※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あたし涼宮ハルヒ。憂鬱な核融合炉。暴走機関車。
中学に入ったころから、あの野球見に行ったときの喪失感に苛まれつづけて、高校生になった。
そしてあいつに出会った。あの糞忌々しいニヤケ面の頼んねえやつ。

いつもヘラヘラしながら朝私に話しかけてくる。
他の下らない男子同様、一言の元にはねつけてやればいいんだけど、なんでだろ、なんとなく話し相手になっちゃうの。
なんか見覚えあるような気がして、心の中を手探りするんだけど、微妙にスルっと逃げちゃって、ある日私が勝手に決めてた髪型ローテーションについて話しかけてきた日 -こんときゃ私らしくもなくずいぶんいろいろ話しちゃったんだけどさ- 直接聞いてやったのよ。
「あたし、あんたとどっかであったことある? それもずっとまえ」って。
あたしも馬鹿なこと聞いちゃったものよね。「いいや」とサクッといわれて『そりゃそうだ』と自分に突っ込んじゃったけど、「ずっとまえ」って自分のフレーズがどっから出てきたのか自分でもチョイ謎で、なんかモヤモヤして髪切りたくなっちゃたわよ。

翌朝間抜け面さらして、かなーり長いこと、呆然とあたしの髪後ろから見てた。
なんか文句あるの?あたしの髪じゃない。

別の日だけど、あたしの中学時の武勇伝をどっからか仕入れてきて「ホントか?」なんて聞きやがるのよ。どうせあの馬鹿谷口あたりに吹き込まれたんだろうけど、そんなことが気になるのもあんたも馬鹿の仲間だからだわね。
でいってやったわけ。あんたの知ったこっちゃないけど、本当だったらどうだってのよ、って。
奴はなんか肩すくめて手をひらひらさせてたけど、あれあいつの癖かなんかだわ。 なんかあほみたいな奴よね。

席替えがあって、私は後列窓際最後尾っていう、居眠りにもってこいのポジションをゲットしたんだけどさ、前見たらまた居やがるんだわ、あいつが。
まぁ偶然っちゃ、当たり前なんだけど、うるさいのが居なくなってサバサバできると思ったら、また奴が間抜け面して前に座ってたので、しょうがないから、馬鹿話に付き合ってやったわよ。
でもさ、ほかの男子も女子もてんで話す気にもなんないから、完全シカトで来たんだけど、こいつだけになんだか口きいちゃうのってなんでだろ。

あたしはなんか面白いことがないかと休み時間にはくまなく学校中を歩き回るようにしてて、部活とかも、高校になればなんかおもしろいのがひとつぐらいあるだろうって、いろいろ仮入部とかもしてみたんだけど、全滅。
あああせっかくあのまるで無駄な中学の三年間を我慢して、わざわざ公立に入ったのに、やっぱはずしちゃったのかな。

ってのはさ、わたしひとつだけ心の奥にずっと持ち続けてるひとつのイメージがあって。
いまでもよぉく覚えてるわ。中一の七夕にあたしがベガとアルタイルにメッセージを送るって決めて、夜遅くに校庭に潜入したときに会った北高の生徒。
自分のことジョンスミスとか馬鹿みたいな名前を名乗った。
ラインマーカーでメッセージを書くの手伝ってくれてさ、宇宙人は居るから心配すんなって。心配とかしてないけど、何でこの人断言してるんだろ、ってかなんかあたしを励ましてる?
なんか寝入ってる女子背負ってたし、あげくに別れ間際に訳わかんないことよろしく、とか叫んでたし。

あたしそいつのことがあとからどうしても気になっちゃって、好きとかそういうんじゃないわよ、たぶん。あたしはそんな浮ついた女じゃないもの。
北高の名簿とかまで調べたりして、ちょっとわれを忘れ加減になっちゃったのは若気の至りってところだわ。
だって荒んでたあたしをなんとなく自然にわかって、受け入れてくれてるって感じがしたのよ。
こうみえてもさ、あたし異常に勘がスルドイっての?だいたいピンときたときは、なんかあるのよね百発百中で。

そんなことが心に引っかかってたからかなぁ、先公の勧めを完全シカトして公立の北高にはいっちゃったのになぁ。
そんときの人がいないのはあたりまえなんだけど、なんか面白いことがあるかもしれないって、おもったのに。

