※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「朝比奈さん小便漏れるうっ!ご、ごめんなさいぃっ!」

みくる「ふぇっ!?キョ、キョンくん?………ふぁっ、らめぇっ!」

キョン「ふうぅい………」 ジョロジョロジョロー

みくる「なっ、膣内はだめでしゅ!」



キョン「今からテストをするから目を瞑りなさい」
長門「……?」
キョン「これは感覚が鈍ってないか確かめるテストだ、じゃあいくぞ」
長門「……」
キョン「いま触られてるのはどこだ?」
長門「……肘?」
キョン「じゃあここは?」
長門「……二の腕の裏?」
キョン「ここは?」
長門「……乳房……?」
キョン「……ここはどこだ?」
長門「んっ……乳首……?」
キョン「ハァハァ……ここは……?」
長門「んんっ……股間……んっ」
キョン「ハァハァ……よしもう目をあけていいぞ……テストは合格、正常だ」
長門「……よかった……」

長門~、それセクハラ~、セクハラ~



古泉「テストをしますので目を瞑ってくださいハァハァ」
キョン「お断りだ」



長門「昨日インターネットで調べたところ『異性に揉まれると大きくなる』らしい……」

キョン(こ、このパターンはまさか…………)ドキドキ

長門「検証したい」

キョン(キタ――――(゚∀゚)――――!!)

長門「出して」

キョン「へ?何を?(キテなかった………?)」

長門「………性器」

キョン(やっぱりキテタ――――(。∀゚)――――!!)



「ねえキョンくん、どうして毎朝あたしの胸触るのー?」
「それはな、お前が朝比奈さんみたいに大きなおっぱいになってほしいからだよ」



鶴「ねぇねぇキョンくんキョンくん」
キ「何ですか鶴屋さん」
鶴「キャビアはあるかい?」
キ「・・・ないですよ」
鶴「ん~じゃぁトリュフは?」
キ「・・・それもないです・・・」
鶴「んじゃポークビッツはあるかい?」
キ「ないですよ」
鶴「嘘言わないでよ~」
キ「はい?」
鶴「持ってるじゃん☆」
キ「何処に?」
鶴「ここだよここ」
キ「ここって・・・!?いやいや下ネタはやめてくださいよ ってかチャック開けないでください」
鶴「固い事言うなよぉ もうここかちんこちんじゃん」
キ「さり気無く部位の通称言わないでください それより甘噛みだけは・・・甘噛みだけは・・・」



アッー!!



長「?これなに?カレーなのに白い・・・」
喜「あぁ、それはね、ホワイトカレーて言って白いカレーなのよ」
長「ふぅん。白い・・・カレー・・・ドロドロ・・・っ!!」
喜「?どうしたの?」
長「・・なんでもない」
─翌日
長「男の人ってズルい」
キョン「いきなりどうしたんだ、長門?」
長「いつでも食べたい時にカレーが食べられるから」
キョン「??女でもカレーくらい・・・」
長「ここから出せるんでしょ?白いカレーを・・・」
そう言って長門は俺の股間を撫で始めた
キョン「やめろって!長門!クッ出る・・!」
長門の顔に白いカレー(長門曰く)が降り注ぐ
長「・・・カレーじゃない・・・。でも、おいしい」
キョン「・・それならいくらでも食べさせてやるよ」



「すまんハルヒ、今日は朝比奈さんと鶴屋さんとさんぴーの約束があるから部活を休む」
「あっそ。今日休んだら明日は部室の掃除だからね」
「それは…面倒だな。じゃあやっぱさんぴーはやめておくか」
「ならあたしとゆきですればいいじゃない」
「その手があったか!」

「鶴屋さん…最初からごぴーにしておけばよかったですね」
「ごぴーはめがっさ多すぎるよっ」



「ねぇ、キョン。バンつくったことある?」

「ねえな。パンを作ったことはない…が、お前のパンツは毎日おかずにしてるぞ」

「…えっちぃんだから…もう///」



キョン「雨ふってきたな」
長門「そう」



キョン「ここも雨が降ってるみたいになってるぞ?」 クチュクチュ

長門「………ャァ///」

キョン「な~んでかな~?」 クチュクチュクチュマチュピュチュクチュクチュクチュ

長門「はん………くぅん……ハァハァ///」

キョン「あちゃー、全然雨漏りがおさまらないやwwwこりゃ栓をするしかないなwwwwwwうぇっwwぅえっwwwwwwwwww」カチャカチャヂーー

古泉「隙ありッッ」 テド┣゛`ノ!

