※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ほらほら、次は向こうへ行ってみようじゃないかっ!!』

 

ええ、そうしましょう

 

『早く早く!遅れたら乗れないよぉ』

 

勿論です。さあ、僕の手を取って引っ張ってください

 

『そういって手を握る事が目的にょろ?』

 

ハハハ、流石ですね。バレてしまいましたか

 

『私そういうことにはするどいんさっ☆』

 

そう・・・ですね

 

『どうしたの古泉くん?なんだか元気ないにょろよ?』

 

・・・・鶴屋さん

 

『何にょろ?』

 

僕の・・・ちゃんとした恋人になってくれませんか?

 

 

 

そう言うと彼女は何故か、少し悲しそうな顔をした

 

 

『SEXしないなら、いいよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

====================================================

 

~fast chapter~【欲望】

 

 

 

 

|