7.回帰

 俺にできることはやった。後はハルヒの目覚めを待つだけだ。
大丈夫だ、ハルヒはきっと目覚めてもハルヒのままだ。
俺は自分にそう言い聞かせていた。

 過ぎてしまった予定時刻。
俺は間に合わなかったのか。
苦々しい気持ちでハルヒの病院に向かった。

 病院に着くと、朝比奈さんが出迎えてくれた。
「涼宮さんはまだ目が覚めないんです……」
うつむき加減で朝比奈さんが言った。
俺はますます不安になった。俺は間違っていたのか?
その答えを考えるのはあまりにも苦しい。
「長門は大丈夫なんですか?」
もう一つの懸案事項を聞いてみた。
「そ、それが、一旦目が覚めたんですけど、『統合思念体による点検』
 と言ってまた寝ちゃったんです」
点検ね。長門の今回のダメージが俺にわかるわけもないが、TFEIすべてを奪われた親玉としては、何かしらのメンテナンスが必要ということか。
まあ、それでも長門はもう大丈夫なんだろう。

「涼宮さんについて、長門さんは何かおっしゃってましたか?」
古泉が、俺が後回しにしていたことをズバリ聞いてきた。
返事を聞くのが怖い。ところが──
「それが、長門さんは一瞬だけ起きて、直ぐに寝ちゃったんです。
 だからわたしにもわかりません……」
まだ答えは保留のままだった。

 ハルヒの病室前に着いても、俺はまだためらっていた。
ハルヒが目覚めて、うつろな目で俺を見ていたら。
その目の中に、ハルヒを見つけられなかったら。
 俺はどうすりゃいい?
「入らないんですか」
俺の後から歩いてきた古泉が、ドアの前で躊躇している俺に声をかけた。
振り向くと、真顔で俺を見つめていた。
その目の言わんとすることがわかってしまうのが癪にさわる。

『あなたの選択の結果を受け止めてください』
古泉はそう言っている。

 俺は大きく息を吸い込むと、ドアを開いた。

 ハルヒは変わらない顔で、規則正しい呼吸を続けて寝ていた。
期限はとっくに過ぎている。何故目覚めない?
古泉も真剣な面持ちでハルヒを見つめている。
この1週間、こいつの顔からはニヤケ面が消えていることの方が多かった。
こいつも辛かったんだろう。

「涼宮さん……」
朝比奈さんが呟いた。

 俺たちは黙ってハルヒのそばに立っていた。
 どれくらいの時間が経っただろう。
「すみません、機関の方に報告に行かなくてはなりません」
古泉が言った。
こんなときにか? 俺がなじるように言うと、古泉が顔をしかめた。
「すみません……僕もここから離れたくはないんです」
ああそうだな、わかってはいるんだ、副団長。
今回、機関とお前の協力がなければどうにもならなかったしな。
新川さんと森さん、多丸さんたちにもよろしく言っといてくれ。
「わかりました」
元の、とは言えないが、少しだけ笑みを浮かべて、古泉は出て行った。

「あの、わたしも長門さんのところへ行ってきますね」
何故か朝比奈さんも出て行った。
もしかしたら、朝比奈さんもハルヒの目覚めが怖いのかもしれない。
いや、間違いなく怖いだろう。
これだけ時間が経っているのに、まだ目が覚めないんだ。
俺も怖い。逃げ出したい。

 だけどな。
「俺が逃げる訳には行かないんだよな」
ハルヒの頬に触れてみる。まだ、ちゃんと暖かかった。
そのままハルヒを見つめる。
こいつは大人しければ美少女なんだよな。まさにスリーピング・ビューティだ。

 そこまで考えて俺は苦笑した。
これから俺がしようとしていることがあまりにもベタだったからだ。
まあ、誰もいないしな。深く考えるのはよそう。

 俺は身をかがめて、ハルヒに口付けた。
 これで目覚めるほど甘くはないだろう。どこのおとぎ話だ。
 ところが、おとぎ話だったらしい。

 ハルヒがゆっくりと──目を開けた。

「ハルヒ!」
思わず声をかける。ハルヒはきょとんとした目で俺を見つめていた。
その顔を見て、俺はますます不安になる。
「俺のことがわかるか? ……ハルヒ」
おそるおそる聞いてみた。
それを聞いて、ハルヒはガバッと跳ね起きると、俺を睨み付けて言った。
「何言ってるのよバカキョン! あんたあたしのことバカに……えっ!?」

