世界崩壊直前にで

朝倉「全ては揃ったわね」
キョン「ハルヒを何した!?」
ハルヒ「コロス……キョンヲコロス……」
朝倉「簡単な事、操ったのよ」
キョン「ハルヒ!目を覚ませ!」
ハルヒ「……キョン……ゴメンね…」
キョン「!?」
朝倉「あははは……どの道、私の勝ちよ!もはや、誰も止めはしないのよ!」
ハルヒ「コロス!」
キョン「な、何!?」
ハルヒ「終わった……」
キョン「涼宮ハルヒ!お前は……俺の……!」


終わり



キョン「おい、勝手に俺のプリン食ったろ!」

キョン妹「しらなーい」

キョン「うそつくな」

キョン妹「キョン君のケチーー」         
キョン「こら逃げるな、シャミセン投げるな!」



キョン「おい、勝手に俺のプリン食ったろ!」

キョン妹「しらなーい」

キョン「うそつくな」

シャミセン「私は君のプリンを食べてなどいない」

キョン・キョン妹「「…………」」

キョン「うおっ!シャミセン喋るな!!」

キョン妹「わぁ~~♪シャミ喋った。もっと、しゃべって、しゃべって~」

シャミセン「いいだろう」

キョン「や~め~ろ~~~~~」



キョン「おい、勝手に俺のプリン食ったろ!」

キョン妹「しらなーい」
キョン「うそつくな」

シャミセン「私は君のプリンを食べてなどいない」
キョン・キョン妹「「…………」」

キョン「にゃ~にゃ~うるさいぞシャミ、やかましい」

キョン妹「分かった!きっとシャミが食べたんだよ」
シャミセン「ちがう!!」
キョン「シャミ……ペットのくせに俺のプリンを」



キョン「おい、勝手に俺のプリン食ったろ!」

キョン妹「しらなーい」
キョン「うそつくな」

キョン「・・・チョイチョイ」

キョン妹「なに~?」
キョン「レロチュー」
キョン妹「!!!」

キョン「やっぱりお前プリン食ったろ」

キョン妹「えへへ~ごめんねキョン君」



シャミセン「実は私の好物はプリンだ、ゆえに今日もあの冷却用の箱の中の獲物をねらうのさ」

だが、今回は想定外だった……

狩りに成功したシャミセンはいつもと違う異常に悩まされることになった……



チョン「おい、勝手に俺のプリン食ったかニダ!」

キョン妹「しらなーい」

チョン「うそつくなニダ」

キョン妹「チョンのくせにー」

チョン「謝罪と賠償を要求するニダ」


谷口「wawawa 忘れ物~~、あ゛!俺のプリンがない!」




キョン「これでよかったのか?長門」

長門 コクッ 「…モグモグ」


キョン妹「観測対象Kは今日も異常ナシ」

朝倉「そう、わかったわ。引き続き妹として任務継続しなさい。長門さんは?」

キョン妹「まだ気付かれていない様子」

朝倉「あの娘と涼宮ハルヒには気を付けなさいね」

キョン妹「了解」





もしもキョン妹がインターフェースだったら


谷口チャック空いてるぞ。

谷口「チッチッチッ  そういうと思ってだな?ちゃんと対策を練ったんだよ!」

いや空いてるし

谷口「馬ー鹿、人の話は最後まで聞け。おまいらがチャック、チャックうるさいからな」

だって空いてるんだもん

谷口「…いいから聞け。じゃじゃーん!チャック取っちゃいましたー♪
どうだ?すごいべ?
もうチャック魔だなんて言わせない!!」

あー、本当だチャックがねぇや。
…つかこっちの方が恥ずかしくないか?どうせなら縫っちまえばよかったのに。

谷口「あ、それは盲点だった……」

キョン妹「いや~ん、えっち~……///」



谷口「You are ショーック!」
谷口!?飛び降りたぞ!?谷口!?
谷口「はっ…俺はここまでのようだな…」
谷口!?おぃ!?
谷口「見ろ!キョン!谷口は真っ赤に燃えるぅぅぅぅっ!!」(ガクッ…)
…谷口…お前は、チャック魔として語り付くだろう…

俺は、谷口の…友人……かもしれ…ないな…いやいやいや、うん、友人だ!友人!