だから五月の連休明けのあたしは、これから三年間のこと考えると、もう憂鬱で憂鬱で、こんな世界は消えてなくなっちゃえばいい、って物騒なっことを本気で考えそうな精神状態だったわけ。

で、毎朝はなしかけてくるそいつが部活ネタ振ってきた後で、長々とつまんねぇ演説始めやがってさ、一部の天才のみが、不満のある現状を打破する方法を考え付くとか何とか。
あんたみたいな凡人は一生そうやってつまんない日常とやらに埋没してればいいのかもしれないけど、あたしはそうはいかないの。

でもね、なんとなくぼんやりしてたら、ピカッとひらめいたのよ。
『そうか!、なければ作ればいいんだ!!』って。
当たり前よね、あたしが既成の部活の枠組みにとらわれてるから、面白いのがひとつもないわけよ。
面子もコンセプトもあたしが決めればそれでOKじゃない?
さすがにあたし自分の迂闊さをちょっと呪っちゃったわよ。気づけばほんっと簡単なことなんだもん。

そのことに思い当たったとき、思わずまえのあほ面の襟を思いっきり引いちゃった。
今思えばちょっとやりすぎだったかも、だってそいつ思いっきりあたしの机の角で後頭部いっちゃってたから。
しかもあたしもどうかしてたわよね、おもいっきりあいつにつばかけちゃって授業中に叫んじゃった。
「なければつくればいいのよっ」「だからなにを」「部活よ!」って。

あたしだめなの、時々こうやってガ~っていっちゃうの。制御できなくなるのよ、自分のこと。
わかってるんだ、これ重大な欠点だって。でもだめなんだよね、頭の中がカッと白い光に満ち溢れると、その瞬間全てのブレーカーがとんじゃうの。


それからのあたしはなんかもう俄然エンジンがかかっちゃった。
ニヤケ面の名前っていうかあだ名はこれまた間抜けな響きで「キョン」っていうんだけど、そいつを一丁かませてやろうと思ったわけ。
ううん何でかなんてわからない。今でもわからないそのときの気持ち。
こいつとその部活やったらいいかもって思ったのは、正直認めるわ。でもあたしの勘に外れはないのよ。 外れたかもしれないけど。


それから何もかもがはじまったのよね。
あたしは、SOS団の仲間と居ると、中学までのあの荒んだ心がどんどん、なんていうのかな、そう、浄化されていくことに気づいたわ。
あたしと仲間たち。 このすばらしい集団のおかげで、あたしはどんどんイノセントになっていく。
毎日楽しくてさ、殻に閉じこもって全てをはねつけてた自分が、ちょっとだけ素直じゃなかたってことは認めるわ。


でもね、実を言うと、最近誰にもいえないけど悩んでることがひとつだけあるのよね。
何って・・・あいつよあいつ。あのいまいましいあほキョン。
自分の心にうそついてもしょうがないから、言っちゃうけど、あたしあいつのこと好きみたいなんだ。こんちくしょう。
だいぶ長いこと自分でも気がつかない振りをしようしようって、おもってたんだけどさ。

でもさ、いまさら素直に普通の女の子らしくなんかできないよ。これまでずっとこういう調子でやってきたんだもの。

時々すっごく不安になることもあるよ。あたしがこんなんで愛想つかされたらどうしようって。
あの馬鹿は乙女心ってのを全っ然解せない超鈍感で、いちいちあたしの気に障るようなことばっかり言うんだ。
そ知らぬふりで強がってるけど、ときどきこころがグサッと音を立てるような気がするの。
こうみえてもあたしだって、花も恥らう乙女なんだからね。こころから血が出てるよ、気づかぬ振りしてるけど。
家で一人になってちょっと落ち込んだりすることもあるんだからね。

あたしってどう見えるんだろう。スタイルだって悪くないし、顔だって結構かわいいと思うんだけどなぁ。
正直性格はぶっ飛んでることは認めざるを得ないのが悔しいわ。
あほキョンはどういう女の子が好きなんだろう。
みくるちゃんも有希も、相当偏差値高いからあたし実を言うとちょっと心配。
あ~あ、こりゃあたしもそこらの普通の女の子並みに堕落しちゃったかなぁ。

