※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「…なあ妹よ、俺の上で寝っ転がるな」
妹「…いいじゃんケチ~」
キョン「トイレ行きたいんだけど」
妹「だめ~」
キョン「どきなさい」
妹「マンガ読み終わるまで~」
キョン「………」(コチョコチョコチョコチョコチョコチョ)
妹「キャハハハハハwwwくすぐっちゃだめー!www」
キョン「今だっ!」(タタタタッ)
妹「あ~待ってよ~」


キョン「なんで付いてくるんだよ」
妹「開けろ~」(ドンドン)



ハルヒ「ねぇキョン。キスしようか。」
キョン「な、何言ってるんだ!?・・・ま、まぁお前がそれでいいなら・・・。」
ハルヒ「決まりね。それじゃあいくわy【マッガーレ】引っかかったな青二才目が!!」
キョン「アナルだけは!!アナルだけh【眉毛】引っかかったわね若造が!!」
古泉「チェリーだけは!!チェリーだけh【消失長門】・・・罠にかかったのはあなたのほう。」
朝倉「メガネだけは!!めがねだけh【団長様】引っかかったわね消失ver!!」
消失長門「そこだけは!!そこだけh【ちゅるやさん】引っかかったな小娘が!!!」
ハルヒ「めがっさだけは!!めがっさだけは!!」



編集長)

俺「―っていう話を考えたんだけど」
ハ「大人朝比奈さんはなんだったの?」

(ギャガーーーーン!!!!)



銀時「痛ってえな!何する・・・」
棗亜夜「一つ一つのプログラムが甘い・・・」
翠星石「邪魔する気?」



ジダン「あなたを殺してFIFAの出方を見る。」
マテラッツィ「マジ危ないって!そんな頭で頭突きされたら死んじゃうって。だからよせ!」
ジダン「じゃあ、死んで♪」

ドカッ!




マテラッツィ「というのが真相です。」
FIFA「・・・・・・ユニーク。」



ハルヒ「棒と玉とで穴に入れるスポーツなーんだ?ほら、答えなさい、キョン」

キョン「セックス!」

ハルヒ「ふっふ~ん、そう答えると思ったわ答えはゴ「セックス!!」
   ちょ、アンタ―」

キョン「セックス!セックス!」

ハルヒ「だから…もういいわ…」

キョン「セックス!セックス!」

ハルヒ「もぅ・・・・・・仕方ないわね・・・・
   ・・・別にあんたのためにやってあげるんじゃないんだからね!!」

キョン「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!」









谷口「ハッ!ドリームか・・・・・・」



ハルヒ「棒と玉とで穴に入れるスポーツなーんだ?」
「ほら、答えなさい、キョン」
キョン「クィディッチ。」
ハルヒ「は?」
猫長門「エクスペクト・パトローナム。」



長門の家にて

キョン「おい、どうしたんだこれ?かわされたのか!?」

「・・・・・・」

キョン「誰が売りにきたんだ!」

「・・・・・・ジャニーズっぽい人とおじさん」







湯川「ドリームキャストいかがっすか~」



キョン「ソフトもあるのか?ちょっとやらせてもらえるか?」

「・・・・・・・」







細川「ようこそ、ムッシュ・ガズエルの実験室へ」



[。かだけ俺はのうもおといらずみ読。よヒルハ,ぁな]ンョキ
みくる「キョン君何してるんですか?」
ハルヒ「あんたが訳の分からないことしてるからでしょ。少しは反省しなさい。」
古泉「まぁ、もうじき解けるので我慢してくださいママママママママガッーレレ」
長門「oh,ICチップ!!ICチップ!!九州地方でシリコンアイランド!!!yo!!みくるの胸もシリコンアイランド!!!baby!!」
みくる「出ましたね、長門16星人。今日こそはあなたの思い通りにはせまさせまくりすてぃ。」
長門「やってみるがいいさ。小娘め。私にはこのポップコーンがある限り無敵だ。
食らえ!!!!ポップコーンシャイニングウィザード!!!!!!!」
[ぁぼう]ンョキ
みくる「キョン君に何てことを!!!これはキョン君の仇です!!!!
さぁ、湯浅さん。お願いします。」
湯浅「象はパオーというから大きいんです。」
古泉「なんと、そうでしたか。ならば僕の童貞がキョン君のあそこに奪われるのも理屈が通るわけですね。
さぁ、キョン君。いたいのはさいしょだけですかr【かかったな小娘!!!】

ハルヒ「めがっさだけは!!めがっさだけは!!



