするのよ」
長門「私は可及的速やかにピザを食べる」
朝倉「はいはい……有希、可及的速やかにお茶を煎れてもらえる?」
喜緑「有希ちゃん、ただのお茶じゃなくて“美味しい”お茶をお願いね」
長門「……わかった。すぐに用意する」


喜緑「涼子ちゃんがきれいに切り分けてくれたのと、有希ちゃんが美味しいお茶を煎れてくれたおかげで、
    今日も美味しいごはんがたべられそうです」
朝倉「江美里が美味しそうなピザを焼いてくれたのが最大の要因だけどね」
長門「そう」 コクコク
喜緑「フフ、二人ともありがとう。それでは、冷めない内に食べちゃいましょう」

三人「「「いただきま~す」」」



カマドウマ「おばあちゃんが言っていた、「世界は自分を中心に回ってる、そう思った方が楽しい」」
長門「バロスwwwwテメーにゃばばーなんておらへんやろーwwww」

カマドウマ「来い!カマドウマゼクター!変身、仮面ライダーカマドウマ!!!キャストオフ」
長門「きめえwwwwきめえwwwwきめえwwwwきめえwwwwきめえwwwwきめえwwww」
キョン「忌々しい、忌々しい、忌々忌々忌々しい」



部室の中はさながら異世界・・・じゃなくて長門と朝倉が棺桶くらいの大きさの木箱をノコギリでガリガリガリガリ、切断しようとしていた。ちなみに両端に取っ手が付いてる大変危険なやつだ。
ガリガリガリガリ…しかしこのインターフェイス、ノリノリである。
長門・朝倉「「ごりごりむちゅう、ごりむちゅう♪」」
自作の下手くそな歌まで飛び出す始末である。
キョン「何やってんのさ、お前ら?」
長門「てじな~にゃ」 キルゾキルゾ♪
朝倉「人体切断ショーよ」 キレキレ♪
・・・・・・・まさかね、
キョン「中に誰か入ってたりしないよな?」
朝倉「江美理が入ってるわ」 ゼンポウニミカクニンエミリハッケン♪
喜緑「箱の中からこんにちは」
キョン「喜緑さんこんにちは・・・しゃなくて、お前らアレがフィクションだってわかってるんだよな?」
長門「ヒクソン?」
・・・・どちらさま?駄目だ、長門じゃ話しにならん。
キョン「おい、朝倉」
朝倉「大丈夫よ。テレビじゃ上手くいったし」 エミリノクビヲブッタギレ♪
うわー!駄目駄目だこいつら!!
キョン「ちゅ、中止、中止!その解体ショー中止!!」
喜緑「え~、なんで邪魔するの~?」
キョン「あんたが今殺されようとしているからだよっ!!」

余談だが渋る宇宙人三人娘に手品の概念から説明するのは大変骨の折れる作業だった。



国木田「谷口ぃ~~~!」
谷口「国木田ぁ~~~~!」
国木田「二人は・・・」
谷口「ブリキュア!!」
国木田「た、谷口のチャックがぁー!ぶひぃ、ぶひっ、ぶひぃー!wwwwwwwwwwww」
谷口「うひょひょひょひょwwwwwwwwwwwwwwww」
キョン「うぃーす」
国木田「おせぇよキョン!」
谷口「もう葉っぱ無いぜウクフフフフフwwwwwwww」
キョン「え~!なんだよそれ、俺もブリブリしたいのにぃ!」
国木田「ブブブブブリってんじゃ、ブホッ!ブキャキャキャキャwwwwwwwww」



キョン「阪中、好きだ」
阪中「な、なんなのね? 突然言われても困るのね」
キョン「俺はマジだ」
阪中「涼宮さんはどうするのね?」
キョン「平気だ。バレやしない。さあ、愛のふれあいを」
『ギシアンギシアン…』
阪中「激しかったのね」
キョン「最高だったぜ」

阪中「くくくっ…あっはっはっあっ。かかったな愚か者め」
キョン「!!!」
阪中「さあ、ショウタイム!!」
キョン「お、お前は!」
朝倉「ひさしぶり。キョン君気持ちよかったよ――ぐはあっ、いやぁ――――!」

キョン「長門!」
長門「やり方が卑怯。始末した。あなたの記憶も改ざんする」
キョン「まて、長門ぉ」

――――

キョン「ここはどこだ?」
長門「あたしの家。あなたの童貞は頂いた」
キョン「!!!」
長門「あなたはもう私のもの――くっ…ふかく。ぐはっ」
キョン「お、お前は! ミヨキチ!!」
ミヨキチ「ふふふっ」


