朝比奈みくる「こんちは!」

キョン「あぁどうも、朝比奈サン」

みくる「プリン食べてるって聞いて…ミルクかけにきました////!」

キョン「はっ?ミルクをかけるって………プリンにミルクですか?」

みくる「はい…恥ずかしいから…あんまり見ないでくださいね////」

キョン「えっ…?見るなって、どういう………!!!!!」

みくる「よいしょ…はい…」

俺は今、信じられない物を見ている。あの朝比奈さんがプリンに母乳をかけてる!まぁ~出てもおかしくはないよな~、などど思いつつ左右の豊満な胸の先にある、桜色の突起物から交互に母乳を出す朝比奈さんから目が離せないでいた。


キョン「あっあの……朝比奈さん?」

みくる「はい…キョンくん…召し上がれ♪スッゴく恥ずかしかったんだから、残さず食べてね…♪」


キョン「当たり前です!!!!!残すわけないでしょう!!!!!それではいただきまぁーーーす!!!!!!」
ガツガツガツガツガツガツ!!!!!
キョン「御馳走様でした!!!!!」

みくる「うふっ。すご~い食べっぷりでしたよ、キョンくん♪そんなに美味しかったですか?」

キョン「えぇ、甘くてとても美味しかったですよ。朝比奈さん。」

みくる「うふふ、良かった~それとね、キョンくん…………」


キョン「まだ何かあるんですかってぇぇぇ!!!あっ朝比奈さん!?」

みくる「とまらくなっちゃったんで……吸ってくれますか………?////」


当然、断るわけがない。みんなもそうだろ?

|