朝倉「ねー一緒に帰らない?」

キョン「別にいいが、どうしたんだ突然」

朝倉「ちょっと、ね」

キョン「そうか、なにかあるのか?」

朝倉「涼宮さんのことね、好きなの?」

キョン「い、いや別にそんなつもりは・・・・・」

朝倉「そうね、じゃあ涼宮さんえお狙ってもいいよね?」

キョン「はい?」

朝倉「私、涼宮さんが好きなの」

キョン「・・・・・・・・へー」




キョン「ハッ・・・ドリームか!」



キョン妹「ね~キョンくん~。この子飼っていい~?」
朝比奈(犬)「……ふみぃ~」

キョン「……朝比奈さんじゃねぇかよ……拾ってくるなよこんなの…」
キョン妹「ちゃんと面倒見るから!!ね、いいでしょ?お願い!お願い!お願い!」

キョン「ダメだ!ダメだ!ダメだ!そんな気持の悪いもの捨ててきない!」

朝比奈(犬)「∑」
キョン妹「んもぅ、キョンくんのケチ!気持悪いって言ってたのみくるちゃんに言いつけてやる!」

キョン「ま、待t」

  ガタンッ

キョン「はっ、ドリームか……」



朝比奈(G)ガサゴソガサゴソ
キョン「うあっ!!気持ち悪い!殺さないと!!」
朝比奈(G)うげっ
キョン「ええい」グシャ

朝比奈(G)「はにゃ~」



 ガタンッ

キョン「はっ、ドリームか……」



生徒会長「喜緑くん、あとの作業は任せたよ(つーか、なんでこいつしか使える奴いねーんだよ)」

喜緑さん「はい、分かりました(怠けてんじゃねぇよ、不良会長が。またか?また、たばこ吸いにイクのか?これで何回目だよ!私だけこんな任務ばっかり。有希ちゃんや涼子ちゃんのがよっぽど楽しそうだよ)」



キョン 「しゃみせーーーん!助けてくれ!!」
シャミセン 「なにかね?キョン殿」
キョン 「また古泉にいじめられたーー!助けてくれーーー!!」
シャミセン 「きみはそういつも僕をたよってばっかり・・・」

シャミセン 「はい!朝比奈みくる変装セット!!」

キョン 「ありがとぅーシャミセン!」
シャミセン 「変なことに使うなよ!」



朝比奈(中の人がキョン) 「ふふふ・・・これで古泉にいじめられねーなww」
古泉 「ガララッ・・・キョンたん?こんにちんこ!」
朝比奈(中の人がキョン) 「なんでばれた!?」
古泉 「だって、僕は・・・【長門】「長門有希・・・あなたの真っ赤な、真っ赤な、世界で一番美しい真紅の血が見たいの。」
キョン 「おいおい冗談だろ?長門ー。手に持ってる銀色に光る刃はおもちゃだってわかってるんだ・・・グサ・・・ドピュ・・・うそだろ?」
キョン 「俺の目の前が真紅にそまってく・・・」
長門 「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!キョンたんの真っ赤な血がのめるよ!うれしいよー!」

キョン 「なんだ、ドリームか。」
キョン 「ところで、長門?口にくわえてる三毛猫はなんだ?傷だらけだぞ?」



消失より
キョン「……………」
朝倉「そんなわけないか。あなたが好きなのはもっと変な子なんでしょうし、長門さんには当てはまらないは」
キョン「どうして俺の好みを知ってんだ」
朝倉「国木田くんが言ってたのを小耳に挟んだのよ。中学時代がそうだったんだって?」
キョン「それは国木田の勘違いだ。聞き流しとけよな」
朝倉「でも、あなた。長門さんと付き合うなら、まじめに考えないとだめよ。でないと私が許さないわ。ああ見えて長門さんは真性のエロい娘だから」
キョン「kwsk」



