喜緑「今日はお月見だから、お団子買って来たわよ」
長門「お団子、お団子!」
朝倉「ダメ~! 有希より私が先に食べるの~!」
喜緑「コラコラ、ケンカしないの……それよりまずお供えしないとね」
長門「う、うう~……うん……」
朝倉「お供えしたら食べていいの!?」
 
喜緑「ほら、ちゃんと拝んだ? 有希もちゃんと拝まないと食べれないわよ?」
長門「……うう~~……」
朝倉「……えっと……お団子がお腹いっぱい食べれますように……それから……」
喜緑「……じゃあ、もうたべていいわよ」
長門「む~……美味……」
朝倉「おいしい~」
 
喜緑「……ほんと子供なんだから……」



初めてのホワイトカレー

喜緑「あらら、ちょっと焦げちゃったわね」
長門「‥涼子が底の方までかき混ぜないから」
朝倉「有希が野菜切るの遅くて待ちくたびれたのよっ
   一人でやるってきかないんならパパッとやっちゃいなさいよね!」
長門「カレーを美味しくするには気持ちを込めて作ることは必要不可欠。
   野菜もただ切ればいいというものではない」
喜緑「まぁまぁ、今日はホワイトカレーだからってめずらしく3人で作ったんだもの。仲良く、ね?」

盛り付け完了

長門「……白くない」ムスッ
朝倉「これじゃホワイトカレーって言うよりベージュカレーね…
   やっぱいつも通り江美里に作って貰えば良かったわ」ハァー
喜緑「色なんていいじゃない、さっ、いただきましょ!」

喜緑「では、いただきます」朝倉「いただきまーす…」長門「…イタダキマス」

パクッ モグモグ……
………
朝倉「ん、結構イケる…、っていうか焦げてるかと思ってたけどそうでもないわね。
   むしろ旨味が出て…」
長門「おかわり」モグモグ
朝倉「有希ってば早っ!さっきまであんなに不満顔だったくせにーw」コノコノー
長門「それは当初想定していたものと違った色味に対して。(ゴクン)味は予想通り、問題ない。」
朝倉「まったく、調子いいんだから…」

喜緑「フフッ、今日は2人共手伝ってくれたしお腹空いてるでしょう、どんどんおかわりしてね」ハイ
長門「モチロン!」ガシッ
朝倉「じゃあ私ももうちょっと食べようかなー」
喜緑(…2人とも機嫌直ってくれて良かった)ニコニコ
長門「(モグモグ…)……江美里」
喜緑「ん?」
長門「…ベージュでも、いい」
喜緑「そうね、また今度3人で一緒に作りましょうね」
長門「また」コクッ
朝倉「まぁ、たまになら悪くないかもねっ」

白くなくても3人で仲良く食べれたら美味しいはず。

終わる



朝倉「あれ……? どこにいくの?」
喜緑「ちょっとお買い物よ。 それに……有希のお友達来てるみたいだからね……」
朝倉「へ~! 珍しい……誰、誰!?」
喜緑「あの、キョンくんとかいう……」
朝倉「キョンくん!? ……ついに有希も色を覚える時期なのね……」
喜緑「……とにかく、涼子は一緒にいてあげなさい。男女二人っきりなんて……」
朝倉「うん、有希に変なことしたら殺しちゃうから」
喜緑「……あんまり派手にやらないでね、じゃあ行ってくるからね」
朝倉「は~い」
 
長門「……」
キョン「……」



ちゅるやさん「めがっさはあるかい?」
長門「………。」
ちゅるやさん「めがっさはあるかい?」
長門「…その発想は無かった。」



朝倉「あら、お邪魔かしら?」
キョン「う……い、いや……別に……」

朝倉「ねえ有希? 昨日使ったタコ焼き器どこに置いたの?」
長門「……知らない……私は使ってない……」
朝倉「なによ~キョン君の前だからって澄ましちゃって~」
長門「……いつも通り……」
朝倉「へぇ~……昨日タコ焼きやった時に一番はしゃいでたのはだr」
長門「(ガッ!)……マジで消えて……」
 