でも、後の三人がなんかそれぞれこの件に関しては気に障るのよね。

まず有希。この子はぜったいキョンのこと好きだよね。あたしにはわかる。
でさ、あたしこの子のあの儚さっていうか、何も言わずギューって抱きしめてやりたくなるようなあの感じにはどうしてもかなわないって気がするんだ。
女のあたしが見てもこの子っていじらしいの、すごく。
クリスマスに何があったか知らないけどさ、あほキョンもなんかすごく有希のことが気になるみたいで、ときどきじっと見つめてる。
愛ってのかどうかはあたしにはわからないけど、すごく気にかけてるのよね。
ちょっとぐらいあたしにもそういうそぶり見せてくれればいいのに。
あたしだってあの時はわれながらどうしようもないくらいのうろたえぶりだったし。
あんなに心配もしてやったんだぞ。
一番気に入らないのは、有希のアイコンタクトがキョンにだけは通用してるってことよね。
二人は気がつかないつもりらしいけど、バレバレだっっての。あーもうなんか急に腹立ってきた。
有希もさ、あたしの言うことに反応するときとキョンにいわれたときが全然反応違うんだもん。ああいう無表情っ子の癖に妙にわかりやすい子だわ。
でも、あたしは有希がすごく好きなの。
だから困るんだなぁ正直言って。
恋敵なら戦えばいいんだけど、あたし有希と戦うなんていやだ。いっそ共有しちゃえばとかバカなこと思っちゃうくらい、有希も好き。
有希ってすごく変わったと思う。あんなあほキョンを愛することで変わったのかな。
あたしだって思いの深さじゃ負けないと思う、って何を言わせるのよ。

それからみくるね。 この子もキョンのこと憎からず思ってたみたいだけど、なんかあきらめた、というのか、ブレーキ踏んでるよね。
有希の気持ちもわかってるみたいだし、腹立たしいんだけど、あたしのことも「わかってるよ」みたいな目でみるんだよ。萌えキャラの分際で。
そうやっておねえぶることで、精神的優位を密かに保ちたいんだろうけど、本音はどうなのよ。
なんかこの世が仮の世でここじゃやっちゃいけないと自分に課してる枷がいっぱいあるみたいな雰囲気あるよね。
あたしにはわかるんだ。

古泉君。この子も頭くんのよ。 あたしを崇めてる振りしてるけど、内心わかりやすいやつだなってあたしのこと思ってるわよね。
そういうあんたのほうがわかりやすいって知ってる?
あたしとキョンの気持ちをわかってて、皮肉ったり冷やかしたりしてる振りで、内心『このバカップルが』ときっと思ってる。
あほキョンはだませても、あたしはごまかされないわよ。


あ~あ、あほキョン、あんたもあたしのこと好きなんでしょ? とびきり勘の鋭いはずなあたしなのに、このことに関してはなんだか自信がないの。
あたし色恋沙汰に関しては、そんなもんは精神病の一種とまで当の本人相手に言い放っちゃってるし、あああ、あんなこと言わなきゃよかった。
あたしが素直にできないのは、これはもう一種の病気とわかってくれないかな。
でもなんか負けた気がするからそれもいやだわ。はやく告ってくれればいいのになぁ。
優柔不断でフラクラしてるばっかりで、ほんっとあほキョンって腹立つわよね。


そりゃそうと、あたしが思いつきで集めたこの面子、一見なんでもないようだけど、あたしもしかしてBull'zEyeやっちゃった?って感じするの。

なんといっても怪しいのは有希よね。この子あからさまに変よ。
あの非情動性と万能さ、人間離れしてる。他の人と触れ合わないからあんまり知られてないけどさ、このごろはなんかネジが壊れちゃったのかもしれないけど、体育祭やマラソン大会や百人一首大会であたしとタメ張ってるもん。相当目立ってきたわよ。
そうね、野球のときもなんか変だったわよね。
この子は超能力者か宇宙人かなんかそんなもんよ、きっと。

みくるはさ、わかりやすい。鶴屋っちが口滑らせてたけど、この子この時代の子じゃないと思う。いやあたし基地外じゃないよ?
ときどきあたしの前でも口滑らせるしね。普通の人なら当然知ってるはずのこと知らないんだ。
この前なんか船が何で浮いてるんだっていう話で、浮力で浮いてるんだといったらすごく意表を衝かれた顔するんだもん。
あんたそれおかしいでしょう。