キョン「うばぁっ!!?」

古泉「ほるほるほるほるwwwwwwwwwwww」グリグリグリ

キョン「おっ、おっ、おっ、おっ」



長門「ハァハァ……(放置プレイ…こういうのも悪くないかも)///」



「あれっみくる、なんかにおわないかい?」
「いえ別に…」
「こ、これはチーズのような…ちょっと恥ずかしいにおいだよっ」
「チーズ? スモークチーズですか? そんなものここにはないけど」
「みくる、だから恥ずかしいにおいだってば」
「恥ずかしい? チーズが?」
「もうっ、はっきり言わせる気? みくるお風呂に入ってないんじゃないかなっ?」
「あ…はい。昨日は給湯器が壊れてて…」
「でも夕べ自分でいじったでしょっ?」
「え? なんですか? そんなこと…」
「いじったでしょ! キョンくんとしてるところ想像しながらさっ?」
「キョンくんは関係ありません! …でも、いじりました」
「そのにおいだよっ! ガス直ってなかったら今夜はうちに来てお風呂浴びてきなよ」
「あ、ありがとう…」
「そんなにおいさせてちゃ、変な人に捕まっちゃうよっ! キョンくんにも嫌われちゃうっさ!」

一方そのころ部室では…
「はぁはぁ、朝比奈さんのメイド服いいにおい…これで白米3合は行けるな。今日はすっごく
いやらしいにおいさせてたし、もう辛抱たまらん!」ドドピュンコ!!
「そう」



「最近キョンくんを起こしに行くとおしっこが漏れちゃうんだ。別にトイレに行きたいわけでもないのに」
母は妹の言葉を聞くと顔色を変えた。…おいおい、俺は何もしてないぞ。神に誓って。

次の日から母は俺を露骨に避けるようになった。夕飯何がいい?と聞かれて親子丼と答えてからのことだ。



国木田「あなたを犯してご両親の出方をみる!」

阪中「らめぇっ、ビデオ撮影しちゃらめぇ!!」 ギシギシ

国木田「このビデオを郵送してご両親の出方をみる!」 ギシギシ



ハルヒ「よし今日は不思議を探しに校内探索よ!」
キョン「そんな事よりケツを出せ」
ハルヒ「………」



ハルヒ「イイ…イイのぉ…キョンのミステリースティックが私のマンコ突いてるのぉ!!」



「キョン君、キョン君!! お願いがあるんですぅ」
「何ですか朝比奈さん? あなたのお願いなら何でも聞きますよ」
「じつわ……。その、あのっ…えっと、私、痔になっちゃったんですぅ!」
「!!!」
「で、その、私のアソコに、薬塗ってくれますかぁ?」
「ええ…朝比奈さんがいいなら構いませんが」
「きゃっ!! じゃあ、お願いしますね♪」

メイド服のスカートをたくし上げて、ショーツをずらす朝比奈さん。理性が飛びそうだぜ。

「あんっ、キョンくぅん…恥ずかしいですぅ…」
「今やってますから、動かないで」
「はうっ。ううん…きょんくぅん…」
「……終わりましたよ。朝比奈さん」

真っ赤な顔の朝比奈さんが、突然俺に襲い掛かってきた!

「うふふ、あたしもう我慢できないの。キョン君を食べちゃいますぅ」
「あ、朝比奈さん。落ち着いて――ぎゃあ!」
「オラオラ、観念しろこの一般人が!! お前らバカップルのせいで、私がどんだけ
ストレス抱えてると思ってんのさ! 覚悟しな!!」
「いやぁ、ごめんなさい。朝比奈さん許して!!」
「うだうだ言わないで、とっととチ○ポおっ立てろこのクズが!!」

bad end



キョン「入部届け書いたお、1分レスがなかったら帰るお」 長門「瀬戸際に阻止」 キョン「怒ったお。夜に長門をレイプするお」 長門「アンアンアン惚れたお、恋は病だお」
朝倉「やあ長門に呼ばれてきたお」 キョン「レイプするお」 朝倉「ハメられたお」 長門「奴隷になるお」 朝倉「了解だお」
主要キャラ「アンアンアンレイプされたお。奴隷になるお」
キョン「デレ化したハルヒキモイお。長門付き合うお」 長門「計画通りだお」 ハルヒ「キレたお。色々するお」 長門「完全犯罪ビームだお」 ハルヒ「やられたお」
朝倉「ヤンデレビームだお」 長門「うざいから深海に埋めるお」
キョン「結婚するお」 長門「籍を入れるだけならおk」 キョン「断我無理由」

ハッピーエンド



「キョン、肩揉んであげるわ」
「ああ、サンキュ」
『もみもみもみもみもみもみ』
「じゃあ今度あたしの番。キョン肩揉んで」
「へいへい」
『もみもみもみもみもみもみ』

