※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何だ。この状況は。
「キシャー!」
落ち着け。俺は誰だ?そうだ、キョンだ。あだ名が不本意だとか、この際どうでもいい。
何をやっている?走っているんだ。何故だ?生命の危機をもたらすあいつから逃げているからだ。よし、状況把握はOK。
「何?もしかしてあいつ例のアレじゃない!?こんな間近で見れるだなんて!」
ええい!この危機的状況で、そう目を輝かせるな。あいつが友好的ではないことくらいお前にもわかるだろう。
「これは困りましたねぇ、神人に勝るとも劣らない大きさと威圧感です。ふふ、恥ずかしながら、興奮してしまいます。」
耳元で気色悪いことコソコソ呟くな。走りながらだから余計息が当たるんだよ!
「何ですか~、あれ。わた、わたし食べてもおいしく なんかありませ~ん。」
いえいえ、あなたがおいしくなければ誰がおいしいんだって話ですよ。
例えばその豊満たる胸…って俺は何をこんな状況で考えてるんだ。
自重しろ、俺
「……………」
なあ、お前の力でアレ何とか出来ないか?
「無理。理由を説明してる暇はない。」
そ、そうか。だけどそうなるとこちらに打つ手はないではないか。こんなワケの分からない場所であんなどこか見覚えのある怪物に殺されるなんて俺は御免だぜ。
ああ、何でこんなことになっちまったんだろう。いや、原因はハルヒで間違いないな。
他に理由があるなんてことになれば、かえって俺の心労がますます激しいものになりそうなので不本意ながらそう願っておこう。
今回のこの騒動で俺が学んだのはこれだ。

ハルヒにアニメは見せるな。



ここは文芸部室。奇妙なるSOS団なる団体も、すっかりこの場違いな部室になじんでしまった。いや、寄生して取り込んだと言うべきか。
何はともあれ、俺達は特にやることもなくいつもの行動を、半ばテンプレートにこなしていた。
ガタン!
「むげ~んだ~いな~ゆ~めの~あとの~」
突如部室内に椅子が倒れる音と同時に、どこか覚えのある歌が大音量で響いてきた。俺達は、その音源に目を向ける。
と、そこには仁王立ちし、耳にイヤホンをちらつかせながら、日に三回でも目にしたら確実に食傷しそうな程に眩しい笑顔を見せている我らが団長様。
おや、どうした?うっすらと目に涙を溜めて。
「イヤッッッバイわね、これ!ちょっと!キョン!こっちに来なさい!」
やれやれ、大体予想はついてきた。つまり、そういうことなんだろう。
ハルヒの見ているパソコンを見ると、列車の中でかわいいマスコット的なキャラ達に少年少女たちが手を振っている。
ああ、やっぱり。パソコン脇のスピーカーには外れたイヤホンの端子。大方興奮しながら立ち上がった勢いで外れたんだろう。
「IamTUBEでたまたま見つけたから久し振りに見たのよ!デジモンアドベンチャー!
この最終回を超えるアニメは存在しないと言っても過言ではないわ!」
まあ、それは俺も認める。子どもの頃の思い出は美化されると言うが、それを差し引いてもこれは名作だ。
「何だ。あんたも知ってたの。」
俺達の年代は皆みてたんじゃないか?というか、お前は何も知らない俺に最終回だけを見せようとしてたのか?
「これは名作だから最終回だけでも十分感動出来るのよ!」
「いや、それは違いますね。この最終回が感動出来るのは、選ばれし子ども達の成長を見てきたからではないでしょうか。」

オセロの盤面の前で放置していた古泉が、珍しくハルヒの言葉を否定した。お前も見てたのか、デジモン。
「我々の年代は皆見てる。あなたが言ったのではないですか。」
まあ、そうだがお前はアニメを見てる印象がないんだよ。まあ、ハルヒもだが。
そんなわけで俺達三人は団活が終わるまでデジモン談義に花を咲かせていた。
そんな俺達を見て、長門と朝比奈さんはそれぞれの得意とするリアクションで精一杯頭の上にハテナマークを作っていたな。
「あ~あ、どこかに落ちてないかしら、デジヴァイス。」
この言葉を聞いた時に気付くべきだったんだ。
気付いて絶海の孤島でも呪われた館でも何でもいいから、情報を提供して注意をそらすべきだったんだ。
そうしておけば…
こんな…こんな…


