長門「あ!!」
ポタポタ
朝倉「あーあ、こぼしちゃった」
長門「ごめんなさい」
喜緑「それより早く拭かないと」ティッシュティッシュ
長門「うん」ゴシゴシ


翌日
朝倉「はい有希あーん」
長門「いい、一人で食べれる」
朝倉「だめよ、また昨日みたいにこぼしちゃうでしょ?有希はへただから」
長門「う、わかった」
朝倉「あーん」
長門「・・・あ」ピチャ
朝倉「あ!ごめん有希!ほっぺに飛んじゃった」
長門「涼子もへた」ムッ
朝倉「わかったわよ、とってあげる」

ぺロ
長門「・・・・これは何?(///)」



教室に戻ると阪中が俺の弁当を食べていた
キョン「何でお前が俺の弁当を食ってるんだ?」
阪中「涼宮さんが美味しいって言ってた、だから」
キョン「いや、だからって何だよ!」
阪中「何か文句あるの?」
キョン「いえすいません」
阪中「ならよろしいのね、そうそうこれありがとうね。まあまあ美味しかったのね」
ポイッ

キョン「最近あいつハルヒに似てきたな・・・・



喜緑「ご飯できましたよー」
朝倉「はーい」
長門「今日のメニューはなに」
喜緑「おでんです」
朝倉「わーい」
長門「……」
喜緑「どうしました?長門さん」
長門「……おでんなんていらない」
喜緑「……?」
長門「おでんなんて私の主義に反している。私はレトルトカレーを食べる」
喜緑「もうっ……ワガママばっかりですね。もう知りません。好きにしてください。食べましょう、朝倉さん」
朝倉「はーい」

長・喜・朝「いただきまーす」

………
……


カチャカチャ
朝倉「あ、この大根、味がしみててとっても美味しい!」
喜緑「でしょう?じっくりコトコト煮詰めましたからねえ!」
長門「……」カチャカチャ
朝倉「ダシがいい味出てるわ~。」
喜緑「でしょう!?今回のは最高傑作といっても過言ではないですよ!」
長門「……(おでん……おいしそう……)」チラッ
朝倉「ん~?どうしたんでちゅか有希ちゃ~ん?」
喜緑「まさかおでん食べたいとは言いませんよね~?」
長門「ん……その通り(……おでんなんかには……負けない)」カチャカチャ
朝倉「でちゅよねえ?あ~厚揚げがとってもジューシー!」
喜緑「でしょでしょ!?」
長門「……(落ち着け、私。そう、素数を数えるのよ)」カチャカチャ
朝倉「卵がとってもほくほく!」
喜緑「でしょでしょ!?」
長門「……(2……3……5……)」カチャ……カチャ……
朝倉「こんにゃくとってもプリプリ!」
喜緑「でしょでしょ!?」
長門「……(7……ダイコンガ11……アツアゲガ13……タマゴガ……)」
朝倉「うまうま」
喜緑「うまうま」
長門「……」

カチャン……

朝倉「ん~?スプーンが止まってまちゅよ有希ちゃ~ん?」
喜緑「私たちなど気にせず、カレーを食べてくださいな」

長門「ゴメ……サイ……」

朝倉「ん?なに?」
喜緑「よく聞こえませんよ?」

長門「ヒグッ……ゴ……ゴメンナザイ……グス」

朝倉「あらあら……」
喜緑「……」
長門「エグッ……ごはんに……文句言って……ごめんなざい……ウッ……わだしも……おでん……だべだい……ふえええぇ……」
朝倉「……」
喜緑「……ホントに反省してます?」
長門「……うん……」
喜緑「そう……」


喜・朝「でもあげなーいwwwwwww」

長門「!?」

喜緑「これを期にこの家におけるヒエラルキーを学ぶんですね!私に逆らうとどうなるか、思い知りなさい!!」
朝倉「おでんうめええええぇぇ!!」

長門「うわああああああぁぁぁん!!」



谷口「キョン。お前SOS団の涼宮を除く女子との合コンをセッティングしろ」
国木田「鶴屋さんと喜緑さんも呼んでよね。」
キョン「は?ふざけんな。なんで俺がそんなことを・・・」
谷口「おやおや国木田くん?彼は自分の立場が分かってないとみえる」
国木田「まったくですな谷口さん」
キョン「なんなんだそのキャラは」
谷口「自分のおかれた立場ってのをわからせてあげなさい国木田くん。例のテープを」
国木田「わかりました。ポチっとな」 カチ

