(これは、無限の分岐 の続きであり、アンリミテッドブレイドワークス の終章です)

 

 

―――会いたい。ハルヒに会いたい。抱きしめたい。キスしたい。一緒にいたい―――。

「…ハルヒに…ハルヒに、会いたい…!」

「…そう」

その声は、何処か満足そうだった。

後ろの女は抱きつくのをやめ、俺の前に歩いて来た。…俺には後姿しか見えないが。

…女って言うより少女だな。背はあまり高くなく、少し灰色の髪にはシャギーが入っている。…何故か、セーラー服を着ている。

その少女が何かを呟いた瞬間、足元から消え始めた。

「…!お、おい!」

「…大丈夫」

消えていくのに反比例するように、俺の記憶がよみがえってきた。

俺の妹の名前も、

俺の高校の名前も、

俺の年齢も、

俺の所属する団の名前も、

その仲間たちの名前も…?

…あれ、何でだ?一人だけ、思い出せない…?。

思い出せないそいつは目の前にいる―――!

 

もう足まで消えかかっている。

少女は動かない。

 

名前、名前、出て来い!頼む…!

早くしないと、■■■が!

 

「今まで…貴方には随分と助けられた」

 

■■■は振り向かずに言った。

 

「そして、感情もくれた」

 

■ガ■はもう腰の辺りまで消えかかっている。

どうでもいい事はほとんど思い出したのに、なんであいつの名前だけ―――!

 

「そして、私のために情報統合思念体も敵に回しても良い、と言ってくれた」

 

ナ■■!くそっ!早く、早く…早く!

そうしないと…■■トが!

 

「…貴方にはとても感謝している」

 

ナ■トはもう肩まで消えてしまった。

名前!…名前!

 

「だから言う。…ありがとう」

 

思い出した。本当に、名前だけど、思い出した

 

「…ゆき…ユキ…有希!有希!」

 

有希は―――こちらに振り向いて、

 

「初めて…名前で…呼んで、くれた…」

 

と、泣きながら、でも、満面の笑みで、

 

「ありがとう」

 

と、もう一度、優しく言った。

 

―――彼女が消えるその瞬間―――

―――彼女の本名が長門有希だと思い出した―――

 

 

 

 

「長門!!」

俺はガバッと起き上がった。

「はあ、はぁ、はぁ―――」

息が荒い。付けていた酸素を送るマスクを引っぺがす。

「キョン…?」

そこで、俺を呼ぶ、一番聞きたかった声が聞こえた。

「…ハルヒ…?」

俺のいるベッドの左側。

いつもの様に黄色いカチューシャをつけて、大きな瞳を更に大きく見開いて、恐らく見舞いの花であろう花を変えようとしていた。

「キョン…キョン!」

いきなり抱きついてきた。…いや、抱きついてきてくれた。

「キョン、キョン、キョン…!」

「ハルヒ…」

俺はハルヒと唇を重ねた。

とても懐かしい気がする。

凄く…幸せな気分だった。

「んふぅ、はぁ、ん―――」

いつかの夜のように、お互いの唇を貪り、抱きしめあう。

凄く…幸せだ。

俺がハルヒの胸に手を置こうとしたところで、

 

「あの~、そろそろ、止めていただけると…」

 

朝比奈さんが声をかけた。…顔を真っ赤にしている。

「あー…うん。離れようか、とりあえず」

「う、うん…」

俺もハルヒも顔を真っ赤にしている。…いやあ、やっぱりハルヒは顔の赤いほうが可愛いなあ…。

「えーと…お恥ずかしいところをお見せしまして…すいません、朝比奈さん」

「いえ…それより」

朝比奈さんはニッコリと笑って、言ってくれた。

「お帰りなさい、キョン君」

俺は、

「ええ。ただ今戻りました」

と答えた。

 

それからしばらく、三人で色々と話をした。

俺があの最後の戦いから二週間寝続けたこと。

この間行われたテストがやたらと簡単だったこと。

そして、

「…え?古泉が最近学校に来てない?」

この報告が一番驚いた。

「うん。学校側にも連絡来てないんだって」

「団活にも来ないんですよ」

「ふーむ…」

閉鎖空間でなんかあった、とか?

 

 

 

ピリリリリ…ピリリリリ…ピリリリリ…ピッ。

「もしもし?」

『やあ、どうも。古泉です』

「おお、久しぶりだな」

『ええ、ご無沙汰しております』

「お前どうしたんだ?最近学校に来てないそうじゃないか」

『いやあ、実はちょっとバイトでヘマをしましてね…』

「ヘマ?…お前が?」

『ええ…僕の身勝手な理由で涼宮さんの機嫌を損ねましてね…。閉鎖空間が生まれてしまったんです』

「…それだけ?」

『…実は、その閉鎖空間で何人もの仲間が亡くなりまして…』

「…?いや、嫌な言い方だがそんなの機関にとって日常茶飯事だろ?その度に閉鎖空間の原因作ったやつ咎めてたらきりないぜ?」

『まだあるんですよ。ヘマ』

「………」

『そのことに関して僕を咎めた森さんを殴り飛ばして、重体にしてしまったんですよ』

「………」

『それで、機関のほうから[オトシマエ]をつけろ、と言われまして』

「…!オトシマエってまさか…!」

『ええ、要は死ねってことです』

「おい!」

『で、最後に未練は無いかと言われ、こうして電話をしているわけです』

「古泉、今どこだ!どこにいる!」

『では、そろそろ時間なので、おいとまいたします』

「古泉!!」

『中々、楽しかったですよ』

ピッ。

 

 

 

「は?子供が出来た?」

「うん…」

俺は目が覚めたあの日から驚異的な回復力を見せ、三日後には退院していた。

そして、今ハルヒの家にいる。

「あの夜ので…出来ちゃった」

で、超サプライズニュースを聞いたってワケ。

「そうか…」

ハルヒと俺の子供か…。

「そのこと、両親には?」

「まだ、言ってない…」

ふうむ…。そっか。

「じゃあ、土下座の練習でもしとくか」

「え?」

 

「これからお前のこと貰いに、ハルヒの両親に頭下げなきゃいけないだろ?」

 

 

 

それから十年が過ぎた。

生まれた子は女の子だった。

少し背が低くて、シャギーが入った髪をしている。

趣味は読書。

名前は、有希。

「ちょっとキョン!休みの日ぐらい有希と遊んであげてよ!」

きっと長門が情報操作でもしたのだろう…。俺以外に、長門のことを知っているやつは誰一人としていなくなっていた。

そして、朝比奈さんは未来に帰った。まあ、月に一回か二回遊びに来るけど。

古泉は『行方不明』となっている。…生きてて欲しいがな。

そして、俺はハルヒと結婚した。色々と反対の声もあったが…まあ、そこはゴリ押しだったな。

「聞いてるの?キョン」

「…ママ、お父さん、疲れてる」

「有希、遠慮なんかしなくて良いのよ?」

「…でも…」

有希はいい子に育ってくれている。

無口だが、自分の意見はちゃんと言う。

「…有希、出掛けようか」

父親は、そんな子にはちゃんと応えなきゃな。

「お父さん…いいの?」

「ああ、構わん」

俺は有希の手をとって、玄関へと向かう。

「…どこ行くの?」

「そうだな。……まあ、とりあえず」

 

「図書館、かな」

 

 

Fin


|