谷口(キョン…お前、今まで何と思ってたのだ…)





喜緑さん「同じ学年なんだから仲良くしましょうよ」

朝比奈さん「ひぇ!?あ、あのぅ、そのぅ」

喜緑さん「大丈夫です。何もしませんから」

朝比奈さん「おまえ出番すくねえからって目立とうとすんじゃねぇよ!朝倉召喚!いけ!!」

朝倉「はい、ご主人さま♪」

喜緑さん「きぃやぁぁ~~~!情報連結解除ぉー!」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのアイス食べたでしょ!?」

キョン「ちょっと待て、俺は食ってないぞ」

ハルヒ「はあ?あんた以外誰が勝手に食べるっていうのよ!」

柳沢「急に暑くなったので…」

ハルヒ「……」

キョン「……」



「あぁ~、何か不思議なことはないかしらね~?
ん?なんでこんなところに子供がいるのかしら?」

「あなたは新入生ですね?」

「え?そ、そうだけど」

「私は美浜ちよ、2年生です。美浜先輩ですよ」

「美浜……先輩……」

「せんぱいだー。えへへー」

「この学校おもしろいわっ!」



ハルヒ「あれ?アイスアイス…ねぇ、キョン、アイス食べた?」
キョン「あ?「アイス・エイジ」がどうしたって?観てないぜ」
ハルヒ「って、アイス食べたでしょ?」
キョン「あぁ、そっちが…食べてないぜ」
ハルヒ「…ねぇ、キョン…あたしが来る前に何か食べた?」
キョン「えーと、煎餅とうまい棒に、ガリガリ君だなぁ…」
ハルヒ「へぇ、そのガリガリ君はし、何味かな?」
キョン「ソーダだな」
ハルヒ「それどこにあったかな?」
キョン「あー、誰が入れたが知らんけど、冷凍庫に…って、アアッ!?」
ハルヒ「キョーーーーンくーーーん?」
キョン「待て!ハルヒ!早まるな!ってか!これ…谷口の靴下じゃねぇか!?」
ハルヒ「うん、そーれーがーどーしーたー?」
キョン「ちょ、おま…うわ、やめ…」


  きゃああああああああああああああああああああ……

古泉「平和ですね」
みくる「そうですね」
長門「……バカばっか」

谷口「あれ?靴下はどこ?あれが無いと足のバランス取れにくいよなぁ」
国木田(!?…谷口…足は飾りなのか!?)



さて、俺の名はション・スミス…じゃなくでキョンな、キョンよ!あぁ、何回も言うけどキョンね
谷口「キョン、誰に向かって言ってんだ?」
「ん?いや、テストだよ…うん、テスト」
谷口「いや、何のテストだよ?」
「俺が言ったら、お前のチャックが勝手に開くか?と言うテストだ」
谷口「…ハッ!?…チャック!?いやぁん!開いてるよ、キョンのHー!」
「いっぺん死んでろ」
と、谷口を突き飛ばした…言っとくか、今いるのは踊り場…突き飛ばした先は分かるだろ?
谷口「な、ちょ…You are ショーック!」
国木田「谷口ー!大丈夫かー!」
谷口「あぁ…大丈夫だ…」
国木田「じゃ、死んで」
谷口「お前らーっ!それでも友人かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
無視、無視



「やあっキョンくんキョンくん!」
「?何ですか、鶴屋さん?」
「あのさ、スモークチーズはあるかいっ!」
「スモークチーズ、ですか…ないですね」
「そっかー、じゃあいいやっ!またねっ!」

そういって廊下を走っていく鶴屋さん。
なんなんだろう、この鶴屋さんは、ちょっといつもと違うハイテンションだな。

「あーっみっくるーっ!スモークチーズはあるかーい!?」

なんなんだろうな、本当に。



谷口「キョン、大変だ!」
「何だ?谷口?」
「チャックが壊れて閉めれなくなった!」
「このチャック魔め!」



「こちらスネーク。目標地点への潜入に成功した」
「よくやったスネーク。だが気をつけろ。報告によると目標はとても勘がいいらしいからな」
「その辺はぬかりない。いざと言う時のために段ボール箱も持って来てるしな」
「君はいつの間にそんな物を潜ませていたんだ?」
「フフッ♪禁則事項です!!って言ってる場合じゃないな。そろそろ行動を開始する」
「なにか腑に落ちないがいいだろう。定刻まで目標を調査したのち帰還するんだ」
「了解。通信を終了する」