古泉君はなんだろうね、彼自身は普通にみえるんだけどね。
なんか背景に特殊な組織みたいなものがちらつくわね。それもあたしに関係あるんじゃないかな。
なんかすごく変な知り合いとかが多いのよ。
ただ、なんかあたしこの子には裏でなんかえれぇ迷惑かけてそうで、あのこの似非スマイルの裏の疲労が見えたときなんか、なぜか申し訳ない気もするの。

あたし誇大妄想狂じゃないつもりだけど、ときどきあたしって、自分では気がつかない力ってあるんじゃないかな、って思う。
それが何かはわからないけど、なんかSOS団とそれが関係してるような気がする。
みくると古泉君とキョンがやってる目配せや内緒話やそんなことがほんとにあたしに気づかれないと思ってるんだから、あたしってほんと馬鹿にされてるみたい。
いかにもあからさまだっちゅうの君ら。
あたしのいないとこでゴソゴソしててもあたしには丸わかりだよ。
特にみくると古泉君。なんかあたしを怒らせないように怒らせないように腫れ物にでも触れるみたいな扱いよね。

でもなんなんだろうね、そんなに恐れるような力って。 
キョンは嘘が下手糞だから、あたしがその気になって真剣に問い詰めればしらを切りとおせないだろうって思う。
聞くのが怖いけどさ。

あたしほんのり思うんだけど、あたしって自分の思い描いたようなことを実現する能力があるのかも。
ううん、はっきりは言えない、そうじゃないことも多いしね。
でも、不思議とあたしの思ってたとおりに物事が動いていく感じってのは時々ひしひしと感じるわけ。
こればっかしは、確信は持てないけどさ。そういう万能感って、自己中な子供時代にはよくあることだしね。

まぁ、こんな夢みたいなこといっててもさ、あたしの理性的な部分は、そんなことありえない、ってちゃんと思ってる。
でもあたしのこのかけがえのない仲間たちが、もしそういう風なウンと特別な奴らだったらいいなぁ、ってやっぱりどっかでおもっちゃうのね。
とはいえ、あのあほキョンだけはどう転んでもそんな特別なとこなんて、ありゃしないんだろうけどさ。

それもこれも、まぁいいんだ。 大目に見てやろうじゃない。だってあたし今とっても楽しいんだもん。 中学のときには思いもよらなかったくらい。
私自身こんなにうまく高校生活が送れるなんて、正直予想外だった。
自分を貫くための孤立は厭わないけれど、やっぱり孤独っていうのはけっこう心に来るのよ。

あとひとつ、どうもつらつら思うんだけど、もしそういうことが起こりうるとしたら、ジョンスミスってあほキョンと同一人物なんじゃないかなぁって。
そんなことはありえないことはちゃんとわかってるのよ。でも少なくともなーんか繋がりくらいはあるんじゃないかしら。
どうもそんな気がしてならないのよ。正直意味不明なんだけど、いつか一回ズバッといってやりたくなる。
そんときのあいつの顔が見てみたい。

そりゃそうと、あれって絶対夢じゃないよね。あの灰色の世界、青い巨人。そしてそこで起こったこと。
夢オチってことなってるみたいだけど、あたしはあれは本当にあったことだと感じるの。ううん理屈じゃない。
あんなリアルな夢ってありえない。もしあれが夢なんだとしたら、フロイド先生も真っ青DAZE。
なんかあたしあれ以来、すっかり安定してるしね。翌朝のあほキョンの態度もなんとなくそんな感じだったし。


あーどうしてあんな奴のこと好きになっちゃったんだろうあたし。一生の不覚だわ。
あいつがあたしのことを見てくれると、うなじのあたりがジーンと熱くなるの。
あいつが優しくしてくれたりすると、馬鹿みたいに涙が出そうになるの。
あいつがあたしに怒ったりすると、悲しくて悲しくて、自分のことがほんとに嫌いになるの。

まぁあれだ、夢じゃないとこで、一回ぐらいならキスさせてやってもいいぞあほキョン。ってかむしろしろ。超鈍感。バカ。

|