キョン「あの……まあなんだ……今日は帰るかなそろそろ親も心配してそうだし、じゃあな……」
 
 ――バタン
 
朝倉「あ……」
長門「あ……」
朝倉「……有希……?」
長門「……バカ……バカァ……!! 涼子なんて知らないっ……!!」
朝倉「あ……待って有希……!!」



キョン「ハルヒ!お前が好きだ!」
ハルヒ「うれしいキョン!わたs」バリィ!
鶴屋さん「かかったなハルにゃん!さぁいくにょろ!」
ハルヒ「めがっさだけは!めがっさだけは!」



喜緑「涼子!! あなた有希になにしたの!?」
長門「ウグッ……グスッ……」
朝倉「べ、別にただ私は……ちょっと有希が……その……」
長門「グスッ……涼子なんて……死んじゃえ……! ……ひどいよ……グスッ」
喜緑「涼子……! 有希がいっつも学校で淋しい思いしてるって知ってるでしょ……!?」
朝倉「…………」
喜緑「あなたと違って有希は、そうゆう人間関係とか苦手なんだから……」
朝倉「…………」
喜緑「だからお友達が来たときくらい……ふざけて有希に辛い思いさせるのなんてダメでしょ!?」
朝倉「……私……私……私、悪くないもんっううううっ……ウグッ……グスッ」
長門「グスッ……全部涼子のせいだよ……! 酷いよ……あんまりだよ……!」
 
喜緑「私……こういうとき、どうしたらいいのかしら……」



喜緑 チマチマチマチマ
朝倉 チマチマチマチマ
喜緑「さすが涼子、ナイフさばきは見事ね」
朝倉「へへ、でも小さいから息が詰まるね」
喜緑「もう、だいぶ終わったんじゃないかな」
朝倉「有希、あんた、なにしてんの」
長門 コソコソ
喜緑「あー皮剥いたやつ食べちゃだめでしょ」
長門 モソモソ
朝倉「あーん、せっかく皮剥いたのに」
喜緑「栗ご飯にするんだから、生のまま食べるんじゃありません!」
長門 ( ゚ρ゚)
朝倉「そんな顔したって、許さないなだから!」



鶴屋「有希っこはカレーが好きなんだってね!」
長門(コクリ)
鶴屋「いやーやっぱりカレーは美味しいよねぇ、私も大好きっさ!」
長門「…今度、私が作る。もし良かったら……」
鶴屋「おぉぅ!?それはもしかして私へのお誘いかぃっ?」
長門(コクッ)
鶴屋「嬉しいにょろー!有希っこの手料理を食べられるなんてめがっさ楽しみっさ!
   日にちが決まったら教えておくれっ」ノシ
長門「……(言えた…)」ノシ
ドキドキ


ガチャッ
長門「ただいま。江美里、美味しいカレーの作り方教えて」



朝倉「ご飯できましたよー」
喜緑「あ、私はいりませんよ。生徒会長と外で食べてきましたから」
長門「私もいらない。彼と食べてきた」
喜緑「キョン君ね?もう!アツアツなんだから!」
長門「……お互い様(///)」


朝倉「な……泣いてなんか……ないんだから……グスッ……ふええぇぇぇ……」



いづれの御時にか、宇宙人、未来人あまたさぶらい給ひける中に、
いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれてときめき給ふありけり。
はじめより我はと思ひあがり給へる超能力者、
めざましき者におとしめそねみたまふ。
おなじ程、それより下臈の谷口たちは、ましてやすからず。



