※オリキャラ及び自己満足につき警戒して下さい。
  不快な場合は直ちにこの画面を閉じて下さい。
    雑談室ではもちろんの事、本音スレでもスルーしてやって下さい。

 

 

ハルヒ「で、あんたは宇宙人・未来人・異世界人・超能力者かそれに準ずる者なの?」


「そんな生温いレベルじゃねーよ」


ハルヒ「生意気ね…じゃあ一体何なの?」


「魔法使い」


ハルヒ「は?」


魔法使い「だから…魔法使い…」


ハルヒ「そ、そうなの…。証拠はあるの?」


魔法使い「あるよ」


ハルヒ「へぇ、結構自信のある返事ね。じゃあ今ここで魔法を見せてもらおうかしら」


魔法使い「んじゃ、長門さんを呼んでくれる?」


(ハルヒが長門を連れてくる)


ハルヒ「で、有希をいったいどうする気?」


魔法使い「…」(長門の胸の辺りに手をかざし、左右に数回振る)


トンッ(胸の辺りを軽く叩く)


モコモコモコモコ…


長門「………」


ハルヒ「…ちょっと、これどういう事?有希の胸が大きくなっていくじゃない?」


魔法使い「そういう事…」


ハルヒ「わ、わかったわよ。魔法使いとして認めるわ…。でもおかしいわね。そんな魔法使いのオーラも無いし服装も普通だし…」

魔法使い「オーラ云々は言えてるかもw 魔法が使えること以外はただの人間だからね。ってかここ学校だし皆制服じゃん」


ハルヒ「まっ、確かにそうね。でも、そんな魔法の能力を人に言っても良いわけ?上から何も言われたり罰が来ない訳?」


魔法使い「うん。気付いたら魔法が使えてたしね。でも家族とかにはまだ言って無いなぁ」


ハルヒ「ちょっと、それって…」


魔法使い「だから、今回カミングアウトしたからもう終わりってことになるかもね」


ハルヒ「よくそんな軽い気でいられるわね…」


魔法使い「それよりも自分の力や身近にすごい人たちがいることに気付かないのかよ…ボソッ」


ハルヒ「何か言った?」


魔法使い「いや、別に…。あ、長門さん。ちょっと」


長門「…何?」


魔法使い「今回のは言わば体験版のようなものだし午前0時になると魔法が解けるようにしといたよ」


長門「…そう」


魔法使い「ゆきりんは小さいほうが…ボソッ」


長門「?」


|