「もっと前も」
「前?」
「そう、もう少し前」
『もみもみもみもみもみもみ』
「ああっ、キョン、ちょっと強いよ。もう少し優しく揉んでよ。おっぱい」



これはエロイ



古泉「これがエロい?何を言っているのですか・・・」






古泉「これが真のエロスというものですよ!そうですよね、キョンたん!!
    さぁ、今日もいい声で鳴いてもらいますよ!!」
キョン「それはない」






長門「温度差感じてくだしあ」



国木田「ふふっ……こんな恥ずかしい姿を見られてるのに、ここはもうぐしょぐしょだよ?
    とんだ変態さんだね」

阪中「ゃぁ……違うのぉ……もう帰して……グスッ……ほしいのね……ぅぇぇぇ」

国木田「あははっ!いいことを教えてあげるよ、阪中さん。
    あそこを見てごらん。何があるかわかるかなあ。」

阪中「い……一体何なのね……あ!……あれは……」

国木田「わかったかな?そう、ビデオカメラを回しているんだ。
    君の痴態が余すことなくこれに収められているということだね。
    これがどういうことか わ か る よ ね ?」

阪中「そ……そんな……」



『淫語ネタ』

長門「…………」 ピコピコ
キョン「長門はポケモン好きなのか?」
長門「……わりと」 ピコピコ
キョン「ちなみに何が好きなの?」
長門「カビゴン……可愛い…」 ピコピコ
キョン「へ~、可愛いのが好きなんだ……」
キョン「……ちなみに俺もポケモン持ってるんだよね……触る?」
長門「………ポケモン?」
キョン「ちょ、ちょっと触ってごらん。可愛く鳴くから…」
長門「これがポケットモンスター?」
キョン「お、おう…」
長門「これが可愛い?」 ムギュ
キョン「うひゃあぁぁッん!」
長門「カー、ペっ!!こんな醜い汚物がポケモンですって!?ポケモンをバカにしないで!こんなものこうしてやるっ!このっ!このっ!」 グイグイ
キョン「らめえぇぇぇうぁああいくぅぅぅ、、んっ!!いひぃッ、もッろぉ!優しくううぅぅしへええぇぇーッvv、お゙お゙ーーっッvv」ドピュ、ビクビク
長門「汚らわしい、汚物は消毒よっ!」 グチャ
キョン「ひゃぁぁーーーッッっっ!!!!」ビクビク



長門「うまく言語化できない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いて」
キョン「………」
長門「私は■■■■■■で■■■■を■■した。その時真由理の■■■■■■」
キョン「ちょ、ちょっとタンマ!伏せ字だらけで何を言ってるのかさっぱりわからんのだが」
長門「……伏せ字の中には放送禁止用語が入る。普段おとなしい娘がHな言葉を連呼してるの。朝比奈みくるなんかよずっと興奮するでしょ?
こいつもしかしておとなしそうな顔して男を知ってるのか?誘ってるのか?それとも童貞の俺をからかって遊んでいるのか?…そう考えるとなんとも言えない劣情が沸き上がるってくるでしょ?」
キョン「う、うん…まぁ」
長門「でもお触りは禁止。自慰ならしててもいい。見ててあげる」
キョン「お、おう…」 ジイィィィィィ
長門「(可愛い…)続き、話すね。■■■■が私の中で■■■■グリグリと■■■■が■■■■えぐる様に私を■■■■■■…etc.」
キョン「ハァハァハァハァ…長門…くっ、長門ぉあ゙あ゙!」 トピュ、ビクピク
長門「いっぱい出したね。ね?明日も来てくれるかな?」
キョン「い、いいとも…ハァハァ」
長門「(クフフ…これで彼は私の虜…可愛い私だけの下僕…)明日はもっとすごいことしようね…」



『みくるの抵抗』

みくる「イヤです、キョンくん止めてください!」
キョン「いいじゃないですか。もう我慢できないんです。」
みくる「ふえええ・・・それしまってください・・・。」
キョン「触ってもいいんですよ?ほ~ら、固いでしょ?」

部室の前でハルヒが聞き耳を立てて二人の会話を聞いていた。
ハルヒ(いやだ・・・この二人部室で何やってるの?)

