※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『涼宮ハルヒの行方』

 


「これは、いったい」
 気が付くと古泉一樹は閉鎖空間にいた。そこは学校の校門だった。
 何かおかしい。何故いきなりここにいる。
 彼は見慣れたはずの色彩のない空間に奇妙な違和感を覚えた。
 眼下に広がる灰色の街で、無数の神人がうごめき、破壊の限りを尽くしている。もう始まっているとは……。それにしてもすごい数だ。『機関』の能力者を総動員してもあれだけの神人を相手にするのは不可能だろう。

「ここは閉鎖空間なの、古泉君?」
 声がした方向に朝比奈みくるが立っていた。周囲を警戒するように灰色の景色に視線を巡らせている。グラマーな美人教師の傍らに小柄な長門有希の姿も見える。
「そのはずですが、何か妙な感じがします――あ、そういえば、朝比奈先生、長門さんも、お二人ともどうやってここに来られたのですか」
「分からないわ、気が付いたらここにいたの」
「私達は涼宮ハルヒによって召喚された。全てを見届ける証人として」
 有希が唐突に口を開く。いつものごとく、そのおもてに表情は浮かんでいない。
「ハルヒさんが? あの子は何処です、有希さん?」と、みくる。
「あそこ」
 有希が指差したのは校庭だった。
 グラウンドの真ん中に一人の人影が見えた。水色のセーラー服を着た小柄な少女の姿。
 そのとき、校舎のほうで青白い光がゆらりと立ち上がった。一体だけではない。二体三体と次々に立ち上がる
「神人です。ここにいたら危ない。とりあえず、涼宮さんのところへ行ってみましょう」
 一樹の声を合図に三人は校庭目指して走った。
 背後で何かが砕ける音がした。
 神人が校舎を破壊し始めたのだ。

 

 ――やめてよ!

 

 校庭に下りる階段の手前で悲痛な叫びが聞こえた。
 三人は立ち止まった。
 いや、聞こえたのではない。耳にはガラスの割れる音やコンクリートが砕ける音しか届いていない。叫びは頭の中に直接響いた。

 

 ――あたしは、ここにいるでしょ!

 

 神人ののっぺりした顔が校庭に向けられる。

 

 ――あたしは町や学校を壊したいんじゃない。
 ――そんなもの壊したってなにも変わらない。
 ――キョンくんが生き返るわけじゃない。

 

 神人達は校舎の破壊をやめ、校庭のハルヒへとその巨大な一歩を踏み出した。しかし校庭の手前で見えない何かに阻まれて近づくことができない。神人達は苛立ったように透明な壁を攻撃し始めた。

 

 ――そう、壊したいのは、

 

 ――あたし。

 

「ハルヒさん……」
 みくるは悲しげに呟いた。ごめんなさい、みんな……みんな私のせいだわ。

 

 ――願いさえすれば、あたしはキョンくんを救えた。
 ――救えたはずなのに。
 ――なぜ、祈らなかったの?
 ――なぜ、信じなかったの?
 ――なぜ、諦めたの?

 

 ――嫌なあたし。

 

 見ると街で暴れていた神人達も学校目指して山を登り始めていた。

「涼宮さんは世界を造り替えようとしている」
 一樹の顔にいつもの笑顔はない。「涼宮さんは彼のことが好きだった。彼のいない世界は彼女にとって何の価値もない。だからこの世界を捨てて新たな世界を作る気でいるんだ。もう終わりだ。僕の力も消えようとしている」
「いいえ、古泉君、これは終わりではないわ」
 決然とみくるが言う。「私が今ここにいることが証拠。ここで世界が終わるなら未来から来た私はここにはいません。この先に未来があるから私はここにいられるんです」
「じゃあ、僕が信じていたことはみんな嘘だったと言うんですか、朝比奈先生!」
「古泉君、聞いて。私がいた時代から見て、過去――つまり、今いる時代に涼宮ハルヒという人物は存在していません。生きてるとか死んでるとかじゃなくて最初からいないんです。ハルヒさんのご両親、涼宮夫妻には子供はいませんでした。未来ではそういうことになっているんです。これは……規定事項なの」
「そんな……まさか」

 

 ――キョン

 

 何かが割れるような音がしてハルヒを取り囲むバリアが消失した。

 

 ――あなたに

 

 破壊されるフェンス。なぎ倒される木々。神人達がグラウンドに進入した。

 

 ――逢いたい。

 

 その瞬間、全ての神人がその輪郭を失い、眩い光と化してハルヒめがけて殺到した。

「涼宮ハルヒによる大規模時空改変事象の観測を開始する」
 預言者のごとく、有希は、始まりの時を厳かに告げた。

 

 

 

 ▼古泉一樹

 