【ラジカセ】
キョン『いやー今日はミヨキチも遊びに来てたのか?』
妹『う、うん』
キョン『お兄ちゃんも仲間に挿入れてくれないか?』
ミヨキチ『いいですよお兄さん』
妹『だ、ダメだよミヨキチ!』
ミヨキチ『あらどうして?』
妹『え、それは…ど、どうしてもなの!』
キョン『おいおい、意地悪言うなよ…あんなに愛しあった仲じゃないか』ジーーー
ミヨキチ『キャッ!お兄さん何を!?』
妹『逃げてっ!ミヨキチ逃げてー!』
キョン『いいじゃないかいいじゃないかいいじゃないか』
妹・ミヨキチ『キャアアァァァ!!』
カチ

谷口「で?この『ジーーー』って音は何かなキョンくん?」
国木田「何が『いい』のかなキョンさん?」
キョン「た、ただちにセッティングをさせて頂きます!」



喜緑「なんか、盛り上がっているわね」
長門「みんなユニーク」
喜緑「そうよねって、あ、有機生命体には見えないのか」
長門「そうなの?」
喜緑「べつに、悪さするわけじゃないのにね」
長門「ふーん」
喜緑「なにか、また企んでるでしょ、その顔」
長門「なんでもない」

朝倉「どっからでも、かかって来なさい!」



キョン「何でこんな扱いを…」
流「ググれ」
キョン「ヤフれカス」
流「…」



『怖い話大会』

喜緑「男は後ろからひた……ひた……とついてくる足音を聞いた……」
喜緑「意を決して振り返るとそこには……!」


喜緑「ばあああああああああああ!!」

長門「……」
朝倉「……」
喜緑「……」
長門「どうかしたの。話の続きを」
喜緑「いや……今ので終わりなんですけど……」

朝倉「……(言えない……少しちびっちゃったなんて……)」



ハルヒ「あら?何持ってるの有希?」
長門「だっしふんにゅう」 トコトコトコ
ハルヒ「なんで?」

《文芸部室》
長門「・・・」 トコトコトコ
長門「だっしふんにゅう」
みくる「ふぇ?だっしふんにゅう?」
長門「・・・」 トコトコトコ
長門「だっしふんにゅう」
古泉「はぁ?」
長門「・・・」 トコトコトコ
長門「だっしふんにゅう」
キョン「ああ、見事な脱脂粉乳だな」
長門「・・・」 コクリ
キョン「不味いんだよな、それ」
長門「っ!!」 ガーン

《生徒会室》
長門「・・・」 トコトコトコ
長門「だっしふんにゅう」
喜緑「あらくれるの?ありがとう有希ちゃん」
長門「・・・」 コクリ



長門「ゲラッパ」
喜緑「ゲロゲロ」
朝倉「ゲローレ」

朝倉「ゲラッパ」
長門「ゲロゲロ」
喜緑「ゲローレ」

喜緑「ゲラッパ」
朝倉・長門「ゲロゲロ」

喜緑・朝倉「有希(ちゃん)の負けーw」
長門「不覚」



喜緑「あー今日から、やっと本格的に学校ね」
喜緑「有希、涼子、そろそろ起きなさーい」」

長門「なつやすみ」
喜緑「もう終わりました」
長門「騙されない、ずっと夏休みっていった」
喜緑「それ、別の人です、騙してません」

喜緑「もー」
朝倉「へへ」
喜緑「あんたも、起きなさい」
朝倉「有機情報連結解除中」

喜緑「どいつも、こいつも、まったく」



長門「は、このIDは」
中の人「なに」
長門「4ss つまりSSを4つ書けと」
中の人「・・・・・・」
朝比奈「これは規定事項」
中の人「これも勘定にいれていいですか・・・・・・」



朝比奈「今日は登校日」
朝倉「今日は登校日」
喜緑「今日は登校日」
古泉「今日は登校日」



キョン「よし誰もいない、ユートピアするなら今のうち」
自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき
「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」と叫んだ
谷口「うぃ~す、wawawa忘れ物~」
「「うぉっ!」」
谷口「っすまん……ごゆっくりー」
キョン「次はあいつだな……」



「阪中さん、あなた日直だから黒板消しt……」
「すぅ……すぅ……」
話しかけられた当の本人は、自分の席に座ってぐっすり眠っていた。
しかし、かわいらしい寝顔だ。朝比奈さんほどではないが……。
なんとなく庇護欲をそそられるな。
よし、ここは一つ俺の度量を見せつけてやるか。
黒板ぐらい、俺が消してやr

