※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふん・・・もっふ!
もっふもっふ
・・・
・・

----------------------------------------------------
古「涼宮さんもね、もう少し素直になればいいんですよね。」
長「…」
古「彼のことが気になって仕方ないのはもう誰でもわかるほどなんですが、彼がいるといないであまりに態度も行動力も違いすぎますしね。」
長「…そう。」
古「彼本人に対してはいうまでもなく、朝比奈さんや長門さん、あなたに対しての態度も彼がいるかいないかでかなり違うでしょう?」
長「…だいぶ。涼宮ハルヒは私と2人だけのときは有機生命体でいう母親のように接してくる。朝比奈みくるに対しては姉に接する妹のように接していると思われる。3人のときはそう接しているから。」
古「でしょう?」
長「彼が見てる前では敵扱い。朝比奈みくるの場合は特にあの胸に敵意を燃やしている。その点だけは私も同調する。特に先ほどのようなときに。」
古「…それは前にも言いましたが、僕は」
長「私もあのように大きくなりたい。しかし、いくら申請しても却下される。くやしい。」
古「気にしないでくださいよ。僕は今のままがあなたらしいと思います。それに急に大きくなられても違和感ありますしね」
長「…あなたは貧乳萌え?」
古「…いえ…そうですね、有希胸萌え、というのはどうでしょう?」
長「…そう。すこしうれしい。」
古「それにしても、あなたを敵、ですか…涼宮さんはあなたと朝比奈さんと、どちらをより敵視していますか?」
長「……私…だとおもう。…何故?」
古「それは…涼宮さんにとっては、あなたのほうが強力なライバルと見られているから、ということじゃないですか?」
長「…ライバル?何故?。」
古「長門さん、あなた、彼と信頼関係にありますよね?」
長「…そう。」
古「それも、かなり厚い信頼関係ですよね?」
長「…そう?。確かに私は彼を信頼している。彼も私を頼りにしてくれている。」
古「ですよね。ですが、涼宮さんからみると、阿吽の呼吸というか、特に声に出さなくても分かり合ってるように見えるのがうらやましいんだろうと思うんですよ。」
長「…違う。私は一時期、涼宮ハルヒがうらやましかった。彼と涼宮ハルヒの間には他者の入り込む隙間のない濃密な関係がある。私が涼宮ハルヒの立場になりたかった。」
古「過去形なんですね。」
長「…今は。もう、彼と涼宮ハルヒの間に入り込む必要はなくなった。」
古「…それはまたどうして?」
長「…今はあなたがいる。………古泉一樹、あなたは意図的に私に愛をささやいてほしいのか?私がまだ体の自由が利かないほど攻め立てておいて。」
古「いやぁ、そういうつもりでもないのですが。」
長「…そう。少し残念。」
古「おや?愛をささやきたかったのですか?ゆきりん?」
長「……こういうときだけそう呼ぶのは卑怯。……古泉一樹、今後私は二度といっちゃんと呼ばない。どんなときも、古泉一樹と呼ぶことにする。」
古「それは・・少し寂しいですが…」
長「…いつでも本名をフルネームで呼ばれるのだから、本望でしょう?」
古「そうですか…。そうしますと、先ほどのようなときにも、フルネームで呼んでくださるので?」
長「……ど……努力…する。」
古「おや?動揺しましたね?」
長「…してない。」
古「長門有希さんにも、どもるなんてことがあるんですね。」
長「………。」
古「長門有希さんはどんなときでもフルネームで呼ぶんですから、僕も努力しますよ?」
長「……………………………………いっちゃん、ゆきりんと呼んで。」
古「わかりました。ゆきりん、またしますか?そろそろ大丈夫でしょう?」
長「…きて、いっちゃん。」
古「では、行きますよ。…あ、でも、逝きそうなときに「古泉一樹!古泉一樹!古泉一樹!」といわれて見たい気もしますね。」
長「……それは困難。……いっちゃん激しいから、あまり余裕ない。」
古「そうですか。ではいつものように行きましょう。」
長「…そうする。きて。」
----------------------------------------------------
ふん・・・もっふ!