 僕は空港の出発ロビーで予約していた航空便の搭乗手続きが始まるのを待っていた。
 あれから僕は北高を卒業し、一流大学に進んだ。今じゃちょっとした上級国家公務員だ。『機関』時代のコネがあったとはいえ、ここまでたどり着くまでのは、なかなか大変でしたよ。
 涼宮さんの消滅を機に僕らの超能力は消え、『機関』は解散した。しかし『機関』を中心に政財界をはじめとするあらゆる分野に張り巡らされたパイプは残り、否応なく世界の危機に立ち向かった人々の絆を発端として、この国に新たなムーブメントを生んだ。それが世界中に広がるには、まだ時間がかかるが、その歩みは一歩一歩着実に進んでいる。
 僕はスーツの裏ポケットから一枚の写真を取り出した。
 あの五月の部室で撮ったSOS団結成の記念写真。最も楽しかったあの瞬間。いつ世界が崩壊するか心休まることがなかったが、なぜか充実感に溢れていたあの日々。悲しい結末になってしまったのは残念でならない。
 未来人の朝比奈みくるは僕が卒業するまで北高で英語教師を勤め、その後姿を見なくなった。卒業の日、僕の下駄箱にはファンシーなレターセットに書かれた手紙が入っていた。それには朝比奈さんからの短い別れの言葉と、僕の未来のことが記されていた。遠回しな表現だけど、どうやら僕は歴史に名を残すひとかどの人物になるらしい……それって、禁則事項じゃないんですか、朝比奈先生。
 宇宙人の長門有希は、あれ以来姿を見かけたことはない。彼女は急に転校したことになっていた。カナダにいる親元に行ったとかどうとか。きっと彼女が情報操作を行なったに違いない。ほんとカナダが好きですね、あの人は。実際のところ、彼女がどうなったかは不明だった。今も地球にいるかもしれないし、情報統合思念体に回帰してしまったのかもしれない。タコみたいな体の火星人型インターフェイスになって火星を調査している可能性だってある。でも、僕はあの読書好きの少女にまたいつか会えるような気がしてならない。そのときは、長門さん、一緒にカナダでも旅行しますか。
 僕は、写真の中で恥ずかしそうに笑顔を作っている少女を見た。その横に満足そうな表情の彼の姿もある。
 涼宮ハルヒ、神のごとき力をもった内気な少女。彼女が去っても世界は何事もなかったように続いた。ただ、彼女が生きていたという事実だけが消えていた。残ったのはこの写真と思い出だけ。涼宮ハルヒがどこへ行ったのかは分からない。たぶん新たな世界を創造してそっちで楽しくやっているのかもしれない。僕はあの光の中に彼の姿を見た気がした――死んだはずの彼の姿を。あれは新世界の彼だったのかもしれない。ならば涼宮さんのことは、彼が導いてくれるだろう、きっと。そうであって欲しい。

 

「涼宮さん、あなたはこの世界を僕らに託してくれたんですよね。ならば、僕、古泉一樹はSOS団副団長として、この世界を大いに盛り上げて見せますよ」
 出発ロビーの案内盤が『搭乗手続中』に変わる。
 僕は写真をポケットにしまい、ブリーフケースを持って立ち上がった。
「それが僕の規定事項のようですから」

 

 

 

 ▼朝比奈みくる

 


 私は閑静な住宅街の端に位置する墓地を訪れた。ここに一人の少女のために命を犠牲にした少年のお墓がある。私の時間平面ではこの場所は墓地以外の施設に作りかえられているため、彼を偲ぶとき私はまたこの時代にやってくる。
 墓石に黄色い花束を供え、この時代の人たちがするように手を合わせる。石の墓標を飾る黄色い花。ハルヒさんがいつも着けていた髪飾りの色。こうして見ると彼があの子を抱いているようだ。
 ハルヒさんは自分にコンプレックスを持っていた。内気な性格を気にして、自分を変えたいと願うと同時に、そんな自分を生み出した過去を封印しようとした。それが時空の断絶という形で現れてしまったのだ。あの子がどうやってそんな力を手に入れたのかは分からない。古泉君や長門さんはうまく説明してくれるかもしれないけど、たぶん永遠に謎のままだろう。ハルヒさんはどの時間平面からも消えてしまっていた。規定事項どおりに涼宮ハルヒという人物は存在しなくなった。あのとき、私はあの子から激しい時空振を感知した。時間平面が次々入れ替わり、時空の歪みが修復されていく一方で、新たな時間平面が無数に発生していた。彼女は誰かに手を引かれるようにその中に消えていった。涼宮ハルヒ自らが作った新たな時空へと。
 私は自分自身に問う、本当にこれでよかったのかと。
 全時空を震撼させた閉鎖空間が発生するより以前、朝倉涼子が作った異空間での戦いで、偶然そこに迷い込んだハルヒさんを庇って彼は倒れた。異変を感じて長門さんと古泉君とともに駆けつけたときは既に遅かった。だけど、あのとき、私はブレスレットの治癒デバイスを使えば彼の命を救うことができたかもしれない――にもかかわらず、私はそれをしなかった。過去の人間に対し私の時代の道具を使用するのは禁則事項だったし、どのような形であろうと、その時間に彼が死ぬのは規定事項だったから。規定事項を崩せば未来がどうなるか分からない。歴史が変わってしまう。
 私は彼を救いたかった。救うことができた。でも救わなかった。
 結果的に規定事項は守られた。でも、ハルヒさんを――彼によって心を開いた、か弱い少女を悲しませてしまった。
 この事実が私を苛む。
 規定事項とは何だろう。時空エージェントとしての私は間違っていなかった。でも人としてはどうだろう。一人の人間として、人として正しいことをせずに未来を守ることが正しかったのか? 人ひとり救えずに未来を救ったと言えるのか? 控えめなハルヒさんが、彼に手を引かれて、世界を大いに盛り上げていく歴史があっては何故いけないのか?
「キョン君――」
 私は墓標に向かって言った。言わなければならなかった。
「私は誓います。私の進む時空で、もしあのときと同じ選択を迫られたら……私は間違えない。今度は人として、朝比奈みくるとして、正しいことを行ないます。今この時から、それが私の規定事項です」
 私は彼のために泣いた。
 ハルヒさんのために泣いた。
 そして思い出の詰まったこの時間平面から未来へと消えた。