とまぁ何がなんだか分からない内に此所まで来たんだが。うむ。早く終わらせてバカンスの続きを楽しまないとな。しかしロッカーの中ってのもなかなかに狭苦しいな
人の気配も無い事だし外に出るか……

ガチャッ……

「ウオゥ!!!!」
なんだなんだなんだ!!何故このような少女がここに居る!!気配は全く無かったぞ!!?しかもすっごいこっち見てるし。
「私は貴方を知っている」
「貴方の所属する舞台は通称FOXHOUNDと呼ばれる傭兵部隊。貴方の経歴を詳しく述べるなら。まず最近の出来事として……「何故俺の事を知っている」」
「その様な情報が送られて来た。私に危害を加えようとしようとしても無駄。この空間は私の情報制御下にある」
「なっ……」
…体が動かん。この少女に従うしかない様だな。
「それで、俺にどうしろと」
「貴方には別の機関への侵入を依頼する。」


   名前を`新川'として



長門「睡魔対策が甘い」
長門「だから私に寝かされる」
朝倉「いつまで起きられる?」
長門「寝た」
朝倉「あなたのファンが?」
長門「ファン?」

キョン「やれやれ」

谷口「WAWAWA忘れ物~」
谷口「すまん、ごゆっくり!」

長門「チャック」
キョン「そっちかよ!」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの腕章たべたでしょ!?」
キョン「腕章などたべるわけないだろう」
ハルヒ「おっかしーわねぇどこにもないのよ」
キョン「団長の腕章以外にもたくさんあったじゃないか?」
ハルヒ「全部ないのよッ!」
長門「…」
ハルヒ「あっ有希、あたしの腕章しらない?」
ピロピロピー
長門「万国旗」
キョン「うぉぅ!」
朝倉「意外でしょ?」
ハルヒ「……有希」





綾波「…私が死んでも代わりはいるもの…」



鶴屋さん「キョン君キョン君」

キョン「あ、鶴屋さん。どうしたんですか」

鶴屋さん「うーんとねっ、いつSSが投下されるのかなぁっ」

キョン「すみません。それは俺にも分からないんですが・・・」

鶴屋さん「もうっ。早く読みたいなぁ。めがっさ退屈だと思わないかいっ?」

キョン「そうですねぇ。今はとりあえず保守しておきましょうか」

鶴屋さん「だねっ。保守するにょろ」



ちゅるや「スモークチーズあるかぃ?」
鶴屋「あるけど、何故かな!」
ちゅるや「それ、めがっさ、ください!にょろ~」
鶴屋「いいけど、条件あるにょろ!」
ちゅるや「なにかな、なにかな」
鶴屋「私の変わりに学校へ行ってくれると嬉しいにょろ~」
ちゅるや「了解したにょろ~、うち、めがっさ頑張るにょろ!」
鶴屋(ふふふ……これで利用すれば休めるね!私って何で鬼かな!)



しかし、一週間してバレてしまい、先生に凄く怒られたのは言うまでもない……



もしも鶴屋さんが関西弁使うと
鶴屋「めがっさ、頑張るで~!」
鶴屋「うちは、みくるにゃんの味方やで!」鶴屋「何言うでんの!キョンくん、ホンマ面白い人やわぁ」
鶴屋「おはようにょろ~!」

鶴屋「弾幕薄いぞ!何やってんの!」




鶴屋さん「なぁなぁ、キョンくーん。スモークチーズもってるー?」
キョン「さっき食べたばっかでしょう」
鶴屋さん「でもなぁー、めがっさおなか減ってーん。我慢できないにょろー」
キョン「あ、あんなところにUFOが」
鶴屋さん「ほんまやー」

大阪と被ってる。



キョン「よっ、元気か?」
竹原「やかましいじゃ、昨日は悪夢を見たけんのぅ」
キョン「ほう」
竹原「おかげで寝れんかったゆうとるやろうが、今日ほど休もうと思った日はないのぅ」
キョン「そうかい………竹原」
竹原「なんじゃ?」
キョン「チャック開いてるぞ」



