ガラッ
朝倉「…。」
キョン「お前か…って。」
朝倉「…すぅ…すぅ…」
キョン「……」
朝倉「…ん…」
キョン「…よお。起きたか?」
朝倉「……」
キョン「……」
朝倉「…猫ちゃん…」
キョン「ちょっ、何寝惚けて…こら…撫でるな…やめ」
谷口「ういーっす。wawawa忘れ物…のぉうあ!?」
朝倉「…んふふふ~…(なでこなでこ)」
谷口「…ワワ、ワワワーワワ。ワワッワ!(タッタッタッタ…)」
キョン「…誰かどうにかしてくれ…。」



ハルヒ「パァーっと事件でも起きないかしら。」
朝倉「物騒にゃこと言わないでよにぇ!」
キョン「…」
ハルヒ「…」
朝倉「…(////)」



長門「……最近目立ちすぎ」
朝倉「別に好きで目立ってるわけじゃないわ、ただ長門さんよりも私の方が可愛いってことじゃない?」
長門「そんなこと………ない」
喜緑さん「二人とも可愛いわよ、だから落ち着いて」

長門「…あなたはバックアップ。これ以上目立つようなら情報連結解除を検討する」
朝倉「しょうがないじゃない。私、人気者なんだもん」
長門「たかが谷口に高評価されているだけ」
朝倉「ふふん、あなたなんてクラスに友達いるの?」

長門「…………」ピキッ 

喜緑さん「な、長門さん。落ち着いてーっ!」

長門「消えて」ガガガッ
朝倉「ヤーダ♪」ズドンッ

喜緑さん「いい加減にしなさいっ!!それ以上喧嘩すると情報統合思念体にいいつけるわよ!」

長門・朝倉「は~い」



朝倉「長門さん」
長門「…………」
朝倉「あのね、さっきはごめんなさい」
長門「…………」
朝倉「私、ちょっと言いすぎたわ……反省してる」
長門「…………」
朝倉「これ、買ってきたのよかったら読んで」
長門「……そう」

喜緑さん「こら!!長門さん、ちゃんとお礼をいいなさい!」

長門「………ありがとう、でもこれ既に読んだ」
朝倉「あっ、そうなの。ごめんなさい」
長門「よって、いらない」
朝倉「そう」ショボーン



朝倉「始めからこうすればよかった」
キョン(動けねぇ!こんなのありかよ!?)

バリバリバリーン(長門登場)

キョン「な、長門………」
朝倉「………邪魔する気?」
長門「………(テクテク)」
長門「………(ガサゴソ)」

キョン・朝倉「………」

キョン「何やってるんだ………?」
長門「………本」
長門「………忘れ物」
キョン「………」
朝倉「………」
長門「………帰る」

バリバリバリーン(長門退場)

キョン・朝倉「………」





ハルヒ「あれ?キョンは?」
長門「転校」



???「WAWAWA忘れ物」

長門「親父!?」

キョン「逆にこっちがサプライズされてるみたいな



もしSOS団がうたばんに出演したら

仲居「さあ、今日のゲストに参りましょう!SOS団のみなさんです!どーぞー」

イントロ

一同「(会釈)」
石橋「スカート短いねぇwwwww」
仲居「ちょwwたかさんwwお店じゃないのww」
ハルヒ「ちゃんと番組進めなさいよ!」
キョン「おい・・・ハルヒ」
仲居「いつもこうなんだけどねwww」
石橋「君ら何なの?アイドルだよねえ?で、お二人さんは?(小泉とキョンの方を向く)」
キョン「ええ、僕らは・・・」
小泉「団員です^^」
仲居「団?何なの?騎士団みたいなあ?こう、こういう?(騎士団のまねをする)」
ハルヒ「違います。SOS団です」
仲居「ええー世界を・・・大いに・・・盛り上げるための・・涼宮ハルヒの団ね!あ、SOS!」
石橋「世界盛り上げちゃうんだあwwwへぇwwwでwww君は何を読んどるの?ww」
長門「(表紙だけ見せる)」