朝倉「谷口?誰よそれ。そんなことより国木田君ってちっちゃくてカワイいよね」

谷口「wawawa……」



朝倉「あなたを殺して鉄道会社の出方をみる!」

キョン「やっ、やめろ押すなって!電車来るっ、電車来てるからっ!」

喜緑「あらあら、涼子ちゃんたら好奇心旺盛なんだから」

キョン「笑ってないで助けあ……」

グチャービチビチビチッ



生徒会長「お前を殺して傷心の江美理くんをGETする!」

コンピ研部長「ひ、ひぃ!さっきフラレたばかりですぅ~」」



長門「あなたを殺して晩御飯をカレーにしてもらう!」

朝倉「あなたを殺して晩御飯をおでんにしてもらう!」

長門「目からビーム!!」 ビーム

朝倉「口からバズーカ!!」 ドカーン

喜緑「涼子、有希ぃ~、新作・おでんカレーできたからお皿用意してちょうだ~い」



長門・朝倉「……………」



「こんな時間に呼び出してどうしたの?国木田君……」

朝、学校に来て下駄箱をあけるとそこには

『放課後誰もいなくなったら教室に来てください  国木田』

と書かれたメモが入っていた。だから私はこうして今教室にいる。
も、もしかして告白だったりするのかな?そうなら照れるのね……
そうやって妄想を膨らませモジモジしている私に、国木田君はつかつかと歩み寄ってくる。
ああ……肩をつかまれて、好きです!阪中さん!なんて情熱的に言われたらどうしよう……(///)
なおも妄想を膨らませ続けていると、いつの間にか彼が目の前にいた。
彼は私の肩をつかみ……

「きゃっ!?」

その小さな体からは想像できないような力で、私を押し倒した。

「い、いきなり何するのね……ちょっt……んっ……」
「阪中さん……」

唇を重ねられ、それ以上は喋れなかった。
彼の舌が私の口をこじ開け、私の舌にからm(省略されました。続きを読みたい人は各自で妄想してください)



お尻の穴をクンカ!クンカ!







妹「やあ~!管理人さんやめて~!」



長門「おやすみなさい」
喜緑「おやすみ」
長門「・・・・・・」
喜緑「どうしたの?」
長門「いっしょ」
喜緑「はいはい」
長門「うん」



喜緑「キリキリマイ(・∀・)キリキリマイ」

朝倉「キリキリマイ(・∀・)キリキリマイ」

長門「キリキリマ━━( ゚Д゚)━━イ!!!!!」



『VS』

対峙する2人の少女の間で張り詰めた空気が切り裂かれる
人間の肉体的限界を遙かに超えたスピードで互いが交差する
放たれたその圧倒的なパワーにより大気中に放電が走る
相手の放つ高エネルギー体の槍とそれに対抗して行われる結晶化
使い捨てられたエネルギーの残滓で部室の空間はすでに異形のものと
化している。



長門「おでんはおかずとは認められない」
朝倉「おこちゃまメニューの分際で」

長門「カレーはそのバリエーションの多彩さで、おでんを凌駕する」
朝倉「カレーの暴力的な香りは犯罪だわ」

長門「カレーはこの国の文化にはぐくまれたもの」
朝倉「100年程度の歴史で大きな口たたくんじゃないわよ」

朝比奈「あのぉ、これはいったいぃ」
喜緑「生徒会の喜緑です、今晩のメニュー争奪戦です、有希、涼子、
いっとくけど情報連結解除の申請は通さないわよ、
それから、買物の都合があるから三時までには決着つけてね はぁと」

朝比奈「あのぉ それだけですかぁ と、とめないんですかー
らめぇーこっちこないでぇー まきこまないでくだぁさよぉー」

         【反省はしていない、でもちょっと後悔していかも】



「オヤジ、とびっきり甘いのを頼む」
「だんな、悪いことは言いやせん。そのくらいにしといた方が…」
「いいんだよ、客が甘いのって言ってるんだから、さっさと持ってこい!」
「もうどうなっても知りませんぜ…っと、もう甘いの切らしちまったか。おおい!」
「なぁにおとっつぁん」
「ちょっと甘いの買ってきてくれないか」
「またあのお客さん?」
「ああ、今日も甘いのを浴びるほど飲んだのに、まだ足りないんだとさ」
「大丈夫なのかしらね」
「さあな、もう甘いの甘いの言ってる時点でだめなんじゃねぇか」
「じゃあ行ってくる。すぐ戻るよ」
「ああ、早めに頼むぞ。その間保守でも出しとくからよ」



「何よ、これ…。」

青く光る巨人。 そっと手を触れるとやがてその半透明の体はどんどん濁っていき・・・。
ハルヒの姿となった。 唯一違うのは、その天をも突かんというサイズだけであろうか。
「ちょっとアンタ! 何勝手にあたしの格好をしているのよ! 肖像権の侵害で訴えてやるわ!」