 最後まで聞かず、俺はハルヒを抱きしめていた。

「ちょ、ちょっと、あんた何してんのよ! 離しなさい! 離せ!!」
俺の腕の中でもがくハルヒを無視して、腕に力を込める。
「誰が離すかよ、バカ野郎!!!」
ああそうだ、誰が離してなんかやるもんか。
もうこんな思いはゴメンだ。
2度と離してやらねぇからな。
「ちょっと、キョン……泣いてるの?」
うるせぇ、泣いてなんかいねえよ。目にゴミが入っただけだ。
「バカ」
ハルヒはそれ以上何も言わず、俺の背中に手を回して抱き返してきた。

 やっと帰ってきたな、ハルヒ。

 長かった。たった1週間とは思えないほど。


 俺が落ち着いてから、ハルヒは俺に色々質問をしてきた。
本当のことを言うわけにも行かず、かといって答えを用意していない俺は、四苦八苦しながらそれに答えていた。
ハルヒが階段から落ちたいう話はハルヒの家族にしてあるので、今更変える訳にはいかない。
俺はその線でごり押しした。
裏山探検隊もUFOもどきの隕石も全部夢オチだ。
1週間も寝てたんだから、それもアリだろ。
1年前の俺だって、階段から落ちた記憶がないことになってるからな。
実際に階段から落ちたりしていないんだが。

「あんたの二の舞を演じるとは、一生の不覚だわ」
ハルヒが顔をしかめて言った。
「だけど、あれが夢だとは思えないのよ。あんたと隕石を探しに行ったのは」
そりゃ、ほんとにあったことだからな。しかし──
「俺はそんなことしとらん!」
言い張るしかない。泥で汚れた制服も何とか綺麗にしたしな。
「第一そんな大ニュース、新聞もテレビも放っておく訳がないだろう。
 なのにどこも報道してないんだぜ」
そう、実際、俺たち以外誰もあの隕石に気付いていないようなのだ。
これは後で長門に聞いてみよう。何となく答えはわかっているのだが。

 ハルヒは渋々納得したようだった。

「ずっと夢を見ていたみたいね。やけに覚えてるけど」
ハルヒは残念そうに呟いた。
「長い夢だったわ──途中から悪夢よ。凄く苦しくて」
うんざりした表情で続ける。
そうだっただろうな。あれだけ閉鎖空間を生み出したくらいの苦しみだ。
「でも最後にキョンが出てきて──そうだ、キョン!」
急に生き生きとした顔になって、俺を見た。
「あんた、あたしに言うことがあるでしょ!」

 やっぱり覚えてやがったな。当たり前か。
いや、別に俺も逃げるつもりはないんだが、いざとなるとやっぱり照れくさい。
ここまで来て何て言い訳しようかとチラッと考えた俺は、やっぱりへたれなんだろう。

「ああ、あるさ」
意を決して俺は言った。でも素直には言ってやらない。
「でも、何でお前がそれを知ってるんだ?」
「だって、あんた夢の中で言ったじゃない」
「お前の夢の中のことまで俺は知らん」
そう言うと、ハルヒは暗い表情になった。
しまった、ちょっと意地悪だったか。
「夢の中の俺が何を言ったかは知らんがな、俺は俺で前から言いたかったことがあるんだ」
悪い。心の中で謝りながら俺は続けた。

「ハルヒ、俺はお前が好──」

 言いかけたとき、ドアがノックされた。誰だよ! 間の悪い! ハルヒもアヒル口になっている。
ドアが開いて入ってきたのは、朝比奈さんと長門だった。
「みくるちゃん! 有希!」ハルヒが笑顔で声をかけた。

「す、す、涼宮さぁぁぁぁぁん!!!!」
ハルヒが起きているのを見ると、朝比奈さんはハルヒに駆け寄って抱きつき、泣き出してしまった。
「バカね、みくるちゃん。あたしは大丈夫に決まってるでしょ!」
そう言いながら朝比奈さんを撫でているハルヒは嬉しそうだった。
ほんとにどっちが年上なんだかわからないね。
「長門、もう大丈夫なのか」
傍らにたたずんでいる長門に声をかける。
「大丈夫」
一言だけ返した長門は、ハルヒと朝比奈さんを見つめていた。
どこか眩しげに見えたのは、気のせいではないだろう。