ハルヒ「ニヤニヤ。フフフッ」



キョン「ハルヒ!好きだ!」
ハルヒ「キョン!わたしm鶴屋さん「かかったなハルにゃん!」
ハルヒ「めがっさだけは!めがっさだけは!」



ちゅるや「やっつぁんぱりらん♪」
長門「………」
ちゅるや「やっつぁんぱりらん♪」
長門「ヤンマーニヤンマーニヤンマーニヤーイーヤ♪」
ちゅるや「っ!?」
長門「ヤンマーニヤンマーニヤンマーニヤーイーヤ♪」
ちゅるや「や、っつぁんぱりやーいーや…」
長門「ヤンマーニヤンマーニヤンマーニヤーイーヤ♪」
ちゅるや「やっつぁんまーなやっつぁんまーにやんまーにやーいーや♪」
長門「プリプリプリwwwwwwwwww」
ちゅる「にょ、にょろにょろー!!」



ハルヒ「おばあちゃんは言っていたわ。世界は自分を中心に回っている。
    そう考えたほうが面白いってね」

みくる「み、見捨てないでくだしゃ~い!これからもついていきますから……ねっ?」

古泉(使用前)「パーフェクトテドドン、完全突貫だ!」
古泉(使用後)「もうマッガーレもフンモッフもないんだよ……どうせ、僕なんか」

鶴屋さん「スモークチーズはすべてあたしが食べるっさ!ショ・ミーンは手を出しちゃダメにょろ!」

朝倉「ぬぁっ、(ナイフが)錆びてるぅぅぅぅっ!」

長門「情報の伝達に齟齬が発生する恐れがある。でも聞いて。
   ……お前の料理は ブ タ の エ サ ッ 」

キョン「――これは、いわゆるひとつの……ひとつの……えーと」
妹「やれやれ」
キョン「そうそう、それそれ」



谷口「初めて立てたスレが…!せっかく700越えたってのにぃぃぃorz」オロローン
神人「(あれ、この人キョンくんの…)あの、大丈夫ですか?」
谷口「ぅぉっ!(購買利用者のアイドルとなりつつある転校生!?…これはチャンス!)
   あぁ、俺は平気だよ、ありがとう。それよりみっともないとこ見せちまったお詫びにお茶d」
神人「えーと‥(キョロキョロ)あ!チャックさんですよねっ」
谷口( ゚д゚ )
神人「生きてると落ち込むこと、たくさんあるかもしれないけど‥‥
   チャックさんも負けないで下さい!」ギュッ
谷口「ぇ、あはぃ…」テ、テヲニギラレテ…シカモアツイメセン…wawawa

神人「がんばりましょうねっ」ノシシ
谷口「どうも…」ノシ
谷口「‥‥‥」
谷口「‥‥手、まだあったけー…でもなんか、なんつーか…」

谷口「あっ、開いてたわ」ドーリデサミィワケダ
ジィーー



カマドウマ「ふふふ…私は恐怖の体現者…。 あなたの怖がるものになれるのよ!」
ハルヒ「…あたしは退屈が怖いわね。」
カマドウマ「ふふ…自ら言うなんて馬鹿な子…!」



ハルヒ「あんたなんで腕を組んだまま何もしないのよ?」
カマドウマ「どう? 退屈でしょう? 恐れおののきなさい…。」

ハルヒ「プークスクス」

カマドウマ「 …そ、そんな! ……恐ろしい子! 退屈を笑いにするなんて!!」
ハルヒ「プッ、あんたがおかしいのよ! クックックッ」

カマドウマ「……覚えてらっしゃい! バーロー!!」



阪中「あ、今日は私が週番なのね……進路選択のプリント集めるのね」
 
長門「……」
阪中「(クラスに……こんな人いたっけ……?)……あ、あの……プリント……」
長門「……? ……………………ん」
阪中「あ、ど、どうもなのね……(ちょっとどんな進路か気になるのね……)」
 
 進路
 1 叶美香
 2 叶京子
 3 MEGUMI
 
阪中「……」
 
長門「……」ペタペタ



委員長「じゃあ、文化祭の出し物の劇の役割を決めるわ。なりたいの役に挙手してください」
阪中「(劇なんて嫌なのね……恥ずかしいし、目立ちたくないから地味な給仕にでも……)」
 
委員長「じゃあ……次は給仕、2名」
阪中「……あ……は、h」
女子A「私!私! 私やる~!」
女子B「あ、じゃ私も一緒に~!」
委員長「じゃあ女子AとBで決まりね。次は……」
阪中「あ……(ああ……タイミングが悪かったのね……じゃあ町の娘でいっか……)」
委員長「次は町娘二名よ、誰かやる?」
阪中「あ、わ、わたs」
女子C「派手なの恥ずかしいから、私やる~!」
女子D「私も~! 王女役やりたくないからなんでもいいや~」
委員長「女子CとDね……じゃあ次」
阪中「あ……あうう……」
 