「すぅ……厨房乙……なのね……すぅ……」

……寝言だろうか……
「自演乙……なのね……すぅ」
「バカにされてるのね……突撃なのね……すぅ」
「夢が広がりんぐーなのね……すぅ」
「そんな餌じゃ……私は釣られないのね……すぅ」
「新参は……半年ROMるのね……すぅ」
「死ねなのね……氏ねじゃなくて……死ぬのね……すぅ」

俺は、手にした黒板消しをそっと元のところに戻した……



長門「明日も登校日」
朝倉「明日も登校日」

喜緑「2人とも往生際が悪いわよ」



それは、いつものように、ルソーの散歩をしている時だったのね
少し離れた通りの角を誰かと楽しそうに話をしながら通り過ぎてゆく人影を見つけたのね
時間にしてほんの数秒
声をかける暇もなかったのね
でも、見間違うはずはないのね
去年たった数ヶ月だけ同じクラスにいた
クラスの中で一番輝いていた
あの人
何時帰ってきたのだろう
学校には戻ってこないのだろうか
一緒に居たのは誰だろう

朝倉さん
なんで今になってわたしの前に



喜緑「有希、いいかげんしなさい」
長門「だって、涼子は遊んでる」
朝倉「へっへー」
喜緑「涼子はあなたが、一度有機情報結合の解除をしちゃったから、学校に居れなくなったんじゃない、一緒にしないの」
長門「ずるい」
朝倉「やーい」
喜緑「涼子も、いい加減にしないと、また有機情報結合の解除されるよ」

朝倉「やばやば・・・・・・」



長門「ガラムルガラムルガラムパサラッ!」

長門「カレーよ美味しくなぁれ☆」

チーン

長門「ユッキーは電子レンジを使うことを覚えたのであった!ちゃんちゃん」

キョン「(´ー`)和むわぁ」
喜緑「(´ー`)ねー」

長門「!(ま、また見られた!!)///」



ハルヒ「新しいメンバーを紹介するわ。今日からSOS団の顧問になった
     謎の転校ヤンキー教師、鬼塚英吉22歳、童貞よ」
鬼塚「!?何で俺が童貞だって知ってんだ?」
ハルヒ「そんなことどうだっていいから新メンバーらしく挨拶しなさいよ」
鬼塚「お、おう。いち教師として頑張るんで夜露死苦」

キョン「なあ長門、ハルヒが連れてきたって事はあの先生も・・・」
長門「鬼塚英吉は普通の人間じゃない」
キョン「やっぱりか・・・」
長門「そうじゃない」
長門「文字通り純粋な意味で、あなたのような大多数の人間と同じではないという意味ではなく、
    性格に普遍的な性質を持っているということ」
長門「通俗的な用語を使用すると変人、変態に該当する存在」
キョン「へ、変態?」
長門「そう」
キョン「宇宙人、未来人、超能力者に続いて今度は変態か・・・やれやれ」



涼宮ハルヒ「今日は新しい部」
花中島マサル「へぇーここがヒゲ部改めてセクシーコマンドー部か。素っ敵ー☆」
ハルヒ「ちょっとあんたなに言って」
マサル「やあ君達がここの部員かい?僕は花中島マサル。この部の部長さっ!」
キョン「何を言っているのかさっぱりわからん」
ハルヒ「こら無視すん」
マサル「うふふ、なんだか興奮して来ちゃった。一緒にTRENDYなポーズをしないかいキョン?」
キョン「あんたまで俺をキョンと呼ぶか!?ってかなんであだ名知ってんだよ!」
ハルヒ「私の話を聞」
古泉「なんだか同じ匂いがするキャラですね」
みくる「また私の影が薄くなっちゃうですぅ」
長門「私のチャームポイント…」


ハルヒ「…………」



昼休み、教室に帰ると朝倉さんが私の弁当食べてたのね
阪中「何で私のお弁当食べてるの?」
朝倉「別にいいでしょ?、それにしても美味しいわね」
阪中「お弁当返してほしいのね」
朝倉「ん?はいあーん」ニコニコ
阪中「え?!!そんな・・・」
朝倉「食べないの?じゃあ全部もらうわよ」
阪中「わかったのね、だから・・」
朝倉「じゃああーん」ニコニコ
阪中「う、うん・・・(///)」モグモグ