 やがて医者が来て、ハルヒは診察を受けることになり、診察室へと連れて行かれた。
結局俺は自分の思いを伝えられずにいる。
『あたしをこれ以上待たせるんじゃないわよ!』
閉鎖空間でのハルヒの言葉を思い出し、苦笑した。
やれやれ、このままじゃ罰金かな。

 しばらくすると古泉が現れた。機関への報告とやらは終わったらしい。
「機関の人間は、総じてあなたに感謝しています」
ここのところ忘れていたようなニヤニヤ顔で俺に言ってきた。
「結局、機関に取っても最良の結果が得られました。あなたに判断を委ねたのは正解だったようです」
「勘弁してくれ」
俺は顔をしかめた。俺にとっては世界も機関もどうでも良かったんだよ。
ただ、ハルヒを助けたかっただけだ。
いや、助けるなんて気持ちより、俺がハルヒに会いたかっただけだ。
「自分の意志で動いたのに機関の思惑に乗ったと思うと面白くねーよ」
世界の行く末を俺1人に押しつけやがって。
どうにかなっちまったら俺に責任をなすりつけるつもりだったのか?
「まさか、そこまであなたに押しつけるつもりはありませんでした。
 あなたに委ねると判断した時点で、機関にも大きな責任があります」
結果論では何とでも言えるよな。まあ、今回は機関にもお前にも大いに助けられたから不問としてやるよ。
「ともあれ、結局涼宮さんを根本から何とかできるのはあなただけなんです。
 今回も、涼宮さんの力を自覚させることなく発揮させることに成功した。
 あなたの他に誰も、そんなことができる人間はいません」
ああ、脳の容量いっぱいまで使って考えたぜ。『ジョン・スミス』以外でハルヒに力を使わせるなんてな。
正直もうゴメンだ。今後、シナリオライターはお前に任せる。

「承知しました」
そう言う古泉は、最後まで0円スマイルを顔に貼り付けたままだった。
いつもの古泉に戻ったな。

「ほんとに良かったです……」
朝比奈さんにも笑顔が戻った。
「でも、わたし、結局何もできなかった……」
少し俯いて溜息をつく。そんなお姿も絵になるお人だ。
俺は朝比奈さん(大)の言葉をまた思い出した。
『この時間のわたしにできることはないの』

 俺はこの朝比奈さんに何も言わなかったのか?
言わずにはいれないじゃないか。
今度朝比奈さん(大)に会ったら絶対に聞いてやる。
覚えてないなんて言われたら結構ショックだぞ。

「何を言ってるんですか、今回の一番の敢闘賞は朝比奈さんですよ!」
俺は言った。殊勲賞でもいいくらいだ。いや、殊勲賞は長門か?
「ほえ?」
驚いた顔して俺を見る朝比奈さんに、俺は続けた。
「今朝、俺が橘に色々言われて気持ちが揺らいでいたのはわかってるんでしょう。
 あのとき朝比奈さんがああ言ってくれなかったら、俺は橘の戯言に乗ったかもしれない」
絶望的な気分だったからな。橘にすらすがりたいくらいに。
そう、朝比奈さんの言葉と橘の表情。
それが、俺を正気に戻してくれた。
そう考えると、橘にも技能賞をやってもいいのかね。ちょっと賞なんて惜しい気もするが。

 俺が与える資格もない三賞を誰にやるか考えを巡らせていると、それまで黙っていた長門が言った。
「わたしもあなたに助けられた。礼を言いたい。ありがとう」
朝比奈さんをじっと見つめている。
「差し入れ、美味しかった」
朝比奈さんは何故か頬を染めて俯いた。まだ長門に苦手意識があるのか、他の理由かはわからない。
しかし、何か勘違いしそうなシーンだな。 

