ハルヒ「みくるちゃんを池に落としちゃいなさい!」


キョン「あの野郎、朝比奈さんに何てことする気だ!」

谷口「ああ朝比奈さんを池に落とすだとぉ?
   紳士な俺にそんなことできるわけねえだろ」

国木田「涼宮さんも無茶なこと言うなぁ





    キョン、ロープと石ころない?」

鶴屋「きた、ついにきたっさ復讐の時が!覚悟しろ朝比奈みくる」



朝比奈「おい長門。ナノマシン排出しろ」



ガチャ

……
………
バタン
ガチャ
朝倉「入ったら?」
キョン「…なあ。ここ俺の部屋だよな?」
朝倉「……」
キョン「……」
朝倉「…じゃあね。(ピカーン)」
一体何だったんだっ!?



キョン「付き合った男全員降ったって本当か?」

朝倉「キョン君と涼宮さんうるさい!授業中よ!!」

キョン「・・・・・」
涼宮「私は何も・・」

朝倉「うるさい!!」



朝倉「物騒な事言わないでよね!」
キョン「まずナイフ置いて来い。」



キョン「なあ長門、お前の親父ってどんな形してるんだ?」

長門「固体としての存在では無い、情報の集合体(言えない・・・・まさか私のお父さんがをグレイだとは言えない)]

キョン「へー、そうなのか」




キバヤシ「な、なんだってーー」



谷口「気がついた! どうしてこんな簡単なことに気付かなかったのかしら!」

国木田「何に気付いたんだ?」

谷口「ないんだったら自分で作ればいいのよ!」

国木田「何を」

谷口「部活よ!」

朝倉「あははははっ、そっくりっ」

谷口「あいつら、これを授業中にやってんだもんな」 
キョン「谷口、殴られたいか?」



ストレッチマン「ストレッチパワーが、ここにー、たまってきただろう」

キョン「はい!」

ストレッチマン「今夜はがんばれよ!少年!」

キョン「ありがとうストレッチマン!」



魅音「実はね、この辺りにはポケモンが棲息してるのよ」
鶴屋「ポケモンいるの!?」
レナ「そうなんだよ!でね、ちぃちゃん向こうの友達に送ってあげたらどうかな、かな?」
鶴屋「(ポケモがンいるなんて知ったらみんなきっと喜ぶにょろ)うん、そうするっさ!」
魅音「じゃあ早速捕まえに行こうか!」
鶴屋・レナ「おー!!」


鶴屋(みんな喜んでくれるかな………)






みくる「チキンうめぇww」
ハルヒ「有希ー、これなんのお肉?」
長門「………オニドリル」



アナザー

魅音「じゃあ早速捕まえに行こうか!」
鶴屋・レナ「おー!!」


鶴屋(………………フヒヒ)






キョン「ん?何だこれ?モンスターボール?」
ボワン!
キョン「ちょ!?マルマイン!?」
マルマイン「フヒヒ」


『臨時ニュースです!たった今県立北高校で爆発事故があった模様です!』



古泉「今日は森さんを連れてきました」
キョン「なぜ突然!?あ、森さんお久しぶりです」
森「お久しぶりです、キョンくん」
キョン「あなたまでそう呼びますか」
古泉「僕の教育のたまものです」
キョン「変な教育するなよ!?」

古泉「本日紹介したのは理由がありまして。あなたに知っておいて欲しかったんです」
キョン「また厄介ごとか?」
古泉「森さんにはこの学校に教師として潜入していただきます」
キョン「森さんが?この学校に?先生って…若すぎないか?いや歳は知らないんだが」
森「禁則事項ですっ♪」
キョン「いや朝比奈さんの真似しなくていいですよ」

古泉「それです!」
キョン「うおびっくりした!?なにがそれなんだ?」
古泉「彼女の得意技は、潜入先のどんな役柄にもなりきってしまうものまね術です」
キョン「……変装術とかじゃないんだな」
古泉「バカにしたものではありませんよ。
  潜入先が学校であれば教師に、病院であれば看護婦に、
  メイド喫茶であればメイドになりきって行動できるのですから」
キョン「いや最後のは明らかにおかしいだろ」

森「ただし警察だけは、面が割れてるので潜入できません」
キョン「アンタなにやったんだよ!?」



亀田「キョンさん、長門さん。あなた方の力を貸してください」
長門「……」
キョン「ひょっとして……勝ちたいのか?」
亀田「……(じっとキョンを見つめる)」
キョン「よし。やってやれ」
長門「……(5ミリ頷く)」

