うっ・・・ここは何処だ?

どうやら僕は気をずっと失っていたみたいだ・・・

 

 

辺りを見渡してみる

 

 

二つ席があるブランコ・・・

 

鉄パイプ製のジャングルジム・・・

 

光る蛍光灯・・・その光に集う虫達・・・・

 

 

ここは・・・公園か?

 

 

更に辺りを見渡してみる

周りにはベンチが1・・2・・3・・・あれ?

 

4つ目のベンチに誰か座っている

 

 

二人・・・?

 

 

辺りは真っ暗と言ってもいいほどだ

察するに今は午後9時~深夜頃

 

そんな時間に一体誰が・・・?

 

 

僕は音をたてないように少しずつ少しずつ忍び寄った

 

どうやら男女のようだ

 

これはひょっとすると見てしまってはいけない場面だったのかな?

 

 

『・・・ッて』

 

 

ん?この声どこかで・・・

 

 

『・・・ッ やめてって!!』

 

 

鶴屋さん!?

 

 

「いてーな何すんだよてめえ!!!」

 

『嫌ッ!!誰か・・・たすけっふぐっ』

 

「こんな夜中の公園にだれも来るかよ・・・いいじゃねえかもう付き合って二ヶ月だぜ」

 

『したくない・・・やだぁ・・・』

 

「もう我慢できねえよ・・・ほらブラのホック取れちまった・・・へへへ」

 

『いやあ!!!!!!!!!!』

 

 

 

ドゴッ

 

 

 

 

タタタタタタタッ

 

 

 

 

何が起こったのだろうか?

 

彼が自分の股間を抑えて倒れこんでいる

 

まさか・・・・蹴りがダイレクトで・・・?

 

 

そんなことより今走っていったのは鶴屋さんだ

追いかけなければ・・・・

 

 

鶴屋さんが走って行った方向は・・・!!??

 

 

その先は何も見えなかった

 

黒・・・?

いや、闇だ

とてつもない漆黒

 

入り込んだら二度と出る事が出来ないような・・・

 

 

<<――そこに入っては駄目――>>

 

 

ぐっ・・・

これは・・・な、長門さん?

 

<<――貴方が今そこに入ったら、彼女の心の中にある闇から永遠に抜け出す事が出来なくなる――>>

 

 

なぜ長門さんの声が・・・

永遠に抜け出すことができない・・・だと?

 

糞ッ!!

教えてくれ!!いったい此処は何なんだ!?

僕は何を見ているんだ!?

 

 

<<――ここは・・・悲観の追憶・・・貴方には、やるべきことが・・・――>>

 

 

 

やるべきこと・・・?

うわっ!!ま、また光が・・・目の前が真白に・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=================================================

 

 ~third chapter~ 【我慢】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


|