※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カラオケネタその1

ハルヒ「じゃあ!いっちばーん涼宮ハルヒ歌いまーす♪」
キョン(どうせ2番も3番もおまえだろうよ)
ハルヒ「まっかにもぉえたー♪たいようだぁからー」
キョン「美空かよ!!」

長門「ユニーク」





カラオケネタその2

ハルヒ「にばーん!涼宮ハルヒいきまーす!!」
キョン(やはりおまえか………)
ハルヒ「そーらーときみーとのあいだーにはー♪」
長門 「同情するなら金おくれ」
キョン・ハルヒ「!!」





カラオケネタその3

ハルヒ「さんばーん!涼宮ハルヒ with 有希~!!」
キョン(いい加減疲れないか? それに長門。おまえ歌えるのか?)
ハルヒ「にーっぽんの未来は♪」
長門 「wow wow wow wow♪」
キョン「むしろノリノリ!?つーか振りつけいつ覚えた!?」





カラオケネタその4

ハルヒ「よんばーん!!さっきから拍手しかしてないみくるちゃーん?歌いなさい!」
みくる「ふぇ!?わかりませんよ~~~」
ハルヒ「闇カラ闇カラ~」
キョン(番号を好き勝手入れて歌わすヤツか……どっちにしろ歌えないだろうなあ)
ハルヒ「これよ!」ピ!
みくる「……『時をかける少女』?」
キョン(ここでハルヒパワーか!!)





カラオケネタその5

ハルヒ「もう!みくるちゃんたら今度はちゃんと歌いなさいよ!!
   次!ごばーん!!古泉君いけるかしら~?」
古泉 「僕ですか?……いいでしょう」ピ!
ハルヒ「──これは!!」
キョン「まさか!!」
古泉 「盗んだバイクで走り出すー♪」
キョン(どうでもいいが、尾崎豆を思い出した)





カラオケネタその6

ハルヒ「じゃあ気を取り直してろくばんっ!ゆき!!何か歌いなさい!?」
長門 「……そう」ピ!
キョン(俺に来ると思ったが……免れたぜ……しかし長門は何を歌うんだ?)
長門 「わたしまーつーわー♪いつまでもまーつーわー♪」
キョン(そりゃ3年も待機してりゃな……)

長門 「違う……」
キョン「ん?なんか言ったか長門」
長門 「何も」





カラオケネタその7

ハルヒ「さぁて、喉の疲れも癒えたことだし!これからが本番ね!!」
キョン(おお何か俺は歌わずに済みそうだゾ)
みくる「あの~涼宮さん、キョン君が歌ってないような……」
キョン(あああああ朝比奈さん!?こんなとこで気を遣わなくたって……!!)
ハルヒ「ああ、キョンはいいのよ」
キョン(は?お前豆腐の角で頭打ったか?らしくないこと言い出したぞ?)
みくる「ええ?何でですか?」
ハルヒ「キョンはこれから聞・く・の・♪」
キョン「へ?」
ハルヒ「じゃあまずはこれ!」
キョン「!!おま!これは!!」
ハルヒ「ふふん、耳の穴かっぽじってよぉっく聞きなさい♪」
キョン(これは、絶対堪えられん……!!この場から脱出しなくては……)がしっ!
古泉 「どこに行かれるんですか?」
キョン「おい!?古泉離せ!!つーか長門!?お前まで」
長門 「手作りプリン……」
キョン「買収!?」
ハルヒ「♪とってもとってもとってもとってもとってもとっても大好きよ♪」
キョン(あああああ!!広末は反則だろ~!!!!)
ハルヒ「じゃあ次は……椎名林檎の『ここでキスして。』」
キョン(ぐぁ!!それはマジ勘弁……!!)
ハルヒ「ん?有希、何?この歌?嘉陽愛子の『愛してね もっと』?」
キョン(ぬぁーがぁーとぉー!!!!何勧めてんだ!?どんな曲だか知らんがタイトルからしてもうヤバいぞそれ!!)

こうしてハルヒの独演会はなんと30分に渡って行われた。
それからしばらくの間、俺の頭の中でハルヒの声のあまーい歌がリフレインし続けたのは言うまでもない。
|