石橋「えええwwww宇宙科学?www」
長門「(手元に戻す)」
石橋「もwwwちょwww見えなくなったww」
仲居「音楽活動では・・ええ・・チャートに昇ってきてると!(フリップボードを出す)」
ハルヒ「そうなのよ!これ!」
仲居「(フリップを見ながら)5月発売のシングルではデイリーチャートで5位!え?初登場でしょ?」
みくる「えっ・・・ええ・・」
石橋「すごいねえwwwwww」
ハルヒ「当然よ!」
仲居「いやああ~なかなか取れないぜ?で今、キャラクターソングも出てるんだ」
石橋「でwwなんか踊りがあるらしいんですよwww」
仲居「踊り?踊りあんの?wwww俺悪いけど踊りは得意だぜww」
ハルヒ「キョン!」

キョン「(嫌々前に立つ)」
ハルヒ「簡単なので~♪テレビのみなさんも覚えてねえ~♪(カメラ目線で)」
キョン「一部分の振り付けなんですけど」
仲居「おうwww」
キョン「あるーはれーたひーのことーでこう指で前をなぞるような感じで」
仲居「こwwwこうかwww」
石橋「仲居くん違うよwwこうでしょwwwこうwwwww」
ハルヒ「あんた気持ち悪くなってるわよ!」



鶴屋「やっほー!みっくるおはようにょろ~!!」
みくる「あ、おはようございます、お凸さん………………あっ!」
鶴屋「………凸?」
みくる「………」



鶴屋「あ、キョン君おはようにょろ~!」
キョン「あ、おはようございます鶴屋さん。聞きましたよ!」
鶴屋「………なにをにょろ?」
キョン「何って、ついに会得したらしいじゃないですか!」
鶴屋「会得?」
キョン「出せるようになったんですよね、太陽拳!」
鶴屋「………」








みくる「(? なんだか寒気が………)あ、いえ、なんでもないです!それより知ってますか?実は鶴屋さんが………」



キョン「今まで黙っててすみません!実は俺、鶴屋さんより金糸雀の方が萌えるんです!」
金糸雀「そんな照れるかしら~!」
キョン「この~!かわいいヤツめ!」
キョン・金糸雀「ウフフフフ♪」
鶴屋「………」




みくる「ひぃぃ~!?玄関先に人形のバラバラ死体が!!」



キョン「あなたの凸の輝きに心を奪われました。付き合ってください!」
鶴屋「う、嬉しいにょろ………!」
キョン「鶴屋さん………」
鶴屋「キョン君………」
みくる「………」