その夜
朝倉「あ、あれ? なんで? 判定亀田くんって……」
喜緑「変ですね。ランダエタさんの方が押していたように見受けられましたが」
長門「……」



古泉「森さんには教師として学校に潜入していただくとして、新川さんはそのバックアップです」
キョン「新川さんも来てるのか………ってどこに?」
古泉「フフ…あなたのすぐそばですよ。そこのダンボール箱の中です」
キョン「こ、こんなところに!?全然気がつかなかったぜ。気配ないのな」
古泉「彼はそう訓練されていますから。命令とあらば軍事施設にだって潜入します」
キョン「そんな凄い人だったのか。おーい、新川さん」

古泉「彼は命令があるまで、そこから微動だにしません。既に8時間経過しています」
キョン「無意味に長すぎだろ!?いやしかし凄いな…」
古泉「ダンボールをかぶっているときは、ダンボールの気持ちになりきっていますからね」
キョン「ダンボールの気持ちってなんだ。もういいんじゃないのか?俺らしかいないんだし」
古泉「それもそうですね。わかりました。新川さん、もういいですよ?」

シーン。

古泉「新川さん?命令はいま解きます。出てきてください」

シーン。

古泉「新川さん?」

カパッ。

『昼食に行ってきます。  新川』

古泉「…」
キョン「…」

古泉「さすが新川さんです。気配を殺して、我々に気付かれず外にでるとは」
キョン「………あれ?命令うんぬんの話は…」




その頃

新川「…(ズルズル)」
岡部「…(ガツガツ)」
新川「…(コトン、スタスタ)」

岡部「…あれ?うちの教師にあんなの居たっけ?」



キョン「お前の話を聞いていると、機関は遊んでいるとしか思えんな」
古泉「それは心外ですね。機関は皆の苦労の上に成り立っているのですから」
キョン「そうか?」
古泉「メインの仕事である閉鎖空間の除去、これだって大変なんです」

古泉「閉鎖空間はいつなんどきに発生するかわかりません。
  そして、発生してしまえば放置するわけにはいかないんです。
  我々はいついかなるときでも、除去を最優先させなければいけません」
キョン「そう聞くと確かに大変そうだな」
古泉「森さんは彼とのデートという日に閉鎖空間が発生してしまい、
  デートをすっぽかしてしまいました」
キョン「それはまあ、残念な話だな」
古泉「結婚を前提に付き合っていたそうなのですが、
  そのことがきっかけで破局を迎えたそうです」
キョン「あー…」
森「しくしく…」

古泉「新川さんにいたっては、不倫と勘違いされて夫婦仲は最悪に。
  現在奥さんとは別居中らしいです。子供にも会わせてくれないとか」
キョン「いやもうわかった!わかったから!」

ダンボール「しくしく…」



ハルヒ「暑いわ……キョン、何とかしなさいよ」
キョン「無茶言うな。俺だってこの暑さには迷惑して……」
谷口「はっはっは!バカだな、お前らは。俺のようにチャック開けてりゃ風通しがいいのに!」
ハルヒ「…………」
キョン「…………」
谷口「お前らも俺を見習って………何だ、何する離せ!誰だ、警察呼んだのは!おいコラ離せって!」

ハルヒ「…………」
キョン「…………」
ハルヒ「…………ああはなりたくないわね」
キョン「…………だな」



神人「なんでそんなにアナルに攻撃するんだ?」

古泉「ふふふ、僕はたとえ●でも本能のままに行動しているだけですよ」

神人「俺、こんなやつにいままで倒されてたんだ………」



キョン「そういえば、俺って森さんと新川さんの下の名前を知らないんだよな」
古泉「ああ、そのことですか。それはわざとです」
キョン「わざと?」
古泉「ええ、機関はその性質上、非合法なことに手を染めざるをえないこともあります」
キョン「…つまり、個人の情報を漏らさないため?」
古泉「察しが良いですね。その通りです。下手をすれば家族にまで迷惑がかかりますからね」
キョン「色々考えてるんだな」
古泉「ほとんどの方が、機関に所属していることを家族には秘密にしています」
キョン「悪かったよ、聞いちゃいけないことだったんだな」

