鶴屋さん「おっはよーぅ!みっくる~~」

みくる「ひゃっ、あ、おはようございます」

鶴屋さん「あっれ~?まったラブレターにょろか、モテモテにょろね」

みくる「そっそんな。鶴屋さんだって人気者じゃないですか~」

鶴屋さん「でもなんでみんな断るにょろか?まあ、だいたいわかってるけどね」 
みくる「ち、違いますよ!///キョン君は関係ないですよ……」

鶴屋さん「誰もキョン君の話なんてしてないよっ、みくるはかっわいーなぁ~」 
みくる「ぁぅ………いじわるぅ」



朝倉「あーあ、残念。所詮私はバックアップだったか。」
朝倉「膠着状態をどうにかする良いチャンスだと思ったのににゃ。」
キョン「…にゃ?」
朝倉「…今のなし今のなしっ!えっと情報統合思念ちゃいはっ」
キョン「ちゃい?」
朝倉「ああもう違うのーっ。」


朝倉「…だから、長門さんの雇い主が考え方を変えるかもしれないし…」
キョン「…あー…そうですか。」
長門「(連結解除から復帰した…?)」



もしも鶴屋さんが♂だったら・・・

キョン 「その隣の男は?」
朝比奈 「大丈夫、私の彼氏よ。現代で知り合ったから安心して。」
キョン (安心できねーよ)
鶴屋♂ 「きみがキョンくん?みくるからよーくうわさに聞いてるよ」
キョン (腹立たしい!)



長門「ねぇねぇエミリーちゃんエミリーちゃん」
喜緑「なぁに?ユッキー」
長門「実はね、今度映画にでも一緒に行かない?」
喜緑「嫌よ」
長門「え、なんで?なんで?」
喜緑「だって私ユッキーとそんなに仲良くなりたいなんて思ってないわ!」
長門「そ、そんな~」
喜緑「じゃあね!誘った友達に断られるようなダメ駄目ユッキー!」
長門「ふえ~ん」

長門「ねぇパパ、ママ、エミリーちゃんを映画に誘ったら断られちゃったんだよ!」
キョン「おおユッキー、それはだな、ええとだな。それはな?そうなんだ」
ハルヒ「ユッキー、これは大人の階段なのよ!大人になるにはこういうことも必要なの」
長門「え、そうなの?じゃぁボクはもうすぐ大人になれるの?」
ハルヒ「それは無理」
長門「えええええ?」
キョン「そんなことどうでもいいじゃないか、とにかくおまえは階段を上るんだぞ」
長門「そ、そうなのかな?」
ハルヒ「そういうことにしておきなさい!私はあなたの未来が楽しみだわ!」
ハルヒ「オホホホホホ」
長門「はは、ははははっ」
キョン「はっはっは」



鶴屋さん「やっ、長門っち!今日もハルにゃんたちと遊ぶのかい?」

長門「………」フルフル

鶴屋さん「へぇー、じゃあどこへおでかけなのっかな~~?」

長門「…図書館」

鶴屋さん「それって、またキョン君と?」

長門「…今日は一人」

鶴屋さん「そっか、あたしもちょうど暇なんさっ、一緒にいっても迷惑じゃないにょろか?」

長門「………」コクッ

鶴屋さん「へへっ、じゃ出発しんこ~~!あはは!」



みくる「ひぇ!本当ですか?
   えーっと、ま・・ん・・ま・・」
キョン「朝比奈さん!そんなことしなくても大丈夫ですって!」
みくる「え、そうなんですか?よかった~」





鶴屋「また天然アピールかッ!クソ野郎!」


鶴屋「みくる、お前。少し乳がでかいからって調子に乗ってんじゃねーぞ」
みくる「ごめんなさいね~、私鶴屋さんと違っておっぱい大きいからね~」
鶴屋「んだと?世の中は巨乳より美乳なんだよ
  こんなん邪魔なだけじゃねぇか」
みくる「ふぇ!何すんだよ!胸を揉むな!」
鶴屋「すげーなこれ・・・」
みくる「畜生!こっちもやってやる!」
鶴屋「ひゃぅ!ちょっと・・・やめ・・・」
谷口「WAWAWA忘れ物~
  うおっ!
  すまん。ごゆっくりいいいいいい!」




みくる「でも帰りはしないのね」
谷口「大丈夫です。このビデオは俺しか見ませんから」



キョン「次回!涼宮ハルヒの憂鬱第十二話 ライブアライブ!」
??????「文化祭なんてくだらないぜ!俺の歌を聴けぇぇぇっ!!」
キョン「お前は誰だ!」



鶴屋「……(モグモグモグ)」
鶴屋「にょろーん…!」
鶴屋「……(モグモグモグ)」
鶴屋「にょろろ~ん…!」
鶴屋「……(モグモグモグモグモグモグ)」
鶴屋「にょろ~…キョンくん頭が痛いっさ」
キョン「アイスばっかり食べてるからですよ。これは没収します。………(モグモグモグ)」
鶴屋「にょろー!?
にょろ~…」