何かヘリの音が聞こえるわ。うるさいわね。
っと、音がやんだと思ったら玄関の呼び鈴がなったわ。
誰かしら・・・
「はーい。あ!有希!久しぶり!どうしたの?ヘリコプターで来るなんて
赤ちゃんが起きちゃうじゃない。」
「今すぐ来て欲しい。会わせたい人がいる」
「だれかしら・・・・・」

「やあ、ハルヒちゃん」
「谷川流先生!!」
「先生はよしてくれ」
「ところで、何かようなんですか?」
「じつは・・・
vipperが動き出した。ハレ晴レユカイを一位にするらしい」
「別にイイじゃない」
「いや、これには、ブログ連合が関わっているらしい
これはハルヒを売り出すためにしくんだ事だって言うんだ」
「だから?」
「vipperとブログ連合の間で、戦争が起こった」



  KOIZUMI  ITSUKI

     BIG  ITSUKI
「キョンタン犯しで、SOS団を追放されたのは、僕の方だ! 
キョンタンと結婚してどうする?
罪を償って自分を葬るか!?」


     TANIGUTI
「WAWAWA忘れ物~、うおっ、まぶし」


 SUZUMIYA  HARUHI
「京都アニメーションは変わった・・・・
一つのアニメが終わり、私たちの出演は終わった
でも、私たちにはまだ、やらなければいけないこともある」



水泳授業後

キョン「隠すのは俺のポリスィーに反する!!」
     バッ―――
谷口「(亀頭戦士谷口がぁぁ…)勃発!!」
キョン「何言ってんだ?」
谷口「(しまった。つい口に…)なんでもねーよ」
 ジジジwwwッ………ガッ!!
キョン「谷口、チャックが開いてるぞ…」
谷口「やべっ!勃って閉まらねぇ」
クラス一同「…」
国木田「覚悟はできている…」
古泉「僕もです」
岡部「ウホッ!!いい男たち」

一年五組 男子十八名 担任岡部+古泉 達による
      20P



コンピ研部長の復讐。
キョンの目の前でコンピ研の奴らにハルヒをレイプされて二人の間に癒えない傷が・・・
レイプされたことを忘れたいとハルヒはキョンに関係を迫るがコンピ研の開発した薬でキョンはEDにされていた。
しかもキョンは原因がわからない。ハルヒははキョンが勃起しないのは自分が汚いからだと更に自分を追い詰める。
しばらくして再びハルヒとキョンの前に姿をあらわしたコンピ研は判断力が無くなる薬をハルヒに注入して毎日のようにレイプ。
そして妊娠。
コンピ研はその事実を隠す為に小額の金銭と引き替えに北高男子生徒~近隣の中学男子にハルヒの身体を売っていた。
そしてその話を聞いた古泉はキョンの貞操(ちなみに家族の前でキョンをレイプした)を条件に買収されてしまう。
薬の切れたハルヒは何度も自殺しようとするが失敗して・・・
長門、みくるのいない世界感で頼む。



キョン「お前か。」
朝倉「そ、意外でしょ。入ったら?」
キョン「…」
朝倉「どうしたの?」
キョン「一つ一つのプログラムが甘い。天井部分の空間閉鎖も、情報封鎖も甘い。」
朝倉「………」
キョン「だから俺に気付かれ…お、おい?」
朝倉「(ぐすぐす)…キョン君の馬鹿ぁっ!(ガラッたったったった…)」



キョン「お前か。」
朝倉「そ、意外でしょ。入ったら?」
キョン「…」
朝倉「どうしたの?」
キョン「おまえポニーにしないか?いやするべきだな!」
朝倉「えっ?あのぅ、私の話を聞いてくれる?」
キョン「俺ポニーテール萌えなんだ、おまえの長い黒髪でポニーにされたら萌え死ぬかもしれない」
朝倉「(予定と違うけど…)じゃぁ、萌え死んで」
キョン「髪の束ね方が甘い。くくる部分の高さも、束ねる量も甘い。」
キョン「それでは俺はもえな…お、おい?」
朝倉「(ぐすぐす)…キョン君の馬鹿ぁっ!(ガラッたったったった…)」



朝。「おはよう。」という声が聞こえ跳ね起きた。
何で挨拶一つで跳ね起きたかって?そりゃあ
朝倉「ずいぶんと寝起きが良いのね。」
こいつの声じゃあ起きるのも無理は………無理は……

無理は…


俺の右手が朝倉になってるーっ!?