「何もできなかったのは私」
長門は続けて言った。相変わらずの無表情だが、俺には悔しそうに見えた。
「必要なときに機能停止。不覚」
「お前のせいじゃないさ」
俺は本心から言った。このSOS団一の万能選手は、いつも1人で解決しようとするからな。
「そもそも、今回はお前がいなきゃ何が起こったのかすらわからなかったんだぜ」
あの、隕石に触れたハルヒが倒れたとき、瞬時に来てくれた長門をどれだけ頼もしく思ったか。
「その後も、24時間ハルヒについていたのは長門だけだ。
 ハルヒだって一番感謝してるさ」
好きなはずの本も読まず、必要がないとはいえ睡眠も取らずにハルヒのそばにいたんだ。
他の誰にもできることじゃないだろ。
「……ありがとう」
長門はそう呟いた。


「今回の黒幕は、やっぱり例の……天蓋領域だっけか? あいつなのか?」
「そう」
今回の騒動を説明してくれた長門のややこしい言葉を俺の頭でわかる範囲で言うとこうだ。

 どうやらハルヒの能力を佐々木に移すことが目的だったらしい。
それが橘の機関と協力したのか、独自に考えたのかはわからない。
橘の機関は天蓋領域の決定を受けて独自に動いた可能性もある。

 ところが、何故かハルヒの能力を佐々木に移すには、俺の協力が必要らしい。
俺が素直にうんと言うわけもないので、一計を案じたと言うことだ。
あの隕石が俺たち以外に発見されなかったのも無理もない。
最初からそう情報操作されていた。
「近くに周防九曜がいたはず」
長門は言ったが、俺は見た覚えがない。

 何で佐々木に能力を移そうと思ったのかは情報統合思念体にもはっきりとはわからないらしい。
「推測はできる」
要は佐々木なら意識的に能力を発揮できるようになるということだ。
佐々木に力を移した上で協力してもらうつもりなのではないか、長門はそんな感じのことを言った。
そもそも天蓋領域がハルヒに目をつけた理由が、情報統合思念体と同じとは限らないそうだからややこしい。
俺なんかには理解できるわけもない世界だ。

「そう言えば周防は結局何をしていたんだ?」
機関の目を逃れるのは簡単だろうが、それにしても最初から最後まで現れなかったが。
「機関を始めとする対抗勢力の妨害。それと、照準」
妨害はわかるんだが、照準てなんだよ? 全く意味がわからん。
また長門はよくわからない用語で説明してくれた。

 情報統合思念体のような存在は、地球上の一個人や一インターフェースをいちいち把握できないそうだ。
把握できるなら、ハルヒを監視するための長門のようなインターフェースも要らないと言うことになる。
だが、今回、長門たちの機能を止めたのは、周防ではなく天蓋領域そのものだった。
天蓋領域にインターフェースの存在場所などを特定させるために、周防は暗躍していたらしい。
まさに『照準』だ。
情報統合思念体もこの動きを察知していたそうだが、止められなかったらしい。
「概念が理解不能のとき、止める側より行動する側の方が有利」
何しようとするかわからないから、後手に回る。
まさに今回の事件そのものだ。

 しかし、今回の事件が起こっている間、広い宇宙で激しい宇宙戦争が行われていたのか。
 なんてこったい。
 あまりにも壮大すぎて想像もつかないぜ。

 しばらく宇宙情報戦争について思いめぐらせていたが、もう一つの疑問を思い出して聞いてみた。
「何でハルヒは直ぐに目覚めなかったんだ?」
長門の予告通りなら、どっちにしても13時前後には目が覚めたはずなんだが。
「精神負荷が大きすぎたためと思われる」
どういうことだ?
「1週間、涼宮ハルヒの精神は休まることはなかった。休息が必要」
ってことは?
「彼女は睡眠中だった」

 そういうオチかいっ!
 どれだけ心配したと思ってるんだよ!
 ……て、まさか起きたとき俺がしたことに気付いてないだろうな。

「それではそろそろ失礼します」
古泉が言った。
おい、お前はまだハルヒに会ってないだろう。
「明日会えますよ。それより、あなたがしなくてはならないことがあるでしょう。
 お邪魔はしたくないのでね」
そう言えばお前は閉鎖空間でどこにいて、どこまで聞いてたんだ?
「さて、どうでしたっけ」
とぼけるんじゃねぇぞ。
俺の問いかけもむなしく、にこやかに手を振って出て行きやがった。
後で覚えてろよ。