長門「………保守」



鶴屋さん「やあやあキョンくん。今帰りかい?」
キョン「こんにちは鶴屋さん」
鶴屋さん「ん~?その手に持ってるのはひょっとしてスモークチ」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「…え?だってその色はス」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「そんな匂いだっt」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「そんなこと言って私に」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「だっ」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「…にょ」
キョン「プラスチック爆弾です」
鶴屋さん「…」


長門「食べられない」
鶴屋さん「たっ、食べないよっ!」



(上の続き)
長門「理科の実験で作った」
ハルヒ「ないない」

長門「原材料は油ねんど」
ハルヒ「質感が似てるだけじゃない!?」

長門「ニトログリセリンを混ぜてこねる」
ハルヒ「無理無理無理!」



キョン妹「キョンくーん、一緒にお風呂はいろ♪」

キョン妹「キョンくんくすぐったいよぅ。前は自分で洗えるから~」

キョン妹「エヘヘ、キョンくんのここ、がんばって綺麗にするね♪」

キョン妹「ち、ちがうの。これはお湯でぬれて…」



谷口「なんてことが毎日繰り広げられてるわけだな!」
キョン「ねーよ」
谷口「クレ!お前の妹クレ!」
キョン「やらねーよ」
谷口「zipでクレ!」
キョン「意味わかんねーよ」



長門「はい」

キョン妹.zip

長門「圧縮してみた」
キョン「うああああ、元に戻せ!」



谷口「聞いてくれよキョン、おまえの妹解凍したら風邪引いちまったんだよ」

キョン「そんなことより谷口、きんたま出てるぞ」



キョン「谷口!チャック開いてるぞ。」

谷口「・・・開いてるんじゃねぇ!開けてんだよ!!」

キョン「・・・お前・・・」

国木田「カッコエエ」



涼宮「孝之君・・・」

孝之「涼宮・・・」

長門「あれが未来の貴方たちの子供」



ハルヒ「キョンっ!気付いちゃった!」

キョン「何にだ」

ハルヒ「SOS団の宣伝にみくるちゃ…」
朝倉「うるさい!今は授業中よ!!」

ハルヒ・キョン「…はい」



ハルヒ「キョン!気付いちゃった!!」

キョン「おい!また朝倉に怒られるだろ!」

ハルヒ「…そ、そうね」ガクガク ブルブル

朝倉 (私ってそんなに恐い?)



古泉「残念ならが、また閉鎖空間が発生してしまいました」
キョン「やれやれ、お前も大変だな。で、こんどはどこに?」

古泉「あなたの机の上です」
キョン「ここ!?ちまっ!」

古泉「中を覗いてみますか?」
キョン「見れるのか!?」
古泉「どうぞ」

キョン「ちまっ!神人ちまっ!」

古泉「困ったことに、小さすぎて手が出せないんですよ」
キョン「え?これこのまま!?」



神人「キョン!机に突っ伏すのやめろ!」

キョン「何言ってる」

神人「あぁん? てめぇのマヌケ面ぶっ壊してやってもいいんだぜ?」

キョン「わ、ワカッタから落ち着け!」

神人「世界が滅んじゃってもいいのか?」

キョン「授業中だ」



キョン「で?机の上の小さな閉鎖空間はそのままなのか?」
古泉「ええ、申し訳ありませんが」
キョン「まったく…だいたいあんな小さいの、原因はなんなんだ?」
古泉「それが、どうも昨夜深爪をしたようです」
キョン「…」
古泉「怒らないであげてください」
キョン「まったく…なんでまたそんなヘマを」
古泉「さあ。ただ、『キョンのせい』と言っていたような気が…」
キョン「俺?」

――昨日。

みくる「あの、キョンくん…ちょっとお願いしていいかな?」
キョン「ええ、朝比奈さんの頼みとあらば」
みくる「そんな大げさなことざなくて、えっと、この缶ジュース開けてもらいたいんです」
キョン「俺が?」
みくる「その…昨夜つめを切ったらプルトップをあけられなくなっちゃって…」
キョン「ああ、そういうことですか。お安い御用ですよ。よっと…ってこれ新作ですね」
みくる「あ、はい。そのシリーズわたし大好きなんです♪良かったら飲んでみますか?」
キョン「いいんですか?じゃあ少しだけ…んぐっ、んぐっ。うん、ありがとうございます。おいしかったですよ」
みくる「ね?ね?おいしいですよね♪んぐっ、んぐっ………あ、そういえばこれって(///」
キョン「あ…、その、スミマセン朝比奈さん」
みくる「いえそのっ、わ、わたしが飲んでって言ったんだから…」