 

 また来よう、私は弱いから、今の誓いを忘れそうになった時に。

 

 

 

 ▼長門有希

 


 圧倒的な光の奔流の中、涼宮ハルヒが行なう世界改変のプロセスが始まった。膨大な情報が涼宮ハルヒの周りに渦巻いた。私の目を通じて情報統合思念体も事態の推移を見守っているはずだ。
 私は驚愕した。涼宮ハルヒを中心に、情報統合思念体がこれまで蓄積したよりもはるかに多くの情報が集積していた。この宇宙開闢にも匹敵するエネルギーはどこから来るのか。私はすべての感覚を総動員して、恐るべきパワーを注意深く観測した。間違いない。涼宮ハルヒは何もないところから情報を生み出している。無から有を創造する力。それは情報統合思念体にはない力だった。
 全てが終わったとき、古泉一樹が恐れていた世界の崩壊は起こらなかった。朝比奈みくるの懸案事項だった時空の断絶は消滅した。涼宮ハルヒはこの世界からいなくなった。閉鎖空間内部で発生した膨大な情報はどこにも残っていなかった。おそらく彼女の創造した世界の内部に流れ込んだものと推測する。彼女のことは彼女に深くかかわった人々の記憶にのみ残った。

 

 地球という惑星に発生した人間という有機生命体は、その脳内において複雑に絡まったシナプスとパルスの揺らぎによって『想像』という能力を形成するにいたった。通常、想像の力は個体の範疇を超えることはないが、個体内部においてはあらゆる法則を無視することができる。私はそれを人間の想像の産物である書物から読み解いた。どれほど不可能に思えることでも想像の上では全てが可能となる。そしてそれが発信源となって、ごく稀に現実の世界に影響を及ぼすことがある。確率ゼロ、すなわち不可能であるはずの事柄にほんの僅かな可能性を生じさせるのである。どんなに低い確率の事象であっても、確率がゼロでなければそれはいつか起こり得る。つまり――

 

 全ての人間はごく低い確率レベルの世界改変能力を持っている。

 

 涼宮ハルヒの力は、想像力が個体の範疇を超えて宇宙規模にまで拡大したものだと私は結論する。だから、彼女は願うだけで、いともたやすく不可能を可能にし、無から有を生み出せた。逆に、自らの心に枷をはめれば、それもまた能力の封印という形で実現したのだ。しかし彼によって封印は解かれ、『想像』は『創造』へと変わり、あの少女は新たな象限へと旅立った。
 私は知った。人間がこの宇宙に存在する限り、『涼宮ハルヒ的事象』は再び起こり得る。
 おそらく、情報処理能力を物質の化学反応に依存する有機生命体に高度な知性が発生したのは、『想像』の力が大きくかかわったに違いない。『想像』とは、ロジックでしか思考することのできない情報統合思念体には決して理解できない概念。情報統合思念体は否定するだろうが、これこそが彼らの求めていた自律進化の可能性なのではないだろうか。
 私は情報統合思念体によって作られたインターフェイスではあるが、血と肉を持つがゆえに、情報統合思念体の持つ計算能力と、物質のたががはめられた人間の脳を同時に持っていた。最初、私の脳はインターフェイスの維持にのみに使われていたが、涼宮ハルヒとSOS団の人々との交流を通じて活性化した。そこから得たものは、うまく言語化できないが、あえて言うならば『感情』だろうか。私は進化したのだろうか? 確信が持てなかった。確かめる術はもはやない。彼の死と涼宮ハルヒの消失をきっかけにSOS団はちりぢりとなった。私達が一同に会することはもう二度とない。私は悲しいと思った。

 

 だから私は想像する。

 

 満面の笑みでSOS団を率いる涼宮ハルヒを――

 恥ずかしげに微笑む小さな朝比奈みくるを――

 絶やさぬ笑みでよく喋る古泉一樹を――
 光となり影となって涼宮ハルヒを慕い支える彼を――

 

 そして……

 

 彼らの傍らで控えめな笑みを浮かべる私を――

 

 私は願う。
 想像の中にあるこの光景が、いつの日にか私の心の枠を超えて、宇宙に広がることを。
 彼らの世界が大いに盛り上がることを。

 

 

 

END

|