「はぁうぅ・・・ごめんなさいぃ」  上からはちょっと」間の抜けた声が聞こえてくる。
巨大なハルヒは、やがて見知らぬ女の子の姿になった。

「ちょっとあんた! パンツ見えてるわよ!」
「わぁぁぁ(///)」
顔が真っ赤になったと思った瞬間、ぐんぐんと巨大な女の子は縮んでいき人間サイズになってしまった。

「…あんた最高よ。 名前は?」
「え、えっとケンカ友達には『神人』って呼ばれてます…。」

「喧嘩友達? ふふ、あんた大人しそうだけど結構気が荒いのね。」

(うっ、原因はあなたっていえないよ…。)
「へへ、これでも結構気が荒いのです。」

「気に入ったわ! あんたうちの団に来なさい!」
「えぇっ、わたしがですかっ? うれしいです!」

灰色の空間が反転したかのように、さあっと色を帯びていった。

「紹介するわ、…えっと」
「わたし、しんじんです!」
「…なんだか新人に聞こえるわね。

「!!」
SOS団の皆が一斉に席を立つ。
「えっと、好きなように呼んでくださいね」

「…古泉、アレは。」
「ええ。」
「…間違いない」
「ふぇ? 皆さんお知り合いですかぁ?」

「古泉君とはケンカばかりなんですっ(///)」

「古泉君、珍しい彼女がいるのね。」
「古泉君ったら、よく私を突いたりするんですよ。 この前はびっくりしちゃって…」

…部室の空気が凍りつく。

「へぇー?古泉君と神人ちゃんはそういう仲なんだぁー。」
「いえっ、決してそんな仲では・・・」
「古泉君って・・・そんな人だったんですか・・・以外です・・・」

「吸われちゃったこともあるんですよ!(憂鬱ラストで)」

そして再び空気が凍りつく・・・



(勝手にすまん)

神人「あ、そういえばあの時はキョンくんもみてましたよね。口がずっと開きっぱなしでしたよ?」

誤解を招くようなことは言うな!
ハルヒ、そんな目で見ないでくれ!
ってか古泉赤くなってんじゃねえ!

「こいちゃん、ねぇねぇ、どこ行くのです?」
「ふふ、こいちゃんじゃ少し変じゃないですか?」
「えー、じゃあ古泉君? ・・・それじゃ他人行儀っぽいし、イツキンがいいかな?」

(僕とあなたは……いずれ殺しあう運命に… それでも良いのですか?)
「思うのですが、私達の距離は縮めない方が得策だと…、」
「イツキンのバカ!」
神人は走り去っていった。 彼女はどこに帰るのだろうか。
…次は敵かも知れませんね。

古泉は雨上がりの水たまりを蹴飛ばした。

「新人ちゃん昨日のことなんだけど、吸われたって本当なの!?」
「え、ええ。 全身から… (マスターとキョン君だけど…。)」
「ぜ・・・全身!?  こここ古泉君、あんた…。」

「それは誤解ですよ涼宮さん。 神人も何か言ってください。」 ポン(肩に手を置く)
「ひぃ、今触っちゃダメですっ! マスター(涼宮)がエッチなことを考えているので敏感に・・・」
「ままままマスター(主人)!? ご主人様ってやつなのね! 古泉君あんた乱れているわ!! 不潔よ!」

「それは誤解です! ね、」 ガシッ (両肩を掴む)
「らからぁ、 さわったららめれす…」

「イツk…古泉さん、今後一切私に近づかないで欲しいのです。」
「どうしたのですか、あなたらしくもない。」
「だめ…来るなっ!」  タッタッタ・・・

「なあ、古泉。 神人のやつ、おかしかったな。 今日はハルヒも来てないし。」
「…多分…あれが来る。」

「うう…血が逆流しているみたいです…。 うう、あ、イライラする。 ダメ、やめて」
神人の体が周期的に青く光りだす。



淡々とした日常に寂しさを抱きつつ今日は寝る。
そして
明日はいいSSが書ければいいな、と
心から思うのであった。

長門「結局はオナニー。いいも悪いもない
    ただ自分が満足できるかできないかの問題。」

おまいらお休み



喜緑「誰!?私の有希ちゃんにオ、オオオオオナニニーなんて言葉を吹き込んだのは誰なのよ!?
またあの男!?またあの男なのね!!
キィィイイィィィ!!絶対に見つけ出して八つ裂きにしてやるんだからあああああ!!」 ガリガリガリ