キョン「…って、なにボーッとみてるんだハルヒ?」



ハルヒ「じゃーん♪新入部員のキバヤシくん」
キバヤシ「よろしくおねがいします」
ハルヒ「わからないことがあったら何でも聞いてね?」

キバヤシ「俺はこのMMR団でなにをすれば?」
キョン「いや、いきなり改名すんなよ。ここはSOS団。わかるか?」

キバヤシ「俺にだって、わからないことくらいある…」
キョン「それじゃただの聞き分けの無いやつだよ」



キョン「昼寝中にすまんが谷口よ、チャック開いてるぞ」


谷口「ん…あぁ…夏、だからな…お前も開けとかないと大変なことになるぜ?」


キョン「めっちゃ臭いんだが」

国木田「ザリガニの水槽の匂いがする……うぇ」



ハルヒ 「顧問の先生を新しく連れてきたわよ!」
キョン 「いきなりなんだ?」
ハルヒ 「転任してきたのよ!不思議じゃない?」
キョン 「むしろ普通だろ?さっさと紹介しろ」

ハルヒ 「糸色先生よ!あれ?いない・・・」
キョン 「あれ?校庭がさわがしいな。首吊り自殺か。」
ハルヒ 「あれれ~?糸色先生が首吊り自殺してるよ~?キョンちゃんゴメン!」



ハルヒ 「顧問の先生を新しく連れてきたわよ!」
キョン 「いきなりなんだ?」
ハルヒ 「転任してきたのよ!不思議じゃない?」
キョン 「むしろ普通だろ?さっさと紹介しろ」

ハルヒ 「善良教師マンよ!いっつも地球侵略をしたかったって妄言をはいてるのよ!」
善良教師マン 「どうも、善良教師マンです。よろしく」
キョン 「・・・おっちゃん、マスクはずせや」
善良教師マン 「これマスクじゃなく顔なんですけど・・・」
古泉 「あきらかに目がいやらしいですね。」
善良教師マン 「いやいや、女子高生にその気がおきて学校の先生をやってるんじゃないんですが・・・」
古泉 「女子高生には興味なしか・・・」



善良教師マン 「古泉たん!!アナルだけは!!アナルだけは!!」
古泉 「まだまだいきますよー!」



長門「あなたに用がある・・・」
キョン「な、なんだ?あまり心臓に響くのはやめてくれよ・・・」
長門「谷口の事。彼のチャックの奧は4次元空間。」
キョン「な、なんだってー!?そんなことないやろー。」
長門「なら試してみる。」
そういって長門は谷口のチャックに頭をつっこんだ。
キョン「ちょ、ながt・・・ってホントに吸い込まれてる!?」
長門「谷口の中・・・ちっちきちーやないか・・・」

谷口「ちゃ、チャックにAマイナーが!!Aマイナーが!!」



キョン「意味が解らないし笑えない!いいからその危なっかしいのを置いてくれ!」
朝倉「ふふ、それ無理。だって私は本当にあなたに死んで欲しいんだもの。(チャキッ フォンッ!)」
キョン「…っ!くっ!(タッタッタッタ………)」
朝倉「…あれ?」
(チシューウゥッ)
朝倉「…ラグ!?」



キョン「意味が解らないし笑えない!いいからその危なっかしいのを置いてくれ!」
朝倉「ふふ、それ無理。だって私は本当にあなたに死んで欲しいんだもの!」
(チャキッ フォンッ!)
キョン「く、仕方が無い…!」
キョン「イークイップ!ウィル、ナイフ!」

 ガキッ!
          ギギギギギギ!

朝倉「フフフ、やるじゃないの…!」



ブチャ「谷口ィィィ・・・!!」
谷口「ブチャラティ来たwwwww」
    『スティッキーF!!』


キョン「谷口、チャック開いてるぞ」

ワカル人にはわかる



朝倉「…だから、あなたをころちて涼宮ハルヒの出方を見る。」
(フォンッ!)
キョン「(何だ何だ?なんで俺が朝倉にナイフを突き付けられねばなら…ん?)」
朝倉「…(////)」
キョン「(何故恥ずかしそうなんだ?朝倉はなんと言ったっけか?)」
キョン「(俺をころ……)…ころちて?」
朝倉「あ…それは…その…」
キョン「(…よく解らんが効いてる?)ころち…。」
朝倉「だ…だから…」
キョン「…」
朝倉「…」
キョン「…ち。」
朝倉「…キョン君のバカぁっ!(タタタタタ…)」

長門「ユーウィンッ。」
キョン「長門っ!?」
長門「パァフェクッ。」
キョン「いや何が!?」



みくる「はわ~、かわいいわんちゃんですね♪」

キョン「ああ、今知り合いの人のを預かっているんですよ(あなたのほうが十倍可愛いですよ朝比奈さん…)」

みくる「お名前はなんていうんですかぁ?」ナデナデ

キョン「ベトベトンです(ナデナデしてもらうなんて羨ましいぞ)」

みくる「ふふっ、よかったらお散歩にお付き合いしていいですか?」

キョン「はいっ、お願いします(よくやった、ベトベトン。これで昨日、小便かけたことはチャラにしてやる)」

ベトベトン「わんっ」



|