「につき」

この日はもう絶対!読まないこと!

2月21日(月) 晴れ


あ~あ。またきょん君に嘘ついちゃった。
でもでも、しょうがない。ウン。
きょん君、きっと嘘だって知ったら、自分がお金出すとか言い出しちゃうし。
そんな事言われたら、困るもん。

あのオルゴール、すごい高かったなあ。
種類色々あって、ちょっと欲しくなっちゃったけど、
どうしようかな~。でも持って帰れないかな~
でも、雪が降るのは、もう無かった。
昨日、仲の良さそうなカップルさん(!)が最後の1つを買っていったって。
店員さんも、彼が優しそうで、羨ましくなったって。。。うーん。
とにかく、長門さんにはちょうどピッタリだったみたい。
色々、ちょっと羨ましい。かも。なんて。いわない。いわない。
それに、持って帰ってからコワれちゃったら、すごい悲しいかも。やめとこ。

でもあの時はびっくりした!
長門さんが「ぱぱ!」だって~!
ちょっとカワイイって思っちゃった。
きょん君は、余計に汗かいてたけど。そんなきょん君もカワイかった。

涼宮さんも慌ててたなぁ。
犯人はキョン君!って決め付けてたから。
さすが涼宮さん。スルドイ!
でも、危なかった。あたし、ちょっと固まった。
アセってたの、バレたかな?大丈夫かな?

涼宮さん、納得したフリしてたけど、
きっとホントは、ちゃんと分かってるんじゃないかなぁ。
そんな気がするなぁ。
でも、長門さんを、信じていたいみたい。そんな気がする。
長門さんの気持ち、私が気づくより前に気づいてたと思うし、
ウタガイ出したら、キリなくなっちゃうもん。

長門さん、今日はホントにキョン君ばっかり見てたなぁ。。。
本、読んでたのかな。昨日も、あんなだったのかな。
でも、キョン君はやっぱり、あんまり気付いてなかった。
涼宮さんは、全部気付いてて、気付いてないフリしてた。
なんか、緊張しちゃって、お茶こぼしちゃったけど、
涼宮さん、ぼ~っとしてて、気づかなかった。
ムリして急に笑ったりしてた。
古泉君、大丈夫かな。今夜、危ない気がする。
もしもの時は、がんばってね。明日は高めのお茶にしよう。

長門さんだって、分かってるだろうけど、しょうがないよね。
昨日、いっぱい、 ん~。ま、いっか。なしなし。
あたしも、たまに、忘れるもん。
あの時だって、あたしが原因だった。 反省 反省 反省
部室で怒っちゃった後は、あぶなかった。
きょん君、あれは反則だよ~。聞かれてなかったみたいで、よかった。
よかった。でも、禁則ぎりぎりだった。 反省 反省 反省

それに、キョン君と長門さんが仲良くなって、
確定率がかなり増えたみたいだから。
正しかった。はず。すごい褒められた。
でも、ぜんぜん嬉しくなかった。あたしはそんなつもりじゃなかった。

それにしても、キョン君、いつもいつも、びっくりするほど、ドンカン!!
しかも、ゼンゼン素直じゃない!もう何回書いたかわからないけど。
涼宮さんもだけど、あたしから見たら、
涼宮さんのは、バレバレなんだけど。
男のヒトから見たら、ちがうのかな。
ううん。古泉君は分かってるし、
キョン君のクラスのお友達君たちも、分かってるみたいだし。
キョン君がトクベツ変なんだよきっと。
もう。ホントにしょうがないなあ。キョン君。 きょんくん。

早く、なっちゃってくれたらいいのに。
そしたら、長門さんも、あたしもちょっと、楽かな。たぶん。きっと。
どうだろ? 自信、ないかも。
どうして なんだろう

長門さんは、どうなの かな おんなじ なのかな
たぶん あたし より きっと
そ うだよね そうなるよねあたしの せいかなごめ んね

でもでも、そうなっても、あたしには、このイヤリングがあるっさ!.
がんばるにょろよ~! みくる~! ふぁいとにょ



おわり

こわれもの」 「につき」 「」 


|