朝倉「落ち着けっ、とりあえず落ち着けぇ!! ていっ!」 コキ

喜緑「哀号ーーーッ!!?」



谷口「お前!絵は描けるか!?」
キョン「何だよ」
谷口「描けるかって聞いてんだろ!!?」
キョン「描けねえし・・・描かねえよ」
谷口「そうだろう、俺より絵の上手いヤツなんていないんだ!いちゃいけねえんだよ!!
 俺は完璧だった!!それがあのソフトのせいで・・・クソッ!」
キョン「さっきから何だ、早くBL同人誌を回してくれよ
 ハルヒのバカにどやされちまうだろ」
谷口「それならさっき阪中が盗んでったぞ、欲しけりゃ奪い返すんだな」
キョン「死ねチャック野郎!」

谷口を殺し、教室を出て行くキョン

ミッション
阪中を殺してBL同人誌を奪い返せ
続け↓



谷口「お前!絵は描けるか!?」
キョン「何だよ」
谷口「描けるかって聞いてんだろ!!?」
キョン「描けねえし・・・描かねえよ」
谷口「そうだろう、俺より絵の上手いヤツなんていないんだ!いちゃいけねえんだよ!!
 俺は完璧だった!!それがあの教師のせいで・・・クソッ!」
キョン「さっきから何だ、早くBL同人誌を回してくれよ
 ハルヒのバカにどやされちまうだろ」
谷口「それならさっき岡部に没収されちまったぞ、欲しけりゃ奪い返すんだな」
キョン「死ねチャックノリス!」

谷口をチャックで締め殺し、教室を出て行くキョン

ミッション:岡部を殺してBL同人誌を奪い返せ
>>618とこっち、どっちの設定でもいいから続け↓



新川「わたくし、脱いだらすごいんです」
‐すべては新川のこの一言から始まった…‐
新川「貴様!鎖骨下筋の鍛錬を怠るとは、修行がたりんな」
‐漢達の意地とプライド賭けた戦いの火蓋が切られた!‐
多丸弟「へへ、やっぱステゴロはこうじゃねぇとな新川さんようっ!」
多丸兄「貴様がステゴロを語るなど100年速いわっ!!」
岡部「誰か忘れちゃいませんか?ってんだべらぼうめぇ~!」
国木田「谷口よ、貴様もやはり強敵(友)であったぞ…」

‐飛び散る汗!脈動する筋肉!眉間に寄るシワ!するどひ眼孔!そして闘気!‐
古泉「フシュルル~」

‐萌えるオヤジ共のむさ苦しいまでの熱い肉弾戦に、貴方は耐えられるか!?‐


‐涼宮ハルヒプロデュースの『チキチキ商店街プロレス野菜デスマッチ』、今宵開催決定!!‐
キョン「ごぼうだけは!ごぼうだけは!」
カミングスーン

制作、提供:(株)SOS団
スポンサー:八百屋



ちょっと時期的に遅いけど時事ネタ


キョン「へえ、次期首相は安倍さんに決まったのか」
長門「首相って何?」

コイツ、何でも知ってそうなのに首相は知らないのか?
キョン「首相ってのはだな、えーと…日本で一番偉い人?じゃないな…
    うーん、なんて言やいいのか…ともかく偉い人のことだ」
長門「…あなたは自分の国の首相のことすら満足に説明出来ない
   救いようの無い愚者ということは分かった」
キョン「え、そこまで言うか長t『バリバリ』

朝倉「その馬鹿さ加減じゃこれから生きていっても辛いだけよ?今楽にしてあげるね(はあと」
キョン「あ、朝倉!?何でここに、というかいつの間にナイフをははやくしまえ」
朝倉「うん、それ無理♪じゃあ、死んで」
キョン「ヒイーーーッ!命だけは!命だけは!お助けをォーーー!」
ドブス、グリグリグリ、ぐぢゃあ