「わたしも帰りますね」
朝比奈さんも言った。
「がんばってくださいね、キョンくん」
何を頑張れというんですか、朝比奈さん。というか、あなたは何をご存じなんですか。
聞こうと思ったが怖くて聞けなかった。 
朝比奈さん(大)ならともかく、何も知らないはずなんじゃ?
「見ていればわかる」
長門、お前もモノローグを読むな。いや、お前なら普通に読みそうだが。
「邪魔者は退散」
長門と朝比奈さんは連れだって部屋を出て行こうとした。
「おい、邪魔者って何だよ!」
俺の問いには答えず、長門は振り返ると言った。
「ごゆっくり」
何かまた性格変わってないか? 長門。

宇宙人と未来人は何だかんだ言って仲良くなっている気がする。
その割には、朝比奈さん(大)になっても長門が苦手なようだ。
これからまだ何かあるのかね。

「やれやれ」
呟いて、そばにあった椅子を引き寄せた。
ここで俺まで帰る訳にいかないよな。
ハルヒが怒りを通り越してまた不安になりかねない。

「疲れたな」
まったく。
朝から橘に悩まされ機関の本部に行き、閉鎖空間で自由落下しかけ、空中浮遊まで体験した。
いくらハルヒに振り回されるのに慣れた俺だって、さすがにキツイぜ。

 さて、これからどうするか。
古泉に言われなくてもやり残したことがあるのはわかってる。
さっき朝比奈さんと長門に邪魔されたからな。
このまま誤魔化してしまうことは、ハルヒが許さないだろう。いや、俺が俺を許せなくなるね。
しかし、さっきより照れくさいぞ。
さっきだって恥ずかしさを乗り越えて勢いで言おうとして邪魔されたんだ、それをもう一度やらなきゃいかんのか。 

「ハルヒが好きだ」
うわ、試しにとはいえ、あらためて口に出してみるとすげぇ恥ずかしい。
いっそ閉鎖空間で言っちまうべきだったか。
あのときはハイテンションだったからな。勢いで言えただろう。

 そのとき──『お約束』と言えばいいのだろうが──ドアが開いた。
やけに静かに開いたので、長門辺りが戻ってきたのかと思ったが、やはりというか何というか、とにかくハルヒだった。
えーと、何でそんな真っ赤になってるんだよ。何て聞くまでもないな。
間違いない。聞こえてやがった。

「あんたねぇ……」
赤い顔をして、俺から視線を外したまま入ってきたハルヒは、そのまま文句を言い始めた。
「何誰もいないところで恥ずかしいこと言ってんのよ」
誰もいないから言ったんだよ。とは言えないが。
それより俺の告白は恥ずかしいことかよ。ああ、恥ずかしいよな。てか恥ずかしい。
「悪かったな」
もうそれしか言えん。
「だいたい、そういうことは本人に面と向かって言いなさいよ……」
何だかいつもの勢いがないが、それより面と向かってと言っているハルヒが顔を背けているんだが。

「そいつはすまんかった。だったらお前もこっち向け」
どうせさっき言いかけたんだ。今も独り言を聞かれちまった。今度こそ、ちゃんと言えるだろう。
だが、ハルヒは相変わらず顔を背けたままだ。

 何か腹立ってきた。人に覚悟を決めさせておいてなんだそれは。
 俺は両手でハルヒの顔を無理矢理俺の方に向かせた。
「ちょっと、何すん……!!!」

 ハルヒは抗議の声を上げたが、俺は無視して唇をふさいだ。

「……好きだ」
唇をわずかに離して一言伝えると、再び唇を重ねる。
ハルヒは俺にしがみついてきた。

 何だ、簡単なことだったんじゃないか。
今まで俺は何をしていたんだろうね。

 誤魔化してきた気持ちが、一気に湧き上がってくる。


 ──長いこと待たせて悪かったな。
 不安にさせて悪かったな。
 罰金、払うからな。

 だから、もう離さないでいいか。
 もう、離れないでいてくれるか。



 やがて唇を離した俺に、ハルヒは微笑んで言ってくれた。

「あたしもあんたが好きよ、キョン……」




 ──こうして、俺の長い長い1週間は、ようやく終わりを告げた。

 

 エピローグへ


|