キョン 「海っていいよなー」
古泉 「そうですね。キョンたん☆」
キョン 「その呼び方はよせ。」
古泉 「泳がなくても、海を見てるだけでも心はやすらぎますよね?キョンたんは別のようですが。」
キョン 「お前ばかり見てるわけじゃないぞ。」
古泉 「そうじゃありませんよ。ただ、その・・・」

古泉 「ビデオカメラでさっきからずっと小学生のおんにゃのこばかり覗いてるようですから・・・あれ?キョンたんは!?」



キョン 「ねぇねぇ、きみきみ?俺の妹にならないか?」
小学生A 「ふぇ?」



宮本 「文化祭はいいよな。」
キョン 「ナンパの機会が増えるからか?」
宮本 「そうだ。」
キョン 「大当たりなのか!?」
国木田 「キョン君にとっても楽しみじゃないんですか?」
キョン 「何がだ!?」
国木田 「ナンパの機会が増えて。」
キョン 「俺がナンパなんてするか?」
宮本  「美女はっけーーーん!じゃぁナンパしにいってくらぁ!」
国木田 「ちょっとまってよ!宮本!あれ?キョン君は?」



キョン 「ねぇねぇ、きみきみ?俺の妹にならないか?」
小学生A 「ふぇ?」



古泉 「つきました」
古泉 「ここまでお連れして言うのもなんですが今なら引き返せますよ。」
古泉 「あれれ~!?きょんたんはどこへ!?」



キョン 「ねぇねぇ、きみきみ?俺の妹にならないか?」
小学生C 「ふぇ?」



『午後七時光陽園駅前公園で待つ』



キョン 「今日でよかったのか?」
長門 「・・・コクリ」
キョン 「ひょっとして毎日まっていたのとか」
長門 「・・・コク【キョン】「こんな真夜中なのに、あそこに美少女ハケーン!」
キョン 「長門わりぃ、用事ができた!」

キョン 「ねーねー!そこのお嬢ちゃん?帰る場所がなかったら、俺の妹にならないか?」

長門 「・・・」



朝倉 「この空間は私の情報制御下にある。脱出路は封鎖した。簡単なこ【キョン】「わりぃ朝倉用事ができた。」
朝倉 「脱出路は封鎖したのよ?どうやって脱出するつもり?あれ!?キョン君はどこに行った!?」



キョン 「ねぇねぇ、きみきみ?俺の妹にならないか?」
小学生D 「ふぇ?」



キョン「俺実はポニーテール萌えなんだ」
ハルヒ「はあ?」
キョン「いつだったかお前のポニーテール姿はとてつもなく似合っていたぞ」
ハルヒ「な、なに言ってんのバッカじゃ【キョン】「あっ悪ィハルヒ!ちょっと用事できた!」



キョン「ねぇねぇ、きみきみ?俺の妹にならないか?」
神人A「ふぇ?」



長門 「過去15477回中、キョンがナンパをした回数は14321回、
   そのうち、小学生にナンパした回数が、10301回、
   そのうち、成功した回数が102回、さらに、一線を越えてしまった回数が3回に該当し、
   その一線を越えてしまった後は必ず逮捕されることになる。
   小学生だと思って中学生にナンパした回数が910回、
   そのうち、成功した回数が192回、しかしその後分かれるのが102回に該当する。
   小学生だと思って高校生にナンパした回数が120回、
   そのうち、成功した回数が65回、しかしその後分かれるのが64回に該当する。
   小学生だと思って幼稚園児にナンパした回数が1021回
   そのうち、成功した回数が1011回、しかし誘拐騒ぎになったのが1009回で一線を越えてしまったのが981回になる。
   ちなみに幼稚園児にナンパするとかならず性的悪戯をして、警察に捕まる
   小学生だと思って赤ちゃんにナンパした回数が321回
   そのうち一線を越えた回数が321回、もちろん警察に逮捕」
長門 「報告終わり。」