ハルヒ「キョン!今からdat収穫人氏に会いに行くわよっ!」
キョン「突然だな、会ってどうするんだ?」
ハルヒ「決まってるじゃない、いつもスレdatを収集・保管して貰っているお礼をするのよ」
キョン「なるほど、最近はスレ落ちの数も多くて余計な負担をかけてるしな…。
    で、お礼って何かプレゼントでも渡すのか?」
ハルヒ「それが、考えようにも相手の好みとか全然知らないのよね。」
キョン「そう言えば聞いたことないな」
ハルヒ「だから本人に直接聞きにいくってわけ。付いて来なさい!」
キョン「なんだかなぁ…」
収穫人「呼んだ?(´・ω・`)」
キョン「本人来ちゃった!!……なんかすいません…」



ハルヒ「ナイスタイミングね収穫人さんっ!あなたの好きなもの教えて!」
収穫人「??唐突で話が見えないけど…
    しいて言うならリボンとツインテールと妹とツンデレが好きです。」
キョン「な、なんだってーーッ!?……ハルヒ、好み関係無く渡せる無難な物にしよう。」
ハルヒ「なによそんな真剣な顔しt…ハッ!(リボンにツンデレ…
    まさかキョン、あたしのことを…バカねっ!あたしは誰のとこにも行かないわよ!
    団長はいつでも団員と一緒にいなきゃなんだから…///)」カァァ

ハルヒ「そ、そうねっ、それじゃどんな物が良いかしら…キョンは何がいいと思う?
(今度の探索は中止してキョンとの買い物に決定ね!)」ドキドキ
キョン「喜んでもらえるものなら何でもありさ!肩叩き券とか!!そうですよね収穫人さん!?」
収穫人「というか何の話してるんですか?(´・ω・`)」
キョン「どうか、妹だけは…!妹だけは勘弁して下さい!!」

ハルヒ「……イモウトカヨ(#^ω^)」
収穫人「ナニガナンダカ(´・ω・`)」



キョン「なんなら俺のアナルを捧げてもいいですから!!」
ハルヒ「?!」
収穫人「間に合ってます(´・ω・`)」



古泉「唸れテドドン!最早脈絡も無しに行きますよキョンたーん!」
キョン「させるかっ、阪中ガード!」

古泉・阪中「アッー!異性だけは!!異性だけは!!」




「こんにちは」
俺がパブロフの犬よろしく部室に来ると何故か喜緑さんがいた。
「今度はどうしたんですか?」
この人と関わると大抵ろくなことにならないので俺はかなり警戒していた……警戒しても既に手遅れっぽいのはご愛嬌だがね。
「あなたに用事があって来ました」
喜緑さんが俺に用事ねぇ、十中八区ハルヒがらみなのは間違いあるまい。
「なんの用事ですか?」
「とりあえず横になってください」
そう言って長机に俺を誘導する喜緑さん。いきなりそんなことを言われても困るのだが…いったい何をする気なんだか…
「最近あなたに元気がないと有希ちゃんから聞いたものですから、元気の出るマッサージをしようと」
長門がそんなことを言うとは考え難いな、意外と家族(?)の前じゃお喋りなのかね?だが一応訂正しとかなければならんな。
「確かに最近元気がなかったのは認めますがそれは単なる夏バテなんで心配はいりませんよ」
「どこかこってるところはありませんか?」
人の話しを聞けよ…どこもなんともなってませんから。
「痛かったら言ってくださいね~」
「あのなんで手足を拘束するんですか?」
「………隠し事はよくないですよ?」
……何も隠してねぇよ。
「涼子ちゃん、やっておしまい」
「うん」
うげっ、朝倉いつの間に!?
「有希にオイタしたのはこの口ね!?この口なのねっ!?」
「いででで!つねっ、つねるなっ!!」
この後喜緑さんと朝倉による詰問とお説教は2時間ほど続いた。
長門にいったい何をしたかって?それは割愛ということで。




|