ある雨の日

ガチャ
鶴屋「やっほー」
長門「……」
鶴屋「あれれー今日は有希っ子だけなのかい?」
長門 振り向かずにうなずく
鶴屋「みくるにちょろーんと用があるっさ」
鶴屋「どこに行ったかしらないかなー?」
長門 窓の向かいの棟を指差す
鶴屋「みくるはあっちか!ありがとっ」
鶴屋 ドア半開き
鶴屋「そう言えば有希っ子って」

鶴屋「いっつも黙ってるけど本当はめがっさ喋るとか?」
長門「……」
鶴屋「やっぱ違ってたかな?ごめんねっ」
長門「待って!」
鶴屋「にょろ?」
長門「え、ていうかいつ気付いちゃったの?」
 「ハルにゃんとみくるんとイッキーはそっちだけど」
 「あたしはいとしのキョンたんにしか興味なくって」
 「っていっちゃったキャーああもうどうしょう」
 「キョンたんなんだかストーブとりに行くって」
 「今日は雨なのに皆のためにというかハルにゃんのためなんだけど」
 「あのけなげさがもう胸キュンなのって」
 「あたし鶴屋さんの前で何言ってるんだろハズカシ!//////」
鶴屋「にょ、にょろーん」



ハルヒ「ねぇねぇ、キョン!転校生が来るんだって!」
キョン「ほぅ、転校生ね…」
ハルヒ「その人は、女の子らしいのよ!それからね、ピンクのリボン付けてるらしいよ!」
キョン「そりゃ、楽しみだな」

ガラッ

岡部「えー、皆に言う!今日から新しい生徒が入る!入っていいぞ」
??「はい」
彼女いない男達「「「おおおおーっ!!」」」
キョン「ほぅ、可愛いな」
ハルヒ「でしょ!団員になってくれないかな?」
キョン「お前なぁ…」

岡部「えー、自己紹介する」
遥「私の名前は、涼宮 遥です。よろしく」
クラス一同「え?」
キョン「え?」
ハルヒ「へ?な、何で…あたしを見るの!?」
「涼宮」ハルヒ
「涼宮」遥

クラス一同( ゚д゚)
キョン(゚д゚)
ハルヒ( д )   ゚ ゚

遥「?どうしたのですか?」

続かない



谷口「長門、本当に大丈夫なのか?」
谷口「あ・・・、眼鏡の再構成を忘れた・・・。」
谷口「・・・してないほうが可愛いと思うぞ。俺には眼鏡属性ないし。」
谷口「眼鏡属性って何?」
谷口「何でもない。ただの妄言だ。」
谷口「・・・そう。」

ガラッ

長門「Wa Wa Wa 忘れ物~♪」
谷口「!!」
長門「!!」

谷口「・・・・・」
長門「・・・・・」

谷口(聞かれたのか・・・?)
長門(今の・・・、聞かれた?)

長門「・・・・谷口の情報連結解除、開始。」
谷口(やっぱり聞かれてた!?)



キョン「おい、おまえシャミセンどこにやった?」

キョン妹「えっ、あ~あれ汚いし飽きたから捨ててきた~」

キョン「そうか、まあしょうがないか。あいついつもネズミくわえてくるしな」:


シャミセン「ふぅ、やれやれ」



ハルヒ
「キョン、スキヤキするからお肉買ってきてお金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」
キョン
「・・・・つっこみどころはたくさんあるが、肉は買っといたぞ三ヶ月前に。」
長門
(肉が黒い!!!!!)



キョン「実は俺、ポニーテール萌えなんだ」


キョン妹「じゃあキョンくんは私がもらっちゃうねっ」



ある晴れた日のこと俺がめずらしく団長の命令もなく休みを満喫して町をぶらぶらしているとありえない2人組みを見つけて驚愕のあまり呼吸という行為を忘れてしまった。

ハルヒ「ぐっちゃん、キスシヨ~ヨ」

谷口「ここはだめだろ、ホテ~ルで好きなだけしてやるよ。俺のかわいい子猫ちゃん。」



キョン「ハルヒ、今日はなにするんだ?」

ハルヒ「今日は休み、皆自由に帰っていいわよ」

キョン「なに??ほんとか??」

ハルヒ「ええ」そうゆうとハルヒは部室から飛び出て行った。
俺は怪しいと思いハルヒを後からつけていたら、なんとあいつが!!
谷口「遅いじゃねーか、じゃあホテルいこうぜ」

ハルヒ「今日も楽しみ」

キョン「・・・・・・・・・・・・」



|