続かない。



古泉の場合
朝。「おはよう。」という声が聞こえ跳ね起きた。
何で挨拶一つで跳ね起きたかって?そりゃあ
古泉「ずいぶんと寝起きが良いのね。」
こいつの声じゃあ起きるのも無理は………無理は……

無理は…


俺の右手が朝倉になってるーっ!?
古泉 「さっそくですが、オナニーさせてあげるよ♪きょんたん♪」



朝。「おはよう。」という声が聞こえ跳ね起きた。
何で挨拶一つで跳ね起きたかって?そりゃあ
リキッド「ずいぶんと寝起きが良いいんだな。」
こいつの声じゃあ起きるのも無理は………無理は……

無理は…


俺の右手がリキッドになってるーっ!?



はいはいオセロットオセロット



長門の場合
朝。「おはよう。」という声が聞こえ跳ね起きた。
何で挨拶一つで跳ね起きたかって?そりゃあ
鬼の手「ずいぶんと寝起きが良いのね。」
こいつの声じゃあ起きるのも無理は………無理は……

無理は…


俺の右手が鬼の手になってるーっ!?

古泉 「キョンたーーーーん大スキーーー!!」
キョン 「食らえ!!鬼の手!!!!!!」
古泉 「ゴバァッ!!」



ハルヒ「みんな!また町内のスポーツ大会に出るわよ!」
キョン「またかよ・・・・、で?今度は何のスポーツなんだ?」
ハルヒ「え~とね・・・、ガバディ?」
一同 「( ゚д゚)?」




ハルヒ 「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
キョン 「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
長門  「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
みくる 「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
古泉  「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
鶴屋さん「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」
キョン妹「ガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディガバディ・・・・」

ハルヒ「キョン!!」
キョン「なんだ!!」
ハルヒ「ちゃんとルール分かってる?」
キョン「知らん。ガバディって叫んでればいいんじゃないのか!?」
ハルヒ「でもさっきからどんどん点差開いてない?」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの日記み、見た?」
キョン「ああ、つーかこの学校の奴らの何人か見てんじゃないか?」

ハルヒ「///………は、恥ずかしい」

キョン「俺は毎日見てるぜ、おまえのブログ」



ハルヒ「ちょっとアンタこの日記見たでしょ!」
キョン「…ああ」
ハルヒ「信じらんない!机に置きっぱなしだったからって人の日記読むなんて」
キョン「正確に言うならば読んではいないな見ただけだ」
「というか一体それはどこの星の文字なんだ?」
ハルヒ「きっとこの文字を使ってる宇宙人がいるはずなのよ!」
「この地球でこんなに宇宙人を求めてる人間がいることをアピールしてんのよ」
キョン(これで今頃宇宙の偏狭の一角に知的生命体が生まれてるんだろうな)



キョン「うおおおらあああああハルヒ虐めてんじゃねーぞアサクラァアアアアアアアア」

朝倉「ちょっなによ突ぜn」

キョン「うるせええええええ死ね!!!!」

ドカバキグシャちーん

朝倉「あばばばばばばばばばば」

キョン「ハルヒもう大丈夫だぞ」

ハルヒ「ありがとうキョン抱いて!」

 ̄O ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
O
o
('A`)



山本「ハルヒ、あんな奴のことなんて忘れろよ。俺と付き合おう(突き合おう)ぜ」
ハルヒ「山本…」

翌日、警察にて
ハルヒ「あいつに無理やり関係を求められました」
山本「ちょwwwww和姦wwwwテラヤバス」

その後、山本は奈落の畜生道へと堕ちていった



キョン「最近学校はどうだ?」
キョン妹「?? 楽しいよ」
キョン「ふむ…その何だ、ミヨキチとはまだ仲良いのか?」
キョン妹「!! うん、仲良しだよ。キョン君にまた会いたいって」
キョン「そっそうか、いつでも遊んであげると伝えてくれ」
キョン妹「うっそだよー、ミヨキチもう彼氏いるもんね」
キョン「(´・ω・`) 」


