朝、いつものように教室に入ろうとすると、何故か朝比奈さんが教室の入り口の横でちょこんと、さりげなく、居た。

みくる「キョン君・・・私と付き合ってください」
キョン「は・・・?」
今なんと?
俺は耳を疑った。
だって俺は何の変哲もないただの高校生で、でも変なあだ名で呼ばれててそれで-----

みくる「あの・・・聞いてます?」

なんだこれは・・・ドッキリか?ハルヒの差し金か?

ハルヒが朝比奈さんに告白するよう仕込んだのか?

それともハルヒの能力で朝比奈さんの感情をコントロールしたとか?

そんなことしてハルヒは何か得するのか?というかそんなことできるのか?

頭の上のクエスチョンマークが10秒に1個づつ増えていき、そしてそのクエスチョンマークが10個ぐらいになった頃、

朝比奈さんのすごくわざとらしい咳が聞こえてきた。

みくる「ですから、私と付き合ってもらえませんか?」
間違いなんかじゃ無い、今、まさに、朝比奈さんに愛の告白をされているのだ

キョン「ほ、本気ですか?」
みくる「はい」
キョン「でもこの時代の人間と付き合うわけにはいかないって・・・」
みくる「はい・・・でもキョン君への気持ちが抑えきれないんです」
キョン「・・・」

こんなの、突然すぎて即答できるわけが無い。

キョン「あの、考えさせてください」

 

俺は考えていた。
確かに朝比奈さんは好きだ。大好きだ。それは認めよう。

でもそれはかわいくて憧れの先輩として、という意味だ。
恋愛対象としては----どうなのか。

昼休みになって俺は部室に向かった。
そこに居たのは長門だけだった。

いつものように分厚いハードカバーを読んでいる。

椅子に座り、なんとなく長門を眺めていた。

長門に相談してみようか、でもこいつは恋愛に疎いどころの話ではないしな・・・
キョン「なぁ長門」
呼ぶと長門はチラリ、とこちらを向いた。

長門「・・・」

しかし無言である。
キョン「俺、どうしたらいいと思う?」

長門「なんのこと」
キョン「俺、自分で自分の気持ちがわからない」
長門「どういう事」
キョン「はは・・・だよな、なんでもない」
長門「そう」

長門はそういって本に視線を戻した。

俺は机にうつぶせて考えた。
朝比奈さんといると心が安らぐ。もう見てるだけで幸せになれる。
しかしハルヒのことを考えると・・・、いや、ハルヒは関係ないだろう。何言ってんだ、俺。

朝比奈さんは俺の事を好きと言ってくれるのだ。
だったら----

 

放課後、部室に行くと長門と古泉がいた。
古泉「どうですかチェスでも」
キョン「すまんが後にしてくれ」

今はそんな気分じゃないんだ。すると、古泉は残念ですね、と溜息をつき、ひとりでチェスを始めた

ひとりでチェスなんて出来るのか?

その遊びはどう考えても楽しくないだろう。まあ、俺のせいだが。

そこで朝比奈さんが部室に入ってきた。
キョン「あっ」
みくる「あの・・・返事を聞かせてもらえますか」
キョン「・・・はい、俺もあなたが好きです」
みくる「えっ・・・、じゃあ」
キョン「はい、よろしくお願いします」
みくる「うれしい・・・」

朝比奈さんはその場に泣き崩れてしまった。そんな反応されては対応に困るのだが・・・。

長門「・・・」
古泉「・・・」
古泉が何か言いたげな顔をしていたが、何も言わずにひとりチェスに戻った。

長門は相変わらずである。

こうして俺と朝比奈さんは恋人同士になった。

 

帰り道、朝比奈さんと下校したかったが鶴屋さんに用事があるようで、先に帰るよう言われてしまった。

一人歩いていると後ろから古泉がやってきた。
古泉「少しよろしいですか?」
キョン「何だ?あぁさっきチェス出来なかったな」
古泉「いえ、その事ではなく」
キョン「・・・わかってる。俺と朝比奈さんの事だろう?」

古泉「ええ、この事を涼宮さんが知ったら・・・」
キョン「問題あるか?あいつが俺に気がある訳でもあるまい」
古泉「・・・、ですが」
キョン「それにあいつは人の恋愛に口を出さないと言っていた。問題ないだろ」
古泉はちょっと困った様な顔になり、そしていつものにやけた顔になった。しかし----