「キシャー!!」
翌日、デジタルワールドに迷いこむこともなかったのに…

デジモンアドベンチャー0H



おかしいだろ。ハルヒが俺達をこの世界に引きずり込んだことではない。
くやしいが、それに突っ込んでる暇はないんだ
それよりも何でパートナーデジモンがいない?ハルヒの性格上自分達が主人公になるのは規定事項のはずだ。
なのに俺達はデジヴァイスは持っていないし、パートナーデジモンもいない。
これでは迷い込んだ時点でジエンドだ。

「ひゃ!」
しまった!朝比奈さんが転んだ。ヤバイ!これで終わりなのか…
「みくるちゃんは!あたしがまもーる!!」
迫りくるクワガタの化け物の前にハルヒが立ちふさがった。何でお前はそんな楽しそうなんだ。
夢だと思ってるやつはいいよな。って、んなことどうでもいい!逃げろ!マジで殺されちまう!

その瞬間、俺達の腰辺りが光りだした。
「ベビーフレイム!!!」
どっかで聞いたガラガラ声と共に火の玉が勢いよくクワガーモンに当たった。
クワガーモンは体勢を崩し、よろめく。ハルヒは…

…見なきゃよかった。こいつの笑顔は今まで何回も見て来たが、ここまでWAT数の高い笑顔は始めてだ。
いかん、早くも胃もたれが…

「さいっこうのタイミングじゃない!」

「プチファイヤー!!!」
「マジカルファイヤー!!!」
「プチサンダー!!!」
「エアーショット!!!」

何かすごい勢いで炎やら雷やらが飛び交い、クワガーモンは崖の下に落ちて行った。

アグ「ハルヒには」
ガブ「キョンには」
ピヨ「有希には」
テント「一樹はんには」
パタ「みくるには」

「「「「「指一本ふれさせない!!!」」」」」

アハハ、壮観だな、おい。古泉もさすがに顔が引きつっている。
朝比奈さんは新たに表れた異形の怪物達を前に、涙目だ。
さすがの長門も目を見開いてる。んで、ハルヒは………

「ん待っっっってましたぁぁぁぁ!あんた達来るのが遅いのよ!
確かに今のシチュエーションは最高だったけど、それとこれとでは話が違うわ!キョンだったら罰金なんだからね!!
そうだ、進化する所見せてくれたら許してあげる!ほら、アグモン!あんた何ボケッとしてんの!!
さっさとウォーグレイモンにワープ進化しちゃいなさい!」
アグ「いい?!そ、そんなの僕出来ないよ~」
アグモンを揉みくちゃにしてた。
「出来ないってどういうことよ!ほら、この腰のデジヴァイスが目に入らないの!?ってあれ?いつのまに…」
他四人も同じように腰にデジヴァイスが付いていた。
ガブ「取り敢えず今は安全な所に行こう!多分すぐクワガーモンの奴戻ってくるよ!」
テント「わてら成長期のデジモンじゃクワガーモンを倒すのは至難でっせ。

仲間が他の人間を迎えに行ってるさかい、まずはそっちと合流しまひょ!」

パタ「大変だ~」
ピヨ「クワガーモンが上ってくるわよ!」
いつの間にか偵察に行ってたピヨモンとパタモンが皆に警告を促す。

ガブ「行こう!キョン!!」

「倒せないって、究極体になれば一撃よ!あんな奴!」
こらハルヒ!無茶言うな!取り敢えず逃げるぞ!
「む~~~~!」
ブーたれるハルヒをアグモンと俺で引っ張っていく。
「あ!あ、あれ…」
震えた声で朝比奈さんが指差す。
パタ「どうしたの?みくる…ああ!」
指差す方向を見ると、大量のクワガーモンが群をなしていた。