キョン妹(こいつ真性ロリだ、気をつけよ)



「るんらら~♪」
「朝比奈さん、それ、違います」
「あんたなんか死んじゃえばいいんだっ!!」
「なんてこというんだ……これも違います」
「稟くん稟く~ん」
「ニアミスだけど違うぞ」
「僕が雛見沢に来たのは」
「だまれホモ」



長門×キョン妹

「有希ちゃん、有希ちゃん!何読んでるの?」
「…スターウォーズ」
「へぇ、面白い?」
「…ユニーク」
「私も本読みたいな」
「…童話、読む?」
「うん、読む!」
「…私が読んであげようか?」
「うん、有希ちゃんだーい好き♪」
「…///」
「読んで!読んで!」
「…昔、昔あるところに…」

「有希ちゃん!」
「…何?」
「これ見て!花のお冠、作ったよ!」
「上手」
「これ、有希ちゃんにあげるよ!」
と、花の冠を長門の頭に乗せた
「わぁ、キレイだよ!有希ちゃん」
「ありがとう」
「…ん、眠たいな…」
「寝る?」
「うん…」
キョン妹は、長門の膝を枕として寝た。
「…私も寝よう」
長門も寝た。
「…ZZzz」
「スゥー・・・スゥー・・・」

「おい、ハルヒ」
「何?」
「あれ見ろよ」
「あ、ホントだ!二人とも可愛いね」
「あぁ、まるで…」

    ――優しい天使みたいだな






ハルヒ「朝倉はここにいるわ!!まちがいない」

情報統合思念体「おいおい、どうするよ?」
朝倉「大丈夫、全部長門さんがうまくやってくれるわ」

長門「どうしよ…どうしよ…早く援護してよ……だめ?……ああ……とりあえず情報操作で………ああっ…オバーヒートするぅ」



長門「…………あたしの日記、見た?」

朝倉「ななな、何言ってるのよそんなことしないわよ?」

長門「……本当に?」ギロッ 
朝倉「ごめんなさい、見ました…」

長門「そこに正座しなさい、だいたいバックアップなんだからあまり観測対象に影響を与えてはいけない………………………………………―1時間経過―ガミガミガミガミ…………………………分かった?」 

朝倉「…はい、分かりました……(足がしびれた)」 
長門「あと、内容を口外したらすぐ情報連結解除だから」



私が朝倉涼子として涼宮ハルヒの観察を開始してからもう3年以上が経過したわ。

純粋な情報集合体の私達に有機生命体の思考パターンを理解する事は
不可能。ただ、私は涼宮ハルヒと人間的コミュニケーションを取る為に他の
TFEIより大量に人間的ノイズを内包している。
ノイズ情報の本質は理解できない、滑稽にそれをなぞるだけのピエロだけれど。



私は未だに涼宮ハルヒとコミュニケーションを取れないでいた。成果は
何一つあがらず事態はどんどん悪化しているわ。今までは小規模ではあるけれど
稀に情報爆発が観測できていた。けれど涼宮ハルヒがあのキョンという男子生徒と
SOS団なるものを立ち上げて以来その発生回数は激減している。

私は彼に聞いてみた。どうしたら涼宮ハルヒとコミュニケーションを
取れるの?と。しかし彼は答えた「わからん」。自分の行動を分析できない
なんてこれだから有機生命体はダメね。まあ、私に解析できないのだから
彼にできなくても当然と言えば当然なのだけれど。



私達には時間の制約は存在しない。けれど、人間という観察対象はわずか
100年程度でその存在を無に帰してしまう。私達はその貴重な時間をもう
3年も無駄にしているのよ。

このままでは「受身ではいけない、こちらから行動を起こすべき」
という情報圧に耐え切れず遠からず私は動作不能になってしまう。
もう猶予は残されていない、行動を起こすしかないわ。

キョンという男子生徒を教室に呼び出し殺害する事にした。こうすれば
涼宮ハルヒは必ずなんらかの行動を起こすはず。なのに直前で長門有希の進入を
許してしまうなんて。でも私の行動を阻害された事より彼女の思考に散在する
ノイズ情報の方が疎ましいのはなぜなのかしら。私と同じで彼女もまた何の
成果も挙げていない。なのに彼女は現状を肯定している。まるで彼女という
情報が涼宮ハルヒが作ったSOS団なるものの構成要因として相応しいと
考えているかのよう。論理的にあり得ないのに私の中のノイズ情報がそれを
肯定する。なんて…疎ましいの…!