古泉「・・・わかりました。そこまで言うなら仕方ないですね。では」
古泉は去っていった。

----俺にはわかっていた。古泉が全く納得してないことに。

次の日の放課後、部室で朝比奈さんと話していた。
キョン「そうだ、今度の日曜にデートでもしませんか」
みくる「いいですね!行きましょう」
そこにハルヒがやってきた。ここ最近は何か用事があったらしく、部室に顔を出すのは久しぶりである。

ハルヒ「何?デート?どういうことよ」
そう言いながらハルヒは団長席に座った。
キョン「い、いや」
みくる「あ、えと・・・」
沈黙が続いた。なんとなく言い辛い。
ハルヒ「・・・まさか付き合ってるの?」
しかしもう限界だった。
キョン「あ、ああそうなんだ、そうなんだよ。実は昨日告白されてな、まさかと思ったんだがどうやら本当みたいで」
ハルヒ「へ、へぇそうなんだ」

ハルヒ「よかったじゃない。みくるちゃんみたいなかわいい彼女が出来て」
キョン「あ、ああ・・・、まさか俺に彼女が出来るなんてな、あはは・・・」
また沈黙が続いた。なんて気まずいんだ・・・

別に後ろめたいことなんて無いはずなんだが・・・
ハルヒ「あっそうだ用事思い出したわ!ごめんみんな、私先帰るわね」
ハルヒはそう言って部室から出て行った。用事を済ませて来たばかりなのだから、用事なんて本当は無いのだろう。
その直後、古泉が入ってきた。

古泉「どうやら知られてしまったようですね」
キョン「なぜわかるんだ」
古泉「すれ違い様に泣いておられました」
キョン「なっ」

なぜあいつが泣いて----
そこで、古泉の携帯電話が鳴った。古泉は瞬時に----まるで予測していたかの様に----通話ボタンを押した。
古泉「・・・はい、わかりました、はい、では」
古泉「緊急事態です。たった今閉鎖空間が発生しました」

 ・・・・・。
 ---そうか・・・そう、だったのか
古泉「それもかなりのスピードで拡大が進んでいます。僕もすぐ向かわなければ・・・」
 ---そんなの、気づくはず、ないじゃないか

古泉「そしてあなたの協力も必要です」

 ---だって俺は、何の変哲も無い高校生なんだから

古泉「このままだと世界が・・・」
 ---わかる訳、ないじゃないか・・・!

キョン「・・・」

キョン「もう・・・嫌だ」

キョン「あいつ中心の世界は、もう、嫌なんだ」

キョン「疲れたんだよ、あいつのご機嫌とりに」
キョン「この世界が終わっても朝比奈さんといれればそれでいい」

だけど、あいつ中心の世界だったから、ハルヒがいたから楽しかったのは確かなんだ。

本当に、楽しかったんだ・・・

みくる「キョンくん・・・」

古泉「ふふ、あなたらしい、と言えばらしいですね。

そうですか・・・。この世界が消えてしまうのは残念です・・・、ですがあなたがそれでいいなら仕方ないですね」
今度は本当の気持ちみたいだ。

キョン「ありがとな」
古泉「いえ、またいつかチェスできるといいですね」

 

古泉は出ていき朝比奈さんと二人きりになった
長門はいつの間にか居なくなっていた。もう、ここには用は無い、ということだろう。

みくる「わ、わたしとんでもないことを・・・」
キョン「もういいじゃないですか」
みくる「でも・・・」
キョン「いいんですよ、こうして二人でいられるんですから」
みくる「・・・はい」
キョン「もうあまり時間がありませんけどゆっくりしましょう」
こうして二人でいられるのもハルヒのお陰なんだ。
だから俺たちは笑っていよう。世界の最期まで・・・

 

 

 

ハルヒ「わかったわ!」
キョン「何が」
ハルヒ「無いんだったら作ればいいのよ!」
キョン「何をだ」
ハルヒ「部活よ!」
ハルヒ「まずはメンバーよねぇ・・・、まずあんたと私でしょ」
キョン「なんで俺が・・・」
ハルヒ「後は・・・、あんたの彼女も連れて来なさいっ!」

Fin

 

1◆lo0Ni729yM


|