「どうやら簡単に逃がしてはくれないようですね…」
さっきから引きつりっ放しだぞ、古泉。にしても何て大群だ。
さっきの奴が仲間を呼びやがったのか。前も後ろもクワガーモン、完全に囲まれちまった。
「あ、きゅ~」
何とも可愛らしい声と共に朝比奈さんは倒れた。
パタ「あ、みくる!」
パタモンが朝比奈さんを支えようとするが、朝比奈さんの重さに耐えられるはずなく
――別に朝比奈さんが重いって言ってる訳じゃないぞ。パタモンとではサイズが違いすぎるんだ。――
一緒に倒れそうになった所を俺が支えた。
「みくるちゃん!ちょっと、大丈夫?」
「強いショックで一時的に意識を失っているだけ。むしろ、その方が都合がいい。」
は?どういう意味だ?長門。
「あそこ…………?」
唯一の逃げ場に見えないこともない崖を指差しながらピヨモンに尋ねる長門だが、
そんな三点リーダーが四つ並んだあとにやっと確認出来るような小さいクエスチョンじゃ、初対面のピヨモンには伝わらないぞ?
おい、ピヨモン。質問されてるぞ。
ピヨ「え?あ、ああ、そうよ」
おい、どういうことだ。説明しろ、長門。
「…………こういうこと」
急に長門の回し蹴りが俺にヒットし、崖から押し出された。ちょ、ちょっと待て!
ガブ「キョン!!」
ああ、ガブモン…会って間もない俺のために躊躇もなくその身を投げうってくれるなんて…
下を見る。ああ、川だったのか。
空を見上げる。ああ、まるで天に吸い込まれていくようだ。アハハ、キレイダナ………
「マーチングフィッシーズ!!!」
よくて水面に鞭打ちだと思ってたが、俺が感じたのは何とも軟らかな感触だった。これは…魚の絨毯?
ガブ「キョーーーン!!!」
「ん?ヘブ!!」
ガブモンが勢いよく俺の顔に着地。うん、よく折れなかった。偉いぞ、マイ、ネック。
「よお、キョン」
ガブモンをかわきりに他の奴等もどんどん落ちて来た。朝比奈さんは長門が抱えていた。
「おいってば」
「はあ、はあ…ちょっと有希!いきなり蹴り飛ばすなんてどういうことよ!本気で三途の川が見えたわよ!」
「幼生鳥類型電子怪生命体が安全だと教えてくれた。あの状況で四の五の言われるのは回避したかった。」
涙を浮かべて抗議するハルヒだが長門の言うことももっともだ。
だがピヨモンに対してその呼び方はないんじゃないか?本人はよく分かってないみたいだが。
「聞こえてないのか?」
「あれ?これ夢…よね?本当に痛かったけど…あれ?」
ハルヒは勝手に自問モードに入ってくれたようだ。ところで、えーと、これは新しいデジモンの登場ということでいいんだよな?
「そろそろ泣くぞ?」
ゴマ「そーだよ!オイラゴマモン!よろしくな!」
魚の間からいきなり顔を出してきた。今まで潜ってたのか。てことは新しいパートナーもいるのか?どこだ?
「うぉい!!」
おや?いたのか、谷口。すまんすまん。谷口フィルターを外し忘れていたよ。それはさておき新しいパートナーは………
「俺だっつーーの!お前、悪意か?それは悪意を持っての発言なのか?」
当たり前だ。どこから湧いてきやがった。何でお前がここにいる?簡潔に分かりやすく答えろ。
「しらねーよ!!トイレで用足し終えたあと気ぃ失って、気付いたらここにいたんだ!」
なるほど、チャックが開いてるのも仕方ないか。
「とにかくだ!案内するぜ!!俺達のアジトに!」
ゴマ「なーに渋くキメちゃってんだよ、待ったく。谷口だってこれからどこにいくか知らないくせに!」
「ちょっと谷口!あんたどこから湧いてきたのよ!あたしの夢に出てくるなんて身の程知らずもいいとこね!
アグモン!ほら!ベビーフレイム!」
アグ「ベビーフレイム!」
「どわぁ!ちょ、助けろ!ゴマモン!」
ゴマ「ほいきた」
ボチャン!
「うぇっぷ!ゴマモン!てめぇ~」
魚の絨毯に穴があき落ちる谷口、憐れ…ふと朝比奈さんの方を見る。まだ起きないか。
「心配か?パタモン。」
パタ「うん、僕はみくるのパートナーだから。」
「少しいいですか?」
いきなり会話に入ってくるな。古泉。少しは長門を見習え。
見事に置物と化してるぞ。どうしたらいいのかわからずオロオロしてるピヨモンは気の毒だが。
「ふふっ、すみません。では単刀直入に聞きます。あなた達デジモンはどうして初対面の僕達の名前を知っていたのですか?
僕達はテレビで知ってたとしても…いえ、これはどうでもいいですね。
それにあなた達はその身を犠牲にしてでも僕達を守ろうとしている。
会って間もないのに。何故です?」
テント「う~ん、改めて聞かれると何ででっしゃろ?何となくやと思いますわ。
名前は分かってしまうんやから仕方ない。助けたいと思ってしまうんやから仕方ない。
それでええんとちゃいまっか?」
「アハハ、答えになってませんねぇ」
お前もかつて俺に似たようなことを言ったのを忘れたのか。
ゴマ「皆!ついたよ!」
「ん、ふぁぁ~。まずは定時ほ…」
「朝比奈さん!!!」
「ふぇ!?キョ、キョンくん?!」
ん?何かキョンがみくるちゃんの言葉を遮った気がしたけど…それより。…
「みくるちゃん、起きたの?大丈夫?どこか痛む所ない?」
夢の中だから心配することないですって?だけどあの崖から落ちた時から、本当にこれが夢なのか疑いだしてるのよ。
「え?え?ここ、どこですかぁ?」
「ここは川を下った所にある洞窟よ」
はじめて文芸部室に連れてこられた時みたいなことをいっているみくるちゃんに、あたしは喜々と今の状態を語る。
「それでクワガーモンに囲まれちゃって…」
「その時!俺が颯爽と登場し、皆を救ったんです!いや~危機一髪だったなぁ!」
全身ずぶ濡れじゃカッコつかないわよ。谷口。
パタ「みくる~!よかったぁ、起きてくれたぁ!」
「ひ!な、何ですか?これぇ」
「その子はパタモン!あたしらの仲間っさ!」
パル「よかったわね!起きて!」
「あれ?鶴屋さん?」
そう、この洞窟に入ったとき、入口で出迎えてくれたのが鶴屋さんだった。
「これで、皆そろったわね!それじゃ取り敢えず自己紹介…」
ガシャーン!
突然入口の方から激しい音が聞こえた。

