(これは、無限の分岐 の続きであり、アンリミテッドブレイドワークス の終章です)

 

 

 

―――っ出来ない…!

いくらハルヒがいたとしても、やっぱり俺は人の命と引き換えに生き返ることは出来ない。

「…やっぱり、生き返れない」

「…!」

俺の言葉に、後ろの女は驚いたようだった。

「…何故?涼宮ハルヒのことはいいの?」

焦るように、俺に尋ねる。

「…確かに、ハルヒのことは心残りだ。でもやっぱり…俺は人の変わりに生き返るなんてのはごめんだ」

「………」

「…ハルヒには悪いと思う。…でも、あいつは俺が惚れるくらい美人だ。きっと、俺より良い男と幸せになってくれるさ」

「…そう」

「ああ」

俺がそう言うと、後ろの女は抱きつくのをやめた。

「では…私は現実世界に戻る。…40年後、また逢えることを祈っている」

「ああ判ったよ。名も忘れちまった誰かさん」

 

 

 

 

 

 

キョンが入院してからもう十年がたった。

あたしは高校を卒業して、大学を出て、一流のIT関係の会社に就職した。

キョンはまだ目を覚ましていない。

みくるちゃんは、海外に行くと言っていた。

有希は、図書館で司書の仕事をしている。

古泉君は…わからない。あの日、病院で会ったのを最後に、消えてしまった。学校側にも何の連絡が入らなかったとか。

そして、あたしは子供を生んだ。

初めてキョンとつながった日に出来…授かった子供。

お母さんは相手がキョンなら、と賛成してくれたが、親父は猛反対した。当然だ。あの時あたしはまだ16歳。結婚は出来る年だが、高校生であるあたしに育てられるはずはない、と。

それでも、あたしとお母さんの必死の説得で何とか承諾してくれた。

生んだ子供は男の子で、最近どんどんキョンに似てきた。やたらと「やれやれ」って言うところとか。

あたしはたまにこの子と一緒にキョンのお見舞いに行く。

未だに目を覚まさないけど、それでも、何故かあたしたちを見守ってくれているように思えてしまう。

あたしの―――最愛の人。

「ねえ、母さん」

「ん?」

「父さんはいつ目を覚ますの?」

「さあ…?お父さんに聞いてみれば?」

「うーん…父さん、無口だからなぁ」

「ふふっ…なら、教えてくれるまで待ちましょうね」

 

 

子供が中学校に入学した。

 

 

子供が高校に受かった。

 

 

 

 

子供が大学に受かった。

 

 

 

 

 

 

子供が入社した。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が出世した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたしは、もう57歳。…おばさんだ。

子供も、お嫁さんを貰っている。孫も生まれた。

あたしは最近毎日お見舞いに来る。…何故だか、キョンが帰ってくる気がして。

今日はあたしの誕生日。

毎年、この日はケーキを買ってキョンの病室で食べている。

病室のドアを開ける。

…キョンが起きていた。

最後に会話した日から、随分と経って老けてしまったけど。

あの頃と同じように、足を組んで、腕を組んで、微笑みながら、言った。

 

 

「誕生日、おめでとう。…ハルヒ」

 

 

私は答える。

あの頃と同じように。

40年分の不満と期待と不幸と幸せを込めて―――

 

 

「遅い!罰金!」

 

 

 

 

Fin


|