バタン!
ハルヒ「コラー!キョンにみくるちゃん!部室で何してるの!?」

肉棒をさらけ出しているキョンと、必死に抵抗しているみくるの姿があった。

ハルヒ「ちょwwwww落ち無しwwwwwwwwwww」



キョンのオナ禁生活

1日目。
キョン「うーむ……オナニーできないと思うとだんだんしたくなってきた……」
朝からティムポがおっきくなった俺はムラムラしていた。
だがそんな考えを振り切って学校に行った。
学校に行けばオナ禁していたことすら忘れるだろう。
そう思っていた――

現実は非情であり、授業中はずっと勃ちっぱなしだった。
時折、ハルヒが話し掛けてきたときに吐息がかかってそれだけで射精しそうになった。

休み時間。俺は部室に行った。
みくる「きゃっ…!」
朝比奈さんてぶつかってしまった。
みくる「ふぇぇ~牛乳がこぼれちゃいましたぁあ~」
よく見ると朝比奈さんの顔に牛乳が掛かっていてとてもエロかった。

キョン「ち、ちょっと顔洗ってきます……」

俺はトイレに駆け込んだ。
キョン「これは違うのぉ!!ああっ手が止まんないのぉ!ら、らめぇー!アッー!」

リセットorz


最低オナ禁三日が目標です……



5月●日
長門に呼び出されて一人暮らしの女の子の部屋に招待されたわけですよ。
いいですかみなさん?可愛い女の子の一人暮らしですよ?夜中に呼び出されたんですよ?
女慣れしていない童貞じゃなくても期待しちゃうでしょ?
だから部屋に着くなり長門を乱暴に押し倒したわけよ
そうしたら長門
「やぁ!やっぱり恐いっ!」
なんて言って暴れるんだよ。
さすがに俺も我に返って
「あ、ごめん・・・、やっぱりよくないよ・・・ごめんな」
って言ったんだ。
そうしたら
「やさしいんですね・・・」
って言って、俺の手を自分の控えめな胸に押し当てて
「好きにしちゃって、、いいですよ・・・」
って恥ずかしそうに言うわけよ。
もう俺理性なんてものがどっかいっちゃって

(全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください)



『ヤリチンキョン』

マドモワゼ~ル! ハウアーユー? アイムファイン。

俺はキョン。タイトルの通りヤリチンの男さ。
俺ってそんなに顔は良くないんだけど、何故か女の子にモテまくっちゃうのよね。
キミ達の周りにも居るだろ?大してカッコ良くもないのに頻繁に女作ってる男。
俺ってそういうタイプの人間なのよ。何もしなくても女の方から寄ってくるのさ。俺から発せられるフェロモンがそうさせるのかな?

このフェロモンのおかげか、俺の周りには女が数人群がっている。

少々頭はイってるが、顔・スタイルは申し分ない涼宮ハルヒ。
コミュニケーション能力が決定的に欠如しているが、どこか可愛らしい長門有希。
バカだが器量良しででかい胸を持ってる朝比奈みくる。
金持ちの娘の鶴屋。
こちらも金持ちの娘の阪中。

↑どの女もこれ以上ないほどの上玉さ。
だがコイツらと距離を置いた付き合いにもそろそろ我慢の限界さ。
どの女もこの俺に気があるのは確か。

そ ろ そ ろ ヤ る か !



「涼宮はやめとけ。あいつはマン臭のきっついヤリマンだぞ」

「ま、いいわ。どうせ本当のことだから。あんたもあたしとやりたいの?」

「いいわよ、生で。どうせピル飲んでるから」

「この短小! 包茎!」

「その上早漏なんて、マジであんた使えないわね」

「キョンくん、お姉さんが慰めてあげるから、ね」

「はぁ~、それ以上はき、禁則…うぅ」



長門版
俺は気が付くと夕日の差し込む教室で半裸の長門に跨られていた。
状況はあまり把握できていないが目の前の長門を見ると「このままじゃいけない」ってことだけは分かった。

「………これ……硬い……挿して……いい?」
「……そんな言い方しても駄目なもんは駄目だ」
「もう……我慢できない……駄目……?」
「……我慢しなきゃいけないほどやりたいのか?」
「あなたじゃないと駄目……したい……」

俺の……に長門のそれが擦り付けられる。
液体のヌメリとした感触が広がる。
「ちょっと待て!それ以上はヤバイって!」
「……入って…く…る」


朝倉版
俺は気が付くと夕日の差し込む教室で半裸の朝倉に跨られていた。
状況はあまり把握できていないが目の前の朝倉を見ると「このままじゃいけない」ってことだけは分かった。

「ねぇ……キョンくぅん……これ……硬いの……挿して……いい?」
「……そんな言い方しても駄目なもんは駄目だ」
「もう……我慢できないの……いつまで焦らす気……?」
「……我慢しなきゃいけないほどやりたいのか?」
「キョン君じゃないと駄目なの……ねぇ、いいでしょ?」

俺の……に朝倉のそれが擦り付けられる。
液体のヌメリとした感触が広がる。
「ちょっと待て!それ以上はヤバイって!」
「あぁん……入ってくよ……」


|