美容師「朝比奈さん、本日はどんな髪形にされますか………………スキンヘッド!?」



みくる「人に向けて撃ってははいけませぇん。空き缶でも撃って我慢しましょうっ」

ダダダダダダダ・・・

鶴屋「いったーい や、やめてよみくる」

みくる「あぁ、ごめんなさぁい。空き缶だと思ってましたぁ」

ハルヒ「ドジッ娘っぷりがいいわねぇ。あたしの教育の成果だわ」

キョン「空き缶と鶴屋さんをどうすれば間違えるのかは、この際考えないことにしたい」

長門「・・・ユニーク」



鶴屋さん「でね!あれがこうでそれがああなわけさっ!めがっさおもしろいにょろよっ!」

キョン「あはは。鶴屋さんの話しはおもしろいっすね」

長門「・・・」

―――翌日

キョン「なぁ長門。いつも本ばっか飽きないのか?」
長門「飽きないにょろ」

キョン「!?」

長門「めがっさユニーク」

キョン「!?!?」



谷口「よっ、おはよう。キョン」

キョン「なんだ谷口か(またチャック開けてるな)」 
谷口「ところで涼宮とはまだつづいてるのか?」

キョン「言っておくがあいつとは付き合っていないからな」

朝倉「え?付き合ってなかったの?」

キョン「あたりまえだ。俺の好みは変人ではない」

朝倉「あっ、そうなんだー。付き合ってないんだぁ。ふふふ、じゃあ私にもまだチャンスがあるわね」

キョン「?なんのチャンスだ?」

谷口「キョン!殺す、おまえだけは!!おまえだけは!!」

キョン「アーッ!!」



朝倉「涼宮さん恋わずりゃいでもしてるのかしゅら」

キョン「それはな・・・・なんだって?」

朝倉「・・・・///」



キョン「ぎゃっ!イッテェ~~」

朝倉「ちょっとキョンくん!うるさいわよ」

キョン「俺じゃなくハルヒに言ってくれよ」

朝倉「授業中くらいは静かにね」

キョン「ハルヒ、もう俺の背中をつつくなよ」

ハルヒ「…zzz」

キョン「って、寝てるし!!」

朝倉「キョンくん、いい加減にして!」

キョン「……はい」



鶴屋「うぅ、人形なんかにキョン君をとられたにょろ………」
みくる「安心してください!そんな鶴屋さんにピッタリの方を連れてきました!」
ベジータ「俺はサイヤ人の王子だぞ!」
鶴屋「にょろ!?」
みくる「同じ凸同士仲良くしてくださいね!」
ベジータ「さぁ!男と女のフュージョンを始めるぞ!」
鶴屋「………」





『次のニュースです。本日午後、××県××市で男性が何者かに襲われました。その後男性は病院に運ばれましたが24時間後に死亡。男性は死ぬ間際「俺はサイヤ人の王子だぞ………」などと呟いており、警察では……』 



みくる「みんみんみらくる~みっくるんるん~♪」

鶴屋「素直に好きと言えない君も~勇気を出して~♪」

ハルヒ「恋のまじない~ミクルビームかけてあげるわ~♪」

キョン妹「未来からやってきた~おしゃまなキューピッド~♪」

朝倉「いつもみんなの~夢を運ぶの~♪」

長門「夜は一人~星達に願いをかける~♪」

喜緑「明日もあの人に~あえますように~」

谷口「カモンレッツダンス~カモンレッツダンスメンズ~チャックを開けて~♪」

古泉「カモンレッツダンス~カモンレッツダンスキョンた~ん、さぁアナルを出して~♪」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

古泉「空の彼方へ~スペルマジェネレーション~♪」

国木田「いつになったら出番が来るのかな~?」

古泉「コイズムマジカル~ふん、はっ!ふんふん!」



ハルヒ「パァーっと事件でも起きないかしら。」
朝倉「物騒な事言わないでよね!」
キョン「うおっ!?」
朝倉「でも…そうね。事件が起きないなら自分で起こせばいいのよ。」
キョン「お前の方が物騒だっ!」



ガララ
みくる「あら、今日はまだ根暗さんだけですか?」
長門「………(カチン)」
みくる「あ、あれ?本気で怒っちゃいました?」
長門「………制裁(スッ)」
みくる「ひ、ひぃ!」

長門「パ ル プ ン テ」

みくる「………」
長門「………」
みくる「………なにが起こるんですか?」
長門「………わからない」
みくる「………」
長門「………」






鶴屋「お、お凸の生え際がM字になってるにょろー!!!!」



谷口「国木田、帰ろうぜ」
国木田「ごめん、ちょっと用事があるから先に帰ってて」
谷口「おう、じゃあな」


俺の名は谷口。
今日は一人で帰る事になった俺。
なんか面白いことないかね
と、思っていたら・・・・
なんだこのノート
DEATH・・・・NOTE・・・・
デスノート!?
あのデスノートか?
本物かな?ラッキー!
意気揚々と俺は家に帰っていった・・・・・・

デスノート・・・・・
名前を書くと死んでしまう死神のノートか・・・・
でも悪戯かもしんないしなぁ・・・・
まぁいいや、誰かの名前書いてみっか・・・・
できるだけ、俺とは関係ない人物・・・・
しかも死んでもいい人間

『大好きだった野球だけど止めるよ・・・・・・
山本ぉ、球団なくなっちゃったよぉ
やっぱりやる!』


こいつだ!