阪中【山根】「引っかかったな小物め!!」ベリ
朝倉「匂いだけは!!匂いだけは!!」



朝倉「じゃ、死んで♪」
ドガアアァァ!!!!
キョン「いってぇーなこの野郎!!って…長門?」
長門「…私はこの空間の情報結合を解除するのに全力を使っている。後はあなたが戦って。」
キョン「戦うって、【長門】「これを渡す」」
キョン「…俺は銃なんか撃ったこと無いぞ…」
長門「がんばってp(^^)q」キョン「Σ(゜Д゜)…まぁ長門を信じるか。うっしゃ来い朝倉あぁグハアァ!」朝倉「近距離戦では銃よりナイフの方が強い。SASで習わなかったの?」
長門「…こんな時なんて言うんだっけ…あ!『フカク』だ!」



『谷口少年の夏~人身事故編~』

昨日の話しだ。その日は下痢気味だったのでヤバいかなぁと思いつつ電車に乗った。
しかし自分が降りる駅の一つ手前で人身事故で停車、乗ってる間もうんこを我慢しているので俺はヤバい汗だらだらだった。案の定、我慢できず脱糞、脱糞、エビバディ脱糞!
まず、しゃがんで鞄に入っていたコンビニ袋を取り出した。俺の行動に周りの乗客は迷惑そうにしていた。大方ゲロを吐くと思っていたのだろうが俺は奴らの予想の斜め上を遥かに超えた行動に出る。
俺は躊躇いなくズボンとパンツを下げ、尻丸出しでビニール袋に発射!
ビチビチ ビチビチ ビチーと俺の尻からボサッ ボサッ ボサッとコンビニ袋に落ちる。悪臭と周りの人達の驚きと罵声。俺は顔をあげられい…尻をポケットティッシュで拭き俺はしゃがみこんだまま約一時間そのままだった。

俺があまりの惨めさ、恥ずかしさに涙目になっているとやっと電車が動いた。その時今まで「くせぇーんだよ!」「信じられない」「いつまであのままでいるきかしら」と罵声を浴びせていた人達の中から一人の少女がこう言った。
「あっちの車両にトイレあるのに…」
俺は泣いた。





朝倉「はじめまして、この度あなた方のバックアップとして派遣されました朝倉涼子です」
喜緑「どうもはじめまして、喜緑江美理です」
長門「………」
喜緑「ほら、有希ちゃんお返事は?」
有希ちゃんは人見知りが激しいのか、やたら喜緑さんの足にしがみつき私から隠れようとしていたのが印象的だった。

それから数日。どうにか名前は聞き出せたものの未だにギクシャクした関係が続いている。なんとか有希ちゃんの気を引きたい私は有希ちゃんに質問してみた。
朝倉「有希ちゃんは大きくなったなら何になりたいの?」
プリキュアになりたいと言うのは分かっていた。だって毎週テレビの前に釘付けなんだもん。私は有希ちゃんの声が聞きたかっただけ。
しかし有希ちゃんは断固として答えない。
すると見かねた喜緑さんが代わりに答えてしまった。
「有希ちゃんはブリキ屋さんになりたいんだよねー」


喜緑さんて天然?



機関構成員の日報

5月11日
久しぶりに朝比奈みくるが来たので授業が済んだ後、すこし世間話をした。
なんでも病状がひどくて昨日まで寝込んでたらしい。
こんなヤバい格好をしてりゃどこか悪くなるのもうなずけるが・・・。
話をしている最中も、涙を垂らし、体のあちこちをかきむしってやがった。
一体、あいつはどんな病気にかかっているんだ?
5月15日
最近、涼宮団長が北口駅前に通いつめている。
まったく何しに行ってんだかわかんないが、いつも憂鬱な顔をしてやがる。
あの陰険な顔をした奴が、さらに憂鬱な顔をして毎日来るんだから、こっちの気までめいっちまうぜ。
どうせ、キョンのだんなあたりに無理言われてるんだろうけど、それが奴の宿命ってもんだ。
せいぜい頑張ってくれ“団員思い”の団長さんよぉ。
5月18日
こんな深夜に緊急出動があるんじゃ好きなキョンたんで抜けたもんじゃない。
だがこの仕事のおかげで俺の生活は成り立ってんだから、そんな事言ったらバチが当っちまうかもな。
5月20日
放課後に、多丸圭一に呼び出された。以前に増して険しい顔をしていたので、
冗談を言ってなごませてやろうとしたら、眉間に●を突きつけられ殺されかけた。
なんとかその場は収まったから良かったが、一体どういう神経してやがるんだアイツは。
俺が隠し持っている●とヤツの●の2つを使わなかったら、
神人の狩りなんかできやしないのに。全く“部下思い”の構成員だぜ。
5月21日
キョンのだんなから、涼宮ハルヒが朝倉の事について調査を始めたと情報を受けた。
それは西宮市全体に及ぶらしく、いつ長門のマンションの中まで、調査が及ぶかわからないので、
例の管理人を一旦停止して、カモフラージュしておいてくれという用件だ。
これからの強制早朝ハイキングコースの往来は、今まで通り続けるらしいが、
バレちまったら俺の仕事が増えちまう。気をつけなきゃな。



