悪夢のような夢を見てあたしは目を覚ました。


夢のなかであたしは怖い姿のあなたと寝ていて、
あたしが起きるとあなたは、あなたを捕まえたあたしを怒っていた。


あたしは何故かあなたの為に、あたしが一番尊敬する人から言葉を貰って、
あなたに聞かせていた。


その言葉が終わる前にあたしは夢から覚めてしまったんだけど、
起きてからね、悪夢じゃなかったって気付いたの。


あなたが去って1ヶ月。
あたしの心の悲しみも、なんとかやっと柔らいだと思ってた。


だけど悪夢に姿を変えて、あなたはやってきた。
夢から覚めて、意味に気付いて、あたしは泣こうと思った。


だけど涙が出ないの。とても嬉しくて悲しいのに。
それはきっと、あたしの涙をあなたが消してくれたから。


そしてあたしは泣いてしまう。あなたの優しさに。


「ありがとう、さよなら」
『さようなら。ありがとうな』


夢の中で、寝ていたあたしが見てたのは、変わり果てる前のあなたの心だった。


幸せそうにあなたは誰かを見ていて、その誰かの酔っ払ったような行動は、
あなたを笑顔にしていたと日記に書いていた。


その後には、変わっていく自分と、
その大きなきっかけの物が惜しむように綴られていた。


最初に夢から覚めた時は、
怖い姿のそのものが、あなたになんてとても見えず、わからなかった。

起きてみたら、不思議と目覚めが良くて、しばらくして、

…あなただったと気付いたの。


|