ハルヒ 「早くきなさーーーい!市民プールの水は冷たくて気持ちいいわよー!」
みくる 「キョン君がすでにはいってまーす!」

キョン 「本当に気持ちいいな。幼女のおっぱい。ペタペタ」
小学生E 「ふぇ・・・やめて・・・」
キョン 「君胸が大きいね?俺の妹にならない?」



ハルヒ「ハカセくんみたいな子が近所に住んでてね~
   たま~に勉強をみてあげるの」
キョン「まさかハルヒにそんな一面があったとは・・・・・・」








ハルヒ「ねぇねぇ君君、私の弟にならない?」
ハルヒくん「ほへ?」



ハルヒ 「みんなー!新しい部員連れてきたわよー!」

ハルヒ 「近所の小学生Kちゃん!」
小学生K 「ままはどこ?ここはどこなの?おねえちゃん?
ハルヒ 「だって!かわぃぃのよ!ほら胸をさわると・・・」

小学生K 「ふぇええええええ!!」

ハルヒ 「キョン!あんたも胸をさわってごらんなさい!」
キョン 「プニプニ・・・ほんとだ!やわらかい!!」
小学生K 「いじめないで・・・」
キョン 「大丈夫だよ。ほら、俺の妹にならない?」



キョン「実は俺、幼女萌えなんだ」
ハルヒ「知ってるわよ」
キョン「いつぞやの七夕の話の、まだあどけなさが残る中学生のハルヒは反則的にかわいかったぞ」
ハルヒ「あんたなに言って・・・・・・」



どかーん



谷口「大変だ!涼宮が小学生になってるぞ!」
キョン「きみきみ、妹にならないか?」
ハルヒ「ふぇ?」



ハルヒ 「みんなー!新しい顧問連れてきたわよー!」

ハルヒ 「子供先生レベッカ・宮本!」
ベッキー 「下等生命体ども!ひざまずけ!」
ハルヒ 「このこかわぃぃのよ!ほら、胸をさわると」
ベッキー 「はぅはぅ・・・先生だぞ!!」
ハルヒ 「キョンもさわりなさ【キョン】「かわいい!!」

キョン 「ベッキーは俺の妹だよなー☆」
ベッキー 「はい?」
キョン 「ベッキーハグしてあげる♪」
べっきー 「やめろー先生だぞー!」
キョン 「てれないでーほら、お風呂に一緒にはいって背中ごしごししましょうねー」
ベッキー 「やめろー!先生だぞー!」



その後、ベッキーことレベッカ・宮本は
不 登 校 に な っ て し ま っ た



ベッキー 「おっ?部屋にはハルヒしかいねーのか?」

ハルヒ 「あっ!ベッキー!【キョン】「ここであったが365分の1年目!!さっそくだがにゃんにゃんさせてやる!!」
ベッキー 「やめろよー!先生だぞー!」
キョン 「お兄ちゃんがお背中ごしごししてあげるから一緒にお風呂に入ろうねーべきたん☆」
ベッキー 「やめろー!きもい!!」



キョン「お♪べっき~み~つけた~」

ベッキー「こら~やめろ~抱きつくな~」

キョン「いやだね~」

ベッキー「やめろ~【引っかかったな小物め!!】

キョン「アッー!!」

ハルヒ 「まったく、わたしというものがありながらロリコンだなんて覚悟しなさい!おしおきしてあげ【キョン】「引っかかったな!ハルにゃんめ!!」

ハルヒ 「その声は!?」
鶴屋 「ご無沙汰~♪」

鶴屋 「久々にめっがさいくにょろー!」
ハルヒ 「めがっさだけは!!めがっさだけは!!」



キョン 「おい、長門。ベッキーに何を見せてるんだ?」
長門 「新人教育」

『キョン アナルだけは!!アナルだけは!! 古泉 ふふふ・・・次は口にいれちゃいますよー!!』

ベッキー 「じー」

キョン 「子供にこんなもん見せるな!!ベッキーはおにいちゃんと一緒にお風呂に入りましょうねー」



ハルヒ 「みんなー!新しい副顧問つれてきたわよー!」

糸色望 「糸色望です。以後お見知りおきを・・・」
キョン 「なんだ、おっさんじゃねーか」
糸色望 「!?私は銀魂の資料じゃありませんよーーー!!ダダダ」
キョン 「あれ?おっさん!どこいったんだ!?」