古泉「ですが、あなたには特別にお教えしましょう」
キョン「おーい、いきなり前言ひるがえすなよ」
古泉「では森さんからどうぞ」
キョン「いたの!?」

森「こんばんは、森進一です」
キョン「いやそれ男の名前ですから。…ああ、顔真似とかしなくていいですって」
古泉「では新川さん」

新川「どうも、荒川静香です」
キョン「それも性別違いますし、第一字が…って新川さんなんて格好してるんですか!?」

古泉「どうですか?この隠匿っぷり」
キョン「俺にはふざけているようにしか見えんのだが…」

新川「それはそれとして、あたなの本名こそ我々は聞いたことがありませんが?」
キョン「あ…」

キョン「小泉きょ」
古泉「無理にボケなくて良いですよ?」



キョン「革命返し。また俺の勝ちだな」
古泉「ニュースジャパソでも見ますかね」

ピッ

デラッデーラーデーラーデララー(ry

「こんばんわ。松本マサヤです」

「こんばんわ。涼宮ハルヒです」

古泉「わっふるわっふる」
キョン「ねぇよ」



長門、よせっ。
それが本物じゃなくてもマジびびるって。

これは本物。何故ならば、私は貴方が死ぬことを望む

じゃあ、死んで。



「なぁ長門」

「何?」

「朝倉みたいに外交的な性格に憧れるのは分かるがそんなものをハルヒに提出したらとんでもないことに成るぞ」

「提出はしない。これは私がナニするための…」

「今なんて言ったよ」

「何も」



キョン「なあ古泉、新川さんも森さんも只者じゃないと思うんだが、普段は何やってんだ?」
古泉「気になりますか?そうですね、お二人ともかなりの有名人ですよ」
キョン「有名人?でも俺、二人とも全然知らないぞ」
古泉「それは当然です。なにせ、裏の世界の話ですからね」
キョン「マジか…」

古泉「新川さんですが、彼は諜報活動を仕事にしています。コードネームは『スネーク』」
キョン「な、なんか本格的だな…」
古泉「『スネーク』といえば、その世界で知らない人間はいません。どんな堅牢な要塞でも、彼に潜入できない場所はないとか」
キョン「あの温厚そうな新川さんが…意外だな」
古泉「フフ…人は見かけによりませんよ」

キョン「じゃ、じゃあ森さんは?森さんも怪しい仕事をしてるのか?」
古泉「いえ、森さんは今はまっとうなメイドとして働いています」
キョン「メイド?あれって演技じゃなくて、本職だったのか」
古泉「ええ、ですからあの館にメイド役として来ていただいたのです。うってつけでしょう?」
キョン「まあそうだが…でもさっき、裏の世界がどうとかって」
古泉「ええ、彼女もまた、昔はひとかどの名前で呼ばれていました」
キョン「彼女もか…」
古泉「彼女は、えー…なんだったかな…犬?えーっと…なんとかの犬…」
キョン「犬?なんかまたそりゃ…可愛らしいな。森さんらしくていいけど。はははっ」

古泉「そうだ!思い出しました。『フローレンシアの猟犬』です」
キョン「おっかねーよ!!」



森「あなたの命が敵対組織に狙われているとの情報がありました」
キョン「はあ…」

シャコシャコ。

森「よって、私と新川で護衛にあたります」
キョン「いや、それは頼もしいんですが…」

シャコシャコ。

森「必ず守り通します。ご安心ください」
キョン「いえあの、家の中まで護衛するんですか?」

シャコシャコ。

森「護衛は目立たぬよう、TPOにあわせて変装しながらおこないます。ご心配なく」
キョン「それにしてもですね」

シャコシャコ。

森「なにか問題でも?」
キョン「うちの家にメイドはいないんですが」

シャコシャコ。

森「問題ありません」
キョン「押し切った!?」

キョン「そういえば…」

シャコシャコ。

森「どうしましたか?」
キョン「新川さんも一緒みたいに言ってましたが、どちらに?」

シャコシャコ。

森「先ほどから私と一緒にこの部屋にいますよ?」
キョン「え?」

シャコシャコ。

森「そこのダンボールがそうです」
キョン「あ、やっぱり。それでですね…」

シャコシャコ。

森「まだ何か問題でも?」
キョン「そろそろおっかないんで、そのナイフ研ぐのやめてもらえません?」

シャコシャコ。

森「え?試し切りですか?」
キョン「いえだれもそんなこと言ってませんが」



「ん…あむ…キョンくんのおっきいよぅ…」
「う…あ…そんなに…したら…っ…」
「はむ…どうなっちゃうのかな…っ?…ちゅぷっ」
「うあ…!も、もう限界だ…っ…!」
「あむ…いいよ、口に出してっ!」
「あ、あ、あ、アッー!!!」












ガチャッ
キョン妹「あれ?キョンくん帰ってたの?何か声がしてたけど…」
キョン「…別に」



谷口「HAHAHAはみだし者~♪」

でろん。

キョン「進化しやがった!?」

保守。



|