もっふもっふ
もっふもっふもっふもっふ・・・
・・

----------------------------------------------------
古「ゆきりんもこういうときは饒舌ですよね。」
長「…私たち、ヒューマノイドインタフェースは、忠実に人間そっくりの構造を再現されている。私本来の性格は無口ではない。」
古「そうですか?してるとき以外はあまり変わらない気もしますが。」
長「…このような性格、口調は私の特性。でも、無口なのは涼宮ハルヒに望まれている特性。」
古「そういえば、最近は2人のときはそんなに無口でもないですね。」
長「…そう。私は情報伝達が少し苦手。発言前に1万回推敲して発言しているため、彼や涼宮ハルヒのペースにはついていけない。」
古「1万回ですか…。」
長「あなたと2人だけのときはあまり推敲しすぎないようにしている。そのため、先ほどのように揚げ足を取られる。」
古「あ、そんなに気にしてましたか。申し訳ありません。」
長「…いい。あなたとなら、そういうじゃれあいも悪くない。」
古「それは光栄です。」
長「こうして、エラーをエラーではなく、感情としてとらえることができるようになったのは彼のおかげ。でも、それをうれしいことと教えてくれたのはあなた。」
古「それはそれは。」
長「…私は感情をあまり表出さないことを前提に作られた。涼宮ハルヒにもそのような特性だと思われ、望まれてもいる。でも、感情がないわけではないから。」
古「そうですね。最近特にそう思います。」
長「…そう。ありがとう。」
古「いえいえ、どういたしまして。」
長「……………特に最近は、言葉のじゃれあいだけでなく、………体のじゃれあいも好きになった。」
古「ほう……それはそれは。………では、次のラウンド行きますか?」
長「…まだ体がおさまりきってない。過剰に反応してしまうかもしれない。でも、きて。」
古「了解しました。では、過剰な反応も見せていただきましょう。」
長「…鬼畜。でも、私も体験してみたい。」
古「では、いきますよ。」
----------------------------------------------------
ふん・・・もっふもっふ!
もっふ
・・
・・・
----------------------------------------------------
古「そういえば…涼宮さんからの敵意は今でも続いてるんですか?」
長「回数は少し減った。あなたを見てるときは敵意はない。」
古「そうですか。では、やはり、そろそろ涼宮さんにも僕たちの関係を教えてしまったほうがいいのかもしれませんね。」
長「…そう。涼宮ハルヒに対しては早いほうがいい。でも、彼の反応が未知数。また、朝比奈みくるを孤立させたくない。」
古「そうですね…。彼に対しては、涼宮さんとはっきり交際すれば問題にはならないでしょうが、そうなると、朝比奈さんがあまった状態になってしまいますね。」
長「…そう。朝比奈みくるはいずれ未来に帰る存在。この時間平面からは気持ちよく送り返したい。」
古「本当にそうですね。でも、むずかしいですね…」
長「あの性格のため、祝福してくれると考える。でも、SOS団は奇数。彼と涼宮ハルヒの関係は崩しようがない。場合によっては居場所がないと感じる可能性がある。しかも、その確率はかなり高い。」
古「そういえば、朝比奈さんは卒業したらもどるんでしょうか?」
長「…わからない。涼宮ハルヒ次第の部分がある。現時点では未知数。」
古「そうですね。涼宮さんと彼が交際を始めるきっかけとしては、僕らの関係を教えるのはいいのかもしれませんが、朝比奈さんが帰る機会を逸する可能性を作ることになりかねませんしね。」
長「その点は問題ない。私たちの関係を涼宮ハルヒに知らせれば、朝比奈みくるも含めて祝福してくれる。この時点で朝比奈みくるに発覚は避けられない。その意味では朝比奈みくるの帰還に影響はない。が、朝比奈みくるが孤立する事態をほぼ避けられない。」
古「そうですか。」
長「…そう。ただ、彼と涼宮ハルヒの交際が始まらない場合、そのことにより、涼宮ハルヒのSOS団に対する依存度が増す可能性が高い。」
古「…読めませんねぇ。彼ならこういうとき的確に読めるのでしょうが。」
長「…彼だけにしらせても、いずれ涼宮ハルヒに伝わる。おなじこと。」
古「…やはり、当分は隠しておくしかありませんか。」
長「…ない。」
古「お3方はそれぞれ鈍いのであまり隠す努力をしなくていいのが救いですが…」
長「我々は涼宮ハルヒによって、ほぼ毎日時間を拘束される。だから」
古「そうですね。こういう時間はあまり多くないですし、濃密にすごしましょう。」
長「それがいい。だから、きて。」
----------------------------------------------------
ふん・・・もっふもっふ!