ガブ「クワガーモンだ!」
パル「皆!下がって!」
クワガー「キシャー!!」
ピヨ「一匹だけみたいよ!」
テント「せやけどのんびりしてたら仲間を呼ぶかもしれんで!」
ゴマ「勝てる気はしないけど…やるしかないよね!」
パタ「みくる達は僕達が守る!」
アグ「いくぞ!みんなぁ!」
その時、あたしは確かに感じた。ついさっき見知ったばかりなのに関わらず、何年も一緒にいた気がする、
かけがいのない大切な仲間が消えていく、予感。
決して夢なんかじゃない、目の前の異形の生物に似つかわしくない限り無いリアリティ。
あたしは知らないうちに叫んでいた。
「行っちゃだめ!!」
「ハルヒ!?」
突然のあたしの態度の変わりように、キョンは驚いている。
パル「ポイズンアイビー!!!」
テント「プチサンダー!!!」パルモンが動きを封じ、テントモンの電撃がヒットしたけど、クワガーモンは全く意に介さない。
こっちの番だと言わんばかりにクワガーモンはデジモン達に突撃しようとしている。
アグ「ベビーフレイム!!!」
ガブ「プチファイヤー!!!」
クワガー「キシャー!!!!」

アグモンとガブモンの攻撃も虚しく、デジモン達は吹き飛ばされる。
「キョン!何ボケッとしてるのよ!やめさせないと皆が…」
「ハルヒ、何言ってるんだよ。アニメ見たろ?あいつらはクワガーモンを倒してたじゃないか。」
「違う!これはテレビとは違うのよ!アグモン達が…死んじゃう!」
キョンは気付いたように目を見開いた。
「おい、お前達!もういい!逃げるぞ!」
クワガー「キシャー!!」
アグ「く、う…わぁぁぁ!!!」
クワガーモンが角でアグモンを締め上げる。
ガブ「アグモン!プチファイヤー!!!」
ピヨ「マジカルファイヤー!!!!」
ガブ「くそぅ、全然聞かない!」
アグモンを締め付ける角はどんどん力強さを増していく。
「話しなさいよ!このくそ虫!アグモン…アグモーーーン!!!」
アグ「ぼ、僕は守るんだ…!絶対に!!!は…ハルヒィィィ!」
その時、腰のデジヴァイス が光った。それと共にアグモンも光に包まれていく。
アグ「アグモン、しんかぁぁぁぁ!!!」
グレイ「グレイモン!」
テント「し、進化しよった…」
アグモンが進化した…次第にあたしの心は明るくなっていった。

「グレイモン!!!そんな虫けら、ぶっ飛ばしちゃいなさい!!」
グレイ「メガ、フレイム!!!」
クワガー「ぎやああああ!」
ベビーフレイムの何倍もありそうな炎で、クワガーモンは洞窟の天井を破り吹き飛ばされていった。
そしてグレイモンは、自分の役目が終わったと確認するとアグモンに戻っていった。




???「ふふ、あれか、奴が言っていた選ばれし…」
「盗み見なんて、趣味が悪いんじゃない?デビモン。」
デビ「言葉に気をつけろ。人間風情が。貴様とは利害の一致があったから手を組んだ、それだけだ。」
「何度も言ってるじゃない。あたしは人間じゃない。言葉に気をつけるのはお互い様よ?」
デビ「ふん、まあいい。貴様との付き合いももうすぐ終わりだ。楽しませてもらうぞ。選ばれし者達よ。」

|