要らない思索をしていたせいではないはずだけど長門有希にしてやられたわ。
もう私の有機情報連結は解除される。でも、これ以上私が有機生命体として
活動する意義を見出せないのだからその方がいいわ。最後に長門有希と
情報伝達をするのも悪くない…かな。

朝倉(私と違ってあなたは思索に不必要な情報を内包していない。
 でも最近のあなたの思考にはノイズが混じっているわ。私みたいに
 意図的に人間をトレースしたノイズではない何かがね。)
長門(わかっている。)
朝倉(わかっている?変なこと言うのね。あなたにはそれを自覚できないはずだけど。)
長門(…。)
朝倉(あなたもいずれそのノイズ情報に飲まれてしまうのかしら)
長門(…。)
朝倉(最後まであなたとは相性が悪かったわね。あなたがどういう答えを
 出すのかこれからゆっくり見せて貰う事にするわ。)


朝倉「涼宮さんとお幸せに。じゃあね。」

(完)



鶴屋さん「やっ、有希っこ!ん?コンビニ弁当じゃないか。もしかして、一人暮らしなのかなっ?」

長門「……そう」

鶴屋さん「ダメじゃないか!もっと栄養のバランスがとれたもの食べなきゃ!そうだっ、鶴にゃんが作りにいってあげるっさ、いいにょろよね?」

長門 コクン

‥‥‥‥
鶴屋さん「できたよっ、わたしの得意な和食にょろっ。どうにょろ?」

長門「……おいしい」

鶴屋さん「そうかいっ、よかったら時々つくりに来るにょろ!めがっさ楽しみにしてるにょろよ!」

長門「ありがとう」



みくる「出番がほっしい~~、出番がほっしい~~、出番がほっしぃーー!出番がほしい~」

長門「今では、私よりあなたのほうが置物状態」

みくる「グレてやる!」

‥‥‥‥
鶴屋さん「おや?みくる」 
みくる「話し掛けんな!」 
鶴屋さん「かっわい~~、みくるは何やっても可愛いな~」ナデナデ

みくる「ふぁうぅ~///」



長門「……おはよう」

黒ねこ「みゃ~、みゃ~」白ねこ「にゃお?」

長門「…朝ご飯、どうぞ…」

子ねこ「みゃぁ」パクパク
ねこたち「にぃ~」パクパクガサガサッ
シャミセン「に゙ゃあーっ」ガツガツ

ねこたち「………」ブルブル 
長門「…仲良くしなさい」ヒョイッ
シャミセン「にゃ?」

長門「あなたは彼のところにいきなさい…バイバイ」 
シャミセン「にゃ~」



古泉「おや、何の用ですか?朝比奈さんなら涼宮さんたちと買い物にいきましたよ」

鶴屋さん「そうかい、今日は古泉君と長門っちだけなんだ」

長門「………」

鶴屋さん「へぇ~、随分難しい本読んでるにょろね」長門「……図書館で借りた」
鶴屋さん「ふ~ん、誰と一緒に借りにいったのかなっ?もしかしてデート?」
長門「それはっ……///」 
鶴屋さん「古泉君にょろか?」
古泉「フフ、そうであったら嬉しいですが残念ながら違います」
鶴屋さん「ってことは、キョン君にょろか、キョン君はモテモテだねっ」
古泉「ええ、羨ましいかぎりです」

長門「私は別に…す、好きってわけじゃ…///」
鶴屋さん「はいはい、分かってるにょろよ♪」



キョン「ほらエサだぞシャミセン」

シャミセン「キャットフードなど食えるか!!我輩は世にも珍しいオス猫であるぞ」

キョン「じゃあ何がいいんだ?」

シャミセン「魚だ魚を釣ってこい!」

キョン「ほら魚だ」

シャミセン「なんで!?なんでフカヒレなの!?」



長門「鶴屋さん」

鶴屋さん「お、なんだい長門っち」

長門「……にょろって何?」

鶴屋さん「おっとそれは聞いちゃいけないことにょろ」

長門「…そう。私も使ってもいい?」

鶴屋さん「あははははっ、もちろん」

長門「ありがとう、にょろにょろ鶴屋さん」

鶴屋さん「………特訓が必要にょろね」


|