もっふ
・・
・・・
----------------------------------------------------
古「いっそ、朝比奈さんもお2人から引き離せれば簡単なのかもしれませんね。」
長「その手は危険。マスコットの不在は閉鎖空間が発生する確率が上昇する。あなたと2人きりで会える時間も減る。」
古「そうですか。それにしても光栄です、そんなこといってくださるなんて。」
長「それに引き離す方法も検討の必要がある。」
古「たとえば、どんな方法ですか?」
長「…あなたが考えそうな1つの方法として両手に花をもくろんでると思われる。でも、そうなると、肉体的に私が不利。それは絶対ダメ。」
古「それは少し心外ですね。僕が胸の大きさなどで浮気をするとでも?」
長「…それは実際にしてみないとわからない。でも、朝比奈みくるとだと…どれだけシミュレートしても私に勝ち目はない。それはイヤ。」
古「そうですねぇ・・確かに朝比奈さんは魅力的な女性だと思います。僕の好みとは少し違いますけどね。」
長「…あなたの好み?聞いてみたい。おしえて。」
古「実際これといってポイントはないんですが、あの小動物的な行動における魅力と肉体的な魅力のアンバランスが僕にはあわないなと思うんですよ。」
長「…それはつまり、無難で見た目どおりの人がいいってこと?」
古「そういうわけでもないんですが・・・。あまり得意なタイプではない、といったところでしょうか。」
長「…私は得意なタイプ?」
古「少なくとも苦手なタイプではありませんね。」
長「…あなたは意図的に人を傷つける発言をする人ではない。でも、遠まわしな表現過ぎてわかりにくい。はっきり言って。」
古「わかりました。僕の好みのタイプはあなたみたいな人ですよ。」
長「…そう。うれしい。…………………まだ、いける?」
古「まだまだいけますよ。今日は覚悟してください。」
長「…たのしみ。」
----------------------------------------------------
・・もっふもっふ!
もっふもっふ
・・
ふんーーーーもっふ!!!!
・・・
----------------------------------------------------
古「いっそあのお二人もこの幸福感を知ればいいように思うのですが・・・」
長「…そこにいたるまでも重要。」
古「そうですねぇ…。」
長「それに彼と涼宮ハルヒがうまく交際を始めたとしても、私としては朝比奈みくるを孤立させたくない。」
古「それはそうなんですが…。朝比奈さんにこだわりますね。」
長「…彼女は私を苦手としている。にもかかわらず、彼や涼宮ハルヒと同じように接しようと努力してくれている。その気持ちを無にしたくない。」
古「そういえばそうですね。何か未来であったんでしょうか?」
長「…これは禁則事項なのであなたにもいえない。でも、朝比奈みくると私は未来で接点がある。それによる事象と思われる。」
古「そうですか・・・。あ、とすると、あなたは朝比奈さんと同じ時代にもいるということですか?」
長「……うかつ。禁則事項。」
古「わかりました。この件は忘れますね。」
長「ありがとう。どちらにしろ、苦手としていても努力してくれている朝比奈みくるを悲しませたくない。せめて、彼女が未来に帰るまではそのような状態に置きたくない。」
古「そうですねぇ・・。いっそ・・」
長「ダメ。先ほどの会話を蒸し返したいの?」
古「い、いや、そうじゃないですよ。それはあなたに無理をさせるだけですからね。」
長「…本当?…男性は「据え膳」というものがあればいくらでも対応できると聞いた。信用できない。」
古「確かにそういう話はありますが・・・。僕が信じられませんか?ゆきりん?」
長「………………やっぱりあなたは卑怯者。こういうときだけそう呼ぶなんて。」
古「別にそういうわけでもないですけどね。朝比奈さんを悲しませたくないのは僕もいっしょですしね。あ、ただし、僕はゆきりん一筋ですよ?」
長「…………なにかだまされている気がする。」
古「まぁまぁ。とはいえ、やはり、朝比奈さんのお相手が必要、しかも別れることが前提になっても問題ない人物ですか・・・。」
長「…そういうことになる。でも、そんなことを受け入れられる人物はなかなかいない。仮に彼だったとしても別れを受け入れられるかどうかわからない。」
古「そうですねぇ・・・僕だって」
長「(睨む)」
古「だから、違いますって。僕だって仮に付き合うとしても別れが約束されてるなんて受け入れがたいですねぇ・・」
長「…そう。でも、私は約束されている。私はあなたが死んだあとも一人で行き続けなくてはならない。それは…あまり考えたくない。」
古「そうですね・・僕は人間ですので長生きにも限度がありますしね。」
長「そう。だから、今はそれを忘れさせて。」
古「わかりました。では、行きますよっ」
----------------------------------------------------
ふん・・・もっふ!
