「じゃあな」
校門でキョンは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

好きだよと言えずに私の初恋は終わった。

 


「じゃあな」
校門でキョンたんは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

●<だから思い出をください。ふんもっふ!

アッー!!

 


「じゃあな」
校門でキョンは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

谷口「まあいいや。あ、そこのお姉さんお茶でも一緒にいかがですか」

キョン「ちょっwwwおまwww」
 


「じゃあな」
校門でキョンくんは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

みくる「というわけで未来に連れて帰ることにしました。拒否権はありません」

キョン「あざーすwww」

 


「じゃあな」
校門でパーソナルネームキョンは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

ながもん「いつまでも一緒に。情報連結解除、開始」

キョン「これはいいヤンデレwww」

 


「じゃあな」
校庭でキョンは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

国木田「ならばいまのうちにやっておこう。クニキッダ」

キョン「それもう出たwwwアッー!!」

 


「じゃあな」
校門でキョンくんは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

阪中「それよりも早く涼宮さんと甘い思い出を作るのね。ハァハァ」

キョン「見学させてくださいwww」

 


「じゃあな」
校門でキョンくんは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

ちゅるや「そんなことよりスモークチーズはあるかい?」

キョン「台無しwww」
 


「じゃあな」
校門でキョンくんは振り返りもせず、自分の家に向かっていった。
もう会うことはないのかもしれない。

朝倉「待ってキョンくん」

キョン「え?」

朝倉「ずっと好きだったの」

キョン「朝倉……。俺も、朝倉のこと好きだよ」

朝倉「やったあ♪ じゃ愛しいわたしのために死んで♪」

キョン「結局それかwwwグフッ」

おわれ(グサデレの作者ごめんなさい。そしてプリンにこんなの投下してごめんなさい)


|