古泉 「きょんたーんの声優ってたしか銀魂の銀さんと同じらしいですねー」
キョン 「なんだ?なれなれしい。」
古泉 「しってますか?銀さんは結野アナが大好きなんですよ~?」
キョン 「そうなのか。」
古泉 「つまり、アナルが大好きってこと。」
キョン 「!?」
古泉 「さぁ!僕の結野アナにいれてくれ!!!!」
キョン 「やめろ!!アナル見せるな!!」
ベッキー
幼女 「いーれーろーいーれーろー!」
キョン 「幼女がおかしくなってる!!誰の影響だ!!」



ハルヒ 「もうそろそろ、花火始まるわよー!あれ?キョンは?」



キョン 「はぁはぁ・・・君がかわいすぎるから押し倒しちゃったじゃないか~」
小学生L 「や・・・やめてくださいですぅ!」
キョン 「お兄ちゃんはやめないよ~とまらないよ~?性欲とまらないじゃないか~?」
小学生L 「い・・・いやーーー!」
キョン 「いただきまーーーーーしゅ!」
警官 「おい!お前!そこで何してる!」
キョン 「!?」
警官 「このロリコンめ!!逮捕だ!!!」



朝倉「こんなところに呼んでどういうつもりですか‥‥朝比奈先輩」

朝比奈「私さぁ~ドジッ子は二人いらないと思うんだよね~」
朝比奈(鬼)「だから死んで☆」

朝倉「え!?ひでぶ!!」

朝比奈(鬼)「アハハハ!!ハハ!!」

‥‥‥‥‥

キョン「朝比奈さんここらへんで朝倉見ませんでしたか??」

朝比奈「その‥‥よくわからないんですけど‥‥転校したらしいですよ‥‥」



朝倉「人間はよく、やらない後悔よりやる後悔って言うよね?」
………
朝倉「無駄なの。今この空間は私の制御下にある。出る事も入る事も出来ない。」
………
朝倉「(…よし、ちゃんと言える。後は明日の本番を上手くやるだけね。)」


噛んだという。



谷口「おれは変わりたい、いや変わるんだ!」

国木田「あっそ」

谷口「よって、おれはネクタイをチャックに挟む」

国木田「あんま変わってないよ」

キョン「アホってことには変わりないな」



朝比奈さん(黒)「まったくやってらんねーよ。涼宮の相手すんのはよぉ、まったく胸ばっか揉むんじゃねぇよ。まっ、キョン君の視線を独占できっからまだいいけどよぉ」ペッ

生徒会長「大変だな、あのバカ女は限度を知らないからな…、ほら、ヤニやるよ」

朝比奈さん(黒)「サンキュッ、意外といい奴だな。あとはあの無口宇宙人とホモ泉がヘタレ涼宮のやることを、止めねぇんだよ。マジ消えろよ」

生徒会長「ろくな奴いないのな、おまえんとこも。うちの喜緑もよぉ、仕事はしっかりするけど、いっつも微笑んでるだけなんだよ。なんか、おもしろいことでも話せよっ、ったく」

朝比奈さん(黒)「おまえ、気が合うな…」



「東中学出身、涼宮ハルヒ」
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたらあたしのところに来なさい、以上!!」
「はい、ボク、グレイ」「はい、ボク未来から来た猫型(ry」「はいワタシはこの世の者ではありません」「俺はバッグに隠れることができます」

「一番最後の奴以外あたしのところに来なさい」



鶴屋さん「おっはよーう!」

喜緑さん「おはようございます」

鶴屋さん「ねぇ!なんでこの前みくると一緒にいたにょろ?」

喜緑さん「頼み事があったので」

鶴屋さん「へぇーえ、みくるに?」

喜緑さん「はい、そうです」

鶴屋さん「あんまみくるに近づかないほうがいいよ。腹黒いから」

喜緑さん「分かりました」



|