翌日・・・・・・
俺はテレビを見て驚嘆した。

『萩本欽一氏死亡!』

マジで?うっわー、あのノート本物かよー

『VIPPERと名乗る青年に刺され死亡』

あ、俺心臓麻痺って望んだから違うや



              完



結婚式当日

司会「ではSOS団の皆さんからお祝いの言葉を」
みくる「キョン君ハルヒさんおめでとうございます。私も早く結婚したいんですよぉ。ふふお幸せに」
朝比奈さんが未だに未婚とは信じられんな、すでに結婚していてもおかしくは無いはずだが
長門「おめでと」
それだけの一言だったが長門らしいといえばらしい
ハルヒは「もうちょっと言うことあるでしょ」と叫んでいるがまぁいいか
古泉「本日は本当におめでとうございます」
古泉もこれで終わりだとは思わなかったがまさか・・・・
古泉「しかしSOS団にいた頃は懐かしいかぎりです
よく部室で二人で愛を確かめ合ってましたよね」

会場「ざわざわ」

キョン「お前が勝手に俺を襲ったんだろうがぁ!!」

会場「(さらに)ざわざわ」

ハルヒ「ちょっとどういうことよ」

キョン「(どうするどうすんのよ俺!)」



谷口「俺らの出番あるのかな」
国木田「さぁ?」



「wawawa忘れ物~ぬぅおわ!
ごゆっくりぃ!!!」

「面白い人」
「大丈夫なのか」
「情報操作は得意。谷口のチャックは開いていたことにする」



喜緑さん「失礼します」


生徒会長「古泉!!ここからが本番だ!!」

古泉「ふぁ!アナリズム!!アナリズム!!一緒にいきましょう」

生徒会長・古泉「「マッガーレ!!」」



喜緑さん「すいません。お父さん、人間は理解不能です」



生徒会室――――

会長「ああ、くそだりぃなあ」
喜緑「タバコは体に良くないですよ」
会長「うるせえ!」
喜緑「ご、ごめんなさ・・い」
会長「ちょっとこっちこい、いつものやるぞ」
喜緑 ビクッ

―――――――――――――

会長「相変わらずちいせえ胸だな」
喜緑「いたっい、つねっらないっで」
会長「黙ってろ!!!」
喜緑「ひぅ、ご、ごめんなさ」


会長「オラ、オラ、狭い穴だ」
喜緑「あぅ、あっ、うっ、ぐすっ、うぅ」

会長「あーあ、きつすぎるから出ちまったぜ」
喜緑「ひっく、うぅ、ぐすっ、ひどい・・・」

喜緑(もういや・・助けて・・、有紀ちゃん・・、涼子ちゃん・・」

―――――――――――――

朝倉「ハッ!ドリームか・・」



生徒会室――――

会長「ああ、くそだりぃなあ」
喜緑「タバコは体に良くないですよ」
会長「うるせえ!」
喜緑「ご、ごめんなさ・・い」
会長「ちょっとこっちこい、いつものやるぞ」
喜緑 ビクッ

―――――――――――――
パンッ
会長「うひぃっ」
喜緑「誰に向かってそんな口聞いてるの?」
ビシィッ
会長「あひゃぉ」
喜緑「この糞虫が!」
パンッ
会長「ああ!!、喜緑様!!!・・もっとなぶってください!なじってください!」
喜緑「この変態がっ!!」

―――――――――――――

長門「ちっ、ドリームか」

キョン(長門も夢見るんだな・・一体どんな夢見るんだろ・・)



長門「…………」

谷口「あぁ、可愛いなぁ。長門さん」

長門「…………」ペラッ

谷口「やば、恋しそう。こりゃAAランクプラスだな」

長門「………///」

谷口「あれ?なんで頬を赤らめてるんだろ?でも可愛い」



神人「おい朝比奈!茶入れろ!」

みくる「あっはい!」




ハルヒ「ヒソヒソ・・なんなのあいつ、えらそうにしちゃって、青いけど発光タイツでも着てるの?」
キョン「しるか!」



|