委員長「はい次」
阪中「あわわわ……!」
委員長「次」
阪中「あう~……」
 
委員長「……後残りは阪中さんだけね、じゃあ阪中さん王女役でいいわね」
阪中「は……はうぅ……」
 
よくいるよね、こういう人



委員長「じゃあ劇の練習するわよ」

阪中「(うう、帰りたいのね……)」

委員長「次阪中のセリフよ」

阪中「あ、はいなのね。えっと…仕事、仕事ってあなたいつもそればかりなのね。仕事と私、どっちが大せぼろ゙ろ゙ろ゙ろ゙」

女子A「きゃー!阪中さんがげぼろ゙ろ゙ろ゙ろ゙」



なんか緊張して吐いちゃう子とかいたよね



ハノレヒ「私がオリジナルニダ!偽物は即効消えるべきニダ!」
ハルヒ「あんたこそ消えなさいよ!だいたいあんたの国は過去のことを何時までも愚痴愚痴と……はっきり言ってあつかましいのよ!」
キュン「おい、ハルヒ!お前はそんな無責任なことを言って……アジアの国々に申し訳ないとは思わないのか!?」
ハルヒ「な…なによキョンまで…」
キュン「だいたい今の若者は歴史認識が甘いんだよ!自分の都合の良いように解釈しやがって!」
ハルヒ「ちょ、ちょっとあんた良く見たら偽物じゃない!キョンはどこにやったのよ!?」
キュン「それに昨今の右傾化も気になるところである。その最たるものが9条改正だ。日本がまた軍国主義になろうとしている今、我々は偉大なる宗主国の厳格な判断がだなぁ…」
ハルヒ「私の質問に答えてよ!」
キュン「だがちょっと待って欲しい。それは内政干渉ではないのか?と言う意見ももちろんあるだろう。
だが無知で無能な民族を統制するには偉大な統率者が必要なのも変えようのない事実である。なーに、内政干渉の一つや二つくらいどうってことないさ。むしろ免疫が付くってもんよw」
ハルヒ「私の質問に答えろー!!」
ハノレヒ「あなたのキョンならもうこの世にいないニダ。私がそう“望んだ”ニダからね」
ハルヒ「ど、どういう意味よ!?」
ハノレヒ「さぁーってねニダ♪」


麻倉「またまた殺らせていただきましたぁーんwwwwwww」



古泉「ぇと‥ふんもっふっ?」エイッ
ギュゥッ
キョン「おっ?ちょ、くすg…ってひっかかるわけあるかッ!
    神人のマネなんかしやがって、ぶっ飛ばすぞてめぇ!!」ビキビキ
古泉「きょ、キョンたん、僕はただあなたと仲良くしかっただけで…(´;ω;`)」マジギレ‥ウゥッ


古泉「ハァ‥‥(やはり神人さんと同じ様に、とはいきませんね…)」
神人「………」

翌日の昼休み屋上

古泉「ふんもっふっ」エイッ
ギュゥッ
キョン「ハァ…またか。お前いい加減n」キッ
??「ひっかかったな小物めー!」グニャー
キョン「なっ!?……お前何してるんだ?」
神人「驚かせてごめんね、キョンくん。‥‥一樹くんのことで話があるんだ」
キョン「古泉?あいつに何か変なこと言われたのか?」
神人「違うよ、私キョンくんに一樹くんと仲良くして欲しいの」
キョン「…どういう事だ?」

神人「昨日彼が私のまねしたこと、キョンくんは怒ってたけど…あれ私のせいだったの。
   最近涼宮さんがいない時、私ばっかキョンくんに構ってもらってるよね、
   一樹くんだってキョンくんのこと大好きなのに‥‥」
キョン「‥‥‥」
神人「キョンくんとの会話が少なくなってすごく寂しかったんだと思う」
キョン「…そういやここんとこあんま相手してないな」
神人「だから、これからはさ…」チラ
キョン「…分かったよ。それじゃ今日はやつの選んだゲームに好きなだけ付き合ってやるか…
    相手しなかった分部員全員で相手するのもいいかもな」
神人「うんっ」

その後食べたヤキソバパンはいつもより美味しく感じました。



涼宮ハルヒの退屈
P108
ハルヒは俺を上目づかいに見て、
「それ朝鮮学校の制服よね」
「まあな」
「あんた、名前は?」
「チョン・スミス」
「(朝鮮人とか)・・・・・・・バカじゃないの」

そしてその後チョンはSSでキュン・ハノレヒなどとともに使われるようになりました。



神人「えっと、この紙に書いてあることを読めばいいんですか?」

神人「ぬるぽ?」




ひとつはハルヒのカーディガンだとして…もうひとつは長門のか?
ハルヒ「ほら!さっさと帰るわよ!」
キョン「お、おう…」


次の日
キョン「カーディガンありがとな、長門」
長門「べ、べつにあんたのためにやって上げたわけじゃないんだからね!」
キョン「お、おまえはもしかして…」

ベリベリ!
平野綾「そう、私!」

キョン「アッー!痛い子だけは!痛い子だけは!」



|