もっふもっふ
もっふもっふもっふもっふ・・・
・・

----------------------------------------------------
古「結局・・涼宮と彼を交際に追い込むのと朝比奈さんを孤立させないというのは、現時点では相反する問題ということになりますか。」
長「…現時点ではそう。朝比奈みくるが卒業する時点でどうなるかが、一つの分岐点。現時点では想定できない。」
古「やはり、そうなりますか・・・。僕としては「とっととくっついちゃえ!」と思わないでもないのですが・・・」
長「…そうなると、朝比奈みくるの存在が微妙になる。やはり、現状維持が安全。」
古「・・いっそ、鶴屋さんにでも強引に迫ってもらいますかねぇ」
長「…それも一つの手段。でも、朝比奈みくるの将来を考えるとあまり推奨できない。もともと朝比奈みくるは異性交遊が不得手。子孫が心配。」
古「あれだけ魅力的な人がですか?」
長「…そう。朝比奈みくるは無自覚で庇護欲をかきたてるが、恋愛関係には疎い。このまま同性愛に流されていくと、男を手玉に取るような人物に成長していた異時間同位体につながらなくなってしまう危険がある。」
古「僕はお会いしていませんが、朝比奈さんはそのような成長を遂げるのですか。」
長「…少なくとも、そのような印象を受ける存在に成長する。現時点ではそこにいたる要因が思い当たらない。」
古「・・・・・結局、待ちに入ったまま、閉鎖空間での戦いに明け暮れなくてはなりませんか。」
長「…最近はあまり発生していない。だから今日もあなたと過ごせる。」
古「それはそうなのですが・・。」
長「何事も急いては仕損じると聞いた。今は待つのも作戦。あなたはあせりすぎ。」
古「そうですね。もう少し様子を見ますか。」
長「そう。今は待ち。あなたは少し強引なところがある。気をつけて。」
古「あれ?そんなに強引でしたか?」
長「最初のときは、かなり強引だった。私もあなたが気になっていたから受け入れたが、そうでなかったら情報連結解除していたかもしれない。」
古「なっ、僕はかなり時間をかけたつもりですが・・・」
長「…特に初めてのときの勢いはレイプまがいの勢いだった。鬼畜。」
古「そ、そんなこと」
長「…痛かった。」
古「ご、ごめんなさい。で、でも・・今はどうですか?」
長「…今は別の意味で鬼畜。もう私は、腰が立たない状態のまま。でも、こんなにしてくれることはうれしい。」
古「そ、そうですか。あまり無理をさせたくないんですが・・・」
長「無理ではない。一時的な状態でしかない。それにこれは、それだけ愛されている証拠。私はそれがうれしい。」
古「それはありがたい言葉です。僕もどこまで持つかわかりませんが、いけるところまでいかせてもらいますよっ。」
長「…それでいい。来て。」
----------------------------------------------------
ふん・・・もっふ!もっふ!もっふ!もっふ!
もっふもっふ
もっふもっふもっふもっふ・・・
・・

----------------------------------------------------
長「…おつかれさま。あなたのおかげで私も感情が豊かになった。感謝する。末永くいっしょに…………」
・・・
・・
・・・・
長「…着床を確認。…あなた…名前、なんにしますか?

|