「ふふふ 俺の時代は まだ終わっていない!!」
そういう彼は―出番は少ないが存在感だけは一流―忘れ物の王「谷口」
谷口は先刻長門を狩ったところであった 性的な意味で

谷口は朝比奈みくる、涼宮ハルヒ、朝倉涼子を瞬時に屠ってきた(無論 性的な意味で)
しかし宇宙人でさえ赤子のように扱う彼が苦戦した相手がいた 数としては3人ほどだが

「国木田」、「キョン」、そして「古泉」

先に挙げた順から谷口が苦戦した相手だ
そして古泉に対しては負け越しているのである

「覚悟ッ 国木田!! 我動く時万物全て無に帰る ”覇突”!!」
ただのイチモツの鋭い突きである だが国木田には避けられなかった
「ぬぐっ」 国木田は息絶えた(社会的な意味で)
「俺に負けたのは才能のせいじゃない 努力の量さ」 訳がわからない

校舎にて
「貴様は我が唯一の好敵手 キョン!!」 「何言ってるんだ?谷口」
「我がエクスキャリバーを受けてみるか?」 「遠慮・・・」「遠慮はできん」 「じゃぁ訊くな」
「なかなか入れさせてくれぬか キョン・デ・スミスよ」 「誰が入れさせようか つうか何故その名を!?」
「問答無用!!」 「意味がわからない」 とりあえず殴った
「ふ・・・甘いわ 貴様の制服のズボンに穴が開いてるとは知らずに何をやっている」
「な・・・あっ くそってめぇ あとで弁償しやがれ」
「スキ有り」 しまっ・・・

アッー!!



「古泉 覚悟!!」
「さぁ・・・始めますか」

「僕のイチモツは虹の造形物と銘打った クロスソード」
「俺のイチモツは最強の破壊力 エクスキャリバー」

「「いざ勝負!!」」

キィーン キィーン カーン あほらしい
「しまった俺のイチモツが!!」 取れるのか
「ははは もう終わりですね 我が必殺の技を喰らい啼け」
「くっ万事休す・・・」
「”破瓜伐魂”!!」

ぐああああああああああああああああああああああああああああああ


「あの日以来俺はあいつをあいつを倒すために・・・
 そして ついに手に入れた 幻の宝具『waすれ物』 これで・・・」

普通にしていると意外と整っている顔が微かに歪んだ
「奴を・・・古泉を倒す!!」


谷口クエスト end



やあキョンくん元気?神子お姉さんだよ。
え?どちら様かって?そんなこと言われるとボク悲しいなぁ。
何度かあったじゃないかい、覚えてないのかい?そうかとーっても残念だよ。
良いさ、そんな些細な事はね。
今日はね君にプレゼントを持って来たんだよ。
ジャーン「涼宮ハルヒ秘密日記①」だよ。
何?そんなもの貰っても困るって?
どうしてだい?本人の直筆だよ?
そうか…そんなにいらないのならば―――よしそこの読書好きの女の子にあげよう。
そうだねそうしよう。もしもしお嬢ちゃん?
うん?やっぱり貰うって?
そうかいそうかいそれなら最初に言えば良いのに。
素直じゃないな~まあそこがカワイイんだけどね。
さてボクは帰るよじゃあねキョンくん。また今度。
(神人子CV折笠愛)

○月×日 快晴

今日はSOS団で市内探索をしたわ
あまり不思議なものは見つけられなかったけど楽しかった
今日もキョンに奢らせた
キョンって意外と金持ちなのよねぇ これは使えるわ
有希は図書館に入り浸ってたわね~
キョンが呼びにいかなきゃ何年でも図書館にい続けるわ
みくるちゃんは相も変わらずナイスバディね~
なんでそんなにとりえもなさそうなのに体だけ発育がいいのかしら
あたしにもちょっと分けて欲しいわ キョンをびっくりさせるんだから

あれ?・・・あたし知らず知らずキョンの名前を・・・
なんでキョンが出てくるの? みんなを話題にしてるのに
キョンに対してあたしはどういう感情を持っているの?
って あたし自身もわからないことじゃぁ・・・他人じゃわからないわね
まぁとにかく今日は楽しかったわぁ 明日はキョンを連れまわしてやるんだからぁ


あっまた・・・


ちなみにこの日記からは最